名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野裕(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野裕(経営者)のプロフィール

中野裕、なかの・ひろし。日本の経営者。「日本ATM」社長。京都出身。上智大学理工学部卒業後、外資系コンピューター企業「日本NCR」に入社。金融システム関連の部署を経験。ATM事業部門が「日本ATM」として分離独立した際に移籍。その後、社長を務めた。

中野裕(経営者)の名言 一覧

社員と何度もコミュニケーションを取り納得してもらうこと、相手の声を理解することが一番重要。


危機的状況になったとき「日本ATMの本当の実態はこうだ。このまま何もしないでいくと何年か後に必ず潰れてしまう。このタイミングこそ、新しい事業に社員も含めて変化をしなければならない。日本ATMをこのような会社にしたいんだ」と将来のビジョンとそこまでのステップを明確に説明しました。


中野裕(経営者)の経歴・略歴

中野裕、なかの・ひろし。日本の経営者。「日本ATM」社長。京都出身。上智大学理工学部卒業後、外資系コンピューター企業「日本NCR」に入社。金融システム関連の部署を経験。ATM事業部門が「日本ATM」として分離独立した際に移籍。その後、社長を務めた。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

人間は時間が多くあると思っているうちは、その使い方や効率を意識しにくい。


横峯吉文

子育てにおいては、自立のためにいろいろなことを自分でやらせて、失敗しても自分で乗り越えさせていく。それには、「前よりどこがよくなったか」を常に指摘することが大事。


宮本武蔵

兵法の智恵は、とりわけ稽古と実戦では違う。戦場では、万事あわただしいときであっても、兵法の道理を極め平静な心が保てるよう、よくよく吟味しなければならない。


キケロ

汝は生きるために食べなさい。食べるために生きてはいけない。


大森ひとみ

人が感じのいい人を選ぶのは人間の遺伝子にあらかじめ組み込まれた性質です。ビジネスにおいても、感じのいい人ほど上司や部下に愛され、取引先とも大きな仕事ができるのだと思います。


高島宏平(髙島宏平)

経営者は何をすべきかわからないといって立ち止まるわけにはいきません。


佐々木常夫

組織の中で朝から夕方まで毎日働いていれば、自分の人生観や価値観、生き様などが、毎日の仕事ぶりにすべて表れてしまいます。ちょっとやそっと取り繕っても、どうせ本性はバレます。それならいっそのこと、予断を持たずに自然体で振る舞うほうがいい。そうすれば案外バカにされることはありません。


斎藤保

やはり科学が好きで、「どうせなら、新しいことをやりたいな」ということで、大学は航空科学を専攻して。航空機にとって必要なのは推進系だということで、航空エンジンを選ぶわけです。


北尾吉孝

(ケンブリッジ大学留学時)はじめは英語がしゃべれない。だから、英国人の学生を誘って、食べながら会話の勉強をしたわけです。とてもいい勉強になりました。家庭教師代と思えば食事代ぐらい安いものです。そのうえ友達もでき、英国人を知ることにも役立ちました。こういうときにケチらない。これも自分に対する先行投資です。生きたお金の使い方が大事だということです。


安宅和人

「とにかく生の情報を得ること」は大切ですが、「考える時間があったら、靴底が擦り減るまで営業先を回れ」という言葉に代表される、「動いていれば答えが出る」という働き方は、不毛な結果になりかねない。


安宅和人

数ある問題の中から、今、答えを出す必要性が高い問題を選び出す。その選択が適切だったかどうかで、得られる結果は大きく変わる。


寺澤芳男

セルフ・リライアンスという言葉は、19世紀にアメリカのラルフ・エマーソンという人が論文で発表しています。その論文のタイトルもずばり「セルフ・リライアンス」でした。難解な論文なのですが、非常に高い評判をとりました。宗教家でもあり、哲学家でもあるエマーソンは、簡単に言うと「神のおぼしめしということで全部済まさないで、やはり全部自分で決めなければいけないよ」という当時としては非常に革命的なことを言っています。