名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

串戸一浩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

串戸一浩のプロフィール

串戸一浩、くしど・かずひろ。日本の経営者。「スマート・ナビ」社長。アイルに入社。ソリューション事業部長、監査役、取締役マーケティング企画室長東京支社長、人材ソリューション事業部長、ビジネスデザイン本部長兼広報企画室長、光通信社長室統轄などを経てスマート・ナビ社長に就任。

串戸一浩の名言 一覧

会社創業時の社名が知られていないというハンデを克服するには、お客様の課題にどれだけ誠実に向き合おうとしているか、気持ちがすべて。


お客様の要望は確かに「予算」にもあるけど、本当はその奥に「予算はないが、長くつき合える技術力の高い取引先と仕事したい」というニーズが隠れていることがあるんです。それを見落として、言葉を額面通りに受け取ってはいい関係は築けません。


お客様の隠れたニーズを見抜く力は、訓練次第で身につけられる。たとえば電車の中吊り広告を「なぜこんな風にしたのか」「見る人はどう感じるか」と、情報の受け手と送り手の両方の視点で見る癖をつける。それが「お客様の求めるもの」を考える習慣になって、いつしかお客様の心がわかるようになる。


大切なのは、「自分がお客さんのために役に立てることは何か」という軸を持ちながら聞くこと。売りたい気持ちが先に立つと、お客様の言うことに何でも「はい」「できます」といい顔をする。が、後になって「やっぱりできません」となっては意味がない。お客様の要望はすべて傾聴しながらも、「それはうちのサービスで可能か」という軸とマッチングを探りながら聞くわけです。


話のなかで、「とにかく安く」と言うお客様がいるのですが、「では低価格のサービスを」と結論づけることはしません。じつは、お客様の本当の要望は「予算」の先に隠れている場合があるからです。たとえば「予算はないけど、長くつき合える提案力の高いパートナーと仕事をしたい」とか。この顧客心理を読めないと、「薄っぺらい営業マン」と軽んじられます。お客様の言葉の奥にある潜在的なニーズに気づくような、問いかけが大事なんです。


串戸一浩の経歴・略歴

串戸一浩、くしど・かずひろ。日本の経営者。「スマート・ナビ」社長。アイルに入社。ソリューション事業部長、監査役、取締役マーケティング企画室長東京支社長、人材ソリューション事業部長、ビジネスデザイン本部長兼広報企画室長、光通信社長室統轄などを経てスマート・ナビ社長に就任。

他の記事も読んでみる

米山久

我々は、外食の枠を飛び越えて、「食のあるべき姿を追求する」というミッションを掲げています。もとは外食(三次産業)からスタートしましたが、現在は、三次産業者である我々が、生産者や加工業者(一次産業・二次産業)と直接提携する「六次産業」のビジネスモデルで、生産者・販売者・消費者すべてがALL‐WINになることを目指しています。


植田統

日本人が決断が遅いのは、目標への判断基準をひとつに絞り切れていないからでしょう。これでは何を基準に判断すれば良いのかわかりません。


猪瀬直樹

90年代後半に4000万個以上を販売したバンダイの「たまごっち」を覚えていますか? 数十万個でヒットといわれるおもちゃ業界では異例のモンスター商品です。一度下火になった商品に再び火をつけるのは難しいですが、同社は2004年に「たまごっち」を復活させる新プロジェクトをスタート。復活後は3500万個を販売して、第一次に匹敵するヒット商品になりました。新プロジェクトが成功したのは、第一次ブームの検証から出発したからです。第一次では供給過剰になって、消費者に飽きられるのも早かった。そこで今回は販売動向を見ながら生産量を決定。その都度デザインを変えたため、コレクターが生まれて息の長いヒットにつながったのです。


梅野重俊

男性客への浸透は道半ばですが、雰囲気を壊さなければ、こだわらず美味しい単品料理を開発し、どんどん提供していきます。
【覚書き|女性客の割合が高い中、男性客獲得にも力を入れていることについて語った言葉】


吉越浩一郎

会社に経営理念はいらない。こう述べると顔をしかめる経営者は多いが、私はあえてそう明言しています。とくに日本の会社は、経営者が自分で考えたものではなく、何かの本を読んで拾ってきたような言葉を理念として掲げている場合が多い。学校の作文の宿題ではあるまいし、私に言わせれば、そんな理念はもう最初から落第です。会社において肝心なことは、作文の出来不出来ではない。現に行われている経営の出来不出来が問題なのです。


兼元謙任

石油を運ぶ巨大なタンカーがありますよね。長い距離を航行してきて、目的地が近づき、いざ入港というときには、数キロ前からスクリューを逆回転させなければ上手く停止できません。それくらい、長い時間続いた一定方向への動きを修正するのは難しいのです。


アントニオ猪木

混乱の時代、不安と恐怖の中で生きるか、何が起ころうとも何かに挑戦し続けるか。


冨山和彦

重要なのはリーダーとしての立場で、とことん苦労してもらうこと。とりわけタフな環境の中で、それでも生き残った人をリーダーにすればいい。


朝長哲

契約している畑の状態は1度や2度視察するだけでなく、長年にわたり把握し、農薬の浸透を防ぐために、提携している畑に隣接する畑がどんな状態なのかも調べています。


堀之内九一郎

勉強の入り口は「趣味」でも一向に構いません。高校卒業後、アマチュア無線に没頭した私は、外国人と交信するために、あんなにダメだった英語力を短期間でアップさせ、半年後には日常会話なら不自由なくこなせるレベルに達しました。無線をやるためには電波法という法律の知識も必要で、違反するとどんな刑事罰を受けるのかを調べていくうちに、法律についても詳しくなりました。目に見えない電波というものを勉強することで、それに関連した知識や世の中の仕組みがいろいろと見えてきたんです。


長谷川和廣

レバレッジ(てこの原理)を利かせるという言葉を若手社員からよく聞きます。最小の努力で最大の結果を得るというのはビジネスの世界では当たり前の話なのですが、その言葉が若い人から発せられると、正直、ちょっとこの人は信用できないなと思ってしまいます。現実のビジネスの中で、このてこの原理を考えてみると、本人の努力が力点、結果が作用点、そしてその人が持つスキルや人間力こそが支点です。てこは強固な支点があって初めて効果を発揮しますが、若いうちからレバレッジという言葉を使っている人は、どうもこの支点の部分で信用が置けないのです。


大西賢

「我々は量を売るのではなく、質でお客様から支持を得られるエアラインを目指そう。JALのサービスってやっぱりすごいねと言っていただける存在を目指していこう」と、常に社員に言っています。