中野貴志(経営者)の名言

中野貴志(経営者)のプロフィール

中野貴志、なかの・たかし。日本の経営者。「アイディーエス」社長。専門学校卒業後、アイネスに入社。アメリカ勤務を経てアイディーエスに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

中野貴志(経営者)の名言 一覧

当社は下請を一切しない方針で、15年かけて顧客リストを作ってきました。それは一度下請に入ると、そこからの脱却が難しいからです。


仕様変更はお客様のニーズです。我々がその業務にもっと精通していれば、早い段階でそれに気づき、こちらから提案できたかもしれない。それがプロとしての自負です。


仕様変更を断ることはまずできない。どうせやらなければいけないのなら、快く応じたほうがいい。


サービス力をつけるには、社員のマインドを変え、お客様のためになにができるかを考え続ける。その継続です。


サービス力は一朝一夕にできるものではありません。大変ですが、見方を変えれば他社が真似ようとしてもそう簡単にはできないということです。


サービス力の基本はコミュニケーション力。それにはまず挨拶。


時には、法的もしくは人としてのグレーゾーンに「踏み込むかどうか」という判断を迫られるケースもあると思いますが、クレドには「親に話せないようなことは、絶対にしません」という項目を設けています。これを判断基準にすれば、迷いは断ち切れますよね。


当社で提供するシステム・ソリューションは、大きく分けて「売上アップに貢献するもの」と「コストダウンに役立てるもの」に分類できますが、いずれにしても、システムによってクライアントの事業成長を支援するのが使命です。


クレドには、先代社長から教わったことを中心に、「年をとっても勉強はし続けよう」や「人のいいところは積極的に真似しよう」といった倫理的な指標を記載しています。社員に求めるのは、つまるところ倫理的な人間像なのです。このクレドは普段、全員に持ち歩いてもらっていますし、必要に応じて読み合わせも行っています。


大変だった時期をくぐり抜けることができたのは、昔からの知己の支えが大きいです。すでに社長職にあった友人や先輩、また社内のメンバーなど、たくさんの人からメンタル面での支援を受けました。それがなかったら難しかったでしょうね。色々な人に話を聞くことができ、本当に助けられました。人に恵まれたことに心から感謝をしています。


創業者の急逝を受けて社長に就任しました。当時のメンバーである20数名の社員を引き受けること、同時に事業展開を進めることを課され、会社の仕組みを知るところから始めました。自社の人事制度なども詳しく知らないような中で、会社の方向性、将来像、資金調達のアプローチなど、従業員とシェアして行かねばなりませんでしたから、最初の一年間は死に物狂いで経営の勉強をしました。


技術力勝負、値段勝負から脱却し、サービス力によって差別化を図る。技術はあって当たり前。しかもどんな技術でもインターネット上で無料で参照できるため、これで差別化はむずかしい。値段で勝負しようにも、海外のIT企業にはかなわない。だとしたら、差別化の手段はサービスしかない。


中野貴志(経営者)の経歴・略歴

中野貴志、なかの・たかし。日本の経営者。「アイディーエス」社長。専門学校卒業後、アイネスに入社。アメリカ勤務を経てアイディーエスに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

一瀬邦夫

「俺の株式会社」が運営する「俺のフレンチ」や「俺のイタリアン」が、立ち食いスタイルの低価格で成功したことが大きなヒントになりました。価値があるものを安く食べられるなら、お客様は立ち食いでも店に入りたくなる。だとすれば、ステーキは立ち食いにピッタリの食材です。そこで、立ち食いスタイルで出店コストやオペレーションコストを下げ、あわせてメインのステーキ以外のメニューを極力絞りました。それによって、厚切りの高級ステーキを当社比半額で提供できるようにしたわけです。


茂木健一郎

僕は「発達障害」という言葉自体に違和感を抱いている人間です。もちろん研究の重要性は理解していますし、実際に困っている人を診察されている先生のような方は非常に尊敬しています。ただ、診断される側のマインドが問題で、例えばわが子に診断が下ったとき、必要以上にパニックになり、将来を悲観してしまう親御さんも多いですよね。まるで烙印を押されたかのように落ち込む人がいて、でもそもそも「自閉スペクトラム症(ASD)」という言葉からもわかるように、本来人間の特性は「スペクトラム(連続体)」であり、「正常」と「障害」の明確な線引きなどできないはずですよね。


安藤百福

発明はひらめきから。ひらめきは執念から。執念なきものに発明はない。ひとつこころみては捨てていく。考えて、考えて、考え抜け。私が考え抜いた時には血尿が出る。私は眠るときもメモと鉛筆を枕元に用意する。あなたも四六時中考える習慣をつけなさい。


ナポレオン

深く考えるときは時間をかけろ。しかし、戦いが始まったら考えることをやめ、戦え。


大谷義武

会社は社員を含めた各社関係者のものだと思っている。社員が幸せになるにはまず給料が必要なので、そこを最大化していきたい。


河﨑秋子(河崎秋子)

前作(『颶風の王』)は予想もしなかった広がりを見せてくれて、本当に驚きました。温かい言葉をいただくことが多かったので、その反動で2作目を考える際にはとても不安になりましたね。最終的には「考えてもしょうがない」と開き直って、以前から書きたいと思っていた「熊と犬の話」を形にしました。前作と雰囲気が違うのでまだ不安はありますが、開き直りつつ真摯にやるしかないと思っています。


二宮尊徳(二宮金次郎)

世の中は、知恵があっても学があっても、至誠と実行がなければ、事は成らない。


川西勝三

メーカーの経営者にとって大切なものは、経営管理する能力が本質ではなく、社員の誰よりも、ものづくりに真摯であり続ける情熱とその成果です。社長が先頭に立って革新技術をつくり上げていく気概がなければ、メーカーは育っていきません。


西脇文彦

参加人数が多い会議も考えもの。参加者が7人を超えると、1人増えるたびに優れた判断を下す可能性が10%下がるという「7の法則」がある。17人を超えると意思決定の効果がゼロになる計算になる。本当に多くの参加者が必要な場合を除き、なるべく参加者を6人以下にするのがいいだろう。


リカルド・セムラー

日本人の持つ会社への家族同様の帰属の絆や、年長者を年長者ゆえに尊敬するという年功序列の慣習は意識的に敬遠した。わが社の理念からすれば、昇進は能力によるべきものであり、年齢や協調性とは無関係である。


上妻英夫

アイデアを大きくするには、足したり、掛けたりすることが有効。


渡辺元智

生徒には人生の師となる人を見つけなさいと伝えています。私が教育者になれたのも、後援者の方をはじめとする恩師たちのおかげですから。


宮坂学

組織というのは、1人か2人はほんわかした人がいるわけですよね。水戸黄門で言えば、うっかり八兵衛みたいな。アタッカーは大切ですけど、接着剤になっている人も大事なので、そういう人にも光を当てることを心がけています。


村田諒太

いくら心を整えたところで、結果を残せなければメンタルは強くならないとも思っています。僕の場合、世界選手権の2回戦で、世界で2連覇していた選手に勝ったことが自信になって、メンタルが強くなった。その下地になったのがメンタルトレーニングだっただけで、強くなった直接的な要因は結果が出たからなんです。


澤田秀雄

闇雲に仕事を任せれば、若手が伸びるわけではありません。まずは任せられるレベルまで育つように環境を整える。そのうえで育っていく過程を見極める。つまり、仕事を任せるまでの過程が大切なのです。


ページの先頭へ