名言DB

9429 人 / 110879 名言

中陽次の名言

twitter Facebook はてブ

中陽次のプロフィール

中陽次、なか・ようじ。日本の経営者。「エイボン・プロダクツ」社長。京都府出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、伊勢丹(のちの三越伊勢丹)に入社。執行役員婦人統括部長、三越婦人・雑貨統括部長、常務、新宿伊勢丹本店長、日本橋三越本店長、エイボン・プロダクツ顧問などを経て社長に就任。

中陽次の名言 一覧

自分のペースで取り組めるのがエイボンの仕事のよさ。年齢を重ねても続くメンバー同士のコミュニティもあり、社会インフラの一部を担っているという思いがある。


お客様がエイボンを知り、体験してもらうための接点を増やす必要がある。より楽しみながらお買い物をしてもらえるようにしていきたい。


訪問販売の未来をきちんと見ていかないといけない。全体は減少しているが、内容をよく見ると、活発にビジネスをしている人たちは増加傾向にある。自分の裁量でできる仕事をしたい人は増えている。このニーズを掴めば訪販にはまだ可能性がある。


中陽次の経歴・略歴

中陽次、なか・ようじ。日本の経営者。「エイボン・プロダクツ」社長。京都府出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、伊勢丹(のちの三越伊勢丹)に入社。執行役員婦人統括部長、三越婦人・雑貨統括部長、常務、新宿伊勢丹本店長、日本橋三越本店長、エイボン・プロダクツ顧問などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

江崎利一

父の考えでは、人間は人の世話になると一生頭があがらない。世話にならずに済めばそれに越したことはない。無理をして学校に進まなくても、働き次第、努力次第で学校出に負けない立派な商人になることができる。それが我が家のためであり、また子供自身のためでもあると考えたようだ。


木戸次郎

資産家にとって、経済が厳しい時代は何かと心配がつきまとう大変な時期ですが、守るべきものはない、手ぶらでいる人にとっては、億万長者になれる本当のチャンス。


桃谷誠一郎

新工場設立後OEM事業を始めた。自社ブランドの製品は急には増やせないからだ。OEM事業を開始するにあたって、新しい工場は武器になった。取り引きを検討している会社に見学してもらい、「今度はうちも試してみませんか」と胸を張って言うことができた。


ウォーレン・バフェット

初めから売りを考えて買うような株は、10分たりとも持ってはいけない。


フェルディナント・ヤマグチ

会社で隣の奴に敵わないのは「才能」とか、「あいつのお父さんは取引先の役員だから」とか言い出したら、もう自分自身に、それ以上の伸びはないのよ、というのは確か。


高殿円

たまたまここに辿り着いた、ということなのだと思います。私にとって、それはすごく幸せなこと。そういう意味で「流されてそこにいる」ということを否定したくないんです。


岩澤俊典

当社の業務は、日本企業をいかに世界で戦える企業にしていくかということ。最後は結局、日本企業の進出先のローカルの人たちが、どれだけモチベーション高く動くか。そこに尽きます。


逢坂剛

作家にとって子供のころの読書の経験も大きい。自然と頭に入った文体、語らい、思想は小説を書くうえで重要な資質になります。私の場合、とくにグリム童話をよく読みました。民話を集めたものですが、正しい心、邪な心など小説の下になる人間の原始的な欲望が詰まっています。また、ストーリー展開の参考にもなり、大人になってからも読み返しました。


徳岡邦夫

なぜ多くの店では個別対応をしないのか。それは料理人の腕ではなく、働く人の意識の問題でしょう。従来の料亭では、サービス部門のスタッフがお客様の要望を聞くことも少なかったし、たとえ聞いてきても、厨房は「料理に指図するな」といって対応しないことが普通でした。この意識を変えるために、厨房とサービスで毎日のようにミーティングを重ねました。


高山善司(髙山善司)

グーグルマップへの地図提供はエンドユーザーには無料で提供しているので、収益はグーグルからのライセンス料だけ。今後は、付加価値を高めて有料でのサービスにも力を入れたい。今は、どんなコンテンツにすれば利用者に納得してもらえるか模索しているところです。今までにはなかった斬新な機能を出す必要があります。