名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸山学の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸山学のプロフィール

丸山学、まるやま・まなぶ。日本の行政書士。「丸山行政書士事務所」代表。埼玉県出身。著書に『ブログではじめるノーリスク起業法のすべて』『社長になっていい人、ダメな人』『行政書士になって年収1000万円稼ぐ法』。

丸山学の名言 一覧

多くの需要が見込めるビジネスだと、大手企業に参入されて立ち行かなくなることが多い。むしろ、そこそこの需要が見込めるアイデアのほうが成功する確率は高く、ビジネスも長続きしやすいんです。だから、アイデアもそこそこで十分なのです。


設備投資など初期投資にお金をかけてしまうと、それが重荷となり、潰れてしまうケースは多い。ここを工夫できるかどうかが勝負の分かれ目。


不況のときほど前を向いている人にチャンスは訪れる。ニーズが多様化した現在、金儲けのネタの幅も広がり、至る所にチャンスがある。


消費者側から見た価値やニーズを捉えて、販売に活かすことが重要。


労せず儲けるということは、その分他人に働いてもらうということ。独り占めせず、価値とお金を共有することがポイント。


一人でアイデアを練り、コンテンツをつくり込む時代から、人の知恵を使って価値を生み出す時代へと変わった。


ネットの世界はロングテールと言われるように、ニッチな分野にこそ「いいものにはお金を払いたい人」がいて、チャンスが潜んでいます。


収益を生む仕組み(資産)を作れば後から自然に収入が生まれる。お金持ちは、最終的に儲けられる仕組みやビジネスを選択します。不動産投資はそのいい例。


副業から始める副業型起業の利点は、サラリーマンのときに経験を積めること。仮に失敗してもそれは財産となり、本業の収入である程度穴埋めができます。副業時代に収入を得る仕組みと、ある程度の資金を貯めれば、起業へのスタートが早く切れるのもメリットでしょう。


じつは私も、家系図を作成するというニッチ型ビジネスに取り組んでいます。家系図作成のニーズは一定数あります。売り上げは200万円ほど。副業ですから十分な額です。でも大手には参入してもうま味がある額ではない。無競争で一人勝ちできる。そこがニッチ型ビジネスの強みといえるでしょう。


副業を発展させて起業したモデルと、既存のビジネスのスキマをついたニッチ型が定番です。変わったところでは人のコンプレックスにまつわるビジネスもある。いずれも個人が1人で始めても十分成功する可能性を秘めた金脈です。


起業当初は寝る時間もないほどで、健康に気を配る余裕はありませんでした。事業が軌道に乗って初めて健康のことを考えることができました。やはり一番の健康法は仕事がうまくいくことなのだなと痛感しています。


今ではジムに通って運動をしたり、事務所に向かうまでに一駅分歩いたりと、体を動かすようにしています。また、歩く間にいろいろなことを考えると、リラックスした状態で脳が活性化されるのか、良いアイデアが浮かんでくることがよくあります。


いかに労せず、してお金を生むか。人に協力してもらえるか。それにはブログやホームベージなどで訪問者を楽しませる仕掛けが重要。技術的なことより、そこを理解している人がこれからはお金持ちになっていくでしょう。


最初からお金を得ようなんて思わない。最初は少し損をしても、種をまく時期が必要です。昔は種をまいても収穫までに時間がかかりましたが、ウェブの時代は、最初の仕掛けさえしっかりやれば、短期間での収穫が可能。しかも、損した分の何倍ものリターンがあります。


この商品、サービスをいくらで売ろうと考えても、なかなかうまくいかないもの。いまはモノも情報も氾濫している時代ですから、単純に売りたい、稼ぎたいと思う人ほど、残念ながらお金が巡ってこない。単眼ではなく複眼思考が必要です。


昔から、「損をして得を取れ」という格言があります。しかしこれまでリアルの世界では損をする時間も金額も大きかった。それをネットでは最初に限りなく小さくしたうえで、大きく回収することが可能。そのキーワードが無料化です。


勉強しながらでもお金が入ってくるようにする発想も必要。ネットなどを使えば起業の勉強中でも稼げます。また自分のアイデアを形にして、儲け度外視の小さなビジネスから始めてみることもオススメです。


いまは物自体が不足しているわけではありませんよね。だからこそ心の部分が大きいと思います。たとえ不況でも、自分の心を満たしてくれるもの、自分を成長させてくれるものに対しては、お金を出し惜しみすることはありませんから。


悩みというのは、強いニーズにつながります。なんとなくほしいのではなく、すごく欲しいというレベル。強烈なニーズだからこそ、ビジネスの切り口になり得るんです。コンプレックスのジャンルはニッチでかまいません。世間一般的には小さな悩みでも、前述したように、それを欲する人のニーズは強烈だからです。また、欲した人のニーズをうまく満たしてあげると、リピートが期待できるでしょう。


