名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中陽次の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中陽次のプロフィール

中陽次、なか・ようじ。日本の経営者。「エイボン・プロダクツ」社長。京都府出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、伊勢丹(のちの三越伊勢丹)に入社。執行役員婦人統括部長、三越婦人・雑貨統括部長、常務、新宿伊勢丹本店長、日本橋三越本店長、エイボン・プロダクツ顧問などを経て社長に就任。

中陽次の名言 一覧

自分のペースで取り組めるのがエイボンの仕事のよさ。年齢を重ねても続くメンバー同士のコミュニティもあり、社会インフラの一部を担っているという思いがある。


お客様がエイボンを知り、体験してもらうための接点を増やす必要がある。より楽しみながらお買い物をしてもらえるようにしていきたい。


訪問販売の未来をきちんと見ていかないといけない。全体は減少しているが、内容をよく見ると、活発にビジネスをしている人たちは増加傾向にある。自分の裁量でできる仕事をしたい人は増えている。このニーズを掴めば訪販にはまだ可能性がある。


中陽次の経歴・略歴

中陽次、なか・ようじ。日本の経営者。「エイボン・プロダクツ」社長。京都府出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、伊勢丹(のちの三越伊勢丹)に入社。執行役員婦人統括部長、三越婦人・雑貨統括部長、常務、新宿伊勢丹本店長、日本橋三越本店長、エイボン・プロダクツ顧問などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ジョン・コッター

大切なのは、自分が何を理解していないかを知り、そんな自分を認めることです。


池井戸潤

打ち合わせも兼ねて飲むことが多い。ただ、長々と飲むことはしません。乾杯の生ビールを1杯、その後に焼酎2杯くらい。21時前には切り上げて帰ります。他の作家は深夜までやる人が多いので、僕の担当編集者は手持ち無沙汰かもしれませんね。


植木義晴

大事なのは準備を丸一日かけたことではなく、それで十分な準備ができたかどうかです。


石井純二

ベンチャーの課題は社長とともに動く経営人材が不足していますから、政府系の日本人材機構さんと提携して、「人材」という新たな切り口で経営コンサルを行う新会社をスタートさせました。これまで金融機関は成長のための資金は提供できますが、中に入って社長と一緒になって経営戦略を策定していくのは難しいことでした。専門人材を派遣していく、そうしたトータルサポートを目指した日本初のサービスです。こうした支援策もあるせいか、道内全域で新たな企業が誕生しています。


佐々木常夫

手書きなら20分でできるような書類をわざわざパワーポイントで何時間もかけてつくったり、eメールに長々と時候の挨拶を書き込んだりしていませんか。会社の仕事で本当に重要な部分は、全体のせいぜい2割です。それについては時間をかけてやる必要がありますが、残り8割の雑用まで同じようにしていたら、夜中まで残業しなければ終わりません。まずはそういう無駄を洗い出してみることです。


佐藤優

初歩的なミスや小さな嘘ほど致命傷になる。早いうちに仕事の悪い癖は直さなければならない。そのためにあえて上司は部下を怒鳴ることも必要。ただし本気で怒るのはできるだけ少ない方がいい。年に1回か2回。それ以上になると、たんにキレやすい人になってしまう。


中溪正樹

能力か権力か自問自答しているからといって、常に正しい判断を下せるわけではありません。しかし、率いられる部下の立場からすると、自問自答ができる上司の方が望ましいでしょう。自問自答どころか、もともと能力がない人が権力を持ってしまったら、これは祭り上げてしまうしかないですね。


奥田陽一

変化はどの業界でも必ず起こります。そのとき新しいことに挑戦できると思える人材をいかに育てるか。それは人材育成の普遍的なテーマかもしれません。


寺田直行

全量買い取りが原則で、栽培方法はもちろん、栽培飼料の提供などをカゴメの担当者がアドバイスする。そのため、カゴメの品質基準を満たした作物の収量が増えれば増えるほど、契約農家も稼げるような仕組みを整えている。その結果、契約農家のやる気も出てくる。


古田新太

いつも役づくりはしないです。相手役と会話をすることで出来上がっていくキャラクターがあると思うし、そのための稽古だと思っているので。稽古のときに、毎日わざと演技を変えたりもするんですよ。それで最後の通し稽古のときに「あれがよかった」って言われたら、「じゃあ、それにしましょうか」って。


秋月雅史

経営者にとって重要なのは、いかに自社にとって重大・深刻・緊急なことに焦点を絞るか。


玉塚元一

企業は「人」で成り立っています。苦しい企業ではその中で働く人もくじけそうになっています。でも、私もそうですが「いまが成長のチャンスだ」とポジティブにとらえて欲しいと思います。