名言DB

9413 人 / 110706 名言

丸山忠(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

丸山忠(経営者)のプロフィール

丸山忠、まるやま・ただし。日本の経営者。「丸道」社長。東京都出身。18歳でお好み焼きチェーン「道とん堀」に入社。店長、FC出店業務などを経て「道とん堀」フランチャイジーとして独立。著書に『それでもフランチャイズを選びなさい 失敗しないための独立・起業77の法則』。

丸山忠(経営者)の名言 一覧

自社で土地や建物を所有すると、いざという時に簡単に撤退することができない。近隣に競合店ができたり、顧客ニーズが変わって客数が落ちるなどのリスクは常にあるので、状況の変化に臨機応変に対応できる出店戦略が必要。


フランチャイジーである我々は、店舗を増やさなければ成長できません。そのためフランチャイズに加盟する際は、将来的に多店舗展開ができるのかどうかを重視します。過去には大手焼き鳥チェーンやカフェチェーンへの加盟を検討したこともありましたが、一定規模のエリア権を取得できず断念しました。


丸山忠(経営者)の経歴・略歴

丸山忠、まるやま・ただし。日本の経営者。「丸道」社長。東京都出身。18歳でお好み焼きチェーン「道とん堀」に入社。店長、FC出店業務などを経て「道とん堀」フランチャイジーとして独立。著書に『それでもフランチャイズを選びなさい 失敗しないための独立・起業77の法則』。

他の記事も読んでみる

近田哲昌

部下の質問に対して必死に考えて答えます。いいかげんな答えは、その人をいいかげんに扱っているのと同じだからです。また、鋭い質問をしてくる部下は、それだけ会社や仕事のことを真剣に考えてくれているという証拠です。私には、それに真剣に答える義務があるのです。


西内啓

手元にデータがない場合は、足で稼ぐこともできるはず。たとえば、若い女性向けの商品を企画するときに、おじさんが集まって企画を練っても、良いアイデアは出ません。ならば街頭に出たり知人を通じて若い女性たちに「この商品、買いたい?」と聞いて回ってみてはいかがでしょう。それだけでも、データは集まります。限られたサンプルですが、アタリをつけるには十分なはずです。


杉山大二郎

大失敗をしたときは、苦しく逃げ出したいと思ったこともあります。でも、そこで目をそらさずに成約につながる営業とは何かを問い続けてきたのが良かったのだと思います。


竹田陽一

会社経営は長期の戦いですから、最終的には社長の実力通りの結果になってしまいます。


尾崎元規

仮説を考えてから現場におもむくからこそ、現場に落ちている問題点や解決のヒントに気が付くのです。


稲盛和夫

私がJALに来て最初に思ったことは、幹部社員に「会社が潰れた」という実感がないということでした。ですから、私はみんなに「JALは潰れたんですよ」という認識を徹底させるところから始めました。そして、「幹部社員はもちろん、現場の社員まで含めて、一人ひとりが経営者と同じ気持ちで努力をする以外にないんですよ」と訴えてきました。


岩井俊憲

「尊敬」「信頼」「共感」「協力」こそが、勇気づけの基本精神。これら4つの態度は、相手の言葉に謙虚に耳を傾け、感謝の気持ちを持つことにつながる。


松村不二夫

ミドリ安全の場合は、安全衛生に関わるお客さんの困りごとを知ることから商品開発が始まります。滑りやすい環境で威力を発揮する高耐滑性の作業靴「ハイグリップ」は累計1000万足以上売れている大ヒット商品です。この商品の開発は、太陽熱温水器で知られる朝日ソーラーからの相談がきっかけで始まりました。当初は、「装置を設置するために屋根に上る作業員たちが滑らないようにする靴」をつくろうと考えていたわけです。ところが研究が進むと、屋根の上だけではなく、水や油がこぼれた床を歩き回るような現場など、幅広い職場の安全確保に必要な技術だということがわかってきました。そこで滑らない靴が完成すると、工場や飲食店に領域を拡大して営業をかけました。


守島基博

安定や昇進などの自分志向の仕事目的を持つ人が、昇進や昇給が得られない現状に直面すると働きがいを喪失してしまう。いま、企業は業績が回復しても、それを給与に反映させることはしない。逆に他者のため、あるいは社会のために働くことができれば、ポストや給与が上がらなくても働きがいを感じる可能性がある。そんな視点の転換が必要だ。


牧野兼史

島根にいるプロジェクトマネージャーは毎週東京に出張しており、各支社で連携が取れている。東京に比べて他社との人材の奪い合いがないので高専生や地元の島根大学の卒業生を安定して採用できており、メリットを感じている。


小西正行

社員にほどよいストレスを与えた方がいい。ストレスがない状態は成長もない。


内藤誼人

挨拶とは「自分はこういう人間なのだ」とアピールする絶好の場。周りが定型句で終わらせているだけに、ほんの一言、二言のやりとりを増やすだけで、相手に「あいつは明るく挨拶する若者だ」という評判を簡単に勝ち取ることができます。とくに、家族の話は身内感も高まりますし、自分のドジ話は笑いもとれてより効果的です。


千林紀子

私は会社の設立準備段階から、仲間と一緒に会社をつくり上げてきました。この1年間、事業基盤を固めるための数字を必死に追いかけてきたので、仲間たちは戦友だと思っています。


稲盛和夫

「社長業には何が大切か」と聞かれて、こんなふうに答えたことがありました。第一に、「社長は公私の区別を峻厳に設けること」。第二は、「社長は企業に対し無限大の責任を持つこと」。第三は、「社長は自身の持つすべての人格と意志を会社に注入しなくてはいけない」。さらにいえば、経営者にはひとかけらでも「私」があってはならない、ということです。


中村天風

病のとき心がもしも病に負ければ、治る病も治りはしません。反対に、医者がさじを投げ、だんぜん治らないと決められたような病でも、心が病に打ち克っているような、積極的精神の状態であると、その病が治らないまでも、医者がびっくりするほど長生きをするというような場合が、実際にしばしばあるものです。