名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野貴志(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野貴志(経営者)のプロフィール

中野貴志、なかの・たかし。日本の経営者。「アイディーエス」社長。専門学校卒業後、アイネスに入社。アメリカ勤務を経てアイディーエスに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

中野貴志(経営者)の名言 一覧

当社は下請を一切しない方針で、15年かけて顧客リストを作ってきました。それは一度下請に入ると、そこからの脱却が難しいからです。


仕様変更はお客様のニーズです。我々がその業務にもっと精通していれば、早い段階でそれに気づき、こちらから提案できたかもしれない。それがプロとしての自負です。


仕様変更を断ることはまずできない。どうせやらなければいけないのなら、快く応じたほうがいい。


サービス力をつけるには、社員のマインドを変え、お客様のためになにができるかを考え続ける。その継続です。


サービス力は一朝一夕にできるものではありません。大変ですが、見方を変えれば他社が真似ようとしてもそう簡単にはできないということです。


サービス力の基本はコミュニケーション力。それにはまず挨拶。


時には、法的もしくは人としてのグレーゾーンに「踏み込むかどうか」という判断を迫られるケースもあると思いますが、クレドには「親に話せないようなことは、絶対にしません」という項目を設けています。これを判断基準にすれば、迷いは断ち切れますよね。


当社で提供するシステム・ソリューションは、大きく分けて「売上アップに貢献するもの」と「コストダウンに役立てるもの」に分類できますが、いずれにしても、システムによってクライアントの事業成長を支援するのが使命です。


クレドには、先代社長から教わったことを中心に、「年をとっても勉強はし続けよう」や「人のいいところは積極的に真似しよう」といった倫理的な指標を記載しています。社員に求めるのは、つまるところ倫理的な人間像なのです。このクレドは普段、全員に持ち歩いてもらっていますし、必要に応じて読み合わせも行っています。


大変だった時期をくぐり抜けることができたのは、昔からの知己の支えが大きいです。すでに社長職にあった友人や先輩、また社内のメンバーなど、たくさんの人からメンタル面での支援を受けました。それがなかったら難しかったでしょうね。色々な人に話を聞くことができ、本当に助けられました。人に恵まれたことに心から感謝をしています。


創業者の急逝を受けて社長に就任しました。当時のメンバーである20数名の社員を引き受けること、同時に事業展開を進めることを課され、会社の仕組みを知るところから始めました。自社の人事制度なども詳しく知らないような中で、会社の方向性、将来像、資金調達のアプローチなど、従業員とシェアして行かねばなりませんでしたから、最初の一年間は死に物狂いで経営の勉強をしました。


技術力勝負、値段勝負から脱却し、サービス力によって差別化を図る。技術はあって当たり前。しかもどんな技術でもインターネット上で無料で参照できるため、これで差別化はむずかしい。値段で勝負しようにも、海外のIT企業にはかなわない。だとしたら、差別化の手段はサービスしかない。


中野貴志(経営者)の経歴・略歴

中野貴志、なかの・たかし。日本の経営者。「アイディーエス」社長。専門学校卒業後、アイネスに入社。アメリカ勤務を経てアイディーエスに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

宇都宮恒久

乗務員には、売上のノルマを課していない。それでも2013年9月期の売上高は15億1200万円で、長野県のタクシー会社ではダントツのトップだ。また、地方タクシーは赤字経営が珍しくないが、当社は黒字経営を続けている。お客さまに尽くせば、結果がついてくることを実証できていると思う。


泉谷直木

危機感がなければ、いつでも会社は潰れます。そのためにも、現場に行き、謙虚に事実と向き合うことが非常に重要。


澤穂希

アシストがあればこそ。宮間(あや)のボールはいつもいいボールで合わせるだけでいい。このゴールは宮間のゴールといってもいいものだと思います。


柳井正

お客様はシビアです。商品と自分のお金を交換するわけだから、お金にふさわしい価値があるかないかを瞬時に見ぬきます。ですから、絶対に騙すことはできません。もし、お客様を騙そうとすれば必ず大きなしっぺ返しに遭います。


牧野兼史

(地方都市にオフィスを構えているのは)優秀なエンジニアを確保しやすいから。弊社の考え方と同様に大阪や島根で仕事がしたいと思うエンジニアやデザイナーは少なくない。地元出身であったり、もともとは東京の企業や大学にいたが、Uターンして地方で働くことを決めた人材が弊社の求人に応募してくる。また、梅田のランドマークとなっているグランフロント大阪に本社を構えているのでオフィス環境に魅力を感じて応募してくる人材も多い。


浦沢直樹

大きな嘘をついて、細かいところはものすごく現実を突き詰める。それが僕ら(漫画家)のあるべき姿のような気がする。


村上憲郎

自分はこれまで大した経験をしてこなかったと思い込んでいる人でも、改めて自分の人生を見直せば、おそらく自信のコアに値するようなことは経験しているはず。会社のしくみや財務の知識なども、まとまった勉強をしたことがないだけで、長くサラリーマンをやっていれば実は断片的には見聞きしているはずなのです。自信がない人は経験がないのではなくて、今まで自分の経験を整理したことがないだけ、ということもままあります。そういう人は、これまで自分がやってきたことを省みるだけでも顔つきは変わってくると思います。


中野貴利人

クラウドソーシングでは、「なんでもできます!」とアピールするほうが受注できそうですが、ライバルが多い中では埋もれてしまいます。選ばれるためには自分のキャリアや得意なことから専門分野を決めることが先決。たとえば、文章ライティング系なら「医療系企業で15年の勤務実績あり」「FP2級資格保持、投資経験あり」などと特技や経歴、興味分野はどんどん活かしましょう。希少な専門性ほど収入は高まります。また、専門分野を明確にすると、検索にも引っかかりやすく、ひとつの分野を掘り下げられるのでスキルアップの近道にもなります。


村瀬逸三

会社というのは思うようにはなかなかいかない。それは人間は知れば知るほど違うことがわかるからだ。


ジャン=ジャック・ルソー

原初の状態にある人間ほど穏和なものはない。彼らは、動物的な愚かさからも文明人の忌むべき光からも遠いところにいる。


伊藤隆行

バカな自分をさらせば相手も素直に接してくれるようになります。以前、当時の社長のところに行って、「社長、悩み聞いてあげましょうか?」と言ったこともあります(笑)。最初は、「この野郎、何言ってんだ」と言われましたが、最後には「いや、周りがなかなか言うこと間いてくれないんだよ」なんてホンネがこぼれたり(笑)。


藤井孝一

いきなり独立して収入源がなくなれば、目先のお金を稼ぐことに追われ、本当にやりたいことができなくなる。副業なら、低リスクでトライ&エラーを重ね、自分のやりたいこと、できることを形にできる。