名言DB

9412 人 / 110637 名言

丸幸弘の名言

twitter Facebook はてブ

丸幸弘のプロフィール

丸幸弘、まる・ゆきひろ。日本の経営者、農学博士。「リバネス」社長CEO(最高経営責任者)。神奈川県出身。東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。大学院在学中にリバネスを設立。また、多くのベンチャー企業立ち上げに参画。著書に『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる』。

丸幸弘の名言 一覧

リーダーは永遠に向上心を持って、感謝し続ける人間。それを忘れたらリーダー失格。


うちにカリスマはいらない。誰とも交わらず1人で黙々と仕事をしているなら、報酬を倍にするから外注先になれと言います。プロセスの中で誰とどんな関係を築けたか。それがリバネスのリーダーの条件であり、その人の評価になる。


新卒採用にこだわるのは、中途社員は何かにつけて「普通の会社は」と言い出すからです。その「普通の会社」は昔の会社ですよね。20世紀型の会社と比べることには何の意味もない。


本人のやりたいことをやらせたほうがいい。なぜ企業は学生時代の熱い情熱を奪い、わざわざロボット化した上で仕事を覚えさせるのか。これも20世紀の人材管理なんですよね。もっとも日本はこのやり方で、戦後30年で世界一になれたのだから、当時の経営者は頭が良かったことになりますが、今は時代が違う。


リーダーシップは社員一人一人が発揮しなければなりませんが、今はリーダーになろうとしてなる時代ではありません。個々人がリーダーシップを発揮し続けて、関係性が強化され、「あいつがリーダーだね」と言われるのが自然な在り方。ありがたいことに、僕もみんなからリーダーだと言われて社員60人の代表をさせていただいている立場です。


未来のマーケットを知るのは誰かと考えたときに、僕らにない発想を持つのは10年後に社会人となる中高生です。例えば自動車が欲しいかと聞いて、Uberで十分と答える子がいればそれがマーケットになる。そこから新規事業への挑戦が始まるわけです。また、出前実験教室で研究者がこんな未来を創りたいと話すことは子供たちとの約束になる。次世代のファンをつくり、将来うちに入社したいという子も現れます。


出前実験教室は「教えに行く」のではなく、謙虚な姿勢で子供たちに「学びに行く」という面もある。うちの新入社員は初年度に最低6回の出前実験教室を行います。5~8人のチーム制で、最初の2回は先輩のアシスタントとして、次の2回は講師としてフロントに立って、最後の2回は会をまとめるプロジェクトリーダーとして、リバネスの理念を踏まえてチームを取りまとめます。その過程でコミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキルが磨かれていきます。


「あなたというピースがなければ、このプロジェクトはうまくいかない」というプロセスの中に関係性強化があり、仕事の醍醐味がある。うちは僕も含めて、大半の社員に引き抜きの話があります。他社ではもっと高い給与をもらえるかもしれない。関係性強化の重要性を理解している企業なら、僕も社員も生きるかもしれませんが、誰も転職しないのは、他社の生産性管理の中で自分の特徴が生かせず、死んでしまうと分かっているからです。


新規事業を始めるのに社内の人材ではできないから外部から有能な人材を引っ張ってくればいいと考えるのは誤解です。20世紀的なリーダーの素質や経験はなくとも、知性や特徴を持った研究者たちがゴールを見定め、そこに向かうプロセスの中で関係性を強化し、感性を磨き、信頼し合い、それぞれがリーダーシップを発揮して、チームの集合知を使って新規事業を生み出していく。最も重要なのはこのプロセスです。


丸幸弘の経歴・略歴

丸幸弘、まる・ゆきひろ。日本の経営者、農学博士。「リバネス」社長CEO(最高経営責任者)。神奈川県出身。東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。大学院在学中にリバネスを設立。また、多くのベンチャー企業立ち上げに参画。著書に『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる』。

他の記事も読んでみる

天坊昭彦

大切なのは人です。互いに尊重し合い、仲良く、国や人のために働き抜くという考え方です。こういった経営を実践するには、高い倫理観と使命感を持ち、自ら考える社員を育てることが欠かせません。


