名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野雅至の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野雅至のプロフィール

中野雅至、なかの・まさし。日本の官僚(労働)。奈良県出身。同志社大学英文科卒業、ミシガン大学公共政策大学院修了、新潟大学大学院現代社会文化研究科博士号取得。大和郡山市職員を経て労働省(のちの厚生労働省)に入省。職業安定局高齢・障害者対策部企画課総括係長、厚生省生活衛生局指導課課長補佐、厚生労働省大臣官房国際課課長補佐、新潟県庁総合政策部情報政策課課長、兵庫県立大学助教授、神戸学院大学現代社会学部教授などを務めた。

中野雅至の名言 一覧

人生の目標が定まれば、日々自分がやるべきことが見えてくる。自分の目標に向かって主体的に毎日の仕事をするようになる。報われるサイクルに飛び乗る一つの有効な方法。


厳しい時代だからと、会社にしがみつくあまり、視線が内向きになってしまう人が増えている。社内力学や社内事情ばかりに囚われ、本当の商品価値を見失ってしまう。


右肩上がりの時代はキャリアアップの道は、いまより多かった。現場から入っても、叩き上げで経営層まで上昇するような事例もありました。しかし、グローバル化とIT化の進展で、人の選別は強まっている。単純労働ではずっと賃金も上がらず、キャリアアップは難しいのが現実。


とにかく目の前の仕事に120%の力を出し切ることが大切。その際自社での評価だけで満足するのではなく、自分の仕事が業界の中でどのレベルなのかを意識する。それには同業者のつながりを持ち、自分の客観的な仕事のレベルをつかんでおくことが大切。


学歴は、褒めても効き目がありません。狙いは「相手が密かに誇りに思っていること」。雑談の中にヒントが眠っていることが多いので、飲み会などで近くの席に座って、観察しましょう。


多くの人はゴマすりを「さすがですねえ!」といった抽象的な言葉で相手に擦り寄る、「媚び」や「おべっか」と混同していますが、そうではありません。「効くゴマすり」とは、相手が言われたがっているポイントを見抜き、的確に褒める行為。相手の長所を的確に表現した、「高度な褒めワザ」です。


重要なのは最初にドカンとかますこと。はじめに上手くかませれば、最終的に自分に残る陣地もより大きくなる。たとえば予算が500万円ほしいなら、「どうしても1000万円はかかります!」とかましたり、プロジェクトの人員が3人必要なら「どう見積もっても8人は必要です!」とかましてみましょう。そのほかにも期日、個数、クオリティなど、かませるものはなんでもかましましょう。もちろん、予算500万円に対して1億円とかは、完全にやり過ぎですけど。


サラリーマンをしていると、自分の希望通りにならないことのほうが多いもの。でもやりかた次第ではも相手を必ず「YES!」と言わせるこども可能です。それが、「陣地前取り作戦」です。大ざっぱにいえば、はじめに絶対無理な要求を相手に突きつけ、その後徐々にハードルを下げることで錯覚を起こさせ、最終的にYESと言わせる方法。私は元官僚なので、省庁間の利権争い=陣地の奪い合いは日常茶飯事でした。この方法は官僚流根回し術なのです。


もともとトラブル処理というのはマイナスからはじまります。もしその対応がうまくいかなかったからと言って、じつはたいしたマイナス評価にはなりません。ところがもしうまいこと解決したら、普段の業務のプラス評価なんかより、ずっとインパクトの大きいプラス評価になります。トラブル処理は、実はローリスクなのにハイリターンな仕事なのです。だったら失敗してもいいから、進んでどんどん手をあげましょう。すっかり「頼れる男」として刷り込まれたあなたは、社内の重要ポストに抜擢されることでしょう。


私は、元・厚生労働省の官僚ですが、官僚時代は仕事柄、毎日のように様々なトラブルが発生していました。重要な関係者からのクレーム電話、怖い政治家からの叱責の電話、一般市民からの苦情……。毎日電話は鳴りっぱなし。若手の新人なんかは、だんだんとビビって電話に出たがらなくなる。うっかり出てしまって、厄介なトラブルに巻き込まれるのは嫌だからです。しかし、私は「みんなが嫌がるトラブルこそ、出世への最大の根回しチャンス」と考え、どんどんトラブル電話に出ろと新人に指導してきました。トラブル電話に率先して出ると、みんなホッとする。失敗しても知らねーよ、とほくそ笑む反面、無意識には「あいつは、いざというとき頼りになる男だ」という認識が刷り込まれている。じつは、この「刷り込み」こそが、将来の出世への根回しにつながるのです。


