名言DB

9419 人 / 110788 名言

中野渡利八郎の名言

twitter Facebook はてブ

中野渡利八郎のプロフィール

中野渡利八郎、なかのわたり・りはちろう。日本の経営者。住宅メーカー「東京組」社長。青森県出身。

中野渡利八郎の名言 一覧

一番大事なのは、プロとしての提案を忘れないこと。お客様が好むものが必ずしも最適とは限りませんので、プロとして良いと思える材料は勧め続ける。そうするといつかお客様も分かってくれます。


交渉していくためには勇気がなければできません。下手でもいいので、怖気づくことなく、根気よく。


一回自分でできると思えれば、自信さえ持つことができれば、すべてで応用することができる。


強みは商品開発力です。お客様のニーズに合った良いものをどこまで安くできるか。そこに対してずっと努力してきました。


お客様に満足してもらえているからこそ、見捨てられることなく、続けられている。


私は、日本の住宅建築はこのままではいけないとずっと思っていました。決して諦めることなく、日本の街並みを世界に誇れる美しい街並みにするための、安くて良い方法は必ずあるはず。起業してから20年以上経った現在も、それを追及し続けています。


偶然に大手ハウスメーカーへ入社してから20年間、本当に楽しく、思いきり仕事をさせてもらいました。しかし、47歳のときに最悪の上司に恵まれまして(笑)。どうしても反りが合わず、辞めたくて仕方がなくなって退職を決意。その後起業したというのが経緯です。世の中、何がきっかけになるのか分からないものです。


壁や床、ドア、サッシ、キッチンなど、さまざまな部材を組み合わせることで、一つの家は構成されています。当社はどのような部材をどこに使えば快適で長持ちする家が作れるかということを第一に考えています。残念ながら、ハウスメーカーにはそうした考えが見受けられません。


オリジナル素材を使うとコストが上がると指摘されることが多いのですが、素材の一つ一つを比べると、価格的にも安く、性能的に優れているのはオリジナル素材のほうですね。


中野渡利八郎の経歴・略歴

中野渡利八郎、なかのわたり・りはちろう。日本の経営者。住宅メーカー「東京組」社長。青森県出身。

他の記事も読んでみる

坂本孝

勘は、ケーススタディを積み重ねることで養われます。本来勘というのは、百円玉を投げて、表か裏かを当てるようなもので、当たる確率は50%しかないわけです。しかし、その人の経験値が高ければ、過去の実績や実例にもとづいて、「今回はこっちを選択したほうがいい」といった判断ができる。つまり、勘が冴えてくるわけです。


小山聡章

こなれてくるとしゃべりたがる営業マンが多いですが、お客様のためにはなっていません。自分は一方的に説明して大満足だけど、お客様の心は離れているケースをよく見ます。


富田純正

お客様に喜んでいただく結果が社員の給料につながるのだから、お客様の感謝の言葉は給料明細に同封し、全社員で共有。これが社員のモチベーションアップになり、さらにお客様のことを大切に考えるようになっています。誠心誠意お客様と向き合い、それがおもてなしの向上につながると思っています。


ティモシー・フェリス

本で読んだ知識や、自分の営業術なども情報としてほしい人がいたら商品になる。


的場文男

6000勝を達成できたのは「努力」が苦じゃないからでしょうね。僕のことを「努力の天才」と呼ぶ人もいるようだけど(笑)。そういった意味じゃ、いまでも毎日トレーニングは欠かしませんね。ランニングしたり、腹筋をしたり。レースのない週末は必ずジムに行って自転車をずっと漕いでます。4~5時間はいるかな。これも、好きなことを続けるため。辛さなんて一度も感じたことはないですね。


臼井由妃

結果は断ることになっても、最初の応答や結果に至るプロセスがそれほどネガティブでなければ、実は相手に恨まれることなどなおのです。


ポール・ビソネット

日本のビジネスマンが抱く悩みのひとつが、英文メールで仕事の依頼をしたのに相手が動いてくれない、下手をするとメールを無視されることさえあるということです。なぜでしょうか。原因のひとつに、メールの依頼内容が曖昧であることがあげられます。これは、起承転結という結論を最後に述べる日本語の文章スタイルをそのまま英文にも適用したことで、簡潔なメールを好むネーティブは「結局何が言いたいのか(求められているのか)わからない」と判断した可能性があります。


和田秀樹

「こんなのがあったらいいんじゃないか」を日常生活の中で考えてメモする。知識人ではなく、アイデアマンになる。それも既存の枠を飛び越えた発想ができる人がいい。それさえできれば、サイドビジネスはいくらでも成り立つ。


森下篤史

トップの仕事はへこたれないこと。経営には、忍耐が必要。たらいの中の水に指を入れてぐるぐると回す。回さないと、水は勢いを失い、止まってしまう。社員は、その水です。経営者はこらえながら、指を動かさないといけない。私も砂をかむ思いで、社員たちに言っています。「お前たちの人生は、俺がつくる。今のままでよいと思い諦めるな」と。


星野佳路

実際に星野リゾートでは、地方で働き、自らの力を思う存分発揮している社員が大勢います。着任時は不安を抱いていても、「住めば都」となり、新しい視点でその地方の魅力を発見して、活性化に貢献している例が多いのです。例えば、神奈川・箱根にある施設「星野リゾート 界 箱根」では、ある担当者が箱根の伝統工芸である寄木細工に目をつけて、ホテルで使う調度品の製作を職人に依頼しました。職人たちは価格が安い土産品を作ることが多く、意欲を失っていた面があった。そこを何とかしたい、そして、寄木細工の魅力をお客様へ伝えたいと考えたのです。結果的に寄木細工の調度品はお客様に喜ばれただけでなく、地域の活性化にも貢献できた。担当者はこのことにとてもやりがいを感じているようです。