中須賀真一の名言

中須賀真一のプロフィール

中須賀真一、なかすか・しんいち。日本の工学者。東京大学大学院工学系研究科教授。専門は宇宙システム工学、ロボット工学など。大阪出身。東京大学工学部航空学科卒業、東京大学大学院博士課程修了。日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所研究員、東京大学航空学科講師、東京大学先端科学技術研究センター助教授などを経て東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻教授に就任。

中須賀真一の名言 一覧

「国の規制に足を引っ張られて、やりたいことができない」と言うベンチャー企業家が多いが、国を避けるのではなく、巻き込んでいかなければならない。


大きいものを小さくするには、何かを犠牲にしなければなりません。例えば観測に特化した小型人工衛星は、実はそれ以外に載せられるはずの多くの装置を切り捨てた上に成り立っているのです。


中須賀真一の経歴・略歴

中須賀真一、なかすか・しんいち。日本の工学者。東京大学大学院工学系研究科教授。専門は宇宙システム工学、ロボット工学など。大阪出身。東京大学工学部航空学科卒業、東京大学大学院博士課程修了。日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所研究員、東京大学航空学科講師、東京大学先端科学技術研究センター助教授などを経て東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻教授に就任。

他の記事も読んでみる

緒形拳

演技をするうえで重要なのは、小手先の技術を駆使するよりも、心で演じること。


武田双雲

人生を決めるのは、夢の大きさだと思う。いまの自分があるのは、本気ででっかい夢を追いかけたから。そのひと言に集約される。


大山健太郎

あまり難しいことを考えずに、「自分が欲しいもの」「改良すれば使いやすくなるもの」を作るようにしています。


向井理

大切なのは、設定した目標に向けて小さな一歩を踏み出すこと。目的意識を持って行動していれば、次のステップにつながるきっかけに出合った時にも、それに食いつくか食いつかないか、すぐに選択できる。


ゴーリキー

仕事が楽しみならば人生は楽園だ。仕事が義務ならば人生は地獄だ。


川田篤(経営者)

デジタル技術の進歩でテクノロジーがお客様(企業)のマーケティングを劇的に変えていく。そこに我々の技術を生かしていこうと考えまして、お客様と一緒になって事業を行っているところです。


吉永泰之

我々は成長してきたとはいえ100万台。世界市場の約1%に過ぎません。そんな会社が数を目指してはいけない。200万台、300万台を目指すと言った瞬間に、当社のビジネスモデルが崩れてしまう。


齋藤孝(教育学者)

失言を避けるための3つの心得

  1. 「ここだけの話」は通用しない。「人の口に戸は立てられない」と肝に銘じ、どんな場であれ、相手が誰であれ、ネガティブな話は避ける。
  2. 安請け合いと謙遜しすぎに注意。相手にいい顔をしようとするほど、かえって信頼を失うことになる。
  3. 間が持たなくても、相手のプライベートに踏み込まない。相手が自慢気味にすなら聞き役に徹すればいいが、自分からは触れないのが吉だ。

酒巻久

自分が発言する機会がなかなか与えられない会議に、出席しなくてはいけないときがありますよね。でも、「こんな会議は、出席する意味がない」と思うようだったら、その人間は大成しません。会議というのは、誰がどんな考えを持っているか、自分の考えに近い人間は誰か、本当に発言力を持っているのはどの人物かといったことを、情報収集する場でもあるんです。自分の提案を通したいときにも、まずその人を抑えておくのがポイントになることが見えてくるわけです。


兼元謙任

人間はお互い、問いと答えを投げ交わすことで、分かり合えるし、知恵も出せます。でも私は他人に対して問いを投げかけていなかったんです。そこで、「どんなことでも誰かに気軽に質問でき、それに詳しい人が丁寧に答えてくれたらいいな」という考えが芽生えました。そうした頭の中のイメージが、インターネットと結びついて現在の「Q&Aサイト」の構想につながりました。


柳楽幸雄

新しい技術を開発する余地は必ずあります。当社ではまず新しいテーマをたくさん立てます。この種まきが多軸化です。しばらくして多軸の芽を束にまとめます。それが幹になる時に、選択と集中を行います。そして成長する手応えを得た技術・分野にさらに肥料をたくさんあげるわけです。


あらゐけいいち

(前作のキャラクターが背景などに登場していることに)気づいてくれた人が前のページを読み返したり、前の巻を読み返したりしてくれたら嬉しいなと思って作っています。でも、当たり前ですがそういうことに気づかなくても読めるマンガですので、気づいたらちょっと得したな、程度に思ってもらえると嬉しいです。また、マンガに出てくるそういった「気づき」に関しては、自分からは語ることは野暮になってしまうので、言わないよう心がけています。


西山昌彦

一番大切なのは、経営者自身が仕事を楽しむことです。そうでなければ、社員が楽しめるはずがありませんから。


内藤忍

「投資なんて儲からないんでしょ」と、うそぶく人もいます。知人が株で大損したり、あるいは自分自身が当事者であったりすれば、投資なんてコリゴリと思うのも仕方ないかもしれません。しかし、投資で損した人は、損をしたところで投資をやめた人だという事実を認識してほしいのです。


飯田亮

事業を起こし発展させていくために何が必要かと問われれば、まず心の奥から湧きあがるパッション(情熱)だ。絶対この事業を成し遂げるとの思いが沸々と湧き上がる。人間こうでなくては事業を成功には導けない。そして、パッションを支えるのがビジョン(展望)とロジック(論理)だと思います。


ページの先頭へ