名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

丸山栄樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸山栄樹のプロフィール

丸山栄樹、まるやま・えいき。日本の経営者、コンサルタント。「バーチャレクス・コンサルティング」社長。山梨県出身。東京理科大学理工学部卒業後、アンダーセン・コンサルティング(のちのアクセンチュア)を経てバーチャレクスを設立。

丸山栄樹の名言 一覧

自分を分析して、辛い時ほど力が出るようなところがあります。ただ、火事場は逃げずに乗り越えられても、平時に前進するのは難しいと実感しました。


毎日忙しく仕事をして、会社が成長していくと、そのままうまくいくような感じがする。そうなるとリスクが見えなくなる。


クライアントとのお付き合いも最初の印象で決めつけてはいけない。人の心も未知。


現場の感覚がわからないと、コンサルが頭で論理的に組み立てても現実はうまくいかない。


1回の人生ですから、今度は看板なしでどれだけ自分が通用するか、違う人生を歩みたいと思った。
【覚え書き|起業したことについて】


会社は成長をしなければいけない。なぜ成長するかというと、若い、エネルギッシュな社員が活躍し、成長する場を作らなければならないから。それを用意するのは経営側の責任。


今は少子高齢化で経済が右肩上がりにはならない時代。そこで企業がやらなければならないのは早く結果を積み上げること。早く結果を出す、結果に貢献するという体制に変革しなければならない。


「バーチャル」という言葉には「仮想」の他に「実質的」という意味もあります。私は元々コンサルタントとしてクライアントのビジネスをサポートしていますが、クライアントの一部になるバーチャル・コーポレーション、実質的にはクライアントの一員だというつもりで仕事をしようという思いで名づけました。
【覚え書き|社名について】


丸山栄樹の経歴・略歴

丸山栄樹、まるやま・えいき。日本の経営者、コンサルタント。「バーチャレクス・コンサルティング」社長。山梨県出身。東京理科大学理工学部卒業後、アンダーセン・コンサルティング(のちのアクセンチュア)を経てバーチャレクスを設立。

他の記事も読んでみる

柳井正

経営者の覚悟とは「会社が存続して成長していく為だったら何でもやる」という気概です。その先頭に立つ覚悟を持つべきです。


高橋銀次郎

平和というのは、手に入れてしまうと当たり前になってしまうけれど、つくるのにどれだけ大変か、平和を維持するためにどれだけの犠牲が払われるのか。平和についてもう一度考え、為政者は多くの犠牲の上に平和が成り立っているということを知った上で、やりたくないこともやる為政者としての覚悟が必要。


藤本秀朗

新卒採用に力を入れ始めたとき、東大や東工大をはじめとする国立大学や有名私立大学にターゲットを絞って配っていたが、これが大きな間違いだった。たとえば、東大がいいとか悪いとかいう問題は別にして、実際に東大卒で使える人材が10人に一人というのが現実なのである。「経営者の育成」という観点からみても、学歴や出身大学などにこだわらず、幅広く人材を集めたほうが、はるかに優秀な人材を得られると思う。


阿部俊則

大切なのはワクワクドキドキ心躍る職場にすること。ワークライフバランスがライフワークバランスに変わり、仕事も余暇も充実でき、会社に行くのが楽しいと思ってもらえるような職場をつくる。


阿部孝司

この業界は、お客様の声を聞くフェーズには最も優秀な人材を充て、ソフトのつくり込の部分は単価の安いプログラマーにつくらせるという分業制が普通ですが、当社はここを一貫して行っています。分業スタイルだと問題が生じるからです。お客様に接する最も優秀な人間が、「こうしたら素晴らしい」というデザインを描いたとします。しかし、それをつくる人間が自分ほど優秀でない場合、「現実的には無理かな」とつくり込の部分で妥協してしまうのです。


佐藤章(経営者)

どこ(の部署)からでも声をかけてもらえるように心がけ、事業のディテールを知っておくことが大切。でなければイザというときに決断ができないからだ。


西室泰三

かつての小泉純一郎政権時代の郵政民営化フィーバーの後、民営化を進める法律もできたのに、実際には具体的な進展はありませんでした。社長になった時には、今後もこのペースでやっていて、本当に上場できるのかという危機意識を持ったほどです。その後、一緒に仕事をしてみて、皆よく頑張っていることは分かりましたが、一方でもっとアクセルを踏んでいこうと思いました。上場を半年前倒しすることにしたのは国民へのアピールと同時に、社内の引き締めのためでもあります。


落合信彦

日本の新聞なんかを読んでいると、明日にもアメリカ経済が死んでしまうようなことが書いてあるが、実態は全然ちがう。アメリカの銀行には、債権などの資産を合わせると全部で30兆ドルあるといわれている。今回のサブプライムローンにおける損失は、2500億ドルから多くとも5000億ドルといわれているので、銀行が持っている全クレジットの1パーセントの十分の一にすぎない。その銀行がつぶれていくなどということは考えられないだろう。それなのに日本の新聞は、明日にでも息絶えてしまうといった感じで書いてしまう。雰囲気で書いてるだけで、根拠はない。だから、詳しい数字は出てこないだろう。


嶋津良智

「報連相のルールを決めておく」ことも重要。どのようなタイミングで、どのような報告を受けたいと思っているのかを部下と共有しておくのです。たとえば、「仕事の総完成までに、これらのポイントを踏まえて、これらのタイミングで3回報告してほしい」と指示します。報告のルールを共有しておけば、「なんであいつは報告してこないんだ」とイライラしたり、「上司は自分の都合のいいときだけ進捗を聞いてくる」といったストレスをお互いに溜めることなく仕事ができます。


岡素之

みなさん高潔な倫理観は持っていると思うのですが、一般論を申しますと、社長のようなポストにいると、だんだん倫理観が鈍りがちです。歴史を振り返ってもそういうことは少なくありません。そうならないために社長在任期間を決めておくことが効果的ではないかと考えます。頭から腐らないうちに次にタスキを渡すことが大切です。社長、会長の任期を6年と決め、その間全力疾走して頑張ればいいのです。


安渕聖司

満足してはもったいない。人間の能力はいつまでも上がっていくものです。


岡野博一

ブランドを世界に訴求していく際、私は伝統工芸という文脈だけでは広がりにくいという実感を持っています。そこで私が注目しているのが、アートです。アートは世界に伝わっていくスピードが非常に速い。日本の伝統工芸の方が、技術的には明らかに上手なのですが、価順を生み出せていない。そこで、日本の工芸をもう少しアート寄りに持って行きたいところです。世界的に、工芸をアート化していこうという潮流がありますが、その中でも圧倒的な工芸力を誇る日本は、必ずリーダーシップをとれるはずです。