名言DB

9413 人 / 110706 名言

丸山康幸の名言

twitter Facebook はてブ

丸山康幸のプロフィール

丸山康幸、まるやま・やすゆき。日本の経営者。フェニックス・シーガイア・リゾート社長。東京都出身。一橋大学社会部、および同大学経済学部卒、ノースウェスタン大学経営大学院でMBA取得。三菱商事、日本ゼネラル・エレクトリック小型モーター制御機器部門アジア責任者、GEキャピタルエジソン生命執行役員(東邦生命保険の再生担当)、田中康夫知事のもとで長野県産業活性化・雇用創出推進室長、長野県商工部産業活性化・雇用創出推進局長、長野県財政改革検討会座長を経たのち、破たんしたシーガイアの立て直しを任される。開業以来初の黒字化を達成した。

丸山康幸の名言 一覧

チームが一番大事な仕事に専念できるよう、環境を整えることです。それが経営者の最も大切な仕事ではないかと思っています。


スタッフに対して、気は心だとよく話しています。あと一歩お客様の方に近づこう、と思って取り組めば、それは必ず相手に伝わります。


これまでの仕事で上手くいった方法の中には、ここシーガイアで通用するものもあるはずです。そこで、過去にお世話になった各分野の専門家を現地に招き、スタッフと一緒に働いてもらいました。私が前に出るのではなく、スタッフがディスカッションを通して専門家から直接吸収できるようにしました。


社内の意思決定スピードを速め、会社内の経営状況などは隠すことなく公開し、スタッフにもオンとオフの切り替えを心がけてもらいました。


我が社の場合、一番大切なのはお客様に喜んでいただくことです。お客様は心も体もリラックスしたいと思って、はるばる宮崎まで足を運んでくださる。旅から帰ったとき、家族や友人に「シーガイアよかったよ」とひとこと言って下さるかどうか。顧客満足を高めてリピーターになっていただき、さらにクチコミを広めていくことが、我が社の活路となると考えました。


意識改革をしよう。という抽象的な言葉をかけても、人は動きません。何がよくて何が悪いのか、その判断がしやすいよう「一番大事なこと」を軸に、すべての仕事を単純化しました。


まずは環境を変えることから始めよう、そう思った私は、社長に就任したとき、全スタッフの前でこう言いました。「私は素人だから助けてください。そして、リゾート事業においては素人ですが、次の3つのことはみなさんに約束します。(1)判断は速くする。(2)会社の現状はつまびらかにして伝える。(3)試行錯誤は大歓迎です」と。


社長になったときから、私はこのシーガイアの敷地内に住み、現場を歩いて自分の目で現状を確かめました。スタッフに話を聞いて回り、すぐに感じたこと、それは、まじめで責任感の強いスタッフばかりだということです。同時に、もっとお客様を中心にした仕事ができるはずだと思いました。


これまで私は様々な事業に携わってきました。その結果を通じて私が実感しているのは、経営においてリーダーとスタッフの責任は8:2くらいでリーダーの方が重いということです。スタッフが自分の仕事に100%の力を発揮できないのは、そのような環境をつくれないリーダーに責任があります。


丸山康幸の経歴・略歴

丸山康幸、まるやま・やすゆき。日本の経営者。フェニックス・シーガイア・リゾート社長。東京都出身。一橋大学社会部、および同大学経済学部卒、ノースウェスタン大学経営大学院でMBA取得。三菱商事、日本ゼネラル・エレクトリック小型モーター制御機器部門アジア責任者、GEキャピタルエジソン生命執行役員(東邦生命保険の再生担当)、田中康夫知事のもとで長野県産業活性化・雇用創出推進室長、長野県商工部産業活性化・雇用創出推進局長、長野県財政改革検討会座長を経たのち、破たんしたシーガイアの立て直しを任される。開業以来初の黒字化を達成した。

他の記事も読んでみる

川本隆一

仏教の言葉で「実のごとく自心を知る」というものがあります。ありのまま己の心を知るという意味です。自心は自分が一番知っていると思い込んでいるのが、じつは大間違いであり、それとじっくり向き合うことで、真実に気づくことができるのだと説いている言葉です。


小暮真久

外部環境を自分で変えることはできないのだから、環境悪化を嘆いても仕方がありません。そういうときは無理をしないで、できることに集中したほうが気持ちは切れないと思います。


宮崎駿

「おまえのところには悪人が出てこないな」っていうふうに言われますけど、悪人が出ないようにしてるんであって、僕は回復可能なもの以外は出したくないです。本当に愚かで、描くにも値しない人間を、僕らは苦労して描く必要はないですよ!みんなヒーヒー言って、安い賃金で、肩を凝らしながら夜中まで灯りをつけてゴソゴソやってね、それで描きたくもないものをなんで描かなきゃいけないんですか。僕は描きたいものを描きたいですよ。


