名言DB

9490 人 / 112001 名言

中野貴志(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野貴志(経営者)のプロフィール

中野貴志、なかの・たかし。日本の経営者。「アイディーエス」社長。専門学校卒業後、アイネスに入社。アメリカ勤務を経てアイディーエスに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

中野貴志(経営者)の名言 一覧

当社は下請を一切しない方針で、15年かけて顧客リストを作ってきました。それは一度下請に入ると、そこからの脱却が難しいからです。


仕様変更はお客様のニーズです。我々がその業務にもっと精通していれば、早い段階でそれに気づき、こちらから提案できたかもしれない。それがプロとしての自負です。


仕様変更を断ることはまずできない。どうせやらなければいけないのなら、快く応じたほうがいい。


サービス力をつけるには、社員のマインドを変え、お客様のためになにができるかを考え続ける。その継続です。


サービス力は一朝一夕にできるものではありません。大変ですが、見方を変えれば他社が真似ようとしてもそう簡単にはできないということです。


サービス力の基本はコミュニケーション力。それにはまず挨拶。


時には、法的もしくは人としてのグレーゾーンに「踏み込むかどうか」という判断を迫られるケースもあると思いますが、クレドには「親に話せないようなことは、絶対にしません」という項目を設けています。これを判断基準にすれば、迷いは断ち切れますよね。


当社で提供するシステム・ソリューションは、大きく分けて「売上アップに貢献するもの」と「コストダウンに役立てるもの」に分類できますが、いずれにしても、システムによってクライアントの事業成長を支援するのが使命です。


クレドには、先代社長から教わったことを中心に、「年をとっても勉強はし続けよう」や「人のいいところは積極的に真似しよう」といった倫理的な指標を記載しています。社員に求めるのは、つまるところ倫理的な人間像なのです。このクレドは普段、全員に持ち歩いてもらっていますし、必要に応じて読み合わせも行っています。


大変だった時期をくぐり抜けることができたのは、昔からの知己の支えが大きいです。すでに社長職にあった友人や先輩、また社内のメンバーなど、たくさんの人からメンタル面での支援を受けました。それがなかったら難しかったでしょうね。色々な人に話を聞くことができ、本当に助けられました。人に恵まれたことに心から感謝をしています。


創業者の急逝を受けて社長に就任しました。当時のメンバーである20数名の社員を引き受けること、同時に事業展開を進めることを課され、会社の仕組みを知るところから始めました。自社の人事制度なども詳しく知らないような中で、会社の方向性、将来像、資金調達のアプローチなど、従業員とシェアして行かねばなりませんでしたから、最初の一年間は死に物狂いで経営の勉強をしました。


技術力勝負、値段勝負から脱却し、サービス力によって差別化を図る。技術はあって当たり前。しかもどんな技術でもインターネット上で無料で参照できるため、これで差別化はむずかしい。値段で勝負しようにも、海外のIT企業にはかなわない。だとしたら、差別化の手段はサービスしかない。


中野貴志(経営者)の経歴・略歴

中野貴志、なかの・たかし。日本の経営者。「アイディーエス」社長。専門学校卒業後、アイネスに入社。アメリカ勤務を経てアイディーエスに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

中川政七・13代目(中川淳)

言いたいことがたくさんあっても、それをそのまま伝えても伝わらない。特にこれだけ情報があふれ、消費者がシビアになっている現在ではなおさら。


後藤清一(三洋電機)

私は毎朝目を覚ますと、「今日もええことがあるぞ、ええ一日になるぞ」と自分に語りかけて寝床を蹴って起きることにしている。そうすると、心に勢いと張りが出てきて、一日一日を生き生きと生きることができる。


村上憲郎

パーティなどでいきなり英語で何か話せといわれたって、話せるわけがありません。そこで、事前に自分の仕事、趣味、家族、出身地などの話題を100個ぐらい考える。そしてそれらを、「英借文」で英語にしておくんです。英会話のテキストなどから例文を借りて、固有名詞や数字を入れ替える。その方が速いし、正確です。こうしてつくった「自分に関する100の話題」を丸暗記しておけば、外国人との飲み会で2時間はもちます。


菊入みゆき

ゴールまでが長い仕事なら、日々、やった作業を記録して達成感を得ることで、やる気を維持できます。


本庄八郎

私は営業には「商品を売るな」と言っています。その代わり、「自分を売り込みなさい」と。これが営業マンの原理原則です。自分を売り込み、次に誠実さを売り込む。誠実さとは、約束を守ること、時間を守るといったことです。これはグループ会社の社員にもしっかり伝えています。


西多昌規

睡眠で大切なのは長さよりも質。睡眠時間は7~8時間が理想と唱える説もありますが、長さは個人差がある。5時間でも十分という人がいれば、10時間は寝たい人もいてまちまちです。逆に、長く寝たのにぼーっとして気だるい、日中あくびが絶えないといったことがあれば、眠りが浅い証拠。睡眠の質を高める必要があるでしょう。


フィリップ・コトラー

企業には、有能な社員の才能を引き出す責任がある。


中野健二郎

伸びる企業は、ほとんどワンマン企業です。ただし、私が言うのは、「健全なワンマン企業」でなくてはいけない。健全なワンマンかどうかは、社長自身では気づきませんから、他の人から厳しく見てもらわないといけない。他人からいろいろと厳しく言われ続けた人が社長になったとき、優れた経営ができるというのは、理に適っています。経営者は、やはり多くの批判にさらされてこそ、自分を客観的に見ることができるのです。


田中マルクス闘莉王

ゴールすべき時に決められるかどうかで結果が大きく変わるのと同じように、チーム作りの分岐点で、どんな選択をするかで、チームの行く末は全く違ったものになります。自分を口うるさい、生意気なヤツと煙たがっている人もいると思います。でも、誰かが間違った選択をし、チームが悪い循環に入ることに、目をつむることのできない性格なんです。


荒木直也

いまは情報が氾濫している時代です。望まなくても情報は飛び込んできますし、知りたい情報もインターネットですぐに手に入ります。私はこういった類の情報を「知識情報」と呼んでいます。これに対して、自分が歩いて、見て、聞いて、感じたことは「皮膚情報」と区別しています。私どもは小売業ですから、売り場で感じた雰囲気などは極めて重要な情報になります。


戴正呉

シャープは現在、「Be Original.」というサブブランドを掲げています。これには2つの意味があります。一つは、創業者である早川徳次さんの起業精神を取り戻そうという意味。もう一つは、業界初、世界初の商品を生み出したかつての栄光こそがシャープのオリジナルであるという意味です。


井上高志

話すときは熱量も大事です。淡々とした業務報告の中でも、ここは本当に守ってほしい、絶対にコミットしてほしいという部分では、話し方に熱を込めます。