名言DB

9412 人 / 110637 名言

丸山忠(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

丸山忠(経営者)のプロフィール

丸山忠、まるやま・ただし。日本の経営者。「丸道」社長。東京都出身。18歳でお好み焼きチェーン「道とん堀」に入社。店長、FC出店業務などを経て「道とん堀」フランチャイジーとして独立。著書に『それでもフランチャイズを選びなさい 失敗しないための独立・起業77の法則』。

丸山忠(経営者)の名言 一覧

自社で土地や建物を所有すると、いざという時に簡単に撤退することができない。近隣に競合店ができたり、顧客ニーズが変わって客数が落ちるなどのリスクは常にあるので、状況の変化に臨機応変に対応できる出店戦略が必要。


フランチャイジーである我々は、店舗を増やさなければ成長できません。そのためフランチャイズに加盟する際は、将来的に多店舗展開ができるのかどうかを重視します。過去には大手焼き鳥チェーンやカフェチェーンへの加盟を検討したこともありましたが、一定規模のエリア権を取得できず断念しました。


丸山忠(経営者)の経歴・略歴

丸山忠、まるやま・ただし。日本の経営者。「丸道」社長。東京都出身。18歳でお好み焼きチェーン「道とん堀」に入社。店長、FC出店業務などを経て「道とん堀」フランチャイジーとして独立。著書に『それでもフランチャイズを選びなさい 失敗しないための独立・起業77の法則』。

他の記事も読んでみる

有本隆浩

リクルート時代との違いは、自分一人ですべてやらなければいけないこと。立ち上げたばかりの会社で、まだスタッフはいませんでした。もちろん十分な運転資金もありません。そこで発想力、アイデアで「いかにマンパワーをかけずに、資金も借り入れないで事業を回すか」を工夫しましたね。


藤井薫(編集者)

事業盛衰のサイクルが短くなり、企業の寿命が短命化している。生涯に3つくらいの会社を渡り歩くことが当たり前になるだろう。


コシノジュンコ

仕事をする上で信用ほど大切なものはありません。そして信用を得ると、次の可能性が出てきます。私も仕事で京都の人たちと親しくなりましたが、そこから次の仕事が生まれてきます。


大島武(学者)

プレゼンなどアピールをしっかりとすべき場で必要となるテクニックが以下の5つ。これらを心がけていれば、自分の主張は相手に必ず届くはず。

  1. 話の概要など大枠から話す。
  2. 内容や期日、数字など、具体的に話す。
  3. 自分の意見に自信を持って話す。
  4. 相手が聞き取りやすいようにゆっくり話す。
  5. 相手の知っていることにうまく絡めて話す、相手の土俵に立って話す。

黒川康正

勉強時間を捻出するには、時間の単位の考え方を変えることが重要。たいていの人は勉強時間を作るとなると、1時間、2時間など数時間単位で考えてしまいます。その感覚では時間は作れません。だから移動時間や仕事のふとしたスキマに生まれる、細切れ時間を有効に活用するのです。


石橋善一郎

本質的には企業価値を中長期的に本当に高められるかどうかが最も重要なチャレンジにほかなりません。その中で企業価値を高めるにはどこを守り、どこを捨てないといけないかを見極めなければなりません。


森下一喜

一番重要だと考えているのは、実際に遊びお金を払ってくれる可能性があるアクティブユーザーの数。この数は今も堅調に伸びています。累計2000万というダウンロード数に注目が集まりがちですが、実はアクティブユーザー数も1000万以上に達しています。今後は、アクティブユーザーの興味がわくようなイベントなどを提供していく必要性を感じています。


加藤俊徳

脳は年齢を重ねても成長できる――それは、脳は変幻自在な柔軟な器官ということ。すなわち、環境や生活習慣いかんでは衰えていくスピードも驚くほど早いのです。


田原総一朗

僕は老害をまき散らす古い政治家や経済人にはもう期待していません。若い人たちに期待しています。


晝馬輝夫

企業の技術力を高めるためには、質の高い人材を育成することが避けては通れない課題です。日本の大学は海外のものを日本に伝えることしかやってこなかった。だから、形式知しか伝わらず、自分で見つけるというサイエンスの心を育ててこなかった。日本の基礎化学が育たなかったのはそのためです。


村上太一

今まで何かを売り出すためには、莫大な費用を広告宣伝に費やす必要があった。でも、そのコストは確実に減るでしょうね。その代わり、企業はまずファンを増やし、集めることに注力しなければならなくなる。


小泉文明

メールはその日中の処理が基本です。これは昔からの習慣で、仕事のTODOをメールで自分宛に送る仕事のやり方が影響しているかもしれません。処理が終わったメールは受信ボックスから移すのですが、1日の終わりに空っぽになっていないと、とにかく気が済まない(笑)。1通でも残っていると、「やり残しがある」と感じて気持ち悪いのです。パソコンでしかメールをやり取りできなかった若い頃は、受信ボックスが空になるまで家には帰りたくなかったですね。


三森裕

妥協せずに仕事をやり遂げるには、仕事の意義を芯から理解することに尽きるのではないでしょうか。


河野真矢子

入社後、半年間は自分の担当エリアを持つことはできなかったのですが、何度も、「私、いつ担当させてもらえるんですか」なんて質問もしました。怖いもの知らずでしたね。


ジョン・ウェルス

企業経営を任されたトップ層には、意思決定が正しくなされていることを確認する確認義務があります。これは、株主の委任を受けて会社経営をしている以上、職務に忠実に、十分に注意を払って行動する義務があるということです。