丸山学の経歴・略歴

丸山学、まるやま・まなぶ。日本の行政書士。「丸山行政書士事務所」代表。埼玉県出身。著書に『ブログではじめるノーリスク起業法のすべて』『社長になっていい人、ダメな人』『行政書士になって年収1000万円稼ぐ法』。

他の記事も読んでみる

佐藤尚之

以前は文化、流行、消費などの情報は、新聞、テレビ、ラジオ、雑誌の4大マスメディアによってトップダウンの形で伝えられていました。ところが、いまではネット上で消費者同士が「ホントかな」「私はこう思うよ」などと批評し合い、情報がボトムアップされるようになりました。その結果、作り手がどんなにいいことを言っても、消費者は素直に信じなくなってしまいました。


勝間和代

海外に出ると、相対的に日本のいいところ、悪いところもはっきりと見えてくる。そこで、「じゃあ、日本としてはなにをすべきか」と考えていく。


林田英治

世の中にどうやって価値をつくり出すか。ゼロから何かを生み出さなければいけないのに、日本の会社はゼロから1が生み出されたら、1をn倍にすることしか考えていない。


喜田哲弘

仕事で大事にしていることは、独善的にならず、外の目を意識すること。


小池龍之介(小池龍照)

理解しなければいけないのは、私たちはみな「支配欲」を持っているということ。そのため、自分が指導しても思い通りに動かない部下に「なぜ私のいうことを聞かないんだ」とイライラする感情を持ってしまうわけです。指導する真の目的は部下や後輩を「成長させること」なのに、いつのまにか相手を思い通りに「支配すること」が目的になってしまっているんですね。こういうときはいったん指導するのをやめ、何もしないことです。これまでああだこうだと口うるさくいわれ続けて、後輩はあなたに対して不満を抱いているはず。その状態で指導を続けても、お互いにストレスがかかり、誰も幸せになりません。たとえ部下が失敗しても叱責せずに、まずは「そうだったんだね」と受け止めてあげる。すると部下は安心しますし、あなたへの信頼も回復へ向かう。部下との信頼関係が構築できたらようやく次のステップに進めるのです。


村瀬治男

比喩は、自分の考えを短いフレーズで相手の心に響くように伝え、共感を呼ぶことができる。中でも私がいまのポストに就いて以来、最も多用したのは「顧客主語」という言葉でした。たとえば、技術者は開発にあたり、とかく「仕様の範囲内」という言葉を使います。それは自分たちで決めたルールにすぎず、キヤノン主語の発想であって顧客にとっては意味がない。大切なのは顧客が価値を見出してくれるかどうかの顧客主語の視点であり、その価値が利益に結び付きます。


ジョン・キム(法学者)

短期的な目標を設定する際には、富士山よりエベレストを目指すことです。目標が高かろうが低かろうが、それを100%達成することは難しく、たいていは目標値の7、8割のところに落ち着きます。だからこそ限りなく高い目標を立てて、自分に強い負荷をかける必要があるのです。


稲盛和夫

10年間、「彼はスゴイ」と他人から言われるぐらい頑張れば、一廉(ひとかど)の人間になれる。


西浦三郎

立地を東京中心に絞っています。人の流れを見ると、年々、東京都心部に人が集まって来ているので、開発は東京近辺に集中させています。基本的に東京の都心部を中心として、特に銀座、渋谷、青山、新宿、台東区の雷門は当社の戦略的な地域として、積極的に開発を進めています。


照屋華子

ビジネス文書作成のための勉強というと、多くのビジネスパーソンが、「普段は使わない、特有の言い回しが難しい」「語彙を増やすのがたいへん」といった、表現の仕方ばかりに意識が偏りがちです。しかし、そもそも、ビジネス文書は、書き手の文章表現力を誇示するために書くのではありません。読み手に「期待する反応」をしてもらうことが、第一義の目的です。これがビジネス文書の本質です。


中本晃

研究開発を進めていく上で最も大事なのは、「諦めない姿勢」「諦めない心」だと思います。難しい研究や高度な技術開発は、当然一筋縄では成功しません。実験そのものも難しくて、うまく行く確率が非常に低いのです。


飯田亮

思い描いているように企業規模が拡大したとして、社員数が何万人にもなったら管理できるだろうかと想像したとき、システム化は不可欠との結論になったのです。さらに、情報通信技術の発展ぶりから、機械でできる仕事はどんどん人手から機会に置き換わるとの確信がありました。いつまでも巡回警備に頼っていては、いずれ限界が来る。今後の飛躍のために、システム化を急ぐべきだと考えたのです。