中野裕哲の名言

中野裕哲のプロフィール

中野裕哲、なかの・ひろあき。日本の起業コンサルタント。著書に『図解 知識ゼロからはじめる起業の本』『失敗しない! フリーで個人で力強く独立できる本』『集客・マーケティングから会社設立、資金調達まで 起業の疑問と不安がなくなる本』。

中野裕哲の名言 一覧

どんなビジネスも「三年一昔」の感覚で見直す必要がある。


値引きを考えるより、付加価値を上げることを考えるべき。例えば、その商品を使えば悩みごとが解決できるターゲットを考えてアピールするなどです。


起業の成功のポイントのひとつが、固定費の抑制。廃業とは事業を諦めること。売り上げが伸びないなかで、毎月お金が出ていくのは精神的にきつい。固定費を抑えることで、諦めるまでの時間が延びます。そうやって長く続けられれば、成功の確率も上がります。資金繰りもしっかり管理しましょう。


起業するには「カネ」が必要です。まずは、起業全体でいくらかかるのかをきっちりと計算してみましょう。起業全体でかかるお金がわかったら、自己資金はどのくらい用意できるかを検討しましょう。また、自己資金で足りない分は、創業融資を借りるのがセオリーです。資金が足りない場合は、事業規模の縮小も要検討です。


苦労してやっと独立できた起業家ほど、起業そのものがひとつのゴールに思えてしまいます。例えば、長年修業してやっと自分のレストランが持てたというようなケースが代表例です。そんな時に陥りがちなのが、初期投資にお金を掛けすぎてしまうこと。初めて持つ自分のお店ということもあり、身の丈以上の家賃の物件を契約したり、豪華なデザインに目がくらみ、高額な内装工事を依頼してしまったり。ただ、必ず、一度立ち止まって考えてください。その初期投資は本当に回収できる金額ですか? それがなければ営業に差し支えるものですか? ここで判断を誤り、苦しんでいる起業家をたくさん見てきました。後で大変な思いをしないように、じっくりと検討しましょう。


起業して経営が安定するまでの最大の難所は、1~2年目。安定した売り上げ入金がないにも関わらず、毎月の固定費は流出し続けるこの時期。不毛な荒野が広がる谷に例えて、起業支援の世界では、デスバレーともいわれます。ここで資金が底を尽き、倒れてしまう起業家のなんと多いことか。そのほとんどは、楽観的な売り上げ予測、キャッシュフロー予測がもたらす弊害です。


お金の失敗で一番多いのは、創業融資の失敗です。ここでつまずいて創業資金が足りなくなり、起業そのものが頓挫してしまう失敗ケースが後を絶ちません。これを避けるためには、創業融資の審査基準を知っておくこと、審査基準を満たすように行動すること、が大切です。


「楽天で1位」など、わかりやすくクチコミに乗りやすい称号を得ることが、ブランディングの方程式です。そのためには何とかして楽天で1位になる必要がありますが。


自己資金があっても、借りられるだけ借りておくことも大切。いざ資金繰りがつかない時に取り崩せばいい。また、借り入れはきちんと返済すれば金融機関の信用につながり、次に資金が必要になった時に借りやすくなる効果もあります。


融資審査ではどれだけ本人が自己資金をためているかがチェックされます。「ためられる人が返せる人」だからです。少しでも独立の可能性があるのなら、会社員時代から定期積金をすべきでしょう。


集客力のあるサイトは、ABテストといって、2案のキャッチコピーを交互に掲載して反響のいいほうを採用するといった小まめな改善をしています。


起業する前に最悪のケースを想定するといいでしょう。例えば、300万円借り入れて失敗し200万円の債務が残ったとします。「乗用車1台分」と思えば、怖さは薄らぐのではないでしょうか。


中野裕哲の経歴・略歴

中野裕哲、なかの・ひろあき。日本の起業コンサルタント。著書に『図解 知識ゼロからはじめる起業の本』『失敗しない! フリーで個人で力強く独立できる本』『集客・マーケティングから会社設立、資金調達まで 起業の疑問と不安がなくなる本』。

他の記事も読んでみる

ジェフ・ベゾス

我々は市場シェアを自分たちで決めることはできないと常に思っています。最高の顧客経験を提供することに重点を置いてビジネスを展開するだけです。あとは顧客がアマゾンのシェアを決めます。アマゾンで買い物をするのか、それとも別のところでするのか。これは常に顧客が決めることです。


