中野貴史の名言

中野貴史のプロフィール

中野貴史、なかの・たかし。ビジネス名刺プランナー。「ソウルプロダクツ」代表。

中野貴史の名言 一覧

初対面の人にいきなり営業話をしでも相手は引きます。まずは自分に興味を持ってもらうため、趣味から生い立ちまで、2つ折りの観音開きの名刺を自分の情報で埋め尽くしました。すると、その形状と内容の濃さから、約30%の方から、「すごい名刺ですね。感動しました」と連絡をくれるようになったんです。その結果、人脈が広がり、約100社の契約を獲得できました。


中野貴史の経歴・略歴

中野貴史、なかの・たかし。ビジネス名刺プランナー。「ソウルプロダクツ」代表。

他の記事も読んでみる

陰山英男

苦手なことでも一生懸命学ぼうと努力している人は、周囲も一目置くようになるし、認められるようになります。すると自然に、「やりたいこと」をやれるチャンスも回ってくるのです。


阿部祐二

話を聞くだけでなく、理解を示すと、相手は「自分と同じ感覚を持っているのか」と感じ、その人に好感を抱きます。そして、もっと聞いてほしいと思い、いろいろなことを話してくれるものです。


大室正志

仕事がどれだけつらくても、土日に趣味を楽しめるうちは大丈夫です。ところが、それすらも面倒な気分になったら黄色信号。このシグナルが出たら、産業医や上司に相談したほうがいいでしょう。


矢崎裕彦

ワイヤハーネスというのは非常に人手を必要とするでしょう。後工程で作業する人を思いやらないと製品がうまくできないわけ。そういう、相手を思いやるというのを一番大事にして、今日の矢崎総業ができた。


大原孝治

人が変わって、時代が変わっても、会社が持つビジョンは変わりません。一貫したビジョンを判断基準とするのです。新たな取り組みでも「それは顧客最優先主義に合致しているのか」ということが判断基準になります。


木村沙織

私はあまり気にしてなかったし、数字に左右されないようにしていました。良くても満足せず、悪くても落ち込まない。もちろん数字は作戦を立てるために大切だし、チームの現状も把握できます。数字の良し悪しから自分がやるべきことを見いだせるので、見て見ぬふりはしません。でも数字やデータがすべてではないとも思うんです。


冨山真由

集中力は長く続きませんが、それは工夫次第。25分なら誰でも集中でき、5分の休息を挟むことで、再び集中力を発揮できる。集中力に関する研究では、この30分1セットが効率的だとされています。


臼井由妃

何でも「思い込み」を信じて行動することが、私の性格であり習慣。昔はネガティブで気が弱い性格でした。当然、社員に社長として扱われず、悔しい思いもしましたね。でも「一人前の社長になってやる」と思い込み、自分を変えてきた結果がいまの私なんです。


コシノジュンコ

新しく挑戦するのはなかなか大変なことだと思われるかもしれませんが、私はこれまで常に「今からスタート」という気持ちで、どんな仕事でも、楽しく、面白がってやってきました。


宇田川建

英語力は一朝一夕では身につきません。ですので上達にスピードを求め過ぎてはいけないと思います。


山下聰(経営者)

現在の当社の成果というのは、先人・先輩が努力した結果です。そう考えると、私たちは今、将来に向けた投資をしっかりやっておかなければなりません。


カルロス・ゴーン

リーダーシップを鍛えるには、厳しい課題を与え続けることが欠かせません。


柳川範之

独学はいいことずくめの勉強法なのですが、私がこういうと「自分は意志が弱いので独学には向いていません」という人がときどきいます。でも、安心してください。私もかなりの怠け者です。それでも独学は務まりました。なぜなら、自分で立てた目標の3割でも実現できればいい、と割り切っていたからです。だいたい、決めたら必ず最後までやりとおす人は、めったにいません。人間はつい怠けたり、ときどきやる気が出なくなったりするのが普通なのです。独学で大事なのはやり続けること。だから、3割できれば上等なのであって、それくらいの気持ちで取り組めばいいのです。


宇佐美里香

「あのときは上体が浮いていたな」とか、負けたときというのは必ず理由がありますから、負けから学べることは多いと思います。


児玉康孝

他社のコインランドリーは健康器具を置いてみたり、カフェやネイルサービスを併設してみたり、色々なことをしていますね。しかし私に言わせれば、お店作りが全く分かっていません。コインランドリーはそもそも無人のビジネスモデルで、ここが一番大切なのです。例えば座り心地の良い豪華な椅子を置くと、男性客が本を読んでくつろいだりします。これだと衣類を洗濯しに来た女性客は男性の目が気になって利用できません。椅子を置くにしても横になれないように仕切りを付けるなどして、長居できないようにしなければなりません。


ページの先頭へ