名言DB

9429 人 / 110879 名言

丸山貴宏の名言

twitter Facebook はてブ

丸山貴宏のプロフィール

丸山貴宏、まるやま・たかひろ。日本の経営者、キャリアコンサルタント。「クライス&カンパニー」社長。京都府出身。滋賀大学卒業後、リクルートなどを経てクライス&カンパニーを設立。

丸山貴宏の名言 一覧

暮らしたい場所で働きたい仕事を見つけることは可能だと、多くの人に知ってもらいたい。


面接前にシナリオを用意する人もいますが、それはよくない。自分が書いたことをすべて話そうとして、聞かれていないことまでつい話してしまうことになりますから。


30代と40代という日本経済を牽引している世代に、生き生きと働いていただく場所を紹介するのが僕の役目。自分の力を一層発揮できるようなお手伝いをして、日本を元気にしたい。


企業は自社のブランド力を超える採用は出来ないが、リクルーターが優秀で熱意がある場合は、企業のブランド力を上回る採用力を発揮することができる。


リクルートにいたこともあって、いつかは一国一城の主になりたいとぼんやりとは考えていました。自分の経験が生かせる人材事業での独立を希望していたため、転職でうまくいかなかった経験はかけがえのないものになりました。


全力を出せた、考えを全部伝えられた、そんな達成感がある面接に限って不合格ということは実はとても多い。理由はズバリ、面接官が聞いていない余計なことまで話してしまっているからです。1日に何件も面接をこなす面接官は、自分がした質問の答え以外の言葉を拾う余裕がないんです。結果、よかれと思って付け足した内容はスルー。志望理由がはっきりしていない人という印象を与えてしまい、不合格という結果になってしまうんです。


丸山貴宏の経歴・略歴

丸山貴宏、まるやま・たかひろ。日本の経営者、キャリアコンサルタント。「クライス&カンパニー」社長。京都府出身。滋賀大学卒業後、リクルートなどを経てクライス&カンパニーを設立。

他の記事も読んでみる

岩本敏男(経営者)

グローバルなシステム会社として「日本らしい品質」を前面に打ち出すべきかどうか、社内で大きな議論がありました。ただ、海外子会社の幹部は「NTTデータは日本の企業なのだから、日本企業としての強みを堂々と打ち出すべきだ」と賛成してくれた。


高篠静雄

ビデオカメラ事業部を任されたとき、現場に無理難題を与えました。それまでオーディオ分野を歩んできたので、ビデオのことは分からない。現場と議論しても理屈ではかないません。ですから、もう屁理屈です。私が「もっと小型化しろ」と言っても、技術者は「オーディオと違ってもう隙間がない」と反発します。そこで「水を張ったバケツに入れても、空気の泡は出てこないのだな」と明るく脅しました。本当にバケツに入れたわけではありませんよ。しかし、そのおかげで現場は目標をクリアする小型化を実現してきました。


ホルスト・シュルツ

従業員にビジョンを示し、仲間に迎え入れ、彼らが進んで仕事をしたいと思える環境をつくるのがリーダーシップです。


喜多あおい

調べる力を身につけようとしたときに、一番やってはいけないことは、ズバリのキーワードで適切な情報だけを探し出そうとすること。たとえそのときに求めている情報としてはハズレだったとしても、情報にハズレというものはありません。それがまた、どんなときに使えるかはわからないでしょう。ハズレにも当たっていくことで、調べているテーマの空気感がわかることもあります。「ハズレとどれだけ付き合えるか」が調べる力を育むと思っています。


増田紀彦

例えば、特定区間だけ看板がないことに疑問を持って調べてみれば、その県の景観条例の存在を知ることができる。新たな建設工事が始まったことから、その街の発展性がわかり、事業進出につながることもあります。


山下和美

何でもマンガに取り入れようとして、すごくジタバタしていますね。絵のレベルも、私の歳になると維持するのが大変なんです。20代の頃は、続けていれば自然に上手くなると思っていたんですよ。でも、全然そんなことなかった。毎日、意識して上を目指さないと。


市村洋文

雑談をする際は、相手の表情を読み取ることが大事。常にお客さんの表情を見て、何に興味を持っているのか探っています。それをメモに書いておきます。


北尾吉孝

全体戦略と部分戦略を考える際に、1つ注意すべきことがあります。事業は、全て同時並行して攻めることです。試しにやってみたことがうまくいかなければ、違うことに挑戦するという姿勢では、会社は潰れます。全て同時並行的にやるべきです。


ニーチェ

高く昇ろうと思うなら、自分の足を使う。高いところへは、他人に運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない。


小早川隆景

若い者はまだ修業中の身だ。修業中の者は、自分にとって嫌なこと、理解するのが難しいことに積極的に取り組むべきだ。人生は長いのだから、そういう山川を越えていくことによって自分を鍛えろ。自分の好みに合ったことだけを取り入れるな。むしろ自分が苦手なことにこそ立ち向かえ。