宮根誠司

阪神・淡路大震災から半年間、『おはよう朝日です』では、ずっとライフラインの状況、避難所の情報を流していました。笑顔はなく淡々と。どうしゃべっていいのか整理がつかなかったんです。そうしたらある日、視聴者センターから「こんなんがいっぱいきている」と連絡があって。「宮根そろそろ笑え。いつもアホなことやってたやないか」「お前が笑わないと、俺ら未来ないやないか」と。そういうお便りが届いていたんです。その時、「テレビの一番大きな役割はこれや」と。震災に衝撃を受けて「もっともっと大きなものをテレビは背負わなければ……」みたいなことを考えていた自分に、被災されたみなさんが大事なことを教えてくれた。それは元気とか、明るさとか。テレビは、みなさんが生きていくためのちょっとしたエネルギーを伝えるためにあるんだ、と。


カール・ヒルティ

人は怠惰、逸楽(いつらく)、浪費、無節度、吝嗇(りんしょく)などの習慣を養えるように勤勉、節制、倹約、寛容の習慣も養える。


内藤誼人

社員による社内のうわさ話ほどあやふやなものはない。かつて倒産した大手企業の社員が口を揃えて言うのは、「倒産が告げられたその日まで、まったく聞かされていなかった」ということ。本当に重要な情報ほど、渦中にいる人には伝わらないものなのです。とはいえ、意味がないからと社内のうわさをシャットアウトしてしまわないこと。情報戦を制せずして生き残れないサラリーマン社会では、常にうわさへのアンテナを張りつつ、同時に信憑性を探る態度が必要なのです。


出口治明

読書は丁寧に思考のプロセスを追っていくことでこそ、様々な著者の思考パターンを学ぶことができます。とくに役立つのが、賢人の思考パターンを理解すること。だから、古典を丁寧に読むことが大切なのです。


高田純次

他の人たちが、はっきりしたギャグや言葉で勝負しているとしたら、俺の場合はそういう言葉と言葉の間にある行間を泳いできたようなもの。それがよかったのかも。ただし、これはそうやって行間の味わいみたいなもので勝負してきたということじゃなくて、むしろはじめから「勝負を避けてきた」ということかもしれない。ネタで勝負をしてきたら、ひとつやふたつはヒットを飛ばし、もっと売れた可能性はある。でも、逆にそんな時期があったら、いまの年齢までテレビに出ていられなかったんじゃないかとも思う。まともなネタ勝負をしてこなかったのは、意外に賢い生き方だったってことにもなる。もっとも、そうやって生き残ってきたのは緻密な計算では全然なくて、単なる流れだからあんまり参考にはならないけれど。


井上陽介

俯瞰する力を高めるポイントは、できる限りマクロデータにふれること。人口動態もそうですし、テクノロジーの変化についてもそうですね。二つめは、視野を無理やりにでも広げるために、あえて「フレームワーク」を活用すること。フレームワークとは「思考の枠組み」です。漏れやダブりがないように、何らかの枠組みを設けて情報を整理すると、全体の俯瞰が容易になり、それまで見落としていた視点もクリアにならざるをえません。


荒蒔康一郎

現場を回るときに大事なのは、上の人間が朝礼方式でみんなの前に立って一方的に話しても、大きな効果は得られないということです。それでは、一人一人に突っ込んだ語りかけができません。そこで、10人くらいのチームをいくつかつくってもらい、1チーム1時間として、「私はいま、こう考えています」と話し、それに対して、できるだけ自由に意見交換ができるようにしました。


分林保弘

今までのことを守ることばかり考えていたら廃れてしまう。革新へのチャレンジは重要。


草刈貴弘

下がる市場を見ていたら買うことは難しいかもしれませんが、企業の中身をしっかり見ていれば不安心理なんてどこ吹く風といった具合で買えます。優良企業が割安で買える大きなチャンスです。


秦孝之

幹部選抜研修を社内の憧れの場所にし、自分も選ばれたいと思ってもらう。そうして会社全体が活性化する。


永野毅

社員に力を発揮してもらうための環境づくりとして、この10年くらい、「抜本改革」という形で生産性を高めるための運動を行ってきました。事務を標準化、システム化して事務を「なくす」「減らす」「移す」という「なへう運動」を行ったのです。「移す」は、コールセンターで業務を引き受ける、「なくす」「減らす」は業務を見直して標準化、システム化するなどして、減らせるものは減らし、なくせるものはなくしていくと。これを地道に進めてきました。


堀江裕介

1兆円規模の企業にしようと思えば、新たなトレンドをいち早くつかみ、新規事業に取り組まなければなりません。大事なのは常にアンテナを高く張って情報を捉えることですが、ソフトバンクの孫さん、楽天の三木谷さん、サイバーエージェントの藤田さん、GMOグループの熊谷さんクラスの優れた経営者が、かつてどのような戦いを挑んでこられたのか、また、インターネットやソーシャルゲーム、スマートフォンがどのような変遷をたどって普及してきたのか、常に歴史から学ぶようにしています。