名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸山康幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸山康幸のプロフィール

丸山康幸、まるやま・やすゆき。日本の経営者。フェニックス・シーガイア・リゾート社長。東京都出身。一橋大学社会部、および同大学経済学部卒、ノースウェスタン大学経営大学院でMBA取得。三菱商事、日本ゼネラル・エレクトリック小型モーター制御機器部門アジア責任者、GEキャピタルエジソン生命執行役員(東邦生命保険の再生担当)、田中康夫知事のもとで長野県産業活性化・雇用創出推進室長、長野県商工部産業活性化・雇用創出推進局長、長野県財政改革検討会座長を経たのち、破たんしたシーガイアの立て直しを任される。開業以来初の黒字化を達成した。

丸山康幸の名言 一覧

チームが一番大事な仕事に専念できるよう、環境を整えることです。それが経営者の最も大切な仕事ではないかと思っています。


スタッフに対して、気は心だとよく話しています。あと一歩お客様の方に近づこう、と思って取り組めば、それは必ず相手に伝わります。


これまでの仕事で上手くいった方法の中には、ここシーガイアで通用するものもあるはずです。そこで、過去にお世話になった各分野の専門家を現地に招き、スタッフと一緒に働いてもらいました。私が前に出るのではなく、スタッフがディスカッションを通して専門家から直接吸収できるようにしました。


社内の意思決定スピードを速め、会社内の経営状況などは隠すことなく公開し、スタッフにもオンとオフの切り替えを心がけてもらいました。


我が社の場合、一番大切なのはお客様に喜んでいただくことです。お客様は心も体もリラックスしたいと思って、はるばる宮崎まで足を運んでくださる。旅から帰ったとき、家族や友人に「シーガイアよかったよ」とひとこと言って下さるかどうか。顧客満足を高めてリピーターになっていただき、さらにクチコミを広めていくことが、我が社の活路となると考えました。


意識改革をしよう。という抽象的な言葉をかけても、人は動きません。何がよくて何が悪いのか、その判断がしやすいよう「一番大事なこと」を軸に、すべての仕事を単純化しました。


まずは環境を変えることから始めよう、そう思った私は、社長に就任したとき、全スタッフの前でこう言いました。「私は素人だから助けてください。そして、リゾート事業においては素人ですが、次の3つのことはみなさんに約束します。(1)判断は速くする。(2)会社の現状はつまびらかにして伝える。(3)試行錯誤は大歓迎です」と。


社長になったときから、私はこのシーガイアの敷地内に住み、現場を歩いて自分の目で現状を確かめました。スタッフに話を聞いて回り、すぐに感じたこと、それは、まじめで責任感の強いスタッフばかりだということです。同時に、もっとお客様を中心にした仕事ができるはずだと思いました。


これまで私は様々な事業に携わってきました。その結果を通じて私が実感しているのは、経営においてリーダーとスタッフの責任は8:2くらいでリーダーの方が重いということです。スタッフが自分の仕事に100%の力を発揮できないのは、そのような環境をつくれないリーダーに責任があります。


丸山康幸の経歴・略歴

丸山康幸、まるやま・やすゆき。日本の経営者。フェニックス・シーガイア・リゾート社長。東京都出身。一橋大学社会部、および同大学経済学部卒、ノースウェスタン大学経営大学院でMBA取得。三菱商事、日本ゼネラル・エレクトリック小型モーター制御機器部門アジア責任者、GEキャピタルエジソン生命執行役員(東邦生命保険の再生担当)、田中康夫知事のもとで長野県産業活性化・雇用創出推進室長、長野県商工部産業活性化・雇用創出推進局長、長野県財政改革検討会座長を経たのち、破たんしたシーガイアの立て直しを任される。開業以来初の黒字化を達成した。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

相手の記憶に残すためには、「いろんなことを言わずに、同じことを何度も言うこと」も重要。そもそも、理解力が高い人でも、自分の話を一発で理解してくれるとは限りません。多くの人は、たとえ社長相手だとしても、話を真剣に聞かずに、適当に流して聞いているものです。聞いているかどうかわからない人に、自分の話を伝えるためには、同じことを何度も言うしかありません。


