名言DB

9412 人 / 110637 名言

中野重治の名言

twitter Facebook はてブ

中野重治のプロフィール

中野重治、なかの・しげはる。日本の小説家、詩人、評論家、政治家。福井県出身。東京帝国大学文学部独文科卒業。高校時代から短歌・詩・小説を発表。日本共産党に入党し参議院議員を務めたが、政治理論の対立で日本共産党から除名された。数多くの作品を発表した。

中野重治の名言 一覧

未練が老醜のはじまりでないだろうか。


中野重治の経歴・略歴

中野重治、なかの・しげはる。日本の小説家、詩人、評論家、政治家。福井県出身。東京帝国大学文学部独文科卒業。高校時代から短歌・詩・小説を発表。日本共産党に入党し参議院議員を務めたが、政治理論の対立で日本共産党から除名された。数多くの作品を発表した。

他の記事も読んでみる

田中仁(経営者)

100人中、100人が賛成するようなアイデアは危険。


岡本太郎

僕はかつて、出る釘になれと発言したことがある。誰でもが、あえて出る釘になる決意をしなければ、時代は開かれない。僕自身はそれを貫いて生きてきた。確かにつらい。が、その痛みこそが生きがいなのだ。この現代社会、システムに押さえ込まれてしまった状況の中で、生きる人間の誇りを取り戻すには、打ち砕かれることを恐れず、ひたすら自分を純粋に突きだすほかはないのである。


宇佐美進典

常に我々自身が今に満足せず、新しいことに挑戦し続けていく。それが個人、事業、ひいては会社の成長にも繋がっていく。


森正文(経営者)

大企業の経営者にはもっと自信を持ってもらいたい。収益の拡大をコミットし、賃上げを決断すべきだ。これができないような経営者は去るべきじゃないか。


山上徹

おもてなしの心に基づく営業は、これまでホスピタリティがあまり重要視されてこなかった業界でも効果を上げている。あるガス会社では、家庭用LPガスを設置する男性スタッフにマナー教育を実施。結果、家庭の台所で応対する主婦層に「礼儀正しい」と好感をもって迎えられるようになり、ガス器具など付随する商品の販売額を大幅に伸ばした。同様のマナー教育は大手宅配事業者でも行われており、ドライバーの応対の好感度が、ライバル企業に差をつけるポイントになっている。


坪田一男

運動するとBDNF(脳由来神経栄養因子)が出る。脳の成長因子が出てくるわけです。さらに運動によるいろいろなメカニズムがいわれています。活性酸素が減る、ミトコンドリアの機能があがるなど。脳と心臓はミトコンドリアでエネルギーをつくっているから効果大です。僕は1日5キロメートル、30分ぐらい走るとご機嫌になります。人によってご機嫌になる量に違いがあるので、全然運動しない人ならば、とりあえず歩くとから始めるといいでしょう。


ハワード・シュルツ

あなたのやりたいことがはっきりしたら、同じことをやった経験のある人物を見つけることだ。


佐久間昇二(佐久間曻二)

よく聞き上手と言いますが、(松下)幸之助さんは言わせ上手。こちらが何でも言いたくなる雰囲気を作ってしまう。


香山リカ(精神科医)

努力して獲得できるものは、人生をそれほど画期的には変えないと思う。せいぜい資格の免状一枚分を履歴書に書けるとか、その程度。そう考えると、払った努力のコストパフォーマンスはとても悪い。だったらもっとのんびり楽しくやってもいいんじゃないかと思ってしまう。


和田勇(積水ハウス)

本音のコミュニケーションにはノウハウはありません。あえてひとつアドバイスするなら、自分から弱みを見せることでしょう。上司の立場なら、格好付けずに自分の失敗談を語る。そうやって弱みをさらしてこそ相手も心を開いてくれるのです。


アレックス・カー

書店のビジネス本コーナーに出向くと、ハーバード大やスタンフォード大といった、米国の有名大学の名を冠したノウハウ本がずらりと並んでいます。特に、「話し方」や「交渉術」に関するものの人気が高いようで、米国流のコミュニケーションに憧れるビジネスパーソンの思いがひしひしと伝わってきます。しかし、米国人である私から見るとちょっぴり不思議。確かに、ハーバード流のディベート術は論理的に意見を述べる手段としては有効ですが、ビジネスをするうえで最も大切な、人間関係を深めるコミュニケーションに有効だとは思えないからです。


桑原豊(経営者)

自分の言ったことと、行動にズレがあってはいけない。


早河洋

これまで、テレビの世界はモノクロからカラーへ、フィルムからVTRへ、あるいはENG(電子的ニュース取材)、SNG(人工衛星を使った放送番組素材収集システム)の導入、デジタル化など、技術革新を克服してきました。ところが、インターネットというものは社会構造のようなものなので、克服できるようなものではない。住んでいる世界が変わっていく、というように捉えなければいけない。それにともなって、経営も、企業も、コンテンツもすべて変わっていく。自分たちだけで解決できるものではないので、パートナーをどう探して提携していくかが重要になっています。そのことをずっと考えていたので、藤田(晋)社長から提案があったことはすごくありがたいことで、ほぼ打ち合わせもないまま決裁してしまいました(笑)。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

大学生のころ、自分の将来のことを考えました。「自分の能力を最大限に引き出して、人の役に立つ」、そんな生き方をしたいと思いました。それを実現する手段として行き着いたのが、「経営者」です。国家公務員になるという選択もあったのですが、当時、官僚が日本を引っ張る時代は終わりつつある、これからは経営者の時代が来ると感じていました。自分の性格を考えると、組織を引っ張るのは向いているようにも思えました。


野口悠紀雄

私にも、書類や情報を分類しようと試みた時期があります。しかし、すべて失敗した。いわば整理の劣等生だったからこそ、「分類しようとするのが、そもそもの間違いである」という本質に気づくことができた。