名言DB

9413 人 / 110706 名言

中野重治の名言

twitter Facebook はてブ

中野重治のプロフィール

中野重治、なかの・しげはる。日本の小説家、詩人、評論家、政治家。福井県出身。東京帝国大学文学部独文科卒業。高校時代から短歌・詩・小説を発表。日本共産党に入党し参議院議員を務めたが、政治理論の対立で日本共産党から除名された。数多くの作品を発表した。

中野重治の名言 一覧

未練が老醜のはじまりでないだろうか。


中野重治の経歴・略歴

中野重治、なかの・しげはる。日本の小説家、詩人、評論家、政治家。福井県出身。東京帝国大学文学部独文科卒業。高校時代から短歌・詩・小説を発表。日本共産党に入党し参議院議員を務めたが、政治理論の対立で日本共産党から除名された。数多くの作品を発表した。

他の記事も読んでみる

清田瞭

理屈の通らない相場はいずれ崩壊します。需給でつくらてた相場はファンダメンタルズには勝てません。


瀬戸薫

社員が提案してきたアイデアに対して、頭からダメと言うことは、まずありませんね。また、社員が創意工夫して実行したことが仮に失敗に終わったとしても、それを咎めることもしません。自由にやっていいと言われて自由にやったら怒られた、というのでは、次回から萎縮してしまい、新しいことに挑戦しようという人がいなくなってしまいますからね。


江上治

強みとは、つまり、他人より優れていることではなく、他人との「違い性」。決して人には威張れないような、ちょっと社会人としては恥ずかしいような「違い性」であっても、他人というのはそこに強い関心を寄せるもの。


小笹芳央

新規事業のライフサイクルは短い。だから、企画力や創造性をもって、次々に新しいことに取り組んでいかなければならない。


心屋仁之助

私はゴルフでショットを打つときにまっすぐ飛ばしたいときも右に曲げてしまう癖があります。というより、自分でそう思い込んでいます。そして実際に右に曲げてしまうたびに「ほら、また曲がった」と感じます。もちろん、ときにはまっすぐ打てることもあります。しかし、そんなときはなぜか「いやあ、たまたまだよ」と言ってしまいます。自信のある人はその逆です。しょっちゅう右に曲げていても、そちらを「たまたま」だと言い、上手くまっすぐ飛べば「また上手くできた」と喜ぶものなのです。つまり問題は基準をどこに置くかにあるのです。


木暮太一

日々、自分自身で経済ニュースを分析してみてほしい。そうした習慣がある人とない人では、数年後にとんでもない差がつくでしょう。その理由は、「世の中の風の流れを読む」ことが、今後ますます、仕事の成果を大きく左右するようになるから。


川原礫

デビュー前、『月の揺りかご』というWeb小説をホームページで連載していたんです。約10年間も中断していましたが、アリシゼーション編がひと区切りついたため、続きを書くことにしました。興味の対象も、当時から変化しています。僕はドライな書き手で、登場人物に対してもゲームキャラクターを見るような感覚でした。でも、今では生々しい人間ととらえていますし、心情を掘り下げる描写も増えました。人付き合いが増え、読者の方々と接する機会が多くなり、改めて「人間って面白い」と気づいたのかもしれません。


ジョー・ジラード

セールスに秘密や魔法など存在しない。セールスで成功するためのプロセスとは、際限なく頭を働かせることだ。最終章はない。そのプロセスを何度も何度も新しく始めるだけだ。


大山健太郎

社長の話は黙って聞け、という一方的な姿勢で話しても、社員には伝わらない。私が社員に伝えたいことで、かつ社員が知りたいことは何かを意識しながら、テーマを選ぶことが大切。主役は常に、聞き手である社員。


夏原平和

「平和堂があって幸せだな」とお客様に思ってもらえる会社にならなければならない。


下川浩二

高収入の人は多くの仕事をこなさなければなりません。そのなかで細かいことまで含めたら、1日のうちやるべきことが100件などというのはザラです。そのすべてを記憶しておくのは土台無理です。かといって電話一本かけ忘れただけでお客さんの信用を失うのがビジネスの世界ですから、多くの仕事を抱える人ほど、TODOリストを利用しないわけにはいかないのです。


新浪剛史

「やってみなはれ」については、全世界のグループ社員にもすぐに理解してもらえます。競争に勝つには差別化やイノベーションが必要なのはみな分かっている。これをひと言で表したのが、「やってみなはれ」ですから。


中西宏明

事業のトップが誰かというのは非常に重要。鉄道事業は外国人をグローバルCEOにしたことで、過去にとらわれず、いろいろなことにスピード感を持ってチャレンジしています。その効果は経営の数字にも反映され始めている。


石原和幸

まずは現場に行き、誰もやっていない「穴」を見つける。穴が見つかれば愚直に取り組めばいい。


ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)

当社にAIラボというプログラムを設け、世界中のAI研究者を支援することを決めました。米国のスタンフォード大学や英国のオックスフォード大学、東京大学など世界中の大学を今では支援しています。ベンチャー企業もそうです。世界で2000社をサポートしています。我々のテクノロジーをベンチャーに提供し、アイデアを共有し、AI関連企業が一日でも早く成長する支援をしています。結果的にそれが市場を早く広げることになるでしょう。