名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

丸山健二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸山健二のプロフィール

丸山健二、まるやま・けんじ。日本の小説家、芥川賞作家。国立先代電波高等学校卒業後、東京で商社に入社。勤務の傍ら小説を書き始め、「夏の流れ」で文学界新人賞、芥川賞受賞。その後、谷崎純一郎賞、川端康成文学賞候補になるも、芥川賞受賞時の騒ぎが不快だったとすべて辞退。文壇と関わりを持たずに執筆活動を行った

丸山健二の名言 一覧

とりわけ鼻持ちならんのは、本来ならば最も自由な道を進まなければならないはずの芸術家たちの群れ。これは何なんだ。芸術家の自由な生き方とは、要するに独りでどこまでツッパレルかを実践することではないのか。そうした姿勢から強烈な個性が生まれ、個性的な芸術作品が生まれ、芸術の幅がぐっと広がるのではないのか。


できることなら、あのイヌワシのように生きてみたいと思う。イヌワシのように生きる資格の一つとしては、おれはまず第一に決して群れないことをあげたい。周囲を見まわしてみるがいい。群れている人間ばかりが目につくじゃないか。カラス人間やスズメ人間ばかりじゃないか。ひとりでは呼吸もできない連中が、その必要もないのに、互いに軽蔑しあいながらいたるところに群れているじゃないか。


丸山健二の経歴・略歴

丸山健二、まるやま・けんじ。日本の小説家、芥川賞作家。国立先代電波高等学校卒業後、東京で商社に入社。勤務の傍ら小説を書き始め、「夏の流れ」で文学界新人賞、芥川賞受賞。その後、谷崎純一郎賞、川端康成文学賞候補になるも、芥川賞受賞時の騒ぎが不快だったとすべて辞退。文壇と関わりを持たずに執筆活動を行った

他の記事も読んでみる

前澤友作

とにかく二番煎じが嫌なんです。他の人と同じことをやっても仕方がない。


リチャード・カールソン

望むものを手に入れても幸福にはなれないと知ること。誰でも自分には手に入れられないものを欲しがるものだ。望むものを手に入れさえすればすべてがうまくいくと信じている人は多い。けれども、もしそれが本当なら私たちはすでに幸福感に酔いしれているはずだ。多くの望みがかなってもなお、私たちは何かを求めてあがいている。大切なことは、望むものを手に入れることは素晴らしいことだが、それで幸福になれるとは限らないと認めることである。


松井忠三

仕組みづくりのひとつの象徴が「MUJIGRAM」という13冊、2000ページというボリュームのマニュアルです。これを実行すれば、誰もが誰もがPDCAを100%回せるというものです。それまでの経験至上主義による暗黙知を、見える化・標準化したのです。これがあれば、店長のセンスによって店舗が変わることもありませんし、人が代わってもノウハウが失われてしまうことはありません。


須田健太郎(経営者)

円高より怖いのは、その国の経済が停滞すること。一つの国に集中するとリスクがあるので、取引先は分散しています。分散していれば、どこかがこけても自分たちはこけずにいけるだろうと考えています。


内藤誼人

部下とうまく接することができていないなら、まずは本気で向き合うことから始めましょう。本気の態度や言葉だけが相手を動かし、状況を変えてくれます。


樋口武男

大学時代、母が自分の着物を質入れする姿を目にしたとき、このうえない感謝の気持ちとともに、なぜ父があんなに一生懸命働いているのに、こんなに苦労しなければならないのかという強い憤りと、サラリーマンの限界を感じざるを得ませんでした。それでそのときに、「将来は事業家になって両親に恩返しをする」と決意したのです。その思いがずっと私の仕事のモチベーションでした。大和ハウスエ業で最初に配属された堺工場時代は、夕方5時に仕事が終わっても、それから深夜まで勉強し、帰宅は毎晩午前1時、住宅営業部の次長になれば、1日100軒の飛び込み営業と、モーレツに働いたのも、絶対にいつか事業家になってみせるという志があったからです。


ガルブレイス

バブルがいつ崩壊するか予測するのは誰にもできない。ただ、過去のバブルは例外なくはじけている。


國貞文隆

レベルの高い経営者はものごとの捉え方、解釈の仕方が上手い。


出口治明

成長に限界が訪れた時、業態を変えないと生き残れない。


秋元浩子

起業した理由のひとつは、「会社の看板は抜きにして、秋元さんにお願いしたい」といってくれるお客様や、いつも応援してくれる仲間がいたからです。


北山顕一

「己の欲望のために、他人を犠牲にする」。これがすべての事件の根本にあります。むしゃくしゃしたから他人を殺傷する、自分の利益のために不正を働く、立身出世のために賄賂をもらうなど。この根本が治らないかぎり、いくら法律をつくっても事件は減らないと思います。


稲垣精二

競合が何をしようと、他社から何を言われようと右往左往しない。自分たちが信じるもので、しっかりと未来をつくっていく。