名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸山晴美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸山晴美のプロフィール

丸山晴美、まるやま・はるみ。日本の節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー。新潟県出身。神田外語学院卒業。様々なメディアで節約術について教えた。そのほか、プロパンガス料金適正化協会理事などを務めた。

丸山晴美の名言 一覧

家計簿に金額を細かく書くのが面倒なら100円単位でもOK。1円、10円単位の正確さよりも、続けることの方が大切。


やりくりする単位を1か月から1週間にすることでお金の管理がラクになり、結果が見えやすい。急な出費は予備費から捻出して赤字を防ぎます。ゆとりを持たせているため、予算内でやりくりするだけでラクにお金が貯まる。週末、月末にお金の使い方を振り返れば万全です。


丸山晴美の経歴・略歴

丸山晴美、まるやま・はるみ。日本の節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー。新潟県出身。神田外語学院卒業。様々なメディアで節約術について教えた。そのほか、プロパンガス料金適正化協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

太田剛

日本の外食産業は、ブームになるとある業態の店が一気に増え、落ち着いたら淘汰され、また次のブームに乗る、ということを繰り返しています。利益が出ている今のうちにいろいろな業態の店を出しておくほうがいいという声もいただきます。けれども、そこに逃げると、かつての軸がブレていた時期に戻ってしまうと考えています。


九鬼政人

突き詰めてみれば、「お金」と「時間」こそが、人間誰もが持っている資源だと言えるのではないでしょうか。


為末大

いろいろ試してみると自分の天分にも気づきやすいと思います。やりたいことを10個ぐらいやれば、どれが自分に向いていて、何を全うすべきかというものが見える。一個やるだけではなかなか見つけるのがむずかしいでしょう。だから、たくさん経験をして、たくさん学ぶのです。


横田尚哉

人に頼んだ仕事の途中経過が気になるのは、段取りがいい加減だからです。くれぐれも生煮えのまま人に仕事を頼んではいけません。


吉川美代子

教えることに関しては私は全体の「構造」を理解させることに力を入れますね。たとえば、アナウンサースクールで発声法を教える講師は「口を大きく開けて滑舌よくしよう!」などと教えます。けれど、言われた相手はたいてい「もう口も大きく開けているつもり」なんですね。つまり、部分的に教えても伝わらないんです。私は「日本語を発声する時の口の形は『あいうえお』の母音の5つしかない。でも、それぞれの音にはそのための正しい舌の位置と動きがある。だから、見た目の口の大きさというより、舌を滑らかに動かすために口の中を大きく開ける」と発声の構造から教えます。その後なら「口を大きく滑舌よく」と伝えても、なぜそうするのか、どうすればいいのか、わかってくれます。全体の構造を教えてから細部を指示する。この順番を忘れないでください。


岡倉天心

いくつもの音楽を同時にきくことができないように、美というものは、なんらかの中心となる要素に集中して初めて本当に理解することができるのだ。


髙橋秀幸(経営者)

私は、不祥事の最大の原因として現場と経営の距離が離れすぎていることが挙げられると考えます。


森本智子

焦りはないです。私がやりたいことを20代後半で実現するのは、まず無理ですから。それよりも、いま吸収すべきことを吸収するので一生懸命ですね。自分のやるべき仕事が本当にできるようになるのは30代以降です。いまはまだ、地道に力をつけていく時期だと思います。


山本真司

その分野で圧倒的な差をつけるためには、その分野に徹底的に時間とエネルギーをかけなければいけません。もしその分野が好きな分野でなければ、そんなことはできないでしょう。「好きこそものの上手なれ」ではありませんが、好きな分野を選ぶことも、自分を差別化するための大切な条件です。


鈴木眞理

本学部の特徴となるのが、3年次の地域実習です。それまで築いた知識や調査の技術をもとに綿密な事前調査を行い、現地に臨みます。実習では全国の市町村や地域施設、NPOなどと連携しながら、8人程度1組で1週間にわたり実際の地域活動に携わり、そこで学んだことをその後の専門演習や卒業研究などに反映していきます。実践を通じてリアルな人間を理解し、それを課題解決に生かしてほしいというのが地域実習のねらい。知識、教養の上に技術を身につけて、それを現場で運用できる力を養ってほしいと考えています。


浅田次郎

兵隊になったのは農家出身者が多かったけれども、今回描いた歩兵第3連隊にはいろんな職業の人間がいたと思いますよ。第3連隊の徴兵区域は東京ですから。でも、この人は元八百屋でしたとか、一般事務員でしたとか、そんな話は小説じゃないと書けないでしょう。これは日本だけでなく、世界中の軍隊が実はそうだったんです。そして、そこまで考えなければ、戦争の悲劇性の本当のところはわかりません。軍が勝手に戦争を始めて、それに従った兵隊が死んだだけとイメージされるかもしれないけれども、そうではありません。死んだのは、平和だったら別の仕事をして普通に働いていたはずの人たちだったわけです。


広末涼子

舞台に立つと、毎回初心に返らされる。今回は共演者の方々が私より年上の現場なのが嬉しくて。自分も勉強させてもらえるチャンスだと思って、すごく楽しみです。