名言DB

9412 人 / 110637 名言

中野淳一の名言

twitter Facebook はてブ

中野淳一のプロフィール

中野淳一、なかの・じゅんいち。日本の経営者。野村不動産ホールディングス社長。大学卒業後、野村證券に入社。同社で社長を務めたのち、野村不動産ホールディングス社長となる。首都圏に経営資源を集中し、伸び悩んでいた同社を急成長させた。無印良品を展開する良品計画の社外取締役なども務めた。北海道生まれ

中野淳一の名言 一覧

より多くの社員に挑戦と達成の場を与えることでのみ人材は育つものと思います。その人材が会社を引っ張っていきます。社員の自己表現の場が増えるということは、会社の成長そのものなのではないでしょうか。


私は、社員に仕事を通じて自己表現する場を与えることを重視してきました。自己表現とは、自己が責任者となり、自分の考えで仕事を進めることです。新事業に熱中するのは自己表現のひとつです。


いま、いろいろな意味で、成果主義が話題になっています。私は欧米流の実力主義を否定はしませんが、報酬以外の要素を軽視しすぎると、手痛いしっぺ返しを食らうのではないかと心配でなりません。ボーナスだけで社員の働きに報いるような単年度成果主義では、いずれ行き詰るでしょう。


日本語で適当な言葉が見つからなかったので「エンスージアスト(熱意ある者)」と私は呼んでいます。そういう人たちが得ている現場の実感は、次第に社内に伝播していき、社員の一割くらいに広がると瞬く間に多数派になるようです。組織というものは、新しいことに拒否反応を示します。だからこそ私は、現場にいる社員の応援団を務めてきたのです。


本当に将来の収益源に育つものなのか、十分な判断材料がない段階でも、経営者はなんらかの決断をしなければなりません。そんなとき、私は「社員の熱中度合い」を判断基準としてきました。市場に最も近いところにいる社員が、ビジネスの芽になりそうな動きを嗅ぎつけてくる。そして、その動きを取り込んだ事業を組み立てようと、夢中になって仕事をしている。


中野淳一の経歴・略歴

中野淳一、なかの・じゅんいち。日本の経営者。野村不動産ホールディングス社長。大学卒業後、野村證券に入社。同社で社長を務めたのち、野村不動産ホールディングス社長となる。首都圏に経営資源を集中し、伸び悩んでいた同社を急成長させた。無印良品を展開する良品計画の社外取締役なども務めた。北海道生まれ

他の記事も読んでみる

寺田千代乃

引っ越し業界は、毎年3月は元々の仕事の量が多いので、ある程度スピードアップしても、なかなか労働時間を減らすことはできません。そこで2017年は、思い切って3月の仕事量を数十億円単位で減らすことにしました。効率を上げながら仕事を減らすことで、3月の労働時間も平常時と同じ水準にすることができました。幹部からは、受注抑制を心配する声が上がりましたが、結果的にはやってよかったと思います。また、こうした時短への取り組みにより、離職者の大幅な減少と就職希望者の増加という素晴らしい副産物も生まれ、大きなインパクトになりました。


桃山透

書類のファイリングが下手な人によくあるのが、手元にある書類が多すぎるケースです。8~9割が、実は、紙で持っておく必要がない書類だということさえあります。今は誰もがパソコンを使う時代。わざわざプリントアウトして紙で持つ必要がある書類が、どれほどあるでしょうか? まずは、不要な書類の処分をするべきです。


益子修

去年よりは今年を良くしよう、今年よりは来年良くしよう。その時、ちょっと飛び跳ね過ぎると、やっぱりどこかでケガをしたり、ひずみが出てしまう。過去の失敗をもう一度思い出して、着実に前に進もう。


赤澤健一

未だに人(社員)をコストとして見ている会社が多い。働いている人は安い方がいいという見方をしてしまっている。しかし、これから生き残っていくためには人はコストではなく貴重な資源であると見なければならない。


堀之内九一郎

ものごとを頭だけで理解して、わかったような気持ちになっている人が、このところ増えているように思います。落ちたときの痛みを体で知って初めて、これまで自分がどんな場所にいたかを知ってぞっとするのです。怖さを知るのです。身を持ってその怖さを知った者だけが、二度と同じ過ちを繰り返さずに前進することができるのです


出雲充

コメも小麦もあふれるほどあるにもかかわらず、子どもたちは栄養失調、大人たちは貧困にあえいでいた。このときの経験によって、自分の敷いた人生のレールから自ら降り、それからは自分でも予想がつかない方向へ人生が転がり出した。
【覚書き|18歳のときにバングラデシュに行ったときを振り返っての発言】


青山真治

仕事を楽しめる人は誰の前でも微笑む人。ニヤニヤしていない人は、人生楽しくないのかなと思っちゃう。笑わせたくなりますね。ニヤニヤすることから仕事は動き出す。


山本ケイイチ

大切なのは、どのような思考の特性を持っていれば成功する確率が高いか、ということではありません。自分の持つ思考の特性を客観的に理解した上で、自分に適した努力の仕方をすれば、どのようなタイプも成功できるということ。


上田準二

上司にとって部下は大事な戦力です。それを「ダメ部下だ」と決めつけているようではいけません。「あいつはダメ」と切り捨ててしまうと、その部下に対しては出すべき指示も出さなくなり、仕事の分担からも外すことになってしまいます。それでは組織としての戦力はダウンです。


吉田浩一郎

以前は別の会社で複数のビジネスを手掛けていたのですが全て止めて、クルマも売り、全貯金を投じてクラウドワークスを始めました。


鍵山秀三郎

経営者は、社員が他者に対する配慮ができるような会社にしなければいけない。他者のことを慮(おもんばか)ることもできない社員、家庭を壊したり反社会的な行動をする社員をつくりだしたりする経営者は犯罪者です。社員の心を美しく保ち、成長させることもまた、企業が問われるべき社会的責任ではないでしょうか。


冨山和彦

最初はモチベーションが低くても、実際にやってみたら、あとから上がった、ということも少なくありません。だからいろいろ試してみるといい。そうして、何かに情熱を注ぎ込んでいれば、必ず得るものがあるはずです。


岩田松雄

経営には、人間の「情」への洞察も不可欠。


大賀昭司

他社は月に10個しか売れない商品が何割もあります。我々はお客様の8割が求めるものだけを安く売ります。日々の買い物では選べる楽しみも必要ですが、選ばなければいけない煩わしさもあるのです。
【覚書き|取扱品目数を絞っている理由についての発言】


古森重隆

印刷材料の営業担当だった30歳の頃、顧客の生の声を聞かせるため、技術者を顧客のもとに連れて行った。そこで辛辣な当社品への評価が響いたのだろう。技術陣もその後は改良に力を入れるようになった。