名言DB

9413 人 / 110706 名言

中野渡利八郎の名言

twitter Facebook はてブ

中野渡利八郎のプロフィール

中野渡利八郎、なかのわたり・りはちろう。日本の経営者。住宅メーカー「東京組」社長。青森県出身。

中野渡利八郎の名言 一覧

一番大事なのは、プロとしての提案を忘れないこと。お客様が好むものが必ずしも最適とは限りませんので、プロとして良いと思える材料は勧め続ける。そうするといつかお客様も分かってくれます。


交渉していくためには勇気がなければできません。下手でもいいので、怖気づくことなく、根気よく。


一回自分でできると思えれば、自信さえ持つことができれば、すべてで応用することができる。


強みは商品開発力です。お客様のニーズに合った良いものをどこまで安くできるか。そこに対してずっと努力してきました。


お客様に満足してもらえているからこそ、見捨てられることなく、続けられている。


私は、日本の住宅建築はこのままではいけないとずっと思っていました。決して諦めることなく、日本の街並みを世界に誇れる美しい街並みにするための、安くて良い方法は必ずあるはず。起業してから20年以上経った現在も、それを追及し続けています。


偶然に大手ハウスメーカーへ入社してから20年間、本当に楽しく、思いきり仕事をさせてもらいました。しかし、47歳のときに最悪の上司に恵まれまして(笑)。どうしても反りが合わず、辞めたくて仕方がなくなって退職を決意。その後起業したというのが経緯です。世の中、何がきっかけになるのか分からないものです。


壁や床、ドア、サッシ、キッチンなど、さまざまな部材を組み合わせることで、一つの家は構成されています。当社はどのような部材をどこに使えば快適で長持ちする家が作れるかということを第一に考えています。残念ながら、ハウスメーカーにはそうした考えが見受けられません。


オリジナル素材を使うとコストが上がると指摘されることが多いのですが、素材の一つ一つを比べると、価格的にも安く、性能的に優れているのはオリジナル素材のほうですね。


中野渡利八郎の経歴・略歴

中野渡利八郎、なかのわたり・りはちろう。日本の経営者。住宅メーカー「東京組」社長。青森県出身。

他の記事も読んでみる

増田紀彦

顧客や市場は常に変化しています。実はプロ自身も変化している。プロになった瞬間から、競争相手から狙われたり、もっと優れた競合が出現したり、Alに代替されたり、自らの精神や肉体が衰えたりといった逆風にさらされることになる。この逆風の中でも顧客の期待に応え続ける者こそがプロなのです。


松橋良紀

自分では気付かない人も多いですが、相手の話を最後まで聞かず、「それはですね……」とつい口を挟んでしまう。話の腰を折られた相手は不快に思い、本音を胸にしまいこむ。そうなったら、当然、話は進展しないでしょう。


工藤泰三

シッピングカンパニー(船会社)として生き残るためには、モア・ザン・シッピングカンパニー(船会社を越えた船会社)でなければなりません。日本の自動車メーカーがロシアのサンクトペテルブルクに新しい自動車工場をつくる場合、港から内陸の工場まではかなり距離があります。しかも、通関手続きが非常に煩雑で難しいときています。そういうとき「うちなら全部解決できます」と提案するために、当社は早くから現地に進出して準備を整えていました。船で運ぶだけでなく、現地での倉庫の手配や、実際の入出庫オペレーションも行うのです。


立花貴

少子高齢化、過疎化、産業衰退など日本の根本的な課題に取り組むときに、かつての私のように頭でしか考えられない人が増えているように感じます。五感を使わずに都会のオフィスで働いていると、生きるリアリティを失いがちですが、人間には内側からエネルギーが湧き上がる場所があるのです。


石井琢磨(弁護士)

冷静さを保つには複数の自分がいるようにイメージするといい。怒られている自分を「頑張って耐えられるかな?」と他人のように俯瞰して見たり、「あとでメンテナンスしておこう」とロボットのように考えてみる。そうやって感受性を薄めておくと、負の感情に汚染されにくくなる。


デカルト

この世界には確かなものは何もない。しかしながら、少なくともこの私は何かであるはずだ。それとも私も存在しないと確信したのか。しかしいかなることを納得したにせよ、そのとき私は存在していた。


青山満

セキュリティ事業を立ち上げた時に経営的危機がありました。当時、電子認証局のサービスは海外から仕入れていましたが、そのサプライヤーがアメリカで買収されてしまったのです。そのため、我々の売るサービスが無くなってしまいました。残された選択肢はこの事業をやめるか、自社で電子認証局になるかでした。電子認証局は非常に大きな参入障壁がありましたが2カ月間海外を飛び回り、当時グローバルで活躍する認証局が6社ある中で一番小さな会社を買収することが出来ました。サービスを自分達で全て作れると同時に、世界中にビジネスを展開する大きなチャンスを得たのです。


樋口武男

販売拡大の根幹は「サービス力」であり、顧客サービスの最大のポイントは「スピード対応」である。


石黒不二代

デジタルマーケティングの世界では、ユーザーの数だけ違うコンテンツが求められるので、それに応えるアウトプットを出すには、多様な人たちとのコミュニケーションを取り、もっとインプットを増やすことが重要です。


小林義雄(経営者)

人を育てるにはどうしたらいいか。自分なりに考えてみると、私は支店長時代から社員の誕生日にポケットマネーでネクタイを買ってプレゼントしていました。日頃は社員に対して厳しく接しています。しかし、社員を大切にしなければならないというのが私の信念でもあります。


川西賢志郎

養成所を卒業してから2年も経つと、同期はきっちり活動してるか、お笑いを辞めてるかどっちかで、なかなか相方が見つからないんです。困っていたら、同期芸人のバイク川崎バイクが、僕らを引き合わせてくれました。早い段階で、相方(水田信二)のことは「おもろいヤツやけど、曲者だろうな」と(笑)。


北方謙三

俺なんか、いまでも真っ白い原稿用紙を前に1字も浮かんでこなくて、10時間も15時間も、ひたすら机に向かって万年筆を握り続けることも少なくない。とくに書き出しの1行目には一番苦しむね。


ケリー・マクゴニガル

人は間違いを犯す生き物で、その間違いは自分や自分の可能性を決定づけるものではありません。「やるべきこと」は、「失敗や間違いから自分はどう立ち直るか」「その経験から得られる教訓は何か」と考えることであって、「だから自分はダメなんだ」と自分を責めることではありません。


本間宗久

何程利運を得てもこの休むことを忘るる時は商い仕舞いの時は極めて損出ると心得べし。
但し、商い仕舞い休むというは、何心なく休むにあらず、その気の強弱を離れ、日日通い高下を油断無く考うべきなり。又前年売り方にて利運する時は又々強気 に張り詰めるものなれども、これ又前年の気をサッパリ離れ、その時その年の作の様子、物の多少、人気の次第を考うること第一なり。


藤田晋

私は管理職に登用する際の選択基準を、一にも二にも人格に置いています。もちろん、人格が優れていて実績も高ければ文句はありませんが、人格と実績のどちらを優先するかといえば、圧倒的に人格の方です。