丸山忠(経営者)の名言

丸山忠(経営者)のプロフィール

丸山忠、まるやま・ただし。日本の経営者。「丸道」社長。東京都出身。18歳でお好み焼きチェーン「道とん堀」に入社。店長、FC出店業務などを経て「道とん堀」フランチャイジーとして独立。著書に『それでもフランチャイズを選びなさい 失敗しないための独立・起業77の法則』。

丸山忠(経営者)の名言 一覧

自社で土地や建物を所有すると、いざという時に簡単に撤退することができない。近隣に競合店ができたり、顧客ニーズが変わって客数が落ちるなどのリスクは常にあるので、状況の変化に臨機応変に対応できる出店戦略が必要。

丸山忠の名言|状況の変化に臨機応変に対応できる出店戦略が必要

フランチャイジーである我々は、店舗を増やさなければ成長できません。そのためフランチャイズに加盟する際は、将来的に多店舗展開ができるのかどうかを重視します。過去には大手焼き鳥チェーンやカフェチェーンへの加盟を検討したこともありましたが、一定規模のエリア権を取得できず断念しました。

丸山忠の名言|フランチャイズに加盟する際は、将来的に多店舗展開ができるのかどうかを重視する

丸山忠(経営者)の経歴・略歴

丸山忠、まるやま・ただし。日本の経営者。「丸道」社長。東京都出身。18歳でお好み焼きチェーン「道とん堀」に入社。店長、FC出店業務などを経て「道とん堀」フランチャイジーとして独立。著書に『それでもフランチャイズを選びなさい 失敗しないための独立・起業77の法則』。

ページの先頭へ