中野貴志(経営者)の名言

中野貴志(経営者)のプロフィール

中野貴志、なかの・たかし。日本の経営者。「アイディーエス」社長。専門学校卒業後、アイネスに入社。アメリカ勤務を経てアイディーエスに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

中野貴志(経営者)の名言 一覧

当社は下請を一切しない方針で、15年かけて顧客リストを作ってきました。それは一度下請に入ると、そこからの脱却が難しいからです。

仕様変更はお客様のニーズです。我々がその業務にもっと精通していれば、早い段階でそれに気づき、こちらから提案できたかもしれない。それがプロとしての自負です。

仕様変更を断ることはまずできない。どうせやらなければいけないのなら、快く応じたほうがいい。

サービス力をつけるには、社員のマインドを変え、お客様のためになにができるかを考え続ける。その継続です。

サービス力は一朝一夕にできるものではありません。大変ですが、見方を変えれば他社が真似ようとしてもそう簡単にはできないということです。

サービス力の基本はコミュニケーション力。それにはまず挨拶。

時には、法的もしくは人としてのグレーゾーンに「踏み込むかどうか」という判断を迫られるケースもあると思いますが、クレドには「親に話せないようなことは、絶対にしません」という項目を設けています。これを判断基準にすれば、迷いは断ち切れますよね。

当社で提供するシステム・ソリューションは、大きく分けて「売上アップに貢献するもの」と「コストダウンに役立てるもの」に分類できますが、いずれにしても、システムによってクライアントの事業成長を支援するのが使命です。

クレドには、先代社長から教わったことを中心に、「年をとっても勉強はし続けよう」や「人のいいところは積極的に真似しよう」といった倫理的な指標を記載しています。社員に求めるのは、つまるところ倫理的な人間像なのです。このクレドは普段、全員に持ち歩いてもらっていますし、必要に応じて読み合わせも行っています。

大変だった時期をくぐり抜けることができたのは、昔からの知己の支えが大きいです。すでに社長職にあった友人や先輩、また社内のメンバーなど、たくさんの人からメンタル面での支援を受けました。それがなかったら難しかったでしょうね。色々な人に話を聞くことができ、本当に助けられました。人に恵まれたことに心から感謝をしています。

創業者の急逝を受けて社長に就任しました。当時のメンバーである20数名の社員を引き受けること、同時に事業展開を進めることを課され、会社の仕組みを知るところから始めました。自社の人事制度なども詳しく知らないような中で、会社の方向性、将来像、資金調達のアプローチなど、従業員とシェアして行かねばなりませんでしたから、最初の一年間は死に物狂いで経営の勉強をしました。

技術力勝負、値段勝負から脱却し、サービス力によって差別化を図る。技術はあって当たり前。しかもどんな技術でもインターネット上で無料で参照できるため、これで差別化はむずかしい。値段で勝負しようにも、海外のIT企業にはかなわない。だとしたら、差別化の手段はサービスしかない。

中野貴志(経営者)の経歴・略歴

中野貴志、なかの・たかし。日本の経営者。「アイディーエス」社長。専門学校卒業後、アイネスに入社。アメリカ勤務を経てアイディーエスに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

ページの先頭へ