有森裕子

「何色でもいい。必ずメダルを獲る」そう言い聞かせながら、天候の悪い日も走りました。雨が降りしきる中、自分がどんな走りができるのかを確認する。あるいは体調が悪い時でさえも、どれだけ粘れるのかを走って確かめる。メダルを獲って自信を取り戻すため、やれることは全てやりましたね。当日が一番ラクに感じるぐらいでした(笑)。


堀田力

目標を定めてやると集中できることを司法試験の勉強で学んだので、私は自分の職務の中に何か目標を設定することにしました。常に自分でひとつテーマを定めて、それを自分のものにしていこうという仕事の仕方をしてきました。このスタイルは福祉にたずさわるようになったいまも変わりません。


宮澤栄一

仕事は人生のスパイスです。どんな苦境に陥ろうとも、その中で楽しめるかが重要なのです。


ビリー・ブランクス

力はあなたの手の中にある。自分がいま持っているものを信じて。I believe!


渡辺捷昭

OJTが機能するためには「課題があったら遠慮なく言いなさい」という組織風土づくりが必要です。「新入社員のくせに生意気言うな」と言われたら、その社員は次からは提案しないし、課題を見つけようとはしなくなります。


吉永泰之

スバルはいま安全性能が高く評価されていますが、以前は売りになると思っていなかったんです。スバルは中島飛行機をルーツに持つこともあって、安全への意識がすごく高いんです。飛行機の技術屋からすれば、とにかく安全にという意識がある。だから安全なのは当たり前で、それをアピールしようという発想が薄かったんです。


青野慶久

私は、何かを計画する際に、あえてその計画が失敗する場面をイメージしています。普通は、「どうやったら成功するか」と考えるものだと思いますが、逆に、「失敗するとしたら、どんな原因があるか」と考えることで、行き詰りそうなポイントがクリアに見えてくるのです。そこで前もって、ウィークポイントを手当てしておけば、仕事の停滞をかなり防止できます。


小室淑恵

会議では「メンバーの発言を否定しない」というルールを自分に課してください。「そんなの意味ないだろう」などと否定的な発言はNGです。どんな意見も「なるほど、それもあるね」と、すべてホワイトボードに書き出してください。メンバーは、自分の発言が拾い上げられることで、「認められた」と感じます。すると、いつもは黙っていた人も積極的に発言し、アイデアを出すようになります。メンバーの意識が変わり、チームの生産性が確実にアップします。


松尾静磨

スパルタ教育だったが、いま考えてもあの当時の厳しいしつけは、ありがたかったと思う。どんなスポーツでも、苦しい訓練を重ねることによって、初めてファイトと忍耐力が養われるのだ。
【覚書き|旧制中学時代を振り返っての発言】


本多静六

幸福とは決して親から譲ろうと思っても譲れるものでなく、またもらおうと思ってももらえるものでもない。幸福は各自、自分自身の努力と修養によって得られ、感じられるもので、ただ教育とか財産さえ与えてやればそれで達成できるものではない。


東村アキコ

最近どんどんセンシティブさがなくなって、何を言われても大丈夫な感じの図太いおばさんになってきました(笑)。全部の人に好かれなくてもいいかなと。読者の人にもいえることで、私のマンガが好きな人に、これからも好きでいてもらえれば、それでいいかなと思う。ただ、アシスタントに嫌われたら泣きます。


長瀬朋彦

映像産業は今後も変貌を遂げるでしょうが、私たちが果たすべき役割はいつの時代にもあると思います。これからもオンリーワンであり続けるためにも、映像にこだわっていきます。


荒井正昭

不動産仲介から出発したオープンハウスグループの強みは、現場が吸い上げた顧客ニーズを、ダイレクトに商品開発に反映できる「製販一体」の組織にあります。現場力という強みがあるからこそ、いち早く市場動向の変化をとらえ、時代にマッチした商品を投入できるのです。


鈴木篤(経営者)

若い社員の中には必ずしも自分の希望した仕事ではないと思う方もいらっしゃると思います。ですが、それぞれの役割にはきちんと意味があり、学ぶことが沢山あります。