丸山栄樹の名言

丸山栄樹のプロフィール

丸山栄樹、まるやま・えいき。日本の経営者、コンサルタント。「バーチャレクス・コンサルティング」社長。山梨県出身。東京理科大学理工学部卒業後、アンダーセン・コンサルティング(のちのアクセンチュア)を経てバーチャレクスを設立。

丸山栄樹の名言 一覧

自分を分析して、辛い時ほど力が出るようなところがあります。ただ、火事場は逃げずに乗り越えられても、平時に前進するのは難しいと実感しました。


毎日忙しく仕事をして、会社が成長していくと、そのままうまくいくような感じがする。そうなるとリスクが見えなくなる。


クライアントとのお付き合いも最初の印象で決めつけてはいけない。人の心も未知。


現場の感覚がわからないと、コンサルが頭で論理的に組み立てても現実はうまくいかない。


1回の人生ですから、今度は看板なしでどれだけ自分が通用するか、違う人生を歩みたいと思った。
【覚え書き|起業したことについて】


会社は成長をしなければいけない。なぜ成長するかというと、若い、エネルギッシュな社員が活躍し、成長する場を作らなければならないから。それを用意するのは経営側の責任。


今は少子高齢化で経済が右肩上がりにはならない時代。そこで企業がやらなければならないのは早く結果を積み上げること。早く結果を出す、結果に貢献するという体制に変革しなければならない。


「バーチャル」という言葉には「仮想」の他に「実質的」という意味もあります。私は元々コンサルタントとしてクライアントのビジネスをサポートしていますが、クライアントの一部になるバーチャル・コーポレーション、実質的にはクライアントの一員だというつもりで仕事をしようという思いで名づけました。
【覚え書き|社名について】


丸山栄樹の経歴・略歴

丸山栄樹、まるやま・えいき。日本の経営者、コンサルタント。「バーチャレクス・コンサルティング」社長。山梨県出身。東京理科大学理工学部卒業後、アンダーセン・コンサルティング(のちのアクセンチュア)を経てバーチャレクスを設立。

他の記事も読んでみる

戴正呉

シャープが鴻海(ホンハイ)傘下に入って一番変わったのは意思決定のスピードです。8Kテレビの商用化を決断したのは昨年9月のこと。それから1年たたないうちに、世界発売のめどを付けました。以前なら、もっと時間がかかっていたでしょう。


森田仁基

成果を出すために、そして成長するために必要なのは、どんな場面でも「何とかしてやろう」と思えることだと思います。


高田明(ジャパネットたかた)

物事を人へ伝えるときに大切なのは情熱。人間は情熱を持てるか持てないかで、パフォーマンスが大きく変わります。見ている人、聞いている人は、パフォーマーが本当に伝えたいと思っているかどうかを、目や耳で感じているからです。


内藤哲也

プロレスラーになる前の話ですね。浜口ジムに通っている時、右膝のケガをして。手術の後、あまりの痛さ、足の使えなさに落ち込んでいたんですよ。そんななか、棚橋(弘至)選手が出場するリーグ戦の優勝決定戦を広島まで観に行ったんです。その時、棚橋選手は肩を痛めていたんですけど、歯を食いしばって頑張っていた。その姿に心を打たれて。ああ、プロレスから勇気をもらうってこういうことなんだ、と初めて実感しました。


松田丈志

北京五輪の200mバタフライで銅メダルを獲得してからも、「五輪で圧倒的なパフォーマンスを発揮できる選手は何をしているのか」とよく考えました。あのマイケル・フェルプスに勝たなければ世界一にはなれなかったので。


筒井義信

お客様のニーズを機敏に捉え、それに応じた提案をするためには、双方向のコミュニケーションを強化していく必要があります。


昆政彦

全く違う発想を持った人たちが頭の中、脳みその部分に刺激を与えると、脳が活性化されて新しい絵がポッと生まれていく。大事なことはそれも良質な知でないといけない。飲み屋で会社の愚痴ばかりでは良質な知とは言えませんので、こういう会話を何時間続けてもイノベーションは生まれません。


関正生

英会話上達への近道、それは、英会話への苦手意識を克服することに尽きます。本来、日常会話程度ならば、中学で習う英語でも通じるはずなのです。にもかかわらず、英語が話せない日本人が多いのは、学校教育の中で「話す練習」が圧倒的に足りなかったからです。


石原明

真の思いやりとは、相手のことを考えて厳しく接することです。いまこの瞬間にいい人と思われなくてもいいのです。後で「あの人のおかげで成長できた」と感謝される人になればいいのです。


中村友哉(経営者)

(AxelGlobeは)世界中を毎日撮っていくので、地球上で今何が起こっているのかを全部記録しているようなイメージです。最新のデータをとることも価値がありますが、過去から蓄積していることが重要で、地球上で何が起こっていて、それがどういうふうに変わっていくか、つまりトレンドを知ることができ、そこから次に何が起こるのかという未来予測までできる可能性があります。


西岡利晃

スランプは完全にメンタルが原因。諦めたら、そこで終わり。結果が出なくても、「一歩目標に近づくプロセス」と思えば、苦境から抜けられる。


ハワード・シュルツ

スターバックスの歴史は成長と成功の記録にとどまらない。一企業がどのように変わったやり方で成長したかという物語でもある。スターバックスは真心で経営し、魂をはぐくみ、しかも利益を上げられることを実証している。我々は社員の人格を尊重するという社会の基本理念を犠牲にすることなく、長期にわたって株主に利益を配当しているのだ。


坂根正弘

多少の弱点には目をつむる代わりに、「ここだけは絶対に負けない」という姿勢を持たなければ、特徴がない総花的な製品ばかりになって、価格でしか競争できなくなる。


横田尚哉

仕事の目的が曖昧なときは、「誰のため?」「何のため?」と自問自答するクセをつけると良いでしょう。「この資料を参考にして文章をまとめて」と指示された場合でも、誰のためか、何のためかによって、書き方が違ってきます。「誰のため?」「何のため?」という簡単なフレーズを意識するだけで、仕事が速い人に変わることができます。


宗次徳二

名古屋は喫茶店の競合ひしめき合う地域で、最初は苦戦しました。他店はコーヒー1杯にお菓子やトーストなどをつけていましたが、うちは一切そのような「おまけ」を付けませんでしたし。それでも、お客様が笑顔になる最高の接客を徹底したことで、少しずつ常連が増えていきました。


ページの先頭へ