串戸一浩の名言

串戸一浩のプロフィール

串戸一浩、くしど・かずひろ。日本の経営者。「スマート・ナビ」社長。アイルに入社。ソリューション事業部長、監査役、取締役マーケティング企画室長東京支社長、人材ソリューション事業部長、ビジネスデザイン本部長兼広報企画室長、光通信社長室統轄などを経てスマート・ナビ社長に就任。

串戸一浩の名言 一覧

会社創業時の社名が知られていないというハンデを克服するには、お客様の課題にどれだけ誠実に向き合おうとしているか、気持ちがすべて。


お客様の要望は確かに「予算」にもあるけど、本当はその奥に「予算はないが、長くつき合える技術力の高い取引先と仕事したい」というニーズが隠れていることがあるんです。それを見落として、言葉を額面通りに受け取ってはいい関係は築けません。


お客様の隠れたニーズを見抜く力は、訓練次第で身につけられる。たとえば電車の中吊り広告を「なぜこんな風にしたのか」「見る人はどう感じるか」と、情報の受け手と送り手の両方の視点で見る癖をつける。それが「お客様の求めるもの」を考える習慣になって、いつしかお客様の心がわかるようになる。


大切なのは、「自分がお客さんのために役に立てることは何か」という軸を持ちながら聞くこと。売りたい気持ちが先に立つと、お客様の言うことに何でも「はい」「できます」といい顔をする。が、後になって「やっぱりできません」となっては意味がない。お客様の要望はすべて傾聴しながらも、「それはうちのサービスで可能か」という軸とマッチングを探りながら聞くわけです。


話のなかで、「とにかく安く」と言うお客様がいるのですが、「では低価格のサービスを」と結論づけることはしません。じつは、お客様の本当の要望は「予算」の先に隠れている場合があるからです。たとえば「予算はないけど、長くつき合える提案力の高いパートナーと仕事をしたい」とか。この顧客心理を読めないと、「薄っぺらい営業マン」と軽んじられます。お客様の言葉の奥にある潜在的なニーズに気づくような、問いかけが大事なんです。


串戸一浩の経歴・略歴

串戸一浩、くしど・かずひろ。日本の経営者。「スマート・ナビ」社長。アイルに入社。ソリューション事業部長、監査役、取締役マーケティング企画室長東京支社長、人材ソリューション事業部長、ビジネスデザイン本部長兼広報企画室長、光通信社長室統轄などを経てスマート・ナビ社長に就任。

他の記事も読んでみる

吉田浩一郎

37歳までは、うまくいかない人生だった。でも、そうした経験を通じて、危機対応力も身についた。遅い起業で経験値があったからこそ、創業3年で上場まで来ることができたのだと思う。


滝野一征

面接では経歴書を見て、何をしていたのかなどという質問はしません。まず聞くのは「どう生きてきたのか」。優れている点を自分で語ってもらう。そして「何をしていたのか、なぜ辞めたのか、うちで何がしたいのか」を話してもらい、それぞれ質問をします。良い営業は相手に選ばせる。さらに「海外展開するべきか、する場合にはどのようなリスクがあるか、上手く行く根拠はあるか」といった現場感のある具体的な質問をする。必ずしもその考え方や答えが私と合っていなくても良いのです。つじつまが合う論理的な返答を一瞬で考えられるか。ロボット産業を完璧に知っている人などそういませんし、MUJINの製品知識も深い訳ではありませんから、ロジカルに考えて即答できる地頭の良さを見るわけです。


小松美羽

どんな業もすべて関わりで成し遂げるものなのだと、傲慢に自分を誇示しそうにならないように受け止めてくれる人がいる。画家はチームプレーで突き進んで行くのだ。


宮内義彦

すべての経営判断が正解だなんてことはありえない。問題は正解になる確率だ。


箭内道彦

世の中に飛び出るためには、どこかでしゃかりきになってチャンスをつかみ取りに行くことが、絶対必要です。


外村仁

プレゼンと手品の本質は、実は同じ。アテンションコントロールにある。手品では仕込みしている時に、別の部分を見せる。何を見せ、何を隠すか。それによって聴衆の注目をコントロールする。プレゼンも同じ。


岡藤正広

あるとき、お客さんから「ちょっと見に来てくれ」と呼ばれます。行くと山積みの反物が倉庫からあふれている。僕がすべての注文を初日に届けるよう指示したからです。担当の方は困り果てていました。書類を見るだけの机仕事ではわからなかった。「現場は大変や。ちゃんと配慮せな」。初めてそう実感しました。


篠原菊紀

経験のない若い世代には、発想の転換を必要とした課題も、年齢とともに脳内ネットワークの構築が進み多角的なものの見方が身につくことで、自然と対処できるようになっていく。年齢を重ねることで、人を見る目や、危機を事前に察知するといった直観力が研ぎ澄まされてくる人は少なくない。それはある意味でひらめきの進化形だといえる。


柳井正

スポーツは才能によって結果が左右される面が少なからずありますが、ビジネスは違います。一般の人がチームを組んで取り組めば、偉大なことができる。それができるのが、ビジネスの世界です。


久保華図八

私は社員に「お客様が喜ぶことは何でもやれ」と言っています。お客様に喜んでもらえると、社員は感動します。そして、「もっと、喜んでもらいたい」という気持ちになる。


室伏広治

競技を続けていると伸び悩み、ケガで練習できず、壁にぶち当たることがあります。その壁を乗り越えるには変化が必要であり、そのためには、「人の話に耳を傾ける」ことが重要だと実感する場面が多々ありました。


木川眞

ヤマト運輸の社長に就いた年、私は改革を進める上で、社員にどう伝えるべきか考えました。そして、1年ごとにわかりやすいキャッチフレーズをつけることにしました。初年度の2007年は「チェンジ」。米国大統領選の前ですから、オバマ大統領より私の方が早かったので真似ではありませんよ(笑)。2年目は「チャレンジ」、3年目は「アドバンス(前進)」、4年目が「アチーブ(達成・成就)」です。この4年間は社内のどこへ行ってもキャッチフレーズがあり、効果はあったと実感しています。


石渡美奈

モチベーションの停滞期は「自分がどう生きたいのか」を模索する時期でもあります。そういう意識で本を読んだり人と会ったりすると、自然と到達すべきところに導かれるものです。


把瑠都(カイド・ホーヴェルソン)

日本に来た当時、考えていたのは、とにかく稽古に打ち込んで早く強くなることでした。最初は学生相撲の人にも負けていたんですよ。そんな自分が許せなかった。だから、寝る直前まで練習していましたね。


三國連太郎

いい加減なくせに台本には文句をつける。監督とはけんかはする。クビになったり干されたことが何度もありました。そのとき、ありがたいことに手を差し伸べてくれる演出家がいたからこそ、60年近くもこの仕事を続けられてきたわけです。


ページの先頭へ