名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

丸山忠(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸山忠(経営者)のプロフィール

丸山忠、まるやま・ただし。日本の経営者。「丸道」社長。東京都出身。18歳でお好み焼きチェーン「道とん堀」に入社。店長、FC出店業務などを経て「道とん堀」フランチャイジーとして独立。著書に『それでもフランチャイズを選びなさい 失敗しないための独立・起業77の法則』。

丸山忠(経営者)の名言 一覧

自社で土地や建物を所有すると、いざという時に簡単に撤退することができない。近隣に競合店ができたり、顧客ニーズが変わって客数が落ちるなどのリスクは常にあるので、状況の変化に臨機応変に対応できる出店戦略が必要。


フランチャイジーである我々は、店舗を増やさなければ成長できません。そのためフランチャイズに加盟する際は、将来的に多店舗展開ができるのかどうかを重視します。過去には大手焼き鳥チェーンやカフェチェーンへの加盟を検討したこともありましたが、一定規模のエリア権を取得できず断念しました。


丸山忠(経営者)の経歴・略歴

丸山忠、まるやま・ただし。日本の経営者。「丸道」社長。東京都出身。18歳でお好み焼きチェーン「道とん堀」に入社。店長、FC出店業務などを経て「道とん堀」フランチャイジーとして独立。著書に『それでもフランチャイズを選びなさい 失敗しないための独立・起業77の法則』。

他の記事も読んでみる

宮本武蔵

何ごとも勝つということは、道理がなくて勝つことはできない。


大野裕

大事なのは、現実にきちんと目を向けること。現実を客観視できれば、問題に対処する力が出る。


望月靖志

日本の家電業界やエレクトロニクス業界が凋落してしまったのは、デジタルが主流の時代になり、似たような製品を誰もが作れるようになってしまったことが大きな要因としてあげられるでしょう。価格ではアジア勢に勝てない以上、より付加価値の高いものづくりを目指していかなければならないのは明らかです。


櫻田慧(桜田慧)

社員各自がそれぞれ異なる目的を持っていたのでは、企業の発展にとって障害になるだけでなく、末端の社員の規律も乱れます。
【社員数が200名を越えたころから始めた課長クラスとの定期会議について語った言葉。組織が大きくなると意思統一が難しくなるという趣旨の発言】


唐鎌謙二

建物の修理を頼まれても、工事を先延ばしする方がお客さまのためになると判断したら、正直に伝えます。従業員にも「それで会社がつぶれても構わないから、お客さまと建物を最優先で考えろ」と、普段から話しています。


ジャック・マー(馬雲)

学ぶのに建物はいらない。私は学校で英語を学んだわけではない。私の先生はBBCラジオ。いまはインターネットの時代。インターネットがあれば、誰でも学ぶことができる。


後藤亘

(MXテレビ再建要請を受けて)自問自答して導き出した答えが、「エフエム東京からはひとりも連れて行かない」ということでした。たったひとりで行くことにすれば、たとえMXテレビが潰れても私だけの問題ですから、エフエム東京には何の迷惑もかけないわけですからね。実際に、行ってみたら放送が分かる人があまりいませんでした。でも、エフエム東京から人は出せません。そこでエフエム東京のOBを呼んだんです。4、5人をスカウトしましてね、そうしたら、ひと肌ぬいでやると、来てくれました。


佐藤優

組織は常に上の味方をする、そう思って間違いない。最近でこそセクハラやらパワハラで部下が訴えて、上司が飛ばされるという事例があります。ただし一時的には部下が勝ったように見えても2年ぐらいすると、訴えた部下は異動させられる。正当な理由で訴えたとしても、組織というのは基本的に造反者を嫌う性質がある。ですから上の人間にまともにぶつかるのは避けるべき。ヘタな正義感で抗ったり、自分が組織を変えてやろうなんて思わないことです。


谷原章介

生放送の司会をすると、台本通りにいかないハプニングに直面します。その際、面白く展開させたり、即座に軌道修正したりと、場面によって求められる対応が違います。こういう感覚は、舞台でも経験していましたが、よりイレギュラーな状況に対応できるようになりましたね。他にも、ナレーションをやると、正しい発音やアクセントを意識しなければならず、俳優の仕事にも役立ちます。俳優道にこだわり過ぎていた背中を押してくれた、児玉(清)さんのおかげでいまがある。その児玉さんを受け継ぎ、『アタック25』の司会を、自分がやることになったのは不思議な縁ですね。


ビリー・ブランクス

捨て身になるんだ。きっとやり遂げられる。それが最初の一歩だ!


大坪清

段ボールをはじめとする紙による包装は、物流、ひいては経済活動を支える大切な資材です。しかし、やはり包装する中身の商品の方に注目が集まり、包装材は副資材などと呼ばれてしまう。それではいけないと、長い時間をかけて取引先の皆様にもご理解いただけるように努力してきました。業界内部でも自虐的に考える向きが多いのですが、業界そのものの価値を高めなければいけないと考えています。


山城徹也

営業成績のいい人材ほど、周囲に対する気配りが行き届いている。