名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野貴利人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野貴利人のプロフィール

中野貴利人、なかの・きりと。日本のコンサルタント、副業プランナー。「ネットピコ」代表。千葉工業大学卒業後、JTB情報システムを経て独立。著書に『会社の外で月10万円!シッカリ稼ぐ副業・内職入門』『お金はないけど時間があるなら副業をはじめなさい!』『ど素人でも稼げるネット副業の本』。

中野貴利人の名言 一覧

本業の他にもう一つの仕事をこなすダブルワークスタイルは、新たな人脈ややりがい、生きがいをもたらします。もちろん、収入もついてくる。会社員だけの人より濃い経験を積める分、人生は充実していくでしょう。


クラウドソーシングの登場は、プロとアマの壁を見えにくくしました。これまではプロとして仕事をするには、それなりの経験や人脈、営業力を要しましたが、実力さえあれば参入できる間口が広がったのです。


「副業だから、まあいいや」と安い報酬に甘んじていると、結局、自分自身の意欲が削がれ、仕事の質も「安かろう悪かろう」になり、発展性がありません。価格アップとスキルアップはワンセットだと考えて、戦略的に取り組むことをおすすめします。


平日は会社員、週末は社長――。いまは決して不可能ではありません。ネットを使えば、誰でも簡単に自分のお店を持てる時代になったからです。最近はネットショップを簡単につくれるツールが次々と登場しています。お金や手間はほとんどかからず、運営自体も楽。本業のスキマ時間にもう一つの仕事をこなすのは、現実的な話なのです。


簡単に始められるクラウドソーシングですが、ある程度の副収入として確立するまではそれなりの工夫と努力が必要です。重要なのはプロフィールです。ここでアピールすべきは「専門性」です。サイト上にはスキル、経歴、ポートフォリオなどを掲載することができます。ここは企業側が発注相手を選ぶ際に必ずチェックするところ。漏れなく・丁寧に・わかりやすく書き込んでください。


クラウドソーシングでは、「なんでもできます!」とアピールするほうが受注できそうですが、ライバルが多い中では埋もれてしまいます。選ばれるためには自分のキャリアや得意なことから専門分野を決めることが先決。たとえば、文章ライティング系なら「医療系企業で15年の勤務実績あり」「FP2級資格保持、投資経験あり」などと特技や経歴、興味分野はどんどん活かしましょう。希少な専門性ほど収入は高まります。また、専門分野を明確にすると、検索にも引っかかりやすく、ひとつの分野を掘り下げられるのでスキルアップの近道にもなります。


クラウドソーシングでは、仕事が完了すると実績が一つ増えて、発注元から評価されます。成果物のクオリティ、業務の進め方、納期遵守、経験値などを、五段階で評価するサイトが多く、これは、今後、別の企業が仕事を依頼する際の判断材料にもなります。重要度の高い仕事ほど企業側は慎重になりますから、より報酬が高く、質の高い仕事を受注する確率を高めるには、実績と評価を固めておくことが大きなアドバンテージになります。とはいっても、最初は誰でも実績ゼロ。初心者ができるだけ早く実績を積み上げていくには、最初は受注単価を安くして、難易度の低い仕事を数多く引き受け、実績と評価を一気に高めていく方法もあります。「半年間は低価格で実績を積む」「案件が20件を超えたら、価格設定を上方修正する」などと下積み期間を決めて、同業のワーカーのプロフィールを参考に定期的に条件を引き上げていくなど自分なりのロードマップを描くこと。


近年話題の「クラウドソーシング」は、仕事を発注したい企業と、仕事を受注したい個人をウェブ上でマッチングするシステム。社内の仕事の一部をアウトソーシングするのは一般的ですが、そのアウトソーシング先を個人や小規模な組織にまで広げたスタイルがクラウドソーシングで、それにより、個人がスキルで稼ぐことが容易にできるようになりました。これはサラリーマンにお勧めの副業の一つ。なぜなら、仕事の受発注、条件交渉、支払いまですべてのやりとりがウェブ上で完結するので、直接会って打ち合わせをするなど、時間的な拘束はほぼありません。個人情報も発注元の企業以外にはバレず、スキマ時間を活かして収入につなげることができるのです。


中野貴利人の経歴・略歴

中野貴利人、なかの・きりと。日本のコンサルタント、副業プランナー。「ネットピコ」代表。千葉工業大学卒業後、JTB情報システムを経て独立。著書に『会社の外で月10万円!シッカリ稼ぐ副業・内職入門』『お金はないけど時間があるなら副業をはじめなさい!』『ど素人でも稼げるネット副業の本』。

