丸木強の名言

丸木強のプロフィール

丸木強、まるき・つよし。日本のアクティビスト。「ストラテジックキャピタル」社長。東京大学法学部卒業後、野村證券に入社。M&Aコンサルティング取締役副社長、MACアセットマネジメント社長、ストラテジックキャピタル社長などを務めた。

丸木強の名言 一覧

投資家の要求に耳を持たない会社の株価は割安。ガバナンスの改善余地が大きいところは企業価値向上の余地も大きい。そのため、株主としての権利は、積極的に行使していく。


株式会社の場合、その目的とは株主価値の向上だ。「従業員と家族を守る」のは当然で、株主利益の最大化は会社法の教科書にも書いてある株式会社の本質。


丸木強の経歴・略歴

丸木強、まるき・つよし。日本のアクティビスト。「ストラテジックキャピタル」社長。東京大学法学部卒業後、野村證券に入社。M&Aコンサルティング取締役副社長、MACアセットマネジメント社長、ストラテジックキャピタル社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

孫泰蔵

ベンチャー企業にとって価値があるのは、お金より人脈やノウハウ。


茂木友三郎

「よき企業市民である」ということ。これが伝わっているからこそ、愛される会社であることができる。


ベートーベン

優れた人間の大きな特徴は、不幸で、苦しい境遇にじっと耐え忍ぶことだ。


後藤勇人(コンサルタント)

1日をドライブに例えれば、朝はスタートです。起きてすぐに自分の目標を脳にインプットすることは、カーナビに目的地を入力するようなもの。1日を目標に向かって走らせることができるようになるんです。


原晋

悩みや懸案事項などが、走ることでいったんリセットされる。行き詰まった時ほど、無心で走って頭をスッキリさせると、アイデアが浮かびやすくなる。思考を深めたい人は、走りながら考えればいい。


清水宏保

気を付けてほしいのは、トレーニングとは、その後のケアも含んでいます。きちっとしたケアもせず、ただ走って終わるのでは、それこそケガの元です。


大山健太郎

うちは全国から採用していますが、社員には部活を一所懸命やった人とか、何かの組織でリーダーをやった人が多い。そうした活動を通して組織について実地に学んできた人の方が、学歴が高いだけの人よりも会社にとって魅力的な人材なのです。


フィリップ・フィッシャー

株を売る3つのタイミング。

  1. 最初の株式購入時の判断が誤っていた場合
  2. 環境・企業の変化により買うべき企業の条件を満たさなくなった場合
  3. もっと有望な企業を発見しそちらに乗り換える場合。

寺田和正

サマンサタバサを最初に立ち上げるときも、「日本発の日本ブランドなんて不可能だ」と言われ続けました。だからこそ、そこにビジネスチャンスがあると思ったんです。ビヨンセをモデルに起用することも、「素晴らしいアイデアだけど、難しそう」なんていわれると、「絶対実現したいな」って思いました。


齋藤孝(教育学者)

会話では「微笑む、うなずく、相づちを打つ」の三大要素を欠かさないのが極めて重要です。何を話しても反応しない人というのが、一番つまらないのです。


西川浩司

部品やモジュールを海外で生産することは可能ですが、高品質で価格競争力のある完成車を生産するには、開発段階から部品メーカーや装置メーカーとの高いレベルでの協力が不可欠。


中原淳

上司が部下に厳しいことが言えないのは、多くの場合、上司が臆病なのではなく、観察不足が原因。相手のことをしっかりと観察し、事実をつかんでおく必要がある。


バラク・オバマ

老いも若きも、金持ちも貧乏人も、そろって答えました。民主党員も共和党員も、黒人も白人も、ヒスパニックもアジア人もアメリカ先住民も、ゲイもストレートも、障害者も障害のない人たちも。アメリカ人はみんなして、答えを出しました。アメリカは今夜、世界中にメッセージを発したのです。私たちはただ単に個人がバラバラに集まっている国だったこともなければ、単なる赤い州と青い州の寄せ集めだったこともないと。私たちは今も、そしてこれから先もずっと、すべての州が一致団結したアメリカ合衆国なのです。
【覚書き|青い州と赤い州とは2000年頃に生まれた言葉。大統領選で民主党が勝った州を青、共和党が勝った州は赤に塗られた地図がマスメディアで使われたことで生まれた】


清水勝彦

本当に共有すべき「価値観」は、それほど多くないはず。親がいろいろ言いすぎて、子どもをダメにしてしまうのと同様に、本当に大切なことがきちんと根づかなければ、どこかのタイミングで綻びが出るのは当然。自社にとって重要な「価値観」を見極め、社員と共有するための努力を惜しまないことが必要。


大東隆行

人と人とのつながりや信頼が組織の力の源です。だから、トップはどんなに苦しいときでも、従業員への思いやりを持たなければいけません。それがない会社は潰れます。僕は、300人以上いる直営店店長の名前はもちろんすべて覚えていますし、社員の誕生日には一人一人に本を、奥さんにはお花をプレゼントします。そして、クリスマスには社員の奥さんにお小遣いを贈るんです。


ページの先頭へ