名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸山輝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸山輝のプロフィール

丸山輝、まるやま・あきら。日本の経営者。賃貸人保証事業などを展開する「フォーシーズ」社長。福岡県出身。高校卒業後、不動産会社勤務などを経て独立。フォーシーズを設立。そのほか、社団法人賃貸保証機構理事などを務めた。著書に『家主破綻』。

丸山輝の名言 一覧

他社がやりたがらない。そこが当社の強み。


全国の拠点を結んで毎朝、テレビ会議を開いています。現場で起きた個々の問題を、目分ごととして全員で共有。スピーディな業務改善にもつながります。


面倒で、あまり人がやりたくないことを引き受けて実行することが、当社にとっての社会貢献。


私は小さい頃から額に汗する人こそが賞賛に値すると考えていました。スタッフにも常に社会に貢献する意識を持って汗をかいて欲しい。そうでなければ、我が社に存在価値はないと思っています。


これまで様々な事業を経験しましたが、今の仕事は「人が煩わしいと思うこと、やりたくないと思うこと」も多い。しかしだからこそ、市場は拡大しているし、非常にやりがいもあると感じています。


社内の風通しをよくするには和気あいあいとした雰囲気も重要。毎月1回、終業時刻を過ぎてからアルコールやソフトドリンクを飲みながら話し合う「飲み会議」をグループごとに開いています。社内の会議室などを使って1時間半ほど行い、残業代も出します。議題は業務に関する様々な事柄で、議事録も取ります。最後に参加者同士でハイタッチをしたりスクラムを組むと、職場の一体感が醸成されるのです。


社員全員が財務諸表を見られるようにしています。労務管理責任者以上が参加する毎月の取締役会の議事録、グループごとに全員で決める予算や経費、全社員の給与や手当などもすべて「見える化」されています。グループごとの社員一人当たりの粗利益も社内で共有化しているので、-人ひとりがその数字に納得し、責任を持って仕事を進めています。


丸山輝の経歴・略歴

丸山輝、まるやま・あきら。日本の経営者。賃貸人保証事業などを展開する「フォーシーズ」社長。福岡県出身。高校卒業後、不動産会社勤務などを経て独立。フォーシーズを設立。そのほか、社団法人賃貸保証機構理事などを務めた。著書に『家主破綻』。

他の記事も読んでみる

梶谷真司

話さない自由があってはじめて、何でも話す自由が保証される。その場しのぎのことをいうくらいなら、しゃべらないほうがまし。何もいわなくていいからこそ、何をいってもいいことが守られる。


津谷正明

ブレない姿勢を示すことがCEOに求められている不可欠な要素。


大倉忠司

客単価を3千円~4千円にしていくと、景気に左右されたりトレンドに左右されたりということが過去にも事例としてありました。でも当社の場合は2千円なので変な付加価値を付けなくてもいい。焼き鳥店としてスタンダードな部分を磨いていくだけでいいのです。


樹なつみ

『マルチェロ物語』は「友情・努力・勝利」で、ちょっと少年誌的テーマですね(笑)。無償の愛が加わっているのが、少女マンガっぽい。途中からはキャラがああだこうだ言い出して、勝手に成長していくような感じでした。長期連載が初めてだったので、右も左もわからず、与えられたページ数をハーハー言いながら描いていました。連載を続けるテクニックを、ここで学んだと思います。


小林一三

新しい仕事をするときは人に知ってもらうことが何より大切なことだ。いくら先見あるアイデアでも、人に知ってもらわないとその価値を発揮することはできない。だが並のやり方だと広く人に知ってもらうことはできない。


柴田昌治(コンサルタント)

一つの目標に向かって社貝全員が協力するには、皆が意見を出し合い、議論して、解決策を導き出すプロセスが不可欠。率直な意見をぶつけ合えば、相手への信頼も生まれます。「調整」というのは、そうした率直な意見を封印するということ。その場は丸く収まっても、問題は残されたまま。ますます相手への不信感が募るだけです。


北村晴男

高校時代に「甲子園に行く」とあれだけ頑張ったのにダメだった。世間の人は、どう思うかわからないけれど、自分の中では「負け犬」なんですよ。あそこで負けたという……。甲子園って、もともと高いハードルですよ。でも、「行ける」と思って、必死に頑張ったけど、ダメだった。それで司法試験も、いけると思って必死に努力して「ダメだった」となると、「自分は高い目標を立てるけど、なに一つ成し遂げられない」となる。それが自分には許せなかった。やっぱり負け犬にはなりたくないと。

【覚え書き|諦めずに司法試験に何度も挑戦したことについて】


奥田務

大丸と松坂屋が合併する時、新しい会社名として、2つの案が出たんです。「大丸松坂屋グループ」と「J・フロントリテイリング」です。その時、僕は文句なしに後者を推したんです。我々が百貨店であることは確かです。ただ、今後何十年か先を見据えると、百貨店は確実に成長が止まる。それでも成長するには時代の変化に合わせてウイングを伸ばさざるを得なくなる。けれど、「大丸松坂屋グループ」という社名では、株主も従業員も百貨店の発想から出られなくなるでしょう。百貨店を核にウイングを広げるためにも、僕は当初から「J・フロントリテイリング」という社名にすべきだと考えていました。


八ツ井慶子

老後は急にやってくるわけではなく、これまでの人生の延長線上にある。定年になったからといって消費スタイルを急には変えられません。家計見直しは早いほうが楽です。後になればなるほど大変になります。月2万円でも20年で約500万円、40年で1000万円近く貯まり、あなどれません。


石川善樹

人生100年の時代に到達しつつあります。これまでは「長時間」働くことがビジネスパーソンとしての価値でしたが、今後は「長期間」働くことが重要。


澤田道隆

メッセージに説得力を持たせるためにも、自分の思いをストレートに伝えることに大きなウエートを置いています。


宮田真里子(経営者)

どんな方向で会社を軌道に乗せるか。思い悩んでいた最中、突然、主人が亡くなったのです。目の前は真っ暗。それでも決して子供や人前で涙は見せず明るく振る舞いました。ただ、当時の記憶はほとんどありません。毎日を淡々と過ごしていたのですが、ある日、気がついたのです。それは帰る家がある、電気や水も通って生活できる、さらに子供がいる。私は世界一幸せなんだと。主人の死もきっと意味があって起こったんだと考えられるようになったのです。2人の子供を抱えた一家の大黒柱となった私は身をもって実感した女性が仕事をしながら子育てのできる環境づくりにエネルギーを費やしていこうと決意しました。女性が生き生きと活躍できる社会をつくり、ワーキングマザーを応援したいと思うようになったのです。