名言DB

9413 人 / 110706 名言

中須賀真一の名言

twitter Facebook はてブ

中須賀真一のプロフィール

中須賀真一、なかすか・しんいち。日本の工学者。東京大学大学院工学系研究科教授。専門は宇宙システム工学、ロボット工学など。大阪出身。東京大学工学部航空学科卒業、東京大学大学院博士課程修了。日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所研究員、東京大学航空学科講師、東京大学先端科学技術研究センター助教授などを経て東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻教授に就任。

中須賀真一の名言 一覧

「国の規制に足を引っ張られて、やりたいことができない」と言うベンチャー企業家が多いが、国を避けるのではなく、巻き込んでいかなければならない。


大きいものを小さくするには、何かを犠牲にしなければなりません。例えば観測に特化した小型人工衛星は、実はそれ以外に載せられるはずの多くの装置を切り捨てた上に成り立っているのです。


中須賀真一の経歴・略歴

中須賀真一、なかすか・しんいち。日本の工学者。東京大学大学院工学系研究科教授。専門は宇宙システム工学、ロボット工学など。大阪出身。東京大学工学部航空学科卒業、東京大学大学院博士課程修了。日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所研究員、東京大学航空学科講師、東京大学先端科学技術研究センター助教授などを経て東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻教授に就任。

他の記事も読んでみる

村田昭治

社会に喜ばれる仕事を続けてゴーイングコンサーンとしての体制を維持している企業は、その骨法を身につけて、常に練磨を怠らないように思う。その強さを生み出しているのは、活気にあふれた社内コミュニケーションと、旺盛な学ぶ心の相互刺激だ。


菅原貴弘

東大を出た人で、成功しないケースを分析すると、(事業などで困難なことがあると)元いたところに逃げて戻ってしまうんです。例えば大企業に就職したり、コンサルタントだった人はコンサルに戻ったり。そうはならないようにしようと考えました。自分の元々の能力はそんなに変わらないかもしれませんが、頑張れるのではないかと。


小嶋光信

お客様は必ずいます。逆風が強まっていても、人が全くいなくなるわけではありません。極端に言えば、お客様が来なければ、お客様になりそうな方々の元にこちらから出向いて呼び寄せるぐらいのことをすれば、顧客はつかめます。


戸塚隆将

社内でディスカッションしていて議論が行き詰まった際に、メンバーを誘って一緒にプールで泳いだこともあります。オフィスにこもっているよりも、場所や環境を変えたほうが良い結果につながることは多いのではないでしょうか。


田口佳史

社会とは自己と他者から成り立つもの。自己は自分一人で、あとはすべて他者。これは、自己中心になった途端に孤立するということを表しています。自分中心にならないこと。そうすれば社会に出てから協力者がたくさん出てくる。


為末大

長期的なモチベーションが湧いてくるのは、「いまやっていることは確かそうだ」「この方法は間違っていない」、そして「意味がある」と感じられるときです。「自分がやっていることは、果たして合っているのだろうか」という迷いがあると、モチベーションが下がってしまいます。


アルバート・アインシュタイン

私たちの前には、もし私たちがそれを選ぶならば、幸福と知識と知恵の絶え間ない進歩がある。それとも、私たちは私たちの争いを忘れることができないからといって、死を選ぶであろうか?私たちは人類として、人類に向かって訴える。あなたがたの人間性を心にとどめ、そしてそのほかのことを忘れよと。【覚書き|ノーベル文学賞受賞者で数学・論理学・哲学者、バートランド・ラッセルと発表したラッセル・アインシュタイン宣言の一節】


アルバート・アインシュタイン

称賛による堕落から逃れる方法はただひとつ。仕事を続けることである。人は立ち止まって称賛に耳を傾けがちであるが、唯一成すべきは、称賛から目をそらし、仕事を続けること。それ以外の方法はない。


萩本欽一

もしかしてこの子にはこんな才能があるんじゃないかなと思ったら、それを育てて運をつくる手助けをしてあげるだけでいいの。おもちゃのピアノが大好きな子にはピアノを習わせたり、勉強が得意な子なら塾で学ばせてあげる。ただし、子供が持っていない才能を押しつけるのはダメですよ。こういうのは親のエゴだから、運が育たない。


坂根正弘

日本企業は、モノづくりやサービス面において非常に大きな力を持っている。問題なのは、自信を失って自らの力に気付いていないこと。


岡野雅行(岡野工業)

他ができないことを次々に実現させると、「あそこは何でもできるから」と仕事が集まり始める。その結果、大企業からもどんどん仕事が入るようになる。


北尾吉孝

金融マーケットをウオッチする習慣を身につけましょう。為替と株式市場の両方は必須です。推移を見続けるのはお金の相場観を養ういい勉強になります。個別の株式を購入するなら、ハイリスク・ハイリターンを避け、短期で利益を出すことを目指さない。「上昇している」から買うのではなく、「割安なもの」に注目して買うのです。割安な銘柄を探すにも、PER、PBRなどの指標を理解する必要がある。やはり勉強ですね。


吉原毅

我々は融資で収益を上げています。3代、4代にわたる取引先もあります。これは長年の信頼、信用という目に見えない財産が大きい。例えば投資で損をさせた銀行は、信頼が非常にマイナスになる。でも我々はそういうもの(投資業務など)がないじゃないですか。だから、資産家が安心して取引してくださる。


江口克彦

「運がいい」ということと「運が強い」ということは違う。「運がいい」というのは、たまたま「幸運」に恵まれること。例えば、宝くじに当たったとか、お店に行ったら思いがけず3割引の日だったり。まあ、偶然に左右されるもの、一時的なものということである。しかし、「運が強い」「強運」というのは、いい運が継続されるということだと思う。では、「運を強くする」には、どうしたらいいのか。人生には、いいこともあれば、悪いこともある。それを、すべてひっくるめて運が強い、あるいは運がいいと受け止めること。言い換えれば、いいことも悪いことも、「大肯定すること」によって、運を強くすることができるということである。


藤沢武夫

80%の国内二輪市場のシェアを得たころ、私は各工場の技術者を一週間缶詰にして、経営について勉強してもらったことがあります。バランスシートや売上と在庫の関係、増産による利益などについて、技術者は部分的には勉強しているけれども、それがどういう結果を生じているかということまでは知らない。しかし、生産企業で働いているからには、それがわからなかったら仕事ができない、というのが私の建て前なんです。