名言DB

9413 人 / 110706 名言

丸山貴宏の名言

twitter Facebook はてブ

丸山貴宏のプロフィール

丸山貴宏、まるやま・たかひろ。日本の経営者、キャリアコンサルタント。「クライス&カンパニー」社長。京都府出身。滋賀大学卒業後、リクルートなどを経てクライス&カンパニーを設立。

丸山貴宏の名言 一覧

暮らしたい場所で働きたい仕事を見つけることは可能だと、多くの人に知ってもらいたい。


面接前にシナリオを用意する人もいますが、それはよくない。自分が書いたことをすべて話そうとして、聞かれていないことまでつい話してしまうことになりますから。


30代と40代という日本経済を牽引している世代に、生き生きと働いていただく場所を紹介するのが僕の役目。自分の力を一層発揮できるようなお手伝いをして、日本を元気にしたい。


企業は自社のブランド力を超える採用は出来ないが、リクルーターが優秀で熱意がある場合は、企業のブランド力を上回る採用力を発揮することができる。


リクルートにいたこともあって、いつかは一国一城の主になりたいとぼんやりとは考えていました。自分の経験が生かせる人材事業での独立を希望していたため、転職でうまくいかなかった経験はかけがえのないものになりました。


全力を出せた、考えを全部伝えられた、そんな達成感がある面接に限って不合格ということは実はとても多い。理由はズバリ、面接官が聞いていない余計なことまで話してしまっているからです。1日に何件も面接をこなす面接官は、自分がした質問の答え以外の言葉を拾う余裕がないんです。結果、よかれと思って付け足した内容はスルー。志望理由がはっきりしていない人という印象を与えてしまい、不合格という結果になってしまうんです。


丸山貴宏の経歴・略歴

丸山貴宏、まるやま・たかひろ。日本の経営者、キャリアコンサルタント。「クライス&カンパニー」社長。京都府出身。滋賀大学卒業後、リクルートなどを経てクライス&カンパニーを設立。

他の記事も読んでみる

藤尾益雄

社長就任から3年目、白血病だと診断されました。その後は再発せず「命をいただけた」と感じています。市場の急激な縮小や病気のこともあり「時間がない」と危機感を持っています。コメだけでなく食に関して商流の川上、川中、川下を垂直統合してバリューチェーンを作りたい。食のプラットフォーマーを目指しています。


藤田晋

組織の中では、納得できない謎の評価で出世する人もいるかもしれませんが、誰もが認める「評価されている人」は皆、圧倒的な努力をしている。


小山田隆(銀行家)

7割失敗してもいい。成功確率3割を目指せ。新しい、ビジネスは、トライ&エラーを繰り返さない限り、生まれてこない。


上阪徹

取材ノートを最低3回は見返します。結果的に、原稿を仕上げる時間は短くて済みます。しかも、取材前に考えた原稿のイメージを捨ててゼロから再構築するので、意外性のある原稿が書けるんです。


鶴野充茂

すでに知っていることを延々と聞かされれば、誰だってイライラします。相手にとって新しいニュースを盛り込むことは絶対に必要です。「この人と仕事をしたら、何か面白いことができそうだな」という印象にもつながります。


竹田和平

人間、正当に評価してもらえないと、やる気も出ませんし、満足に働く力も出てこない。


イビチャ・オシム

限界には、限界はない。限界を超えれば、次の限界が生まれる。


井阪隆一

コンビニ業界の市場規模は7、8兆円と言われていますが、外食と食品流通業を合算して75兆円あります。自分たちの売上は3兆円なので、まだまだ働ける市場があるのです。


岸隆司

大切なことは、建築士の資格を取るための学校ではなく、建築家とは後世に残る建築物をつくる責任ある仕事であり、だからこそこんなに夢のある仕事だということをしっかり教えていきたいのです。


野村克也

南海に入って4年目。俺は3割打者となった。プロとして満足な結果や。ところが、5年目の打率は2割5分。翌年以降も似たようなもので、気がつけば打順も8番が定位置になった。最初は焦ったよ。打率で3割と2割5分では評価が大違いだからな。ただ、この時、「2割5分」という数字をズラしてみたんだ。「100本のうち25本をヒットにする」。それが2割5分だと捉え直したんだよ。じゃあ3割はわかるか? そう。「100本のうち30本ヒットを打つこと」だ。ようするに、その差は「5本」でしかないんだよ。「たった5本か」と思えるだろ? そうしてまず気持ちを軽くしてから、俺は昔読んだテッド・ウィリアムズの打撃論などを読み直した。もちろん自分の打撃も見直した。「たった5本だ」と軽くなった頭と体に、改めて打撃の基礎理論が染みこんだ気がしたよ。結果、8年目の時、打率を2割9分6厘にまで戻した。


柳井正

僕が中国をやるときに、少なくとも本部の3分の1が中国に行って、仕事をするように言った。だからうまくいったんです。それぐらいの覚悟をして、経営者がコミットしない限り、事業はうまくいかない。


小笹芳央

「入りたい人より、採りたい人」という姿勢じゃないとチームの器を超える人は来ない。


山本梁介

ITは生産性を上げるだけでなく、顧客満足も上げることができるんです。例えばうちの青森の店舗をいつも利用されている方がたまたま大阪に来たとしても、顧客情報を共有していれば「いつも青森の店舗をご利用してくださってありがとうございます」と一声お礼ができます。お客様の嗜好もデータベース化してあり、言われなくても角部屋を用意したり、寒がりなら毛布を1枚多めにセットしておくこともできます。


神谷明

声を出すということは、とてもエネルギーが必要です。だから声優はいつでも同じレベルの声が出せるように体力維持が重要となります。


小池百合子

振り返れば一番の財産は人ですね。キャスター時代、経営者を400人くらいインタビューしました。40年以上、アラブの人たちとつき合ってきました。その蓄積がいまの私をつくり、いかなる問題にもたじろがない土台となっています。