名言DB

9413 人 / 110706 名言

丸山学の名言

twitter Facebook はてブ

丸山学のプロフィール

丸山学、まるやま・まなぶ。日本の行政書士。「丸山行政書士事務所」代表。埼玉県出身。著書に『ブログではじめるノーリスク起業法のすべて』『社長になっていい人、ダメな人』『行政書士になって年収1000万円稼ぐ法』。

丸山学の名言 一覧

消費者側から見た価値やニーズを捉えて、販売に活かすことが重要。


労せず儲けるということは、その分他人に働いてもらうということ。独り占めせず、価値とお金を共有することがポイント。


一人でアイデアを練り、コンテンツをつくり込む時代から、人の知恵を使って価値を生み出す時代へと変わった。


ネットの世界はロングテールと言われるように、ニッチな分野にこそ「いいものにはお金を払いたい人」がいて、チャンスが潜んでいます。


収益を生む仕組み(資産)を作れば後から自然に収入が生まれる。お金持ちは、最終的に儲けられる仕組みやビジネスを選択します。不動産投資はそのいい例。


起業当初は寝る時間もないほどで、健康に気を配る余裕はありませんでした。事業が軌道に乗って初めて健康のことを考えることができました。やはり一番の健康法は仕事がうまくいくことなのだなと痛感しています。


今ではジムに通って運動をしたり、事務所に向かうまでに一駅分歩いたりと、体を動かすようにしています。また、歩く間にいろいろなことを考えると、リラックスした状態で脳が活性化されるのか、良いアイデアが浮かんでくることがよくあります。


いかに労せず、してお金を生むか。人に協力してもらえるか。それにはブログやホームベージなどで訪問者を楽しませる仕掛けが重要。技術的なことより、そこを理解している人がこれからはお金持ちになっていくでしょう。


最初からお金を得ようなんて思わない。最初は少し損をしても、種をまく時期が必要です。昔は種をまいても収穫までに時間がかかりましたが、ウェブの時代は、最初の仕掛けさえしっかりやれば、短期間での収穫が可能。しかも、損した分の何倍ものリターンがあります。


この商品、サービスをいくらで売ろうと考えても、なかなかうまくいかないもの。いまはモノも情報も氾濫している時代ですから、単純に売りたい、稼ぎたいと思う人ほど、残念ながらお金が巡ってこない。単眼ではなく複眼思考が必要です。


昔から、「損をして得を取れ」という格言があります。しかしこれまでリアルの世界では損をする時間も金額も大きかった。それをネットでは最初に限りなく小さくしたうえで、大きく回収することが可能。そのキーワードが無料化です。


勉強しながらでもお金が入ってくるようにする発想も必要。ネットなどを使えば起業の勉強中でも稼げます。また自分のアイデアを形にして、儲け度外視の小さなビジネスから始めてみることもオススメです。


いまは物自体が不足しているわけではありませんよね。だからこそ心の部分が大きいと思います。たとえ不況でも、自分の心を満たしてくれるもの、自分を成長させてくれるものに対しては、お金を出し惜しみすることはありませんから。


丸山学の経歴・略歴

丸山学、まるやま・まなぶ。日本の行政書士。「丸山行政書士事務所」代表。埼玉県出身。著書に『ブログではじめるノーリスク起業法のすべて』『社長になっていい人、ダメな人』『行政書士になって年収1000万円稼ぐ法』。

他の記事も読んでみる

片田珠美

怒りの感情は6秒でピークを過ぎるといわれています。文句をつける前に6秒をカウントしたら、冷静さを少しは取り戻せるでしょう。私はせっかちで6秒を早く数えてしまうので、イラッとしたときは10秒カウントすることを自分に課しています。


オグ・マンディーノ

明日という日があるのは愚か者の暦だけ。昨日の敗北は忘れ、明日の問題は無視します。今日こそ、最後の審判の日。あなたの持っているすべて。それを一年で最高の日にするのです。もう一度人生をやり直せたらという言葉ほどわびしいものはありません。今日はあなたの日です。


廣瀬光雄

時代は変わりつつあります。当時、株式会社が学校を経営することに反対していた文科省の中にも、これに賛同してくれる若手が少しずつ出てきました。お陰でBBTの卒業生は14年目で1000人に達しました。彼らは企業でビジネスを体験してきた企業人で、フレッシュマンはほとんどいません。BBTのマスターズディグリー(修士号)を持っている人材が一部上場企業の役員や執行役員になるというケースも出てきました。一方で入学者には会社の役員もいますし、ドクターやロイヤーもいます。


加藤智治

ロジックのみで組み立てた話は、確かにわかりやすいけれど、面白くはありません。それでは相手に一目置かれるまでにはなれません。そこで私も、話に必ずストーリー性を持たせるようになりました。


阿部祐二

勉強の成果を得たいなら、「効率よく学ぼう」という考えを捨てること。時間がかかるのを覚悟して、徹底的に基礎を身につけること。結局は、それが何よりの近道。


堀紘一(コンサルタント)

「あまり寝ていなくて」と忙しさを自慢するのは愚かである。頭を正常に働かせるには7から8時間の睡眠がいる。そして会社に居残る時間を短くする。仕事の密度を濃くし、夜7時以降は会社にいないようにする。勉強や会食の時間がとれないからだ。


石原慎太郎

人生に代行などありはしない。生きるということは、一人のものでしかない。誰も君に代われぬし、君も誰のために代われるものではないのだ。


玉山鉄二

役者の仕事でいちばん大事なのは、ホームワークなんです。現場に出る前に家で台本を読み込み、自分の役を何度も何度もイメージするんですね。その準備次第で結果が決まる。


伊藤洋一(エコノミスト)

人間は他者を必要としながら社会を形成しています。自分がどこに必要かを考えれば就職できないということはないのではないでしょうか。


坂本孝

新事業展開の鉄則は、「飛び石は打つな」です。でも、私は新しい事業に挑戦する時、「前の事業の人脈やノウハウを使わない」と決めています。成功の余韻に浸る、失敗を引きずる。どちらであっても、前へ進めないから。


盛田昭夫

うちは絶対にレイオフしちゃいかん。利益が下がってもいいから、全員をキープしろ。その代わり、不景気の間を利用して社員教育を行う。
【覚書き|オイルショック時にサンディエゴ工場のマネージャーに言った言葉。クビを切らず、社員教育を徹底したおかげで、中核社員が育ち、社員のモラルとやる気が大きく向上した】


内田士郎

効率性ばかりではダメですが、なにが本当に大事なのかを判断する。重要視しているのは時間の質です。


長谷川穂積

いままですごい勝ち方をした選手でも、相性次第でコロッと負けます。ボクシングの勝敗はほんまに紙一重。どっちに転ぶかわからないですから。


譚玉峰(タン・ユーファン)

企業は5年前と同じことをやっていてはいけない。


伊丹敬之

人を育てるという点で大事なのは叱ることです。失敗させて、厳しく叱って、また使う。