魚谷雅彦

新規顧客による純増で企業が伸びる時代は終わっています。既存のお客様の心の中にどれだけ深く入っていって、ブランドを愛してもらい、ロイヤリティを高めていただくことができるか。お客様がそのブランドを自分のブランドと感じて使い、人にも勧めてくれるような、そういうロイヤリティを高めるようなお客様を築く。企業の基盤とサステナビリティ(持続可能性)を高めていく時代なのではないでしょうか。


井出健義

セールスやメカニックなど現場の人たちが使うためのEMT(営業マネジメントツール)というお客様の管理システムを導入しています。このシステムは、修理履歴などが入っているほか、保険の更新時期や車検の時期の案内といった、お客様に対して行うべきサービスの情報を教えてくれるものです。


横川竟

平成に入ってからの外食のデフレの原因を、デフレ経済の影響だとする言い方を何度も耳にしましたが、それは違うと思います。デフレ経済の下で、外食産業は商売の基本をおろそかにしたから「外食デフレ」になったのでしょう。経済のデフレとは違うところで起こったデフレです。経済のデフレに便乗して、消費者の期待に応える努力を怠ったことが原因です。新しい価値を創ることができないから、価格でしか勝負できなかったのです。


プブリウス・シルス

自分は幸福だと考えない人間は、幸福ではない。


榊原英資

とくに価値観の違うもの、異質なものの中に入っていくのが大事。同質的な環境の中にいるとラクだから、人間は成長しない。


本谷有希子

なんでもない日々の暮らしこそ自分を表現に向かわせる。机に向かって書く時間はただのアウトプット。いかに薄っぺらでない日常を生きるかが、直に創作と繋がっている。


大野直竹

静岡支店に配属されて17年ほど経ったある日、当時の上司で取締役特建事業部長だった樋口武男現会長から電話をいただいた。転勤の内示でした。転勤したくないみたいなことも言ったんですけど、サラリーマンですから通るはずがない。転勤先は新潟。調べてみたら、当時の新潟支店は伸び悩んでいた。「これから大変だなぁ」って思いながら支店長として赴任したんです。でも新潟の地場の皆さん、企業さんとお付き合いさせていただくと、予想外に楽しいことがいっぱいあった。おかげさまで4年と8か月、すごく楽しい時間を過ごさせていただきました。後から感じたのは、新潟転勤は会社が私のためにやってくれたことだったということ。「あいつも静岡が随分長くなったから、この辺でもうちょっと活躍の場を与えてやろう」という配慮だったんですね。


為末大

6月に行われた日本選手権の予選で敗退し、ロンドン五輪の出場は果たせませんでした。2~3年前には、ロンドンのレースを自分の現役最後のレースと心に決めてトレーニングに励んできました。最後の五輪で、決勝の舞台に残り、メダル争いをする。それが自分が考える理想の結末だったのです。でも、日本選手権の予選で敗北し、想定よりも早く引退することになりました。悔しい気持ちもありますが、晴れやかな気持ちでもあります。34歳というのは、障害競争の選手としてはかなり高齢です。また、私のように170cmという小柄な選手は世界のトップ層にいません。ここ身体でこの年までよく頑張ったなと思います。


松井忠三

出向ではなく、自ら転籍を選択し、退路を断つことで自分なりにベストを尽くしていろんなことをやってきたと思っている。


羽生善治

他人のやり方を真似すること自体はいいことだと思いますが、そのまま真似ても、うまくいくとは限りません。しかしそこに「何かしらのヒント」はある。自分ができる部分を取り入れたり真似たりして試行錯誤を繰り返しながら、成長していけるでしょう。


籠屋邦夫

どんなにカリスマ的な創業経営者であっても、一人に与えられている時間は24時間。企業の中の活動をすべて把握することは不可能で、知らない情報が必ずあります。意思決定のための叩き台づくりを担うプロジェクトメンバーには、その課題に関係するさまざまな部署から計5?10人が集まるのが一番いいでしょう。