名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸田芳郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸田芳郎のプロフィール

丸田芳郎、まるた・よしろう。花王社長。桐生高等工業学校卒業後、大日本油脂に入社。11年勤めたのち、日本有機専務に。その後、日本有機と花王石鹸と合併し、代表取締役専務を経て社長。化粧品、紙おむつ、入浴剤、パソコン記憶媒体などの分野に積極的に事業展開を行った。

丸田芳郎の名言 一覧

化学でも数学でも解を求める方法はひとつではない。それと同じようにものごとの本質を突き詰めるのには、いろいろなルートからアプローチすることが大切だ。


この貴重な人生をいかに生きるべきか、企業という集団の中に対して何をすべきか、経営のトップはいかにその責務を果たすべきであるか、悩みは永遠に尽きない。したがって、死に至るまで学生(がくしょう)の身として研鑚に励むことになる。


平社員より部長。部長より取締役。取締役より社長の方が偉いといった権威主義と少数の役員が情報を独占する秘密主義が会社を駄目にする。


丸田芳郎の経歴・略歴

丸田芳郎、まるた・よしろう。花王社長。桐生高等工業学校卒業後、大日本油脂に入社。11年勤めたのち、日本有機専務に。その後、日本有機と花王石鹸と合併し、代表取締役専務を経て社長。化粧品、紙おむつ、入浴剤、パソコン記憶媒体などの分野に積極的に事業展開を行った。

他の記事も読んでみる

小林義雄(経営者)

社員がどこで生まれて、兄弟が何人いて、子供が何人いるか。そういったことを頭の中にきちんと入れておけば、「君の奥さんは今日が誕生日だから早く帰ってあげなさい」と言ってあげられます。すると社員は「えっ、何で知っているんですか?」と笑顔で驚いてくれます。支店長時代には16~17人、部長になったときも社員180~190人くらいの干支なども覚えていました。名簿を見て覚えるのですが、これは意識的にやらなければ覚えられるものではありません。そうしないと、人を好きになることはできません。


鉢嶺登

大きく会社を変えたのは、チーム経営の体制にしたことです。それまでは私ひとりがあれもこれも、すべてやっていたわけです。でも人には得手不得手があります。そこでマネジメントが得意な役員、戦略を立てるのが得意な役員、守りが得意な役員など、4人の役員の役割分担を決め、その体制で、3年後に売り上げ30億円、利益3億円で上場する「333計画」に取り組もう、と決めたのです。業績が伸びたのは、それ以降ですね。


似鳥昭雄

まず商品が一番。お客様が買うか買わないかを決めるのは商品次第。いろいろな要素がありますが、まずはいい商品でなければならない。


木瀬照雄

肌の色も国も言葉も関係ない。日本発のトイレという生活文化がその国に根付き、喜んでもらえること。これこそが創業者の描いた夢であり、私にとっても理想の未来像なのです。


福沢諭吉

どんなに貧しく賤(いや)しい者でも、なぜ貧乏で賤しいか、その原因を知り、それが自分にあるということが分かれば、決して、やたらに他人を怨望したりはしません。


眞保智絵(鳥海智絵)

異動のたびに、常に「プロフェッショナルでありたい」と意識してきました。その過程で、野村でできることは非常に幅広いと気づき、転職するよりもここでさまざまな経験を積みたいと考え始めました。また、いろんな部署を経験し、社内外の人脈も増えました。


金森重樹

恨みや怒りを引きずると、心身ともにダメージを受けます。そして、心がダメージを受けると回復には大変な労力が必要です。だから、トラブルを外部の専門家に任せて自分から切り離すことで、苦しみから自己を解放するといいでしょう。


碓井稔

今まで培ってきたものを抜きに、新しいものを生み出すというのはあり得ません。一方で、強みがあるからといって世の中の人が欲しいと思っていないものを作るのは独善です。


棚橋弘至

実は、プロモーションをしていく上での一番の難敵は、アンチではありません。アンチ棚橋ということは、プロレスに関心がある人ですから。僕のことを嫌いなぶん、対戦相手を応援するので、プロレス全体にとってはプラスになります。本当に難しいのは、プロレスに無関心な人をいかに振り向かせるか、です。


ヴィヴェーカーナンダ

理想的な人間は、最大の沈黙と孤独の中にあって、最強の活動力を見出す人物であり、最強の活動力の中にあって、砂漠の沈黙と孤独を見出す人物である。


臼井健一郎

やはり一番はどこまでいっても品質だと思います。お肉やパン粉、油やお米といった食材に関しての改良も毎年行っていますし、既存商品の改善も常に行っています。その積み重ねがあるからこそ、創業時より今の方が確実においしいカツ丼を提供できているのです。


澤田秀雄

私なんか、早く引退したほうがいいんです。若いマーケットを狙うなら、若い人が経営したほうがいいに決まってます。