名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

中須賀真一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中須賀真一のプロフィール

中須賀真一、なかすか・しんいち。日本の工学者。東京大学大学院工学系研究科教授。専門は宇宙システム工学、ロボット工学など。大阪出身。東京大学工学部航空学科卒業、東京大学大学院博士課程修了。日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所研究員、東京大学航空学科講師、東京大学先端科学技術研究センター助教授などを経て東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻教授に就任。

中須賀真一の名言 一覧

「国の規制に足を引っ張られて、やりたいことができない」と言うベンチャー企業家が多いが、国を避けるのではなく、巻き込んでいかなければならない。


大きいものを小さくするには、何かを犠牲にしなければなりません。例えば観測に特化した小型人工衛星は、実はそれ以外に載せられるはずの多くの装置を切り捨てた上に成り立っているのです。


中須賀真一の経歴・略歴

中須賀真一、なかすか・しんいち。日本の工学者。東京大学大学院工学系研究科教授。専門は宇宙システム工学、ロボット工学など。大阪出身。東京大学工学部航空学科卒業、東京大学大学院博士課程修了。日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所研究員、東京大学航空学科講師、東京大学先端科学技術研究センター助教授などを経て東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻教授に就任。

他の記事も読んでみる

佐藤優

僕は作家業に専念してから、いい本、売れる本の見分け方がかなりわかってきました。単行本の売れ行きに大きく関わっているのが、じつは本の帯なんです。この出来が良いかどうかで売れ行きはかなり変わる。ところが本体を作ることに時間を取られ、帯作りを先延ばしにしたために、陳腐なものしかできていないことが多いのです。合理的に考えれば、先送りせず、早めに本の推薦人に原稿を送っておけば、濃い内容のコメントがもらえて良い帯ができるはずです。作り手のちょっとした先送りのせいで、本の売り上げが大きく落ちる。こういうことって出版だけじゃなく、ほかのビジネスの世界でもよくあることじゃないでしょうか?


澤田秀雄

遅いより速いほうがいい。だって、速くやれば、それがよかったのか、間違っていたのかが早く分かるじゃないですか。一歩、速く取り掛かる。間違っていたら一歩、速く立ち直る。


細田収

取引先を訪ねたら、受付やオフィスなどをじっくり観察しましょう。きっと、野球大会のトロフィー、社訓が書かれた額、新製品のポスターなどが見つかるはずです。これらから、経営者や相手企業の関心事やニーズを見抜くことが可能。また、相手を和ませるための話題作りにも、大いに役立つはずです。


本多孝好

バディ(相棒)ものを書く最大の理由は、価値観の違う二人がぶつかり合い、お互い同じものを見ていながらも違った反応が生まれる。相手の刺激により、それぞれのものの見方が変わっていく。


渡辺謙

この先、どこでどんな仕事をするのか自分でもよくわからない。なんでも受け入れる覚悟はできています。


中内功

もはや手本はない。いまこそ主体的に変革を実行していくときである。企業家精神を大いに発揮し、痛みを伴いながらも、創造的で活力のある新時代を切り開いていく。それが日本経済を再生し、透明度の高い経済社会を作ることになる。


川村隆

企業が大きくなってくると、存続すること自体が社会的意義につながってきます。健全な形で存続することは、企業にとって最も大切なことです。日立グループは今、全世界で約33万人の従業員を雇い、約37万人の株主に支えられています。社会的責任は非常に重い。会社の健全性を保つためにも、事業の再構築が欠かせない。


柳沢慎吾

20代の頃は、「ドラマ、ドラマ」っていう意識が強かったけど、30代の半ばを過ぎてからはバラエティでもひとつひとつの仕事を感謝してやっていこうと。それからは、なんか楽になりました。いまは、ありのままの自分を、媚びることなくさらしていこうと思っています。


平本清

ノルマが無いのも、ノルマを設定するという「ムダなコスト」が発生するから。しかも競争させたら、社内が皆ライバルになる。ライバルになったら互いに足を引っ張りあうのは当然でしょ? 前の会社で僕はイヤってほどそんな状況を見てきた。だからいまは徹底的にフェアで、社員を大切にした経営を実践しているのです。


和田浩子

伝える時は内容を気にかける前に、「目的は何なのか」をもつと意識してください。相手の性別や人種、立場が自分とは異なるグローバルなビジネス環境では、客観的な数字や論理以上に、目的が共有されているかどうかがカギになります。


穂村弘

昔、古本屋で、ある本に手を伸ばしたら「君にはまだ早い」って声をかけられたことがあって、その時は「僕のこと知らないのに、なぜわかる」って思ったけどね(笑)。いい店って、独特の文脈みたいなものがあって、店主と客が無言のうちに互いの力量を推し量るような雰囲気があるんだよね。


内藤誼人

私たちは、相手から恩を受けすぎたり、逆に損をするのは嫌なのであって、対等の関係の相手を最も好ましいと評価する。