名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野雅至の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野雅至のプロフィール

中野雅至、なかの・まさし。日本の官僚(労働)。奈良県出身。同志社大学英文科卒業、ミシガン大学公共政策大学院修了、新潟大学大学院現代社会文化研究科博士号取得。大和郡山市職員を経て労働省(のちの厚生労働省)に入省。職業安定局高齢・障害者対策部企画課総括係長、厚生省生活衛生局指導課課長補佐、厚生労働省大臣官房国際課課長補佐、新潟県庁総合政策部情報政策課課長、兵庫県立大学助教授、神戸学院大学現代社会学部教授などを務めた。

中野雅至の名言 一覧

人生の目標が定まれば、日々自分がやるべきことが見えてくる。自分の目標に向かって主体的に毎日の仕事をするようになる。報われるサイクルに飛び乗る一つの有効な方法。


厳しい時代だからと、会社にしがみつくあまり、視線が内向きになってしまう人が増えている。社内力学や社内事情ばかりに囚われ、本当の商品価値を見失ってしまう。


右肩上がりの時代はキャリアアップの道は、いまより多かった。現場から入っても、叩き上げで経営層まで上昇するような事例もありました。しかし、グローバル化とIT化の進展で、人の選別は強まっている。単純労働ではずっと賃金も上がらず、キャリアアップは難しいのが現実。


とにかく目の前の仕事に120%の力を出し切ることが大切。その際自社での評価だけで満足するのではなく、自分の仕事が業界の中でどのレベルなのかを意識する。それには同業者のつながりを持ち、自分の客観的な仕事のレベルをつかんでおくことが大切。


学歴は、褒めても効き目がありません。狙いは「相手が密かに誇りに思っていること」。雑談の中にヒントが眠っていることが多いので、飲み会などで近くの席に座って、観察しましょう。


多くの人はゴマすりを「さすがですねえ!」といった抽象的な言葉で相手に擦り寄る、「媚び」や「おべっか」と混同していますが、そうではありません。「効くゴマすり」とは、相手が言われたがっているポイントを見抜き、的確に褒める行為。相手の長所を的確に表現した、「高度な褒めワザ」です。


重要なのは最初にドカンとかますこと。はじめに上手くかませれば、最終的に自分に残る陣地もより大きくなる。たとえば予算が500万円ほしいなら、「どうしても1000万円はかかります!」とかましたり、プロジェクトの人員が3人必要なら「どう見積もっても8人は必要です!」とかましてみましょう。そのほかにも期日、個数、クオリティなど、かませるものはなんでもかましましょう。もちろん、予算500万円に対して1億円とかは、完全にやり過ぎですけど。


サラリーマンをしていると、自分の希望通りにならないことのほうが多いもの。でもやりかた次第ではも相手を必ず「YES!」と言わせるこども可能です。それが、「陣地前取り作戦」です。大ざっぱにいえば、はじめに絶対無理な要求を相手に突きつけ、その後徐々にハードルを下げることで錯覚を起こさせ、最終的にYESと言わせる方法。私は元官僚なので、省庁間の利権争い=陣地の奪い合いは日常茶飯事でした。この方法は官僚流根回し術なのです。


もともとトラブル処理というのはマイナスからはじまります。もしその対応がうまくいかなかったからと言って、じつはたいしたマイナス評価にはなりません。ところがもしうまいこと解決したら、普段の業務のプラス評価なんかより、ずっとインパクトの大きいプラス評価になります。トラブル処理は、実はローリスクなのにハイリターンな仕事なのです。だったら失敗してもいいから、進んでどんどん手をあげましょう。すっかり「頼れる男」として刷り込まれたあなたは、社内の重要ポストに抜擢されることでしょう。


私は、元・厚生労働省の官僚ですが、官僚時代は仕事柄、毎日のように様々なトラブルが発生していました。重要な関係者からのクレーム電話、怖い政治家からの叱責の電話、一般市民からの苦情……。毎日電話は鳴りっぱなし。若手の新人なんかは、だんだんとビビって電話に出たがらなくなる。うっかり出てしまって、厄介なトラブルに巻き込まれるのは嫌だからです。しかし、私は「みんなが嫌がるトラブルこそ、出世への最大の根回しチャンス」と考え、どんどんトラブル電話に出ろと新人に指導してきました。トラブル電話に率先して出ると、みんなホッとする。失敗しても知らねーよ、とほくそ笑む反面、無意識には「あいつは、いざというとき頼りになる男だ」という認識が刷り込まれている。じつは、この「刷り込み」こそが、将来の出世への根回しにつながるのです。