他の記事も読んでみる

永守重信

グローバルとは、単に外国語ができることとは違います。食事一つとっても、外国人に対応した食事がすべて揃っていなければ、グローバルとはいえません。宗教的に牛肉や豚肉が食べられない人だっているわけですから。つまり、システムそのものがグローバルであるのが、本当のグローバル企業です。


奥田務

リーダーシップ、決断力、分析力……。もちろんこれらも不可欠です。けれど、これらが正しく発揮されるためには、ある前提が欠かせません。それが、「烏の目」を持つことです。「烏の目」を持てば、思い込みにだまされず、問題の核心が見えてきます。正しい課題を見いだせなければ正しい解決策も生まれません。私の経営者人生を支えたのもこの視点でした。


栗山年弘

逆風の厳しい環境の中で成果を上げていくのは簡単ではないですが、責任の重さの一方でやりがいを感じます。


樋口廣太郎

公園にでも行って3時間ほどひっくり返るといい。きっと寝転んでいるのが嫌になりますよ。そしたら、仕事場に戻る。会社のためのじゃなくて自分のためにね。


染谷光男

欧州において、ローカル嗜好に受け入れられた商品の一例に、フランスの「スクレソース」という甘いしょうゆがあります。白いご飯にかけて食べるそうです。きっかけは焼き烏にありました。フランスで人気の焼き鳥店を訪れる客の動向を見ていたところ、白いご飯に焼き鳥の残ったたれをかけている姿が目に留まったのです。そこで、「これは商売になるんじゃないか」と。フランスのスーパーの棚にスクレソースを並べることができた結果、しょうゆメーカーとして2番手だったキッコーマンはフランスで1番手になりました。やはり、その土地で受け入れられるものを作ることがカギですね。


近藤太香巳

考えながら動くと、考えるだけで終わってしまう。動きながら考えると、いろいろなアイデアが出てくるんです。だから、まず動く、行動してみることが大切ですね。情熱は自分が感じるか感じないか。ライバルは永遠に自分なんです。


野矢茂樹

相手の失敗を祈るなんてことは全く無意味。他人の失敗を喜ぶような感性で仕事を埋め尽くしたら、もっと力強い喜びを失ってしまいますから。


板東英二

芸能界へ足を踏み込むことになったのは本当に偶然。現役をクビになり、名古屋で解説の仕事をしていたとき、昔から仲良くしていた上岡龍太郎さんが関西のテレビに呼んでくれた。それが始まり。ただ、下地はあったんやと思います。元々、お笑い、漫才が大好きで、関西へ行ったときはよしもとを見て、東京へきたら寄席に通っていた。おしゃべりでしたし、現役時代から「野球の選手にしてはおもろい」とは言われていたんです。でも、上岡さんはこうアドバイスを。「おもろいと言ったってたかがしれている。たかだか野球選手やないか。だけど、元野球選手にしてはおもろいという位置は誰もが得難いもんや」と。とくに高校野球の姿勢が大事やと。なぜなら高校野球を見て、人が感銘を受けるのは、勝ち負けではなく、一生懸命、健気にやっていること。だから、お笑いでも何でもいいから懸命にやりなさいというわけ。そしたら、野球というベースがあるから世間は「なんやあいつ」と注目してくれる。だから、「普通の人の3割は得をしているんや」と。


弘兼憲史

何かを継続する時、一番の敵が「飽きる」という気持ち。飽きたなと感じたら変化したくなるのが人間ですが、「飽き」を越えてしか得られないものがある。それは周りに与える「安心感」や自分の土台を作る「自信」。


児玉和

グンゼは来年、設立120周年を迎えます。肌着メーカーとして知られていますが、ペットボトル向けの収縮フィルム、タッチパネルなどの電子部品、手術用縫合糸などの医療用品も手掛け、経営の多角化を実践しています。もし肌着だけに事業を絞っていたら、これほど長く会社を続けられなかったかもしれません。


武田双雲

どうすれば相手が喜ぶかということを突き詰めていくと、必然的に「自分の一番得意なことを提供しよう」というところに行き着くんです。恋愛でも、僕なら心を込めて筆で手紙を書こうとなる。そうやって自分の強みを知って活かせれば、相手にも喜んでもらえるから誇示する必要がなくなるんです。


似鳥昭雄

ロマンとは人のために何かをすること、したがってロマンチストとは人のために何かをしたいと思い、またそれを実行できる人のことです。