丸山彭の名言

丸山彭のプロフィール

丸山彭、まるやま・ほう。日本の郷土史家。明治時代、愛知県出身。安城農林学校卒業後、小学校教員、高校教員、長篠村長などを務めた。仕事の傍ら郷土史の研究を行い、長篠城址史跡保存館を設立。また、同保存館館長を務めた。著書に『戦国落穂ひろい 歴史は生きている』ほか。

丸山彭の名言 一覧

小言は言われんが、どんなやんちゃでも先生の言うことを素直に聞いてしまうんだね。自ら進んで実行していく行動力、これがなんとも言えん力みたいなものとなって温かく生徒を包んでしまう。どんな生徒だって信服してしまいますよ。
【覚書き|上記の「先生」は愛知県安城農林学校初代校長の山崎延吉のこと】


丸山彭の経歴・略歴

丸山彭、まるやま・ほう。日本の郷土史家。明治時代、愛知県出身。安城農林学校卒業後、小学校教員、高校教員、長篠村長などを務めた。仕事の傍ら郷土史の研究を行い、長篠城址史跡保存館を設立。また、同保存館館長を務めた。著書に『戦国落穂ひろい 歴史は生きている』ほか。

他の記事も読んでみる

泉谷しげる

リーダーになるなら、カッコいいことだけやろうとしてもダメ。カッコ悪い自分を受け入れる覚悟を持たないと。率先してトイレ掃除をやるような力強さがなければ、人の面倒なんて見られませんよ。


三木雄信

ホワイトカラーの仕事は工場ほどプロセスの区切りが明確ではありませんが、中間成果物に相当するものは必ず存在します。たとえば営業で言えば、最終的な成果物が「契約成立」だとすれば、「テレアポの成功」「見積もりの依頼」などが中間成果物と言えるでしょう。それらを数値化して把握して未来を予測して、そこから逆算して今必要な施策を実行していくのです。数値化する意味は、未来を予測して先手を打つこと以外にもあります。効果的な施策を見極めて横に展開するためです。数字は全社でまとめるのではなく、部門別、事業所別、個人別など、できるだけ細分化して行ないます。それらの中で良い数字が出ている現場があれば、うまくいっている要因を分析して全社に広げていきます。


澤上篤人

驚かれるかもしれませんが、その企業が成長するかどうかはあまり重視していません。それよりも、どれだけ社会に貢献しているのかのほうが大切ですね。


松井知敬

仕事外で、IT系の集まりに顔を出すようになり、そこで出会う人たちが「自分のサービスで世界を変えるんだ」とギラギラしていて。それを見て羨ましく思ったんですね。もともと、学生の頃から「起業したい」と思っていたんです。自分にしかできないこと、人と違うことをしたい。自分なりの価値を追究していった結果、起業にいきつきました。


青田嘉光

商業施設に文化という異質な要素を組み合わせることで、商業空間の付加価値をより高めることができます。おそらく今後もこうしたニーズは増えてくることでしょう。我々がこの分野で長年にわたり蓄積してきた経験・ノウハウも、大いに活かせると考えています。


長谷川和廣

レバレッジ(てこの原理)を利かせるという言葉を若手社員からよく聞きます。最小の努力で最大の結果を得るというのはビジネスの世界では当たり前の話なのですが、その言葉が若い人から発せられると、正直、ちょっとこの人は信用できないなと思ってしまいます。現実のビジネスの中で、このてこの原理を考えてみると、本人の努力が力点、結果が作用点、そしてその人が持つスキルや人間力こそが支点です。てこは強固な支点があって初めて効果を発揮しますが、若いうちからレバレッジという言葉を使っている人は、どうもこの支点の部分で信用が置けないのです。


仲暁子

私が入社した当時のフェイスブックジャパンは、オフィスはマンションの1室で、メンバーは代表・副代表の日本人2人と、米国から来た3人のエンジニアの5人のみ。私はそこに雑用係として参加し、お茶出しから、ガラケー向けのユーザーインターフェースの再設計といった大きなことまで関わり、ネットビジネスのイロハを学ばせてもらいました。何より収穫だったのは、急成長中の組織のカルチャーを目の当たりにできたこと。フェイスブックはエンジニアが中心の会社で、新しいアイデアが出たらすぐにサービスに反映させて世に問う意思決定の速さに衝撃を受けました。


岩田松雄

仕事での基本動作は、若いうちのどこかで叩き込むべきもの。


三木雄信

なぜ私がA4にこだわるのかというと、読む人が一目見ただけでそこに書いてあることを認識することができるからです。A3の資料をきちんと説明しようとしたら30分以上かかります。逆にA4一枚に情報がまとまっていると、10秒もあれば理解してもらえます。


江口洋介

僕が仕事で強く意識しているのは「時代性」です。映画やドラマは歌謡曲と同じで、その時代だから生まれるものが必ずあります。それをどうやって表現するかが、役者としてのこだわりのひとつ。


樫尾忠雄

メーカーは、業界トップになること。そうしないと、技術競争をリードできる立場になれないのである。


林高生

分社化の一番大きな理由は、環境が人を創ると考えているからです。ナンバー2が社長の経験をせずに社長職に就くことは簡単ではありません。やはり、社長は経験者でないと分からないことがたくさんある。


さだまさし

未練たらしいというか、逃げるのがいやで、「もう駄目だっていうところまでやらせてくれないかな」と言ったら、スタッフも「いや、まさしがそうと決めたら、行くとこまで行こう」と言ってくれて。歌って稼ぐしかない! と動き出したんです。不渡りも出したし、もう自転車操業もいいとこでね。
【覚え書き|ドキュメンタリー映画『長江』で28億円の借金を背負ったときを振り返って】


萩本欽一

コメディアンで1番イヤだなと僕が思ってたのは坂上二郎(笑)。それなのに、二郎さんから「一緒にコンビ組もうよ」って誘われたとき、イヤだって言えなかったのね。しょうがないから「1回ぐらいなら……」と答えたはずが、気がつくとコント55号として、ずっとコンビ組んでいた。でも、そこに運があって、有名になれたんです。


高岡正次

製品開発は、独創的であればあるほど一つの壁を乗り越えると、さらに高い壁が現れ厳しい状況になんども立たされた。そして技術がなんとか形になれば、次は社会や市場への挑戦が待っている。


ページの先頭へ