名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野重治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野重治のプロフィール

中野重治、なかの・しげはる。日本の小説家、詩人、評論家、政治家。福井県出身。東京帝国大学文学部独文科卒業。高校時代から短歌・詩・小説を発表。日本共産党に入党し参議院議員を務めたが、政治理論の対立で日本共産党から除名された。数多くの作品を発表した。

中野重治の名言 一覧

未練が老醜のはじまりでないだろうか。


中野重治の経歴・略歴

中野重治、なかの・しげはる。日本の小説家、詩人、評論家、政治家。福井県出身。東京帝国大学文学部独文科卒業。高校時代から短歌・詩・小説を発表。日本共産党に入党し参議院議員を務めたが、政治理論の対立で日本共産党から除名された。数多くの作品を発表した。

他の記事も読んでみる

後藤卓也(花王)

ノウハウや理論でヒット商品が生まれるのなら、誰も苦労はしません。


佐田展隆

当社がどこよりも費用対効果の高いオーダースーツを提供できている理由は、工場直販なので中間マージンを合理化できるから。生地の企画機能も自社で持っています。生地企画・縫製・小売りと、サプライチェーンの大きな部分を自社で持っているのが、価格競争力の源泉です。スケールメリットを生かし、ボリュームディスカウントを効かせることができています。


上田準二

課長というのは、上からの要求に応え、部下のフォローをし、自分でも成果を出さねばならない。労力に比して地味な役回りです。でも、どんな仕事も仕事を誰かがしっかりやってこそ、全体がうまく回るのです。だから損な役回りだとか考えず、目の前の仕事に集中していました。


粟田貴也

同じ商圏には競合する外食店も無数にあり、何もしなければ、お客さまを失うことにもなりかねない。


ケインズ

今日の独裁主義的な国家組織は、効率と自由を犠牲にして失業問題を解決しようとしているようにみえる。しかし、効率と自由を保持しながら病弊を治療することは、問題の正しい分析によって可能となるであろう。


林修

僕は仕事が調子よくいっている時には萎縮なんてせず、押していく。特に意識しているのが、初めての仕事を振られた時です。「今でしょ」のフレーズが話題になって、TV番組に講演、執筆と予備校講師以外の仕事依頼がたくさん入るようになりました。あえて挑戦して、危ない橋を渡る必要も、新しい仕事という重荷を背負う必要もありません。それでも僕は依頼がきたら即受けました。躊躇なんてしません。なぜかって? できると思って依頼された以上、できますよ(笑)。謙遜して「できるかな」とか、やる前から「ムリですよ」なんて言う人は今すぐ改めるべきです。だって、これは絶対に逃してはならない、「やりなさい」というタイミングだからです。


村田昭治

経営努力は人の人格を成長させ、人格の磨かれた人物が社格をつくっていくことにもなる。


堀紘一(コンサルタント)

約束の時間には絶対に遅れないこと。一回でも遅刻すれば、時間すら守れない人間に、責任のある仕事などできるはずがないと判断されるということを肝に銘じておくべきです。


厚切りジェイソン

変わりたいと思っている人に、一つアドバイス。それは、基盤をしっかりと持つこと。ボクは、お笑い芸人をやりながら会社役員もやっている。でも、会社に所属していることが基盤ではないんだ。ボクの基盤は、これまで積み重ねてきた能力と自信。いざとなれば、どんな会社にも転職できるし、自分で会社を興すこともできる。だから、やりたいことをやっているんだ。


野坂英吾

私は大学を卒業し、社会人経験をすることなく起業しました。それが原因かは分かりませんが、何事も自分が改善できるとしたら何が出来るかなというフィルターに自動的にかける習慣があります。すると、1回目は失敗しても、次はこうしてみようかなと考えられるようになりました。会社では日々どこかで問題が生じています。どこの組織でも同じことでしょう。そんなとき、面倒だなと思うのではなく、その問題を自分事化し、自分だったらどうプラスに変えられるだろうかと考えてみて下さい。一人では小さな力でも全員がそう考えるようになったら大きな影響力を持ちます。


澤田道隆

最も必要になってくる人材は、ライフスタイルをデザインする「コーディネーター」だと思っています。これまで、人が生活するうえで、起きてから寝るまでのいろいろな場面の製品を提案してきました。これからは商品ひとつひとつではなく、ブランドや製品を超えて、トータルでのライフスタイルを提案したい。


村石久二

何と言っても、男女区別なく、若手にもどんどん仕事を任せる風土が自然に人を育てているのだと思います。人事部を中心に社員一人ひとりと面談し、把握することで、個々の能力や持ち味を最大限に発揮できるような配置に努め、グループ間の人事異動なども積極的に進めています。