伊藤嘉明(経営者)

階層が多い組織では、社員が新商品を上に提案しても、各階層で必ず「なぜこの機能なのか?」「デザインがダメだ」などの意見が出てくる。全員から了解を取ろうとするうちに、尖った部分が削られ、結局、どこにでもある普通の商品になってしまいます。なのに、そんな結果になった責任を誰も取らない。ですから、決定に関わる人を最小限にし、責任の所在を明確にしたのです。その結果、当社の2014年度の業績は15年ぶりに黒字に転じ、「COTON(世界最小の洗濯機)」など、他にはない商品を生み出すことができました。


野口敏(話し方)

多くの人は、「会話が続かないのは相手の気持ちがわかっていないからだ」と考えるものですが、実は自分の気持ちにも鈍感になっているというのも大きな原因です。


岩野達志

インフラ作りは利益だけを求めていてはできない仕事で、ある意味ボランティアの精神を持った人間が旗を振る必要がある。


麻生けんたろう

自慢ばかりする人に「なんだよ、こいつは」と腹を立ててしまうと、相手に対する嫌な感情がどんどん湧き上がってきて、会話は止まってしまいます。そんなときは、「何がこの人をこんな態度で接するような人にさせたんだろう?」と、相手の深い魂の部分に意識を向けてみてください。すると、「この人は、強そうに見えても、寂しい人なのかもしれない」と、別の観点から相手を見ることができます。方面だけでなく深い部分で理解し、相手を包み込むような感覚になってくれば、少しずつ苦手意識が消え、話せるようになってくるでしょう。


小坂敬

小さい頃から、色々な病気を患ってきましたが、病気をしたことで、何事も諦めず、前向きに生きることの大切さを勉強させてもらったような気がします。


柳澤大輔

ネットを活用して売上を伸ばすにも、いくつか方法があります。ECサイトで収益を高める方法もあれば、会社の知名度を上げて将来的な実を取るといった手法も考えられます。まずは自社のウェブサイトをどう活用して売上につなげるのか、数値的なシミュレーションを立てる必要があるでしょう。


佐々木常夫

上司たるもの、部下に対して「いざとなったら、俺は刀を抜くぞ」という怖さを部下に教えなくてはいけません。


福島和美

他社から欲しいと思われる社員は、経営者を見て仕事をするのではなく、常にお客さまの視点に立って行動している。


根岸秋男

身の丈に合った背伸びをして欲しい。私は受け身の人は絶対に評価しませんし、チャンスも与えません。前向きに、能動的、主体的に仕事をして欲しい。


夏野剛

一見余計と思われるものの中に、思わぬ可能性があるものなんです。ビジネスで時間と気持ちの余裕が必要なのは、そうした可能性を見逃さないためだと考えるべきだと思います。


有山典子

ひと口でマネーといっても、記事として扱う範囲は家計の節約からマクロ経済まで幅広いのです。すべてに精通するのが理想だけれど、乏しい頭脳ではそうもいかないので、情報収集は「広く浅く、少しだけ敏感に」が基本です。詳しい分析は専門家の英知を借りて、読者にできるだけわかりやすく伝えるのが私たちの仕事だと考えています。


佐々木正悟

仕事には通常締め切りがあります。人間、締め切りが近づいてくると思えば否でも応でもやらざるをえませんから、いつかは取りかかる。だから締め切りが設定されているのであれば、月曜の朝一番からあえて気の進まない仕事に手を付ける必要はないのです。やりやすいものから手を付ければいいのです。


柴田励司

違う環境にいる人と会うことで、「こういう見方もあるんだな」と別の視点を持つことができますし、自分自身も客観視するためにも役立っていると思います。
【覚書き|忙しいときでも社外の人と会うことをスケジュールに組み込んでいることについて語った言葉】


岡田充弘(経営者)

たとえばチームのバリュー(価値観)を「お客様へのホスピタリティ(おもてなし)」と定義したとします。しかし、「お客様には丁寧に接しましょう」といったところで、部下が何をどうすればよいのかは伝わりません。そこで、「相手の目を見て傾聴する」「会話の最後に、相手の言ったことを復唱して確認をとる」「その日のうちにお礼のメールを出す」など、部下に求める行動目標を具体的に書きだし、文章化して示すことが必要になります。


ページの先頭へ