名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野渡利八郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野渡利八郎のプロフィール

中野渡利八郎、なかのわたり・りはちろう。日本の経営者。住宅メーカー「東京組」社長。青森県出身。

中野渡利八郎の名言 一覧

一番大事なのは、プロとしての提案を忘れないこと。お客様が好むものが必ずしも最適とは限りませんので、プロとして良いと思える材料は勧め続ける。そうするといつかお客様も分かってくれます。


交渉していくためには勇気がなければできません。下手でもいいので、怖気づくことなく、根気よく。


一回自分でできると思えれば、自信さえ持つことができれば、すべてで応用することができる。


強みは商品開発力です。お客様のニーズに合った良いものをどこまで安くできるか。そこに対してずっと努力してきました。


お客様に満足してもらえているからこそ、見捨てられることなく、続けられている。


私は、日本の住宅建築はこのままではいけないとずっと思っていました。決して諦めることなく、日本の街並みを世界に誇れる美しい街並みにするための、安くて良い方法は必ずあるはず。起業してから20年以上経った現在も、それを追及し続けています。


偶然に大手ハウスメーカーへ入社してから20年間、本当に楽しく、思いきり仕事をさせてもらいました。しかし、47歳のときに最悪の上司に恵まれまして(笑)。どうしても反りが合わず、辞めたくて仕方がなくなって退職を決意。その後起業したというのが経緯です。世の中、何がきっかけになるのか分からないものです。


壁や床、ドア、サッシ、キッチンなど、さまざまな部材を組み合わせることで、一つの家は構成されています。当社はどのような部材をどこに使えば快適で長持ちする家が作れるかということを第一に考えています。残念ながら、ハウスメーカーにはそうした考えが見受けられません。


オリジナル素材を使うとコストが上がると指摘されることが多いのですが、素材の一つ一つを比べると、価格的にも安く、性能的に優れているのはオリジナル素材のほうですね。


中野渡利八郎の経歴・略歴

中野渡利八郎、なかのわたり・りはちろう。日本の経営者。住宅メーカー「東京組」社長。青森県出身。

他の記事も読んでみる

ジョセフ・トリポディ

コカ・コーラ本社は世界中の社員が、情報や意見を交換できる仕組みをつくっています。ある新しい炭酸飲料の立ち上げについて質問すると、様々な国で働いている約3500人のマーケティング担当者から一斉に返事が返ってくるのです。新商品を立ち上げる戦略をつくる際に、他国の経験を参考にできるメリットは大きい。短期間に学習効果を得て、成功戦略を構築することができます。


村田恒夫

お客さまへのサービスや提供価値を創造していくために、全員が同じ思い、目的を共有していくことが重要。


佐々木かをり

私は自分の頭の中に失敗と言うフォルダーを持っていないんです。ですから、失敗から学んだことにスポットライトを当てて、学びのフォルダーに入れています。いま学んでいる最中で、どうもしっくりといかないなという案件に関しては、保留中というフォルダーへ。かなりの楽天家で、自分でいいように物事を考えていますね。


ジム・ステンゲル

女性というのは他人が思うイメージに比べ、自己イメージの方が悪いことが明らかになっている。しかし女性はそのような本音をなかなか明かさない。マーケットリサーチの世界では、顧客の潜在意識を読み解く競争がすでに始まっている。


長島聡

ドイツなどの欧州メーカーの品質に対する考え方を見ますと、案外、柔軟なところがあります。もちろん契約社会ですから、品質をきちんと定義しています。ただ、市場に合わせて品質に幅を持たせているのです。たとえば、新興国では安全性が損なわれない範囲内であれば、見た目や手触りなどの品質が、求める水準の下限であっても認める。一方の先進国では、上限を目指します。そうした市場の要求に合わせた事業マネジメントによって、欧州メーカーは新興国で顧客をつかみ、市場開拓を進めてきました。


ジェイ・エイブラハム

価値を提供すればするほど、結局、数字としての結果もより良いものとなっていく。


田淵節也

実力会長がいる会社にはロクな会社はない。まして、代表取締役相談役や名誉会長なんて言う屋上屋を重ねた体制は問題外。


糸井重里

商品開発について考えてないわけじゃないけれど、考えてないに等しいかもしれない。ただ、僕はユーザーとしての練習は絶えずしています。


堀義人

世界に冠たる企業も、地道な一押しの積み重ねによって、現在の地位に達しています。つまり、成功物語は、10年以上にわたる努力の成果なのです。


加藤浩次

俺みたいな人間が、偉そうに言えることはないですよ。ただこれだけは自信を持って言えるかな。「もう40歳になったら自分のジャッジを信用して突き進みましょう。間違ってないから」と。なんつって、60歳過ぎたら今の俺を見て「何言ってやがんだ。間違いだらけだよ」なんて思うかもしれないけど(笑)。


井植歳男

60年の半生を振り返ってみると、私はその大半を事業一途に生きてきたと思う。しかし、私とて決して仕事以外に楽しみや喜びを求めなかったわけではない。ときに遊び、また憩うこともあった。むしろ、仕事への打ち込みが激しかっただけに、その反作用も人一倍大きかったのではなかろうか。ひどく凝り性で、何事によらず、すぐに没頭してしまう。


江上治

稼ぐ人間になりたいなら、まずは目的を持つことだ。目的から演繹された、何をいつまでに行うかという戦略が目標である。目的のない、目標ばかりの生き方は疲れるし、成果も期待できない。