名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸山輝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸山輝のプロフィール

丸山輝、まるやま・あきら。日本の経営者。賃貸人保証事業などを展開する「フォーシーズ」社長。福岡県出身。高校卒業後、不動産会社勤務などを経て独立。フォーシーズを設立。そのほか、社団法人賃貸保証機構理事などを務めた。著書に『家主破綻』。

丸山輝の名言 一覧

他社がやりたがらない。そこが当社の強み。


全国の拠点を結んで毎朝、テレビ会議を開いています。現場で起きた個々の問題を、目分ごととして全員で共有。スピーディな業務改善にもつながります。


面倒で、あまり人がやりたくないことを引き受けて実行することが、当社にとっての社会貢献。


私は小さい頃から額に汗する人こそが賞賛に値すると考えていました。スタッフにも常に社会に貢献する意識を持って汗をかいて欲しい。そうでなければ、我が社に存在価値はないと思っています。


これまで様々な事業を経験しましたが、今の仕事は「人が煩わしいと思うこと、やりたくないと思うこと」も多い。しかしだからこそ、市場は拡大しているし、非常にやりがいもあると感じています。


社内の風通しをよくするには和気あいあいとした雰囲気も重要。毎月1回、終業時刻を過ぎてからアルコールやソフトドリンクを飲みながら話し合う「飲み会議」をグループごとに開いています。社内の会議室などを使って1時間半ほど行い、残業代も出します。議題は業務に関する様々な事柄で、議事録も取ります。最後に参加者同士でハイタッチをしたりスクラムを組むと、職場の一体感が醸成されるのです。


社員全員が財務諸表を見られるようにしています。労務管理責任者以上が参加する毎月の取締役会の議事録、グループごとに全員で決める予算や経費、全社員の給与や手当などもすべて「見える化」されています。グループごとの社員一人当たりの粗利益も社内で共有化しているので、-人ひとりがその数字に納得し、責任を持って仕事を進めています。


丸山輝の経歴・略歴

丸山輝、まるやま・あきら。日本の経営者。賃貸人保証事業などを展開する「フォーシーズ」社長。福岡県出身。高校卒業後、不動産会社勤務などを経て独立。フォーシーズを設立。そのほか、社団法人賃貸保証機構理事などを務めた。著書に『家主破綻』。

他の記事も読んでみる

阿刀田高

誰が誰に向けて発するか、どのような状況で発するか。それによって意味合いが異なるのが言葉である。万能薬のように何にでも利く言い方は存在しない。あったとしても、便利に使われるうちに手垢まみれになり、本来持っていた輝きをなくしてしまう。


森下洋一

スローガンは「創造と挑戦」です。これは、私の一番好きな考え方であり、一番好きな言葉でもあります。会社も個人も、絶えずクリエイティブでなければいけないし、発想を変えながら未来に向かって挑戦していくべきです。松下幸之助哲学でいうと、それは人間に与えられた天分だと言えます。創造することによってチャレンジ精神が生まれ、チャレンジすることによって成長する。つまり、創造と挑戦の繰り返しによって成長するのが人間なのです。


プブリウス・シルス

我々は、自分に興味を抱く人間に対して興味を抱く。


ピーター・ドラッカー

たいていの経営者は、その時間の大半を過ぎ去った「きのう」の諸問題に費やしている。


イチロー(鈴木一朗)

メジャー行きをとくに意識したとなると、96年の日米野球ですね。ヤツらのスウィングを見ていると、いまの一打席をものすごく大事にしてバットを振っている感覚があるわけですよ、何の迷いもなく。なんかこう、自分がやりたいスタイルって本当はああいう感じだったのに、いつのまにか殻に入ってしまったというか、なんか自分が小さく見えてね。自分でもそういう感覚を失ってたわけじゃないんだけど、それほど強くなくなっていたんでしょうね。あぁ、いいなぁ、って思いましたよ。


レイ・クロック

ビジネスは立ち止まったら終わる。一人ひとり、常に成長を心がける。


ロバート・キヨサキ

まず授業料を支払う。お金を失ってばかりいる気分になるかもしれないが、そうやって教育に投資すれば、最後には勝てるようになる。


小早川智明

とにかく個の会社を再生させたい。困難な道だが、覚悟を持ってチャレンジしたい。


石坂泰三

無事これ貴人。


水野哲也(経営者)

大学に行った友人らに負けてたまるかという一心で勉強に明け暮れました。学校を卒業する頃、取得したいくつもの資格を眺めて「ああ、頑張ったな」と感慨にふけったものです。


永野重雄

巨大企業が良くも悪くもなるのも、それを運営する者の心構え次第だ。


鈴木忠雄(経営者)

何をやってはいけなくて、何をやってもいいかという見極めが経営者だけではなく中間管理職までできる。そういう体質を作っておかなければいけません。たとえ一万人に一人でも当社の商品で被害を受ける方がいたら、大変なことです。