丸山邦治の名言

丸山邦治のプロフィール

丸山邦治、まるやま・くにじ。日本の経営者。「丸山海苔店」5代目社長。花王に入社。企画部長、国際部長、花王アメリカ法人副社長、ニベア花王常務取締役総支配人などを経て丸山海苔店社長に就任。

丸山邦治の名言 一覧

弊社が掲げる社是は「老舗は常に新しい」。老舗だからといって守りに入れば次の成長は見込めない。


私のブランディング戦略の基本にあるのは職人気質を踏襲しながら新境地を開拓することにある。


日本の文化外交は遅れているといわれています。文化とは商品を輸出するだけでは駄目で「場」を設けることが重要。単に輸出するだけでは本当の文化外交とは言えません。パリ店は我々の文化発信の橋頭保とも言える店舗でもあるのです。


これまで我々の中心顧客は寿司屋さん、高級ホテルなど言うなればプロの料理人でした。そもそも弊社には、規模を追うというカルチャーが存在しませんでした。それゆえ無理な投資を必要としてこなかったことが最大のアドバンテージとなった。


丸山邦治の経歴・略歴

丸山邦治、まるやま・くにじ。日本の経営者。「丸山海苔店」5代目社長。花王に入社。企画部長、国際部長、花王アメリカ法人副社長、ニベア花王常務取締役総支配人などを経て丸山海苔店社長に就任。

他の記事も読んでみる

中内功

いままでは売り手側、作り手側の理論が工業化社会を支えてきたわけですから、ある意味ではやむをえません。しかし、生活者が自分の価値観で商品を選択するようになったからには、発想を転換しなければ生き残っていけません。時代はレディ・メイド(既製品、大量生産)から、オーダー・メイド(特注、少量生産)を基本とするポスト・インダストリアルの時代に移っています。その認識の立って、買う側の理論、使う側の理論を優先する時代を作っていくことは、企業に課せられた使命ではないでしょうか。


宋文洲

営業で重要なのは訪問件数よりも見込み客へのアプローチ件数、そして決裁権のあるキーマンと会った回数。ただキーマンと会っただけでもダメで、最終的には「今年の予算で考えます」と確約をとって初めて意味がある。


大串亜由美

答えられない質問は、分からないと言えばいいだけです。困った顔をして沈黙するより、素直に今の状況を説明した方がいい。「想定を超えた質問でしたので、明日お答えします」でも「突然だったので心の準備ができていません。その件は詳しい人間からご連絡差し上げます」と言ってもいい。


平尾喜昭

データ分析で物事の相関関係を客観的に確認できるようになると、思い込みで突っ走ったり、目先の結果に一喜一憂したりすることがなくなり、常に冷静さを保てるようになる。自分の「軸」がブレなくなります。


成沢正胡

何をすべきか迷ったとき、手帳に断片的な考えや思いをとにかく文字にします。それをフローチャートにしていくと、目標が明確になり、今後の仕事の展開の仕方や、行動に起こすべきことなども見えてきます。


柳井正

お客様を見ないで、本部を向いている店長は、店のことよりも自分自身の職位や出世に関心があるから、本部の覚えがめでたい人間になろうと思っている。どこの会社にも必ずそういう現場リーダーはいるでしょう。しかし、本部を向いて、上司から褒められたとしても、売り上げが上がることはありません。店は常に、お客様のために存在するものだから。


菅野誠二

プレゼンテーションの目的は、相手を説得し、同意と承認を得たうえで、相手の心と身体を動かすことにあります。プレゼンすることによって、「確かに君の言うとおりだ。ぜひともやってみよう」と心から思わせることによって、相手の態度と行動を変化させるのです。


中山幸市

会社を発展させるためには、社員も小使いもない、人間の和である思いやりである。会社のために生命をかけてくれている重役、従業員の努力に改めて頭を下げたい。


野津基弘

真の欲求を究めて、ホンモノをカタチにする。


篠原菊紀

日常的に頭をしっかり使い、有酸素運動や筋トレをし、野菜・魚が豊富なバランスのよい食事を摂り、生活習慣病の予防や治療に役立つことをすることで、頭の働きの低下がある程度予防できます。加えて、人とのかかわり、コミュニケーション、とくに高い目的意識を持った社会参加が認知症の予防にも役立ちます。


内永ゆか子

大事なのは、「できない理由」を探さないこと。「やればできる」と踏ん張ってほしい。


野口孝広

「守破離」という日本の伝統芸能の継承体系のように、まずは型という「守」をしっかり学んだうえで、自分なりの個性を出していけばいい。


高見盛

膝の手術後、復帰した春場所は幕下筆頭から。しかし勝ち越せば十両に上がれるわけです。なんとしても勝ちたい。なのに、勝てない……。膝はもちろん、身体も戻っていなかったんです。結局2勝5敗でしたか。ただ、全敗も覚悟していただけに、「まだ2勝もできるんだ!」と前向きにはなれました。


澤田秀雄

赤字の会社というのは生産性が悪い。生産性が悪いということは無駄があるということ。つまり経費を下げる余地がある。そして商品だったらいかに売り上げを伸ばすか、ハウステンボスだったらいかに入場者を増やすかを真剣に考える。売り上げを2割伸ばし、コストを2割下げたら、たいがい黒字になります。それを事前に頭の中で描くことができればうまくいく。つまり引き受ける前に勝負の7割は決まる。


永山嘉昭

「図や表を入れれば、説得できるだろう」と安易に図表を使っている人が多い。その図表は何のために何を伝えたいのか、明確にしなければ、図表こそ単にムダな情報を増やすだけのノイズになります。


ページの先頭へ