中野雅至の経歴・略歴

中野雅至、なかの・まさし。日本の官僚(労働)。奈良県出身。同志社大学英文科卒業、ミシガン大学公共政策大学院修了、新潟大学大学院現代社会文化研究科博士号取得。大和郡山市職員を経て労働省(のちの厚生労働省)に入省。職業安定局高齢・障害者対策部企画課総括係長、厚生省生活衛生局指導課課長補佐、厚生労働省大臣官房国際課課長補佐、新潟県庁総合政策部情報政策課課長、兵庫県立大学助教授、神戸学院大学現代社会学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

伊藤隆行

私は全員に好かれようと思っていません。一緒に働くスタッフは仲間だとは思っているけれど、人間だから好き嫌いや相性がある。相手も私に対していろいろな感情を持っているでしょう。


長良淳司

障がいのある方々と接する中で感じたことは、障がいの有無と仕事の能力は関係がない、ということです。つまり、障がいがあるから、仕事の能力が低いというわけではなく、むしろ、能力の高い人も沢山いるということです。ただ、障がいがあるために、その高い能力や向上心などを活かし切れていない人がいることに気がつきました。その体験が、今の仕事に就くきっかけになりました。


山下智弘(経営者)

当社の成長の要因は、不動産業をしていないことが大きい。僕たちが不動産をやると、ほかの不動産会社から見るとライバルになるので、古い物件の情報が入らなくなります。不動産業をやらないことで、どの会社ともタッグを組めるのが強みです。


内永ゆか子

ビジネスをしていれば、「この商品の売上げが下がった」「あのお客様からクレームが来た」といった多種多様な事象が日々発生します。それらは互いに無関係に起こるわけではありません。背景に一つの大きな流れがあります。大きな流れが捉えられれば、新たな事象が発生したとき、それが流れの中でどういう意味を持つのかがすぐに理解でき、どう行動すべきか即断できます。また、一歩先の手を打つこともできます。


伊藤東涯

道を曲げずして、よく人心に従う。これ中庸の極みなり。


齋藤孝(教育学者)

テニスのコーチをやっていた時、サーブでもどう打つかという指導より、実際に打ってもらって、いま1メートルアウトしたよ、何十センチアウトだよと、結果の数字だけ伝えるようにしました。すると自然と修正が利いて、入るようになってくるんです。これって人間関係でも同じ。ある会話をしていて急に相手の機嫌が悪くなったと。何がいけなかったのか自分なりに反省して、次に修正してみる。この繰り返しで、次第にいいコミュニケーションができるようになる。


金児昭

成果を出しても周りが認めてくれなかった場合、これも一つの試練、結果として自分を育ててくれていると考えてはどうでしょうか。


眞形隆之

注目度が低く、覚えてもいないようなことを詳細に語ると、事実だと信じ込ませやすい。自信満々に詳しく語ると、それが嘘でも聞いている側は検証のしようがないため、「そんなに細部を覚えているなら、本当なんだろう」と信じてしまう。


芝本裕子

何をつくるかが決まってからは早かったですね。「製造、シートマスク、化粧品」などの単語を検索サイトで検索して、出てきた製造会社に片っ端から電話をして、即、翌日にアポを入れ、話をしに行きました。
【覚書き|メーカー経験ゼロの状況から半年で、化粧品の企画から製造、そして販売までこなした当時を振り返っての発言】


海老一宏

転職サイトで見つからない場合は、意中の会社の社長宛てに手書きの手紙を出します。カバーレターで応募の理由と、自分がその会社にどう貢献できるかを具体的に書きます。競争相手の多い求人募集と違って、募集をしていない会社に自分を売り込む場合は、一対一で競争相手がいません。圧倒的に有利です。企業はホームページ上の募集の有無にかかわらず常に人材を求めていますし、経営者は積極的で創意のある人を好みます。「社長の私に直接アピールする行動を起こせる人間なら一度会ってみよう」という気になることがしばしばあるのです。


橋本雅博

人口構成や社会の変化、価値観の変化をとらえ、それに合わせて商品を開発する。これはどんな商品開発でも同じだと思いますが、保険も例外ではない。


ロバート・キヨサキ

大統領選挙を控えた今年、政府はこの国の経済に関して「バラ色の将来」を描こうと、次々と怪しげな数字を出してくるだろう。騙されてはいけない。身の回りの現実をあなた自身の頭と目でしっかりと見ることだ。