名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸木強の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸木強のプロフィール

丸木強、まるき・つよし。日本のアクティビスト。「ストラテジックキャピタル」社長。東京大学法学部卒業後、野村證券に入社。M&Aコンサルティング取締役副社長、MACアセットマネジメント社長、ストラテジックキャピタル社長などを務めた。

丸木強の名言 一覧

投資家の要求に耳を持たない会社の株価は割安。ガバナンスの改善余地が大きいところは企業価値向上の余地も大きい。そのため、株主としての権利は、積極的に行使していく。


株式会社の場合、その目的とは株主価値の向上だ。「従業員と家族を守る」のは当然で、株主利益の最大化は会社法の教科書にも書いてある株式会社の本質。


丸木強の経歴・略歴

丸木強、まるき・つよし。日本のアクティビスト。「ストラテジックキャピタル」社長。東京大学法学部卒業後、野村證券に入社。M&Aコンサルティング取締役副社長、MACアセットマネジメント社長、ストラテジックキャピタル社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

製品開発は、毎週月曜日の「プレゼン会議」が中心になります。ここで、年間1000アイテム以上の新商品が誕生する。私を筆頭に、役員や幹部が勢揃いする前で、開発担当者が新商品をプレゼンするわけですね。当然、厳しくチェックします。私は顧客の代表ですから。従来品と何が違うのか、ライバルとの差別化はどうなのか、利益にどれだけ貢献するのか。 ダメ出しは日常茶飯事ですが、社員も慣れたもので、持ち帰ってその日のうちに改善してくる。社長や役員が揃っている会議ですから、その場で決裁になります。認められればすぐに取り組んでライバルよりも早く商品化できる。


本田有明

会社組織は一定以上のパフォーマンスを求められますが、パフォーマンスを高めるには組織や人材の不断のメンテナンスが必要です。メンテナンスを実行することで、高いパフォーマンスが実現するのです。ところが近年の成果主義は、短期的なパフォーマンスを追求するあまり、メンテナンスを軽視してしまうという傾向が見られました。そこに落とし穴があったというべきでしょう。


宮﨑吾朗

わからないことはいくら考えてもわからないですから、聞いたほうが手っ取り早いです。それと同時に、見て盗むこと。このふたつができる人は、伸びると思います。


村田昭治

「魚は頭から腐る」といわれるように、企業も崩壊していくとき、頭脳集団から腐り始める。とりわけ、トップマネジメントの発想が陳腐化すると、その企業は加速度を増しながら崩壊が進み、全組織を腐敗させてしまう。


三木田國夫

上司は部下を叱ったらいけません。問題が起こったら、その解決策を探して教えるのが仕事でしょう。


ジャスパー・チャン

アマゾンは根本的にテクノロジー企業です。買い物や(映画や音楽などの)エンターテインメントのコンテンツを楽しむ方法や、家庭での生活をもっと楽にできるようなやり方を考え続けています。常に昨日よりもっと良くなるような方法を考え、進化を続けています。


金子陽三

私が事業計画書を見るときに大事にしていることは、まずストーリーがあることです。それもプレゼンの内容、経営者自身の生き方、損益の計画書を含めて、経営上必要な筋が全体として通っているかを判断します。次に、ユーザーに対してどんな付加価値を持ったサービスなのか。そのサービスがどれくらい広がりそうなのか。そのサービスを使ってくれる人がどれだけいるのか、具体的にイメージできるかを大切にしています。そして最後に、サービスを実現できるかどうか。その人の人間性と能力を見ます。


大林秀仁

特許の問題で米アプライドバイオシステムズともめていました。どちらの主張も平行線のままで、お互いに事業に支障をきたしかねない状態でした。そこで、会社の了解を得たうえでアプライドバイオシステムズの経営幹部を那珂事業所に招き、狭い会議室で1枚のスライドを見せました。両社の技術を組み合わせれば、新たな装置や市場を生み出せると訴えたのです。彼らは面食らったと思います。特許の問題で争っている相手に「手を組まないか」と呼びかけられたのですから。結果として交渉はまとまり、両社の技術を持ち寄った新装置を開発することができました。


加賀見俊夫

足して二で割る案は最悪になる。


川越達也

今日より明日、明日より明後日とパフォーマンスを向上させていくのは当然のこと。「やっぱり来てよかった!」と思っていただけるには、昨日と同じことをしていてはダメです。


宮田玲(経営者)

やはり私は「企業は人」だと思います。大半の時間を会社で過ごすのですから、「人」が楽しさとか生きがいを感じられないと、結局は企業の力にもなりません。だからフレンドリーでチームワークのいい、厳しくても根底に愛情を持った組織でありたいと思っています。


高岡浩三

より大きな仕組みやルールを変えたいときは、焦らずに力を蓄えて、「ここぞ」というタイミングで動くという戦略も必要になる。