名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸山彭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸山彭のプロフィール

丸山彭、まるやま・ほう。日本の郷土史家。明治時代、愛知県出身。安城農林学校卒業後、小学校教員、高校教員、長篠村長などを務めた。仕事の傍ら郷土史の研究を行い、長篠城址史跡保存館を設立。また、同保存館館長を務めた。著書に『戦国落穂ひろい 歴史は生きている』ほか。

丸山彭の名言 一覧

小言は言われんが、どんなやんちゃでも先生の言うことを素直に聞いてしまうんだね。自ら進んで実行していく行動力、これがなんとも言えん力みたいなものとなって温かく生徒を包んでしまう。どんな生徒だって信服してしまいますよ。
【覚書き|上記の「先生」は愛知県安城農林学校初代校長の山崎延吉のこと】


丸山彭の経歴・略歴

丸山彭、まるやま・ほう。日本の郷土史家。明治時代、愛知県出身。安城農林学校卒業後、小学校教員、高校教員、長篠村長などを務めた。仕事の傍ら郷土史の研究を行い、長篠城址史跡保存館を設立。また、同保存館館長を務めた。著書に『戦国落穂ひろい 歴史は生きている』ほか。

他の記事も読んでみる

出口治明

歴史、経済・金融、この知識なくして、社会状況を正しく把握することはできません。例えば、金融緩和をさらに進めた方がいいのかどうかすら、判断できないはずです。そんな人が、仕事上の判断を正しく行えるわけがありません。


岩佐実次

未来のことを考えて背伸びをしない。無理をすればまだ先に行けるけれども成長は半分に抑える。毎年抑えた経営で余力があるから、過去最高の売り上げと利益が今期も含め28期連続で出せるのでしょうね。


西田厚聰

私がアメリカでパソコン事業を担当してた当時の競争相手は、日本やアメリカに追いつこうと必死に攻勢をかける台湾メーカーでした。彼らの猛烈なハングリー精神に対抗するためには、かつて日本人が高度成長時代に持っていた、ガムシャラなハングリー精神に代わるだけの、物事に立ち向かっていく姿勢が必要でした。


小口英噐(小口英器)

当社は今年、創業30年を迎えます。ゼロからスタートし、ある段階に至るまでは神経をすり減らすことも多くありました。それこそ体を酷使して仕事をしてきましたが、それでも人と会うときには私は必ず、無理にでも気持ちを高揚させ、元気はつらつでいることを心がけてきました。


北条早雲

自己の才能のある点をほのめかして申しのべたりしてはならぬ。事柄によって自分一人では計りかねるような御返事は、分別ある人に相談した上で(上司に)申しあげるようにするがよい。どこまでも自己というものを念頭に置いてはならぬ。


美崎栄一郎

ページが余るのは全く問題ありません。「1冊のノートを最後まで使う」っていうのは、学生時代に身につけた観念。大人は気にしなくていい。


安渕聖司

フィジカル・コンディションを整えれば、自分のポテンシャルを最大限に引き出せます。体調が良いと、自信を持って人と会ったり、話したりできますよね。その人の持つエネルギーレベルが上がって、仕事でも存在感を発揮できるのです。


細野真宏

論理的思考を鍛えるためには、日ごろ目にする経済ニュースが、絶好の教材です。日々のニュースについて、「なぜそうなるのか?」を具体的にフローチャートに書いて論理的な説明を考えてみればいいのです。


前田晃伸

自分自身の頭で考えること、それを自分の素直な言葉で伝えること。そのことこそがコミュニケーションの原点だと思います。


古田英明

社会的によほど問題がある会社であれば別ですが、そうでなければ、不満があってもとりあえず目の前の仕事で本気で取り組んでみることが必要です。営業マンなら、取引先が人手不足で困っていれば、忙しくても手伝いに行く。急な注文で納品が間に合わないときは、工場に直接出向き、「今晩中につくってほしい」と土下座する……。本気の人の周りには本気の人が集まってきますから、そんなあなたの姿を見て「よし、コイツに教えてやろう」という先達がきっと出てくるでしょう。


生田正治

失敗の解決策を上司に一緒に考えてもらうだけでは、ただの負け犬です。自分のミスは自分の責任で修復させる努力をして、勝ち組に入る努力をすべきです。私の場合120億円の損失でしたから、社長のところに出向いて「責任を取って身を引かせていただきます」といいました。そうしたら「何を言っているんだ。できるだけ早く修復することで責任をとれ」と言われました。失敗の当事者が修復の責任を持てということです。2年かかりましたが失敗したシステムを拡大修復して、現在の定期航路部門のシステムの基本となりました。


新田信行

東日本大震災当時、私はコンプライアンス部長を務めており、トラブル処理は私の担当部署で行っていたのです。官庁、お客様、弁護士、マスコミなど、外部の目にさらされ続けてきましたから、外部に対する説明責任を持っていなければなりません。例えば外部の方々から「なぜ貸し渋りをするのか」と言われた時に「格付け、担保はこうなっています」という言葉は通用しません。ですが「預金者保護です」、「中小企業を守るためにやっています」という言葉は言えます。自分で考え、外に対して説明する責任を常に負っていましたから、訓練になったかもしれません。