名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸山彭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸山彭のプロフィール

丸山彭、まるやま・ほう。日本の郷土史家。明治時代、愛知県出身。安城農林学校卒業後、小学校教員、高校教員、長篠村長などを務めた。仕事の傍ら郷土史の研究を行い、長篠城址史跡保存館を設立。また、同保存館館長を務めた。著書に『戦国落穂ひろい 歴史は生きている』ほか。

丸山彭の名言 一覧

小言は言われんが、どんなやんちゃでも先生の言うことを素直に聞いてしまうんだね。自ら進んで実行していく行動力、これがなんとも言えん力みたいなものとなって温かく生徒を包んでしまう。どんな生徒だって信服してしまいますよ。
【覚書き|上記の「先生」は愛知県安城農林学校初代校長の山崎延吉のこと】


丸山彭の経歴・略歴

丸山彭、まるやま・ほう。日本の郷土史家。明治時代、愛知県出身。安城農林学校卒業後、小学校教員、高校教員、長篠村長などを務めた。仕事の傍ら郷土史の研究を行い、長篠城址史跡保存館を設立。また、同保存館館長を務めた。著書に『戦国落穂ひろい 歴史は生きている』ほか。

他の記事も読んでみる

出雲充

ミドリムシクッキーの人気が出るまでのプロセスを通じ、私は考え方を変えた。それまではデータを駆使して科学的な真実を示すことに注力してきましたが、人々の感情に訴えかけることの重要性に気付いた。


森平茂生

大切なのは成功そのものではなく、挑戦し続ける生き方だと私は思います。父が創業した会社を辞めて父からもらった財産も返上して、家内と3歳の子供を連れて小さなアパートに移り住んだのも、そういう思いからです。


唐池恒二

当社の2016年までの5か年計画に、「異端を尊び、挑戦をたたえる」という一文が入っています。私は社員から提案されたこの言葉が好きで、迷わず採用を決めました。正統派も異端もない。誰もが挑戦できる風通しのいい社風が、新しいことを生み出し、進化できる当社の活力にもなっています。


中山哲也

どうしても毎日の仕事をしているとストレスを抱えることもありますが、ストレス解消のために酒を飲んだり、歌を歌っても解決しない。真摯に仕事に向き合い、原因を究明しなければなりませんので、早寝早起きをして朝の静かな時間に考えごとをするのはとてもいいと思っています。


永野毅

世界がどっちの方向に行ったとしても、我々は大きく転ばないような経営、あるいは柔軟な経営というんでしょうか。感度を高くして、それに対して耐性力を強くしていく。それしかない。


吉野佳秀

一番の基本は不正のない会社です。企業統治をきちんとやり、税金もきちんと払い、約束事をきちんと守る。誰が見ても、どこから見ても自分たちが誇りを持てるような会社を作っていくことです。


ディビッド・ユーゼ

当社では「OGT!(One Great Team!)」というキーワードを掲げています。これには、「お客様パートナー企業代理店の皆様、そしてフリースケール・セミコンダクタの従業員を含むすべてのステークホルダーがひとつのチームになって、ともに『Win-Win』を実現しよう!」という意味がこめられています。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

40代は家計面でも注意が必要です。収入が増えると、いい車に乗ったり、休みに毎回海外旅行に行くなど、生活レベルを上げたくなるものです。ただ、子どもが大学に通うようになると、家計は一気に厳しくなる。そこで生活をスリムにできればいいのですが、たいていの人は一度上げたものを下げることができません。


平井伯昌

計画を実行するには、状況を的確に判断しながら軌道修正する柔軟さが大事。悲観的に考える人は、計測通りにならなくなった時点で気持ちが萎え、臨機応変に対応できなくなるのかもしれません。楽観的すぎても悲観的すぎても駄目で、バランスが大事なのでしょう。


伊藤勝康(経営者)

昔と今で圧倒的に違うのは、60代、70代の方たちの活動量です。大変アクティブな方々が多い。アンケートを取ると、ほぼ全員が年に一度は海外旅行を楽しんでいます。しかも一番人気はイタリアです。老後も子供たちに頼ろうとは思わない。介護されるにしても自分たちで何とかしようという意識が強い。


鈴木おさむ

22歳前後の頃のことです。僕はあるラジオ番組をレギュラーでチーフ作家として担当するはずでした。しかし、後日、別の先輩作家がその番組を担当すると知りました。先輩は僕にこう告げました。「自分はあの番組をやりたかったから、ディレクターに直訴しに行ったんだよ。この業界は、やりたいと言わないと盗られるぞ」と。聞いた瞬間は、ぶっ飛ばしてやりたいと思いました。でもその忠告のおかげで、僕も変わることができ、数々の仕事を得てきました。


鈴木大拙

日本を世界のうちの1つのもの、としなければいかん。今、日本が、日本がと、やたらに言うようだが、日本というものは世界あっての日本で、日本は世界につつまれておるが、日本もまた世界をつつんでおるということ、これは、スペースや量の考えからは出てこない。そのように考えるためには1つの飛躍が必要とされる。その飛躍が大事なのだ。