名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

丸山康幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸山康幸のプロフィール

丸山康幸、まるやま・やすゆき。日本の経営者。フェニックス・シーガイア・リゾート社長。東京都出身。一橋大学社会部、および同大学経済学部卒、ノースウェスタン大学経営大学院でMBA取得。三菱商事、日本ゼネラル・エレクトリック小型モーター制御機器部門アジア責任者、GEキャピタルエジソン生命執行役員(東邦生命保険の再生担当)、田中康夫知事のもとで長野県産業活性化・雇用創出推進室長、長野県商工部産業活性化・雇用創出推進局長、長野県財政改革検討会座長を経たのち、破たんしたシーガイアの立て直しを任される。開業以来初の黒字化を達成した。

丸山康幸の名言 一覧

チームが一番大事な仕事に専念できるよう、環境を整えることです。それが経営者の最も大切な仕事ではないかと思っています。


スタッフに対して、気は心だとよく話しています。あと一歩お客様の方に近づこう、と思って取り組めば、それは必ず相手に伝わります。


これまでの仕事で上手くいった方法の中には、ここシーガイアで通用するものもあるはずです。そこで、過去にお世話になった各分野の専門家を現地に招き、スタッフと一緒に働いてもらいました。私が前に出るのではなく、スタッフがディスカッションを通して専門家から直接吸収できるようにしました。


社内の意思決定スピードを速め、会社内の経営状況などは隠すことなく公開し、スタッフにもオンとオフの切り替えを心がけてもらいました。


我が社の場合、一番大切なのはお客様に喜んでいただくことです。お客様は心も体もリラックスしたいと思って、はるばる宮崎まで足を運んでくださる。旅から帰ったとき、家族や友人に「シーガイアよかったよ」とひとこと言って下さるかどうか。顧客満足を高めてリピーターになっていただき、さらにクチコミを広めていくことが、我が社の活路となると考えました。


意識改革をしよう。という抽象的な言葉をかけても、人は動きません。何がよくて何が悪いのか、その判断がしやすいよう「一番大事なこと」を軸に、すべての仕事を単純化しました。


まずは環境を変えることから始めよう、そう思った私は、社長に就任したとき、全スタッフの前でこう言いました。「私は素人だから助けてください。そして、リゾート事業においては素人ですが、次の3つのことはみなさんに約束します。(1)判断は速くする。(2)会社の現状はつまびらかにして伝える。(3)試行錯誤は大歓迎です」と。


社長になったときから、私はこのシーガイアの敷地内に住み、現場を歩いて自分の目で現状を確かめました。スタッフに話を聞いて回り、すぐに感じたこと、それは、まじめで責任感の強いスタッフばかりだということです。同時に、もっとお客様を中心にした仕事ができるはずだと思いました。


これまで私は様々な事業に携わってきました。その結果を通じて私が実感しているのは、経営においてリーダーとスタッフの責任は8:2くらいでリーダーの方が重いということです。スタッフが自分の仕事に100%の力を発揮できないのは、そのような環境をつくれないリーダーに責任があります。


丸山康幸の経歴・略歴

丸山康幸、まるやま・やすゆき。日本の経営者。フェニックス・シーガイア・リゾート社長。東京都出身。一橋大学社会部、および同大学経済学部卒、ノースウェスタン大学経営大学院でMBA取得。三菱商事、日本ゼネラル・エレクトリック小型モーター制御機器部門アジア責任者、GEキャピタルエジソン生命執行役員(東邦生命保険の再生担当)、田中康夫知事のもとで長野県産業活性化・雇用創出推進室長、長野県商工部産業活性化・雇用創出推進局長、長野県財政改革検討会座長を経たのち、破たんしたシーガイアの立て直しを任される。開業以来初の黒字化を達成した。

他の記事も読んでみる

藤森義明

GEでは、自分の可能性を引き出したいという気持ちがなくなった瞬間、後ろからヒュッと追い越されていく、ある種の競争原理が働いていることがあります。だから、誰も気を緩めない集団が出来上がっています。緩んだら会社を去るしかありません。


横山信治(経営者)

人望力アップの3つのポイント

  1. 他人の噂をペラペラと話さない口の堅さがあること。
  2. 相手を褒め、周囲の気分を良くさせること。
  3. プラス言葉を使い、感謝の気持ちを相手に伝えること。

松尾均

お客様と社員のコミュニケーションだけでなく、社員同士にもフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションが必要だと考えています。私たちの提供するバスツアーという商品は、商品開発、営業、サービス(ガイド、運転士など)、車両整備という4部門が協力することで成り立っています。いくら私が改善を訴えても、危機意識や価値観を4部門すべての社員が共有しなければ、最終的にお客様には伝わりません。


尾崎元規

いまは必ずしも無借金が最善という時代ではないと思います。ある程度の借入金があってもキャッシュフローが厚ければいい。カネボウ化粧品がグループに加わってキャッシュフローは増えました。それを再投資して企業価値を上げ、将来の成長に結びつける経営が大事です。


小澤三敏

印刷機械事業は不採算でしたが、精密技術が応用できることもあり、当社の戦略製品でした。ところが視点を変えてみると、「技術提携先の技術料が高く、利益を圧迫している」「後発だったため顧客基盤が弱く、資金回収のロスが大きい」「量産効果が見込みにくい」といった事態が見えたんです。社長への提言は一回は突き返されましたが、私は事業を撤退すべきだと判断しました。
【覚書き|常務時代を振り返っての発言】


永守重信

私たちはずっと長い間、土曜も日曜も休まずに働いてきた。なぜそんなことができたかと言えば、一言で言って非常に楽しかったからだ。自分たちが働くことで、製品が売れてお客さんに喜んでもらえ、どんどん会社が成長していった。そのやりがいや満足感を何度も味わいたいから、どんなハードワークも苦にならなかった。


木村皓一

若いころ、フランスで友人に勧められてワインのロマネ・コンティを飲みました。言わずと知れた何十万円もする高級品です。友人に「木村、これなんぼするか知ってるか?」と聞かれ、そのときは正直なところ、「地元の河内ワインと味は変わらへんな」と思いました(笑)。今なら違いが分かりますよ。しかし、そのころは分からない。私にとっては似たような味で、片や980円、片や数十万円。「ラベルの差やな。これがブランド力か」と思いました。


塚崎義直

優秀な海外事業担当者がいるかどうかが、海外展開の成否を決める最大の要因。


石田淳(コンサルタント)

自分で立てた目標を最後まで諦めずに達成した経験があれば、自分の人生は自分でコントロールできるんだという自信が持てる。継続は、成し遂げるための最高のノウハウです。これを身につけた人には、並外れた才能や精神力なんか必要ない。いまの自分が持っている能力だけで人生を切り開いていけるんです。


坂根正弘

コマツの事業責任者や子会社のトップは、毎月一回「フラッシュレポート」と呼ばれるA4一枚の報告書を提出しているが、「業績のことは最後でいいから、レポートの一番上に『バッドニュース』を書くように」と指示している。


曽山哲人

社員の感情が下向きになると、生産性が低下するので業績はあがりません。社員一人ひとりが自然とやる気になるような状況をつくり上げなければならないのです。


山田真哉

この不況の中、ビジネスマンが優秀な成果を残すのは、非常に難しいことです。しかし見方を変えると、いま成果を挙げられれば、社内で一目置かれることは確実です。ある意味、絶好のチャンスといえるでしょう。