中野裕(経営者)の名言

中野裕(経営者)のプロフィール

中野裕、なかの・ひろし。日本の経営者。「日本ATM」社長。京都出身。上智大学理工学部卒業後、外資系コンピューター企業「日本NCR」に入社。金融システム関連の部署を経験。ATM事業部門が「日本ATM」として分離独立した際に移籍。その後、社長を務めた。

中野裕(経営者)の名言 一覧

社員と何度もコミュニケーションを取り納得してもらうこと、相手の声を理解することが一番重要。


危機的状況になったとき「日本ATMの本当の実態はこうだ。このまま何もしないでいくと何年か後に必ず潰れてしまう。このタイミングこそ、新しい事業に社員も含めて変化をしなければならない。日本ATMをこのような会社にしたいんだ」と将来のビジョンとそこまでのステップを明確に説明しました。


中野裕(経営者)の経歴・略歴

中野裕、なかの・ひろし。日本の経営者。「日本ATM」社長。京都出身。上智大学理工学部卒業後、外資系コンピューター企業「日本NCR」に入社。金融システム関連の部署を経験。ATM事業部門が「日本ATM」として分離独立した際に移籍。その後、社長を務めた。

他の記事も読んでみる

竹内謙礼

説明を「引き」「特徴」「説明」の3つのブロックの順に整理して並べることで、効果的なコピーが簡単につくれる。「いまなら10%オフ!(引き)、新開発のコイルを使用した(特徴)、疲れがとれるマットレス(説明)」商品の特徴と説明は、「新開発コイル」「疲れが取れるマットレス」という部分だけだが、これくらい簡潔なほうがイメージが浮かびやすく、より伝わりやすいキャッチコピーになる。


ロッシェル・カップ

生かせていない力を引き出せるかどうかはリーダーのあり方にかかっている。


清水勝彦

日本企業は反発や対立というものに慣れていないから、波風の立たないつまらないアイデア、他社もやっている無意味な戦略で終わっているのではないでしょうか。


山崎亮

最初は1人でつくった小さな輪っかも、かかわるスタッフが増えることで、面積が広がっていく。それに比例して柱の数も増えていく。社会や世の中の動きをしっかりとらえ、この作業を繰り返していくことができれば、事業は持続的に成長していくと思います。


清水祐孝

お寺はどのように収益を得ているのかに着目し今のビジネスのヒントを見つけました。仏教の教えを本にして売っても中々購入してくれる人は少ないけれど、それよりも人が亡くなった後のお葬式というサービスは必ず購入するので、そのようなマーケットに特化した本を作ろうと思ったのです。


松本洋(コンサルタント)

全従業員に危機意識を持たせると同時に、具体的な再生シナリオを提示し、全社一丸となって再生に燃えるチームスピリットをつくりあげました。また、全従業員との50回に及ぶ対話を通じて問題点を抽出し、解決していきました。
【覚書き|日本鋼管の子会社で米国4位の製鉄会社ナショナルスチール再建を担当した当時を振り返っての発言。2か月で単月黒字化に成功した】


北尾吉孝

経営においては、日々、判断に迫られます。早く判断することはもちろんですが、それ以上に大事なのは、「正しい判断をする」ことです。教養を身につけることが、判断をする上で非常に大事になってくる。そして、その判断がブレないということも、また大事。今日は右、明日は左と方向がブレるようでは、部下もどちらに向かって進めばいいのかわかりません。そこで、ブレないために一つの規範、物差しが必要になる。


森正文(経営者)

一流のサービスを提供するには、提供する側も一流のサービスを知っていなければ。


おちまさと

会議で「俺の話を聞け」というようなことをして意見を通しても、ほかのメンバーには「やらされ感」しか残りません。全員が「やってる感」を持たなきゃ、絶対にいい企画にはなりません。だから僕は会議の空気づくりには、かなり神経をつかっています。


藤田晋

ピンチの時の対処の仕方で、その人の真の実力が分かるもの。評価する側は、そこをしっかり見ています。


金成憲道

危機を共有体験とするとリーダーシップのもとに結束しやすい。


高島宏平(髙島宏平)

私は、アイデアそのものは、他の人に考えてもらっても良いと考えているんですよ。重要なのは、結果を出すこと。そう考えると、良い発想を思いつかなくても、他人が思いついたことを実行できれば良いわけです。


肥後克広

「過激な仕事を断ることないんですか?」と聞かれることも多いのですが、僕らはネタの技術がないんでね。事務所からは「本当に危ないときはいいですよ」と言われていますが、基本、断りません。


土井英司

意思決定とは行動や戦略を選択することですが、いうまでもなくインターネットで検索して答えが出てくる類のものではありません。連続性の中で思考を重ねる作業が必要になります。そして、長時間にわたって他者の思考のプロセスや事実の展開をたどれるメディアは、本以外にありません。


吉永泰之

規模が小さい企業が生き残るために何をなすべきか――。この問いかけこそが当社の出発点です。


ページの先頭へ