名言DB

9429 人 / 110879 名言

丸山晴美の名言

twitter Facebook はてブ

丸山晴美のプロフィール

丸山晴美、まるやま・はるみ。日本の節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー。新潟県出身。神田外語学院卒業。様々なメディアで節約術について教えた。そのほか、プロパンガス料金適正化協会理事などを務めた。

丸山晴美の名言 一覧

家計簿に金額を細かく書くのが面倒なら100円単位でもOK。1円、10円単位の正確さよりも、続けることの方が大切。


やりくりする単位を1か月から1週間にすることでお金の管理がラクになり、結果が見えやすい。急な出費は予備費から捻出して赤字を防ぎます。ゆとりを持たせているため、予算内でやりくりするだけでラクにお金が貯まる。週末、月末にお金の使い方を振り返れば万全です。


丸山晴美の経歴・略歴

丸山晴美、まるやま・はるみ。日本の節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー。新潟県出身。神田外語学院卒業。様々なメディアで節約術について教えた。そのほか、プロパンガス料金適正化協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

松田充弘(マツダミヒロ)

問題を解決するために大切なのは自問自答力。「これはどういうことか」「なぜこうなっているのか」、まず自分の中で問題設定を行う。その過程の中で問題点や課題が浮かび上がってくるはず。


古川裕倫

上司に説明や提案をするとき、目的が「会社」にあることを強調して話すと、自分の「好き嫌い」で話をしているわけではないと、納得してもらいやすい。


宮内義彦

物言う株主にはネガティブな見方も少なくありません。ただ、株主が経営改善や内部留保の還元を指摘するのは当然のこと。そのプレッシャーから逃げてはいけないのでしょう。日本は会社にプレッシャーをかける仕組みが少なすぎると思います。


柳井正

企業のセクションで最も重要なのは販売、営業の現場です。若い人はとかく企画室スタッフのような格好のいい仕事を望むけれど、理論や能書きだけでは物事は進まない。販売の現場でそれが実現できなければ、何の意味もありません。


和地孝

きみたちのことを“従業員”とは呼ばない。主役になり、自立してほしい。
【覚え書き|社員のことを従業員ではなくアソシエイトと位置づけたときの発言】


野口克彦

エリートは社員3人のうち2人でいい。業績が右肩上がりのときはバランス感覚が大事ですが、いまのように進む道がわからない時代は、サンドバッグのように打たれても立ち上がっていく人材が必要です。


菊地敬一

「菊地さんなら、ほかの商売でも成功できるよ」と言ってくれる人もいますが、自分ではまったくそうは思いません。本という自分が情熱を注ぐことができるものを商売にしたから、ここまで来られたんでしょう。成功したいのなら、自分が好きなことを仕事にすべきだと、つくづく思います。


泉谷直木

上司に「何でも話せ」と言われても、人生相談も含めて何でも話してもよいというわけではない。上司によっては仕事のことに関してはよく面倒を見てくれるが「プライベートな話は関係ないよ」と突き放す人もいる。それがいいか悪いかということではなく、性格によって違うのである。大事なのは、上司がどういう気持ちで「何でも話せ」と言っているのかを推し量ることだ。実際は「何でも」ということではなく、上司によっては「面倒なことに私を巻き込まないように配慮しつつ、自分に都合のよい話やおもしろいことだけを、何でも話せ」と考えているのかもしれない。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

私は母から「ないない尽くしのプレゼント」を贈られたと思っています。お客様は来てくれないもの、取引先は商品を卸してくれないもの、銀行は貸してくれないものだと思えという教えです。


木村英文(木村飲料)

「わさびラムネ」を発売すると決めたとき、あえてまずいものを作ろうというのですから、社内は開発段階から大反対です。でも、強行して作ってみたら面白がって置いてくれるお店がありました。いつでも売れる冬眠しないラムネであることがわかったのです。お客さんは「あいつに飲ませてやろう」とパーティーの罰ゲームグッズのような感覚でシーズン問わず買っていくようです。「わさびラムネ」を買っていくお客さんには味はそんなに関係ないんです。
【覚書き|わさびは同社がある静岡県の特産品のひとつ】