中野雅至の経歴・略歴

中野雅至、なかの・まさし。日本の官僚(労働)。奈良県出身。同志社大学英文科卒業、ミシガン大学公共政策大学院修了、新潟大学大学院現代社会文化研究科博士号取得。大和郡山市職員を経て労働省(のちの厚生労働省)に入省。職業安定局高齢・障害者対策部企画課総括係長、厚生省生活衛生局指導課課長補佐、厚生労働省大臣官房国際課課長補佐、新潟県庁総合政策部情報政策課課長、兵庫県立大学助教授、神戸学院大学現代社会学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

山本昌(山本昌広)

今のメインは、野球解説者とスポーツコメンテーターです。小学3年生から野球を始め、50歳までプロ生活を続けてきました。一昨年から初めて野球以外の世界に出ましたが、まだまだ分からないことだらけです。でも、プロ野球選手であっても、引退後に野球の仕事に携われる人はほんの一握り。そんななかで、今も野球の近くにいられることは本当に幸せです。


桜井弘(櫻井弘)

立て板に水のごとく流暢に話せても、コミュニケーション上手とはかぎりません。話し方の基本を身につけている人は「かいわの法則」を心がけます。「か」は簡潔に、「い」は印象深く、「わ」は分かりやすく。とくに結論は先に言いましょう。


荘司雅彦

私が計画を立てる一番の目的は、「今日は頑張った」と満足感を得て寝るためです。そのためには、計画を達成できるようにその都度調整することが欠かせません。


坂本孝

双六に例えれば、振り出しに戻ったつもりで、事業家としてやり残したことはないかと考えた。そして行き着いたのが、才能を持った人たちの独立の道を切り開くということだった。それが飲食業です。日本では、努力をしたミシュラン星付きシェフですら恵まれていません。同じ40歳でも、年収は銀行の支店長の半分ほど。彼らを幸せにしてみせようと決意した。
【覚え書き|ブックオフの経営から退いたときを振り返っての発言】


早坂泰次郎

良心的エゴイズムとは、いうなれば「”他者に関心を向けようとしている自分”だけにしか意識や関心を向けていない」ありようだといえよう。そうした良心的エゴイストにとって他者との人間関係とは、自分はこうあるべきだという信念や態度の確かさを確かめ、自己評価するための大事な手段としてだけ大切なのである。


白井一幸

私は、指導者にとって「道中」の評価は関係ないと考えています。道中とは、すなわち「今」のことです。たとえば、全力で走っていない選手に対し、あるコーチが「白井はああ言うけれど、しんどい日や気持ちの乗らない時もあるよな。だから、『はい、はい』と返事しておけばいいよ。俺はお前のことをちゃんとわかっているから」と言ったら、道中ではいいコーチかもしれません。ところが、その選手の成績がふるわずに解雇されたらどうでしょう。全力で走っていないのにかばってくれたコーチがいいコーチだと考える人などいないはずです。


木戸一敏

相手の言うことを否定してしまうと、こっちにも否定が返ってきます。「それはいいですね」と肯定すると、受け入れてもらいやすいんです。会話が弾めば、お客さんは自分から不満に思っていることや求めていることを話してくれるようになります。あとは相手が欲しがっているものを売り込むだけで、「売れない」という問題は解決していきます。


戸塚隆将

会議には、出席者に何らかの貢献が求められる。発言することが会議への貢献になる。


大西洋

すべてのビジネスの種が発芽するわけではありません。だから、世の中の隅々にまで目を向け、できるだけたくさんのビジネスの種を集めてくることが大切なのです。


ラモス瑠偉

日本代表に選ばれていながら、日の丸を背負って戦うっていう重大さをわかってない選手も少なくない。だから怒るんだ。98年のワールドカップ・フランス大会のとき、NHKにゲスト解説者として呼ばれたんだけど、あまりにも不甲斐ない戦いを見ているうち、カッカしてきてね。試合終了後、選手たちに向かって「なにニヤニヤしてんだよ! ワールドカップは戦争だよ!」って怒りをぶちまけたら苦情が殺到した。でも、日本のチームに強くなってもらいたいから言っているだけなのに、それがなぜ悪いの?


伊藤明(伊東屋)

私はノートをよく取るほうで、社内の会議でも発言者の話を聞きながらずっと何かメモしています。書き方には私なりの流儀があります。ノートを見開きにして、右ページはほかの人が話した内容の要点を記録し、左ページには話を聞きながら自分が気になることや思いついたことを書きつけていくのです。ただし、一度書いたノートを後で見返すことはまずありません。書く目的が、話を頭に叩き込むことにあるからです。実際、書けばその内容を記憶してしまうので、メモをもう一度見る必要はないのです。


武田豊

一期一会の精神をわかりやすくいえば、今という瞬間に全力投球して生きなさいということです。自分の一生というものが、たとえば70年生きようが、あるいは80年生きようが、一瞬一瞬をどう生きるかが大切なのだということです。