丸山忠(経営者)の名言

丸山忠(経営者)のプロフィール

丸山忠、まるやま・ただし。日本の経営者。「丸道」社長。東京都出身。18歳でお好み焼きチェーン「道とん堀」に入社。店長、FC出店業務などを経て「道とん堀」フランチャイジーとして独立。著書に『それでもフランチャイズを選びなさい 失敗しないための独立・起業77の法則』。

丸山忠(経営者)の名言 一覧

自社で土地や建物を所有すると、いざという時に簡単に撤退することができない。近隣に競合店ができたり、顧客ニーズが変わって客数が落ちるなどのリスクは常にあるので、状況の変化に臨機応変に対応できる出店戦略が必要。


フランチャイジーである我々は、店舗を増やさなければ成長できません。そのためフランチャイズに加盟する際は、将来的に多店舗展開ができるのかどうかを重視します。過去には大手焼き鳥チェーンやカフェチェーンへの加盟を検討したこともありましたが、一定規模のエリア権を取得できず断念しました。


丸山忠(経営者)の経歴・略歴

丸山忠、まるやま・ただし。日本の経営者。「丸道」社長。東京都出身。18歳でお好み焼きチェーン「道とん堀」に入社。店長、FC出店業務などを経て「道とん堀」フランチャイジーとして独立。著書に『それでもフランチャイズを選びなさい 失敗しないための独立・起業77の法則』。

他の記事も読んでみる


坂本孝

私の心強い右腕は、元証券マンの安田道男さんと、飲食業20年の経験をもつ森野忠則さんです。私たち3人は、過去の経験や人生観、物事に対する感性がまったく違います。違うからこそ、面白い。お互いの意見を交換し合い、知恵を統合することで、新しい価値を生み出すことができるのです。


落合信彦

何から何まで自分でやってしまったら、部下はどうなるか? いつまでたっても仕事を覚えず、成長できない。確かに、人を育てるというのは時間がかかるし、我慢も必要だ。「こんなことをしているんだったら、自分でやったほうが早く終わってしまう」と思うことのほうが多いだろう。しかし、人間というのは、人を育てながら、自分も大きくなっていくものだ。


トマス・J・スタンリー

私たちが定義する金持ちというのは、ものを買って見せびらかすよりも、将来値上がりしそうな資産を有することを選ぶタイプの人のことだ。


吉田典史

上司が誤った指示を出してしまう理由はいくつかある。まず、上司にも得手不得手がある。経験不足の仕事や苦手にしている仕事では、目標設定を見誤りがち。仕事のアウトラインや力を入れるべきポイント、作業時間や予算、部下のやる気や職務遂行能力を正しく把握できなかったりする。部下は基本的に上司の指示に従うもの。だが、明らかに上司の指示に無理があったり、自分や部署に損害が出る場合は、上司に考えを改めてもらう必要がある。


藤田晋

悩んでいる時は、他人からアドバイスをもらうのも手です。ブログやSNSなどのツールを使って悩みを発信するといいでしょう。悩みの相談に乗ることが好きな人も多いので、何らかの返答があると思います。自分で思うほど深刻な問題でなかったり、簡単な解決方法が見つかったりします。


是枝伸彦

四半世紀前にこの会社を作り、店頭公開、東証二部上場と会社を継続、発展させることができました。東証一部上場も条件は整っており、近々やらねばと思っています。ここまで来るのに、経営のセオリーがさほど変わることはありませんでした。しかし、ここ数年の経営環境の変化は激しい。当社や顧客である会計事務所に関連する会計制度の変更もそうですが、それ以上にインターネットの普及など技術の変化の方が脅威です。経営の基盤が根本から揺らぎ、仕事の仕方がまるっきり変わってしまう。


新田信行

若者や女性の創業支援を行うことも僕らの仕事です。彼らは新しいアイデアがあるのにお金がない。そこに僕らが金融仲介機能として入って支援をする。大企業から見たら微々たるお金で彼らは事業を起こすことができる。


ページの先頭へ