名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸山忠(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸山忠(経営者)のプロフィール

丸山忠、まるやま・ただし。日本の経営者。「丸道」社長。東京都出身。18歳でお好み焼きチェーン「道とん堀」に入社。店長、FC出店業務などを経て「道とん堀」フランチャイジーとして独立。著書に『それでもフランチャイズを選びなさい 失敗しないための独立・起業77の法則』。

丸山忠(経営者)の名言 一覧

自社で土地や建物を所有すると、いざという時に簡単に撤退することができない。近隣に競合店ができたり、顧客ニーズが変わって客数が落ちるなどのリスクは常にあるので、状況の変化に臨機応変に対応できる出店戦略が必要。


フランチャイジーである我々は、店舗を増やさなければ成長できません。そのためフランチャイズに加盟する際は、将来的に多店舗展開ができるのかどうかを重視します。過去には大手焼き鳥チェーンやカフェチェーンへの加盟を検討したこともありましたが、一定規模のエリア権を取得できず断念しました。


丸山忠(経営者)の経歴・略歴

丸山忠、まるやま・ただし。日本の経営者。「丸道」社長。東京都出身。18歳でお好み焼きチェーン「道とん堀」に入社。店長、FC出店業務などを経て「道とん堀」フランチャイジーとして独立。著書に『それでもフランチャイズを選びなさい 失敗しないための独立・起業77の法則』。

他の記事も読んでみる

菅野宏三

若い人が困っていたら積極的に知恵を出したり、クレームがきたときは代わりに対応したりと、若い人のフォローをしています。そうやって普段から力になっていれば、こちらがコンピュータの操作に困ったときなどは彼らが率先して教えてくれます。現役社員とは持ちつ持たれつの関係をつくる。それが、高齢者が長く働くコツです。


米谷信彦

時代のキーワードがどうなるのか。見つけ出すにはトライ・アンド・エラーしかない。社員にも「とりあえずやってみよう」と伝えています。


堀之内九一郎

これまでにやっていないことを試せば「新たな結果」が生まれるのは確か。新たな結果によって少なくとも「新たな次の手」が生まれやすくなるわけですから何も損はしません。


杉道助

(境のタオル会社を任された当時、タオルを重さで値付けされていて、問屋に卸すとき重さを増やすため水を含ませる業界慣習があるのを見て)私はこれではいけないと思い、自分の会社でまず改革の火の手をあげた。第一に水を打つのはやめて、タオル1ダースの目方はいくらとする、誤差一割以内は認めるなどの規格を定め、もし間違った場合は支配人が全部責任を負うという差紙を製品に貼って売り出した。つまりいまの品質表示みたいものだ。このため包装のまま目方をいちいちはからずに取引できるようになり、以後、この方法が普及した。


藤井孝一

できるだけアポイントは生産性が下がる午後に回しましょう。今日やるべきことを午前中に終わらせてから人に会えば、話が長引いても支障を来すことはありません。


川北博

企業も含め、どんな組織でも同じだと思いますが、集団では誰かが率先して嫌なことや難しいことをやらなければならないのです。誰も水の中に飛び込もうとしない集団は弱い集団です。


澤上篤人

本当に売上増につながるかどうかは、消費者や生活者それにユーザーが財布の紐を緩めてくれるかどうかにかかっている。どんなに鳴り物入りの新製品でも、発売後すぐに鳴かず飛ばずとなったら、もうそれでお蔵入りである。そう、企業の売り上げを左右するのは消費者や生活者、そしてユーザーなのだ。お金を払う側が、その商品を本当に必要とするかどうかによって成否が決まる。


安田佳生

一番メディアの取材を受けた東京・市ケ谷のオフィスの内装に2億円ぐらいかけましたが、あれは自分の中では成功だったと思っています。取材が増えて、広告費に換算したら年間3億円分ぐらいの記事が出ましたし、問い合わせ件数もそれまで年間60件ぐらいだったのが1万件に増えました。


濱田秀彦

もし部下が、自分の仕事をただの「書類作成」だと思っているとしたら、明らかに上司の言葉不足。書類を作った先に何があるのかを知らせることが大事です。「来期の方針を決める資料の一つになるんだよ」というように、最終目的まで明示することがやりがいにつながります。


ムーギー・キム(金武貴)

働くうえで「当たり前」と思っていることが、実は時代遅れなのだと認識することが、新しい働き方への第一歩。


中山雅史

いちばん自分を伸ばしてくれるものはゲーム(試合)の緊張。


池田元英

競合他社についてはあまり意識していません。みんな仲間だと思っているので。