名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸山茂樹(プロゴルファー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸山茂樹(プロゴルファー)のプロフィール

丸山茂樹、まるやま・しげき。日本のプロゴルファー、ゴルフ指導者。千葉県出身。幼少期からゴルフを開始。アマ37冠を達成し、日本大学経済学部卒業後にプロ入り。日本を代表するゴルファーの一人として活躍した。また、五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ、日本ゴルフツアー機構相談役などを務めた。

丸山茂樹(プロゴルファー)の名言 一覧

ケガといった「壁」を乗り越える秘策はなく、情報を収集し、動き回り、ひたすら努力しながら耐え抜くしかない。


自分の特徴を知って活かせたことが、結果に結びついた。


勝つべき試合は、這いつくばっても、どんな手段を使っても勝つという泥臭さが僕のスタイル。


ある程度の自信という裏づけがなければ、海外でトップに立つのは厳しい。


何度も世界の頂点に立った人は、自分自身をコントロールする力がずば抜けて高い。


妻やマネジャー、トレーナー、キャディーも一緒に苦労してくれた。周囲の助けがなかったら、海外で挑み続けられなかった。


ほとんどの人が誘惑や妥協に負けます。いわばその「人間らしい部分」を超えられる人が、勝ち続けられる。


努力する習慣や忍耐力が身につき、日々の積み重ねで得た技術が僕の武器になった。だから身長160cm台の小柄な僕でも、海外で通用したのだと思う。


あきらめなかったことが悪いのではなく、「あきらめずにやり続けるにはどうすればいいか」、客観的に考えるべきだった。


トップに立つには、犠牲にするものが必ずある。米国で戦った30~39歳は遊びにも行かず、ホテルの部屋でスタッフに撮りためてもらったDVDを観る生活を続けていました。「何でこんな孤独なんだろう」と思っていた(笑)。


球を打つパワーはタイガー・ウッズをはじめとした体の大きな選手には及ばないけど、経験と技でバーディーを重ねてスコアを伸ばし、得意なショートゲームを駆使して試合に勝った。


アメリカに拠点を移したとき、最初は英語が話せないので、当然外国人選手と会話ができませんとにかく笑顔で明るく皆に接し、積極的にいろんな人のそばにいるように意識しました。「いつも笑っていて面白い奴だ」と仲間が集まり、自分の居場所を確立していった。他の選手の練習方法を観察したり、クラブを見せてもらったりして研究もしました。


渡米にあたっては、ジャンボ(尾崎)さんの存在も背中を押してくれました。日本でプレーを続けても、ジャンボさんの通算113勝という大記録を超えるのは不可能だと思った。であれば、あのジャンボさんでも成し遂げられなかった米国での勝利に挑もうと視点を変えたんです。


練習に明け暮れ、小中高大と友達と遊んだ覚えがないし、電話番号も知らない。努力したことだけは胸を張れるし、44ストロークの大差で初試合を優勝したことで、「努力すれば負けない」という自信を得ました。その勘違いにも近い自信が僕を練習場に向かわせ、小学校から大学までのアマチュアの全タイトルを獲得することができた。


父から「練習しろ」と言われた覚えはありません。ただ「ゴルフは感性が大切なスポーツ。1日でも練習を休むとその感覚は鈍る」と言われ、それは「努力をしろ」というメッセージだと捉えて、練習に明け暮れました。


トッププロは技術面やメンタル面を担うコーチやトレーナーを集めたチームを帯同して、ツアーに参戦します。だから僕の役目は選手の指導というより、選手を盛り上げ、万全の状態で試合に臨める環境を整えること。


僕はケガだけでなく、メディアに暴言を吐いて罰金を払うなど、米国でたくさんの失敗をしました。若手には僕と同じ思いはしてほしくない。だからすべての失敗談を伝えることで、彼らが潰れずに世界で戦えればうれしい。


丸山茂樹(プロゴルファー)の経歴・略歴

丸山茂樹、まるやま・しげき。日本のプロゴルファー、ゴルフ指導者。千葉県出身。幼少期からゴルフを開始。アマ37冠を達成し、日本大学経済学部卒業後にプロ入り。日本を代表するゴルファーの一人として活躍した。また、五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ、日本ゴルフツアー機構相談役などを務めた。

他の記事も読んでみる

嶋浩一郎

途中で読むのをやめたり、積読することに罪悪感を覚えるとしたら、それは本を崇め奉りすぎです。私の自宅には現在2万冊の本がありますが、そのうち半数以上は積読。一度買ったのを忘れて二度買いした本もたくさんあります。その本に、一瞬だけでも興味をもったことは確かですから。積読本も二度買い本も、「自分の好奇心の形」を知る手立てになるのです。それに、後々読み返して愛読書に変身することも多々あります。


松本晃(経営者)

私がマネジメントを本格的に学び始めたのは、39歳で(伊藤忠商事の)子会社に出向したときのことです。潰れそうな会社の立て直しを任されました。そのために自分でやれることは何でもやりました。45歳までの6年間は非常に勉強になりました。そのとき、実際の仕事で学ぶと同時に、多くのことを本から学びました。


佐久間庸和(一条真也)

マネジメントに携わる者は、まさに修身そのものである『論語』に学ぶ必要があります。経営通になるためには、大いなる人間通にならなければならないのです。


西和彦

大きな会社の社長をやるのが偉いのか、あるいは有名になることが偉いのか?僕はそうは思いません。自分の生き方を決めるのは自分です。


ロバート・キヨサキ

闘いを恐れることのほうが、実際の闘いよりもはるかに良くないことだ。闘いを恐れる心は、実際の闘いよりもはるかに悪い影響を及ぼす。


敷田正法

私はどんなに難しいことでも「ありません」「できません」「知りません」で終わらせず、「その代わり○○はいかがでしょう」とお客様に代替案も示すことにしています。


戸田充広

より効率的に稼ぐなら、物を売るよりも作り方を教える教室を開くこと。物を売るよりも収益性が高い。


星野佳路

うちでは管理職は立候補制なんです。人事部が評価して人材を抜擢するシステムだと自由がないじゃないですか。だから、自分はもう管理職やれるよという人は立候補してもらう制度にしています。


福島文二郎

現状に満足してしまった人には、「スモールステップ」を活用します。小さな目標を立て、それを達成したら、また小さな目標を立てる。これを継続していくのです。いきなり大きな目標を立てても、実現までに時間がかかったりすると、やる気が続かない。小さな目標達成こそ、マンネリ脱出に効果的です。この時、小さな目標を上司が与えるのではなく、自分で考えることが大切。さらに言えば、チームで考え、みんなでその目標を達成していけば、組織の士気も生産性も上がります。


冨山和彦

得てして日本人は、何とか家や何々会社のようなムラ組織に入ってしまうと、ムラの空気を読んでそこに合わせるという行動原理になりがちです。


長門正貢

必ず聞かれるのですが、国債保有比率の目標は特に決めていません。社内では「聖域なくあらゆる投資物件を探してくれ」と指示しています。プライベートエクイティやヘッジファンドへの投資、海外のREIT(不動産投資信託)などあらゆる投資を検討し、深掘りしていこうと考えています。


鈴木三郎助(三代目)

人生は血と汗と涙でつづるもの。血はファイト、汗は努力、涙はこころ。この三つがバランスよく発揮できる人生は幸せだし、それは仕事も同じである。