丸山健夫の名言

丸山健夫のプロフィール

丸山健夫、まるやま・たけお。「武庫川女子大学」教授。大阪府出身。京都大学農学部卒業。米国ルイジアナ州立大学客員准教授、武庫川女子大学文学部・同生活環境学部教授などを務めた。

丸山健夫の名言 一覧

悪い結果を引きずると、それが影響して次の行動の成功率も下がる。逆に、「これをやると良い」と思い込むことで、次の行動の成功率を上げることができる。


ひとつインプットしたら、3つ以上アウトプットするという習慣を繰り返していけば、チャンスは確実に増えていく。どんな些細なことでもいい。行動するときはいつも3つの目的を持つことを心がけてください。


「ワンアクション・スリーゴール」という考え方を身につければ、お金もツキも3倍になる。ひと言で言えば「ひとつの行動を起こすときに、成果を最大化できるよう、3つ以上の目的を設定する」ということ。


丸山健夫の経歴・略歴

丸山健夫、まるやま・たけお。「武庫川女子大学」教授。大阪府出身。京都大学農学部卒業。米国ルイジアナ州立大学客員准教授、武庫川女子大学文学部・同生活環境学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

小田真弓(加賀屋女将)

加賀屋では女将や支配人などの接客責任者が夕食時に客室を訪ね、ご挨拶をしています。来館に対する感謝の気持ちを伝えるためですが、このとき、副次的に接客の情報をお客様から頂きます。お客様の表情や会話から、ご到着から夕食まで、接客に満足していただいているかどうかを知ることができるのです。


杉村太郎

会社を立ち上げて3年目。1か月に22回徹夜して働き続けたことがあります(仮眠はしましたが)。身体に悪いことはわかっていましたが、ブレーキが利かない状態でした。この話をすると、「すごい努力家ですね」と言われることがあります。でも、努力という言葉には違和感があります。徹夜で何日も働いたのは、ただ仕事に熱中してただけです。自分では、努力していたつもりが全然ないんです。


川端克宜

大事なのは会社を永続的に成長させていくこと。数年単位で物事を考えるのではなく、10年あるいは20年後のことを考えて、経営していかなければいけない。


佐藤一郎(コンサルタント)

担当者が話をはぐらかして、交渉が長引くようであれば、「何が決め手になりますか?」と聞いてみるといいと思います。


安渕聖司

仕事がうまくいった経験は誰にでもあるはず。それを分析していくと、「あのときはこういうことでうまくいった。こういうことが自分の良いところなんだ」と強みがわかります。すると、目の前の仕事にその方法が使えるだけでなく、自信を持って臨めるようになるでしょう。


古川健介

社員にはやりたいことは責任もって進めてもらっています。ひたむきに仕事をしていれば、上司に許可をとる必要はなく、失敗したら謝罪すればいい、という形にしています。


佐藤優

下を育てても自分に直接利益がないからと、面倒を見ないという人も増えているようです。しかし10年後、20年後、自分が別の部署に移動したり、転職や退職したりしたときに、育てた若手が現場の第一線で、色々力になってくれることも出てきたりします。長期的な視点に立てば、自分に返ってくることは多い。何よりも親身に育ててくれた恩を、下の人間は覚えているもの。僕がそうでしたから。


林要(経営者)

大昔は危なそうだと未来に不安を感じる人のほうが生き残りやすかったわけです。不安が必ずしも合理的でなくても、多くの人は未来に不安を覚える。特に見えないものには恐怖を感じます。でも、いったん触れると安心して、今度は逆に都合のいい方向に想像し始める。それが僕らの脳のシステムです。


中村俊輔

日々を過ごす中で、小さな課題を設定し、それをクリアし、クリアできたら次の課題を目指すようにしている。ハードルをひとつずつクリアする感じ。


石田淳(コンサルタント)

気持ちに頼って仕事量を増やそうとする考え方は、行動科学の観点から考えるとよくない。


糸井重里

理想は、誰かに役立つようなやりがいと利益が矛盾なく結びつけばいい。こうしたテーマの追求こそ、今後の企業のあり方を示唆するように感じます。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

私は、疲労のマネジメントでまず重要なのは肝臓を守ることだと考えています。疲れたら肝臓を労わること。つまり、血流を良くして、十分な水分と良質なタンパク質を摂取することが基本です。


津田秀晴

まったく知識のない分野の話が出た場合、そのこと自体を尋ねようとすると、なかなか良い質問が思い浮かばないものです。そんな場面では、相手の価値観を尋ねる質問をしていきます。「○○のどういう部分が好きなのか」「なぜそれほど熱くなれるのか」など、相手の思いを聞くのです。これなら、自分のまったく知らない分野でも応用できます。


平野香奈絵

私は中学生まで地方の田舎で育ちました。転機となったのは14歳でオーストラリアに留学したことです。向こうで4年弱、ホームステイをしながら勉強したのですが、当初は文化の違いによる慣れない生活やコミュニケーションをとるのに苦労しました。


塚田健雄

私は12年前、トヨタ自動車から通信の世界に飛び込み、すぐに合併論者になりました。なにしろ、この業界には日本電信電話(NTT)というとんでもない巨人がいる。規模、技術力、資金力で太刀打ちできない新電電がばらばらに戦っていても、いずれ限界が来ると思いました。しかし、IDOという会社は電力会社、商社、お役所などの寄り合い所帯。社内では合併論は相手にされません。反発というより、無視です。親会社の支援があれば昔ながらのやり方でやっていけると思っていたのです。合併が実現したのは誰もがその必要性を悟ったからです。7年かかりました。


ページの先頭へ