丸田芳郎の名言

丸田芳郎のプロフィール

丸田芳郎、まるた・よしろう。花王社長。桐生高等工業学校卒業後、大日本油脂に入社。11年勤めたのち、日本有機専務に。その後、日本有機と花王石鹸と合併し、代表取締役専務を経て社長。化粧品、紙おむつ、入浴剤、パソコン記憶媒体などの分野に積極的に事業展開を行った。

丸田芳郎の名言 一覧

化学でも数学でも解を求める方法はひとつではない。それと同じようにものごとの本質を突き詰めるのには、いろいろなルートからアプローチすることが大切だ。


この貴重な人生をいかに生きるべきか、企業という集団の中に対して何をすべきか、経営のトップはいかにその責務を果たすべきであるか、悩みは永遠に尽きない。したがって、死に至るまで学生(がくしょう)の身として研鑚に励むことになる。


平社員より部長。部長より取締役。取締役より社長の方が偉いといった権威主義と少数の役員が情報を独占する秘密主義が会社を駄目にする。


丸田芳郎の経歴・略歴

丸田芳郎、まるた・よしろう。花王社長。桐生高等工業学校卒業後、大日本油脂に入社。11年勤めたのち、日本有機専務に。その後、日本有機と花王石鹸と合併し、代表取締役専務を経て社長。化粧品、紙おむつ、入浴剤、パソコン記憶媒体などの分野に積極的に事業展開を行った。

他の記事も読んでみる

出口治明

大事なのは個人の人生であって、仕事はその一部でしかありません。重視すべきはワーク・ライフ・バランスではなく、ライフ・ワーク・バランス。


辻野晃一郎

多くの人は、うまくいかないことがあると「なんで自分だけこんなについてないんだ」とネガティブ思考に陥りますが、そもそも人生なんて思うようにならないのが当たり前。もし、とんとん拍子に物事が運んだら、人間は必ず傲慢になって、自信過剰になってしまうでしょう。


榎本博明

組織のリーダーであれば、チームを目標に向かって引っ張っていくP機能(目標達成機能)を発揮できることは大前提です。しかし、それだけで部下のモチベーションを高め、チーム全体のパフォーマンスを上げるには限界があります。「間柄の文化」である日本の職場では、チーム内の人間同士の気持ちをつなげるM機能(集団維持機能)を発揮することが不可欠なのです。


小池龍之介(小池龍照)

体もですが心がきちんと安まると、また仕事にしっかり向き合えるようになります。そのためには、仕事のことを完全に忘れていられる時間をつくることが大変重要です。たとえ十分な休みがとれたとしても、休みの間に仕事のことや職場の嫌な人のことなどを考えていては、心は安まりません。休みの多少にかかわらず、どれくらい仕事のことから離れていられるかがポイントになります。


吉田たかよし

光(日の出)によって人が自然に目覚めるようになっているのは、やはり外敵に襲われないようにとの本能ゆえ。太陽が地平線から出てからではなく、むしろ出る前、東の空が白んでくる頃の光が脳の体内時計のスイッチを入れるのです。さあ、朝だ、起きるぞと体のほうから目覚め始めるのです。


井川幸広

夢はただ見るのではなく、叶えようとする情熱を持たねばなりません。最初は小さくておぼろげでも良いのです。そこに向けて情熱を持って努力し、到達した時に、また次の夢が現れて来るでしょう。それを達成すると、更に次の夢が出てくる。そうやって夢が大きくなることは、自分の世界が広がり、器が広がったことの証です。


北尾吉孝

中庸とは、平たく言えばバランスのことで、『論語』の中でも非常に重要なキーワードであり、東洋哲学において最も大事な考えだとさえ私は思っています。この中庸を失った、バランスを欠いた組織は、あっというまに崩壊します。


熊谷正寿

アートも経営もシンプルがいい。オピー(英現代美術家ジュリアン・オピー)の作品はミニマリズムの極致です。このシンプルさは、すべての情報を0と1で表すインターネットの世界と相通ずるものがあります。


岸本正壽

私は伊那工場に勤務していた入社2年目に、自ら提案して顕微鏡の原価計算の方法を変更した経験があります。ドイツでは内視鏡など医療分野の市場導入をし、販売事業を一から立ち上げました。新しいことに挑戦することは、企業活動の原点です。


吉田尚記

「間違った情報」も効果的です。昔「いいとも」で、タモリさんが犬好きのゲストに「今、シベリアンハスキー流行ってるんだって?」と問いかけ、「それ昔の話ですね。今は……」とそこから盛り上がっていました。人は間違った情報を訂正するとき、一番喋ってくれるんです。でも作為が臭っちゃうんで、わざと間違えるのはやめましょう。


兼元謙任

不況だ何だといっても、まだまだ日本は豊かです。この恵まれた環境で仕事ができるのは大きなチャンスです。不安など感じている場合ではありません。


大西洋

お客様のトータルのライフスタイルに、少しでも小売業としてかかわっていくことが今後は重要です。百貨店として新しい店を出せるのかと言うと、新規出店は考えにくい。その中でお客様との新しい接点をつくるには、自分たちの強みを抜き出して新しいチャンネルに出ていくべきだと判断しました。


豊臣秀吉

露と落ち、露と消えにし、わが身かな。難波のことも、夢のまた夢。【覚書き|秀吉の辞世の句。絢爛豪華な大阪城を築き天下を統一した自分も、朝露のように生まれ、そして朝露のように儚く死んでいくという無常を詠んだ一句】


佐々木正悟

私は、「メールを見る」という作業もひとつのタスクにし、決めた時間以外はチェックしません。緊急の用件ならば、電話をかけてくるはずだからです。なので、タスクにとりかかる場合は、メールボックスも閉じています。メールが届くたびに出てくるポップアップなどは、思考を停止させる要因となるからです。


植田統

人間、時間がないと思えば決断を先延ばししなくなる。即断即決しなければ仕事が回らない状況を作ることが大切。


ページの先頭へ