名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野渡利八郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野渡利八郎のプロフィール

中野渡利八郎、なかのわたり・りはちろう。日本の経営者。住宅メーカー「東京組」社長。青森県出身。

中野渡利八郎の名言 一覧

一番大事なのは、プロとしての提案を忘れないこと。お客様が好むものが必ずしも最適とは限りませんので、プロとして良いと思える材料は勧め続ける。そうするといつかお客様も分かってくれます。


交渉していくためには勇気がなければできません。下手でもいいので、怖気づくことなく、根気よく。


一回自分でできると思えれば、自信さえ持つことができれば、すべてで応用することができる。


強みは商品開発力です。お客様のニーズに合った良いものをどこまで安くできるか。そこに対してずっと努力してきました。


お客様に満足してもらえているからこそ、見捨てられることなく、続けられている。


私は、日本の住宅建築はこのままではいけないとずっと思っていました。決して諦めることなく、日本の街並みを世界に誇れる美しい街並みにするための、安くて良い方法は必ずあるはず。起業してから20年以上経った現在も、それを追及し続けています。


偶然に大手ハウスメーカーへ入社してから20年間、本当に楽しく、思いきり仕事をさせてもらいました。しかし、47歳のときに最悪の上司に恵まれまして(笑)。どうしても反りが合わず、辞めたくて仕方がなくなって退職を決意。その後起業したというのが経緯です。世の中、何がきっかけになるのか分からないものです。


壁や床、ドア、サッシ、キッチンなど、さまざまな部材を組み合わせることで、一つの家は構成されています。当社はどのような部材をどこに使えば快適で長持ちする家が作れるかということを第一に考えています。残念ながら、ハウスメーカーにはそうした考えが見受けられません。


オリジナル素材を使うとコストが上がると指摘されることが多いのですが、素材の一つ一つを比べると、価格的にも安く、性能的に優れているのはオリジナル素材のほうですね。


中野渡利八郎の経歴・略歴

中野渡利八郎、なかのわたり・りはちろう。日本の経営者。住宅メーカー「東京組」社長。青森県出身。

他の記事も読んでみる

河盛好蔵

たとえ自ら意識しないにしても、他人を傷つけるばかりであって、自らは何の犠牲も払わないとしたら、その記憶は終生彼らを苦しめ、それを思い出すたびに穴があれば入りたい悔恨を起こさしめるに違いない。


柴山和久

大学時代、進路に迷い、大学院の選択肢も考えました。そう思って教授に相談したら「研究室に残るか、大蔵省に行くか、どちらかにしなさい」と。悩んだ揚げ句、大学から見える世界と政府の中から見える現実の世界はギャップがあって、後者から見える世界を見たいと考え、大蔵省に入りました。当時は入省3、4年目に海外に出してもらえることも魅力でしたね。実際、私もハーバードのロースクールに留学させてもらいました。


岡野雅行(岡野工業)

コンピューターとかいろいろ進化するだろうけどさ。コンピューターを使うのは人間であくまで道具だからね。基本がない職人が使ったってどうしようもないよね。


宿澤広朗

会社員にとって『自分がやりたい事』と『人事や周囲の人たちがやらせたい事』は往々にして違う。仮に違っても、それはそれでチャンスだと思う。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

特別なイベントが控えているからといって習慣を変えるのはリスキー。特別な日だからこそ、いつも通りに過ごすことが重要。


成毛眞

マイクロソフト日本社長時代、とくに最初の2~3年は忙しかった。私が対応できたのは「手を抜くところを知っていた」からでしょう。とくに、部下に何でも任せ切りました。意思決定させるだけでなく、報告すら聞かない。だから、アメリカ本社からCFO(最高財務責任者)が来日する際などは、資料を一夜漬けで暗記しました。もっともビル(ビル・ゲイツ)は、「お前、どうせ見てないだろ」と最初からわかっていましたけどね。でも、部下はものすごく成長する。社長がこんなだから、部下たちが直接ビルをはじめアメリカの経営陣とやり取りする。経営センスも身につきますよ。


羽生善治

直感とロジックの関係は、地図を使って目的地にたどり着くプロセスのようなものです。たとえば日比谷公園にいきたいとして、東京中をくまなく歩きまわるわけにはいきません。まずは地図で目星をつけて、近くまで電車やクルマでいく。そのうえで、最後は自分で一歩一歩歩いていかなくては目的地には着かない。直感とロジックの関係はそういうものだと思います。


清水祐孝

目標は目先の小さなものと、長い目で見た大きなものの2つを立てておくことがいい。車で道を走ると前に石ころが落ちていることに気づきますが、空から見ると石ころには気づきませんよね。また今度は空から道を見てみると、長い道の先に何があるのか見えます。このように視点が2つあることで、より見通しが良くなるのではないでしょうか。


中原淳

もともと仕事は面白いものでも、つまらないものでもないのかもしれません。ですが、一度きりの人生を充実したものにするためにも、楽しむことを諦めず、時折、自分の仕事の意味を見つめ直してみてはいかがでしょうか。


高橋弘(経営者)

これからの営業はチーム力。自社だけで、すべてワンストップでできるというのは本当に素晴らしいことです。しかし、ネットワークを生かし、それぞれ専門性の高い業者が集まって取り組めば、乗り越えられない壁はなくなるはず。今までにない新しい提案もできるとなれば、お客さまにも喜んでいただける。


佐野健一

私たちは当初、アジア地域最大級の通信会社であるシンガポール・テレコムや、アメリカのベライゾンに、このビジネスプランを持ちかけ、契約を成立させてきました。世界上位の通信会社を最初に取り込めば、他国の通信会社も契約を断る理由がなくなります。短期間で200か国以上の国・地域にサービス網が構築できた裏には、こんな駆け引きもあったのです。


川上徹也(パナソニック)

日々の仕事では、枝葉や、今日明日のことよりも本質を見なければなりません。