丸山栄樹の名言

丸山栄樹のプロフィール

丸山栄樹、まるやま・えいき。日本の経営者、コンサルタント。「バーチャレクス・コンサルティング」社長。山梨県出身。東京理科大学理工学部卒業後、アンダーセン・コンサルティング(のちのアクセンチュア)を経てバーチャレクスを設立。

丸山栄樹の名言 一覧

毎日忙しく仕事をして、会社が成長していくと、そのままうまくいくような感じがする。そうなるとリスクが見えなくなる。

丸山栄樹の名言|順調に成長しているときに注意

クライアントとのお付き合いも最初の印象で決めつけてはいけない。人の心も未知。

丸山栄樹の名言|最初の印象で決めつけてはいけない

自分を分析して、辛い時ほど力が出るようなところがあります。ただ、火事場は逃げずに乗り越えられても、平時に前進するのは難しいと実感しました。

丸山栄樹の名言|自分の長所と短所を分析する

現場の感覚がわからないと、コンサルが頭で論理的に組み立てても現実はうまくいかない。

丸山栄樹の名言|現場の感覚がわからないと、コンサルが頭で論理的に組み立てても現実はうまくいかない

1回の人生ですから、今度は看板なしでどれだけ自分が通用するか、違う人生を歩みたいと思った。
【覚え書き|起業したことについて】

丸山栄樹の名言|違う人生を歩みたいと思った

会社は成長をしなければいけない。なぜ成長するかというと、若い、エネルギッシュな社員が活躍し、成長する場を作らなければならないから。それを用意するのは経営側の責任。

丸山栄樹の名言|若い社員が活躍し、成長する場を作らなければならない

今は少子高齢化で経済が右肩上がりにはならない時代。そこで企業がやらなければならないのは早く結果を積み上げること。早く結果を出す、結果に貢献するという体制に変革しなければならない。

丸山栄樹の名言|早く結果を出す、結果に貢献するという体制に変革しなければならない

「バーチャル」という言葉には「仮想」の他に「実質的」という意味もあります。私は元々コンサルタントとしてクライアントのビジネスをサポートしていますが、クライアントの一部になるバーチャル・コーポレーション、実質的にはクライアントの一員だというつもりで仕事をしようという思いで名づけました。
【覚え書き|社名について】

丸山栄樹の名言|クライアントの一員だというつもりで仕事をする

丸山栄樹の経歴・略歴

丸山栄樹、まるやま・えいき。日本の経営者、コンサルタント。「バーチャレクス・コンサルティング」社長。山梨県出身。東京理科大学理工学部卒業後、アンダーセン・コンサルティング(のちのアクセンチュア)を経てバーチャレクスを設立。

ページの先頭へ