名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸山栄樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸山栄樹のプロフィール

丸山栄樹、まるやま・えいき。日本の経営者、コンサルタント。「バーチャレクス・コンサルティング」社長。山梨県出身。東京理科大学理工学部卒業後、アンダーセン・コンサルティング(のちのアクセンチュア)を経てバーチャレクスを設立。

丸山栄樹の名言 一覧

自分を分析して、辛い時ほど力が出るようなところがあります。ただ、火事場は逃げずに乗り越えられても、平時に前進するのは難しいと実感しました。


毎日忙しく仕事をして、会社が成長していくと、そのままうまくいくような感じがする。そうなるとリスクが見えなくなる。


クライアントとのお付き合いも最初の印象で決めつけてはいけない。人の心も未知。


現場の感覚がわからないと、コンサルが頭で論理的に組み立てても現実はうまくいかない。


1回の人生ですから、今度は看板なしでどれだけ自分が通用するか、違う人生を歩みたいと思った。
【覚え書き|起業したことについて】


会社は成長をしなければいけない。なぜ成長するかというと、若い、エネルギッシュな社員が活躍し、成長する場を作らなければならないから。それを用意するのは経営側の責任。


今は少子高齢化で経済が右肩上がりにはならない時代。そこで企業がやらなければならないのは早く結果を積み上げること。早く結果を出す、結果に貢献するという体制に変革しなければならない。


「バーチャル」という言葉には「仮想」の他に「実質的」という意味もあります。私は元々コンサルタントとしてクライアントのビジネスをサポートしていますが、クライアントの一部になるバーチャル・コーポレーション、実質的にはクライアントの一員だというつもりで仕事をしようという思いで名づけました。
【覚え書き|社名について】


丸山栄樹の経歴・略歴

丸山栄樹、まるやま・えいき。日本の経営者、コンサルタント。「バーチャレクス・コンサルティング」社長。山梨県出身。東京理科大学理工学部卒業後、アンダーセン・コンサルティング(のちのアクセンチュア)を経てバーチャレクスを設立。

他の記事も読んでみる

定保英弥

先達から受け継いだ歴史ある帝国ホテルの伝統を次の世代にしっかりと継承し、さらにその先にある未来へ続くための礎を築くことが、社長としての私の使命。


ジョセフ・ジューベル

目的は、必ずしも達成されるために立てられるものではない。標的の役目をするために立てられるものである。


鈴木英敬

相手は人間だという前提で接するよう心掛けています。


鍵山秀三郎

国民一人ひとりが、自分にとって、もしくは誰にとってよいかどうかではなく、本当に何が正しいかどうかを考えて行動するようになれば、どんな問題も解決できるでしょう。


ジョン・ライス

単独で進出するケースもあるが、インフラの建設プロジェクトの場合、国ごとに抱える問題が違ってくるし多すぎる。私たちが取り組まなければならない課題の大きさやスピード感を考えると、自前主義にこだわらず優秀な人たちと一緒になってベストを尽くしたほうがいい。極めてロジカルな戦略だ。


柏本湊

重要なのは、「どれだけ稼ぐか」ではなく、「どれだけ残すか」です。


武田信繁

常に油断することなく、行儀についても注意を怠ってはならない。『史記』という書物に、「その身が厳正なれば、命令せずして部下が行ない、その身が正しくなかったならば、いかに大声で命令しても部下は従わぬ」と説いている。


百田尚樹

何があってもグチや弱音を言わない人がいますが、そういう人に限って徐々にストレスを溜め込み、心身ともに壊しがちです。周りからは無様に見えたとしても、グチや弱音を口に出したほうが、精神的に楽になる。私もグチや泣き言ばっかり言っていますが、「それでええかな」と思っています。


舩木真由美

「夫婦で一緒に会社を経営してよくケンカになりませんね」と言われることがありますが、夫と私は2人で1人の社長という認識で、互いに自分にない部分をリスペクトし合っています。夫は事業の仕組み作りや数字の管理が得意。私は人前に出て話したり、教えたりするのが得意。それぞれの得意分野に注力し、不得意分野は相手に任せる体制にしているのが、うまくやれている理由かもしれません。


中村獅童(二代目)

自分がどうなりたいのか、何をやりたいのか。そのために今、何をしなくてはいけないのか。そういったことを意識するのは大事なんじゃないかな。そういう日々を送っていれば、チャンスが巡ってきた時、絶対見逃さないと思えるんだ。


新将命

最も重要なことは、その日その日の仕事をこなすだけの「成り行き人間」ではなく、「目標人間」になるということ。


萩尾望都

一日ヒマがあったら、ずっと絵を描いているわけです。やめなさいと言われても、やめられるもんじゃないですね。