名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中野淳一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野淳一のプロフィール

中野淳一、なかの・じゅんいち。日本の経営者。野村不動産ホールディングス社長。大学卒業後、野村證券に入社。同社で社長を務めたのち、野村不動産ホールディングス社長となる。首都圏に経営資源を集中し、伸び悩んでいた同社を急成長させた。無印良品を展開する良品計画の社外取締役なども務めた。北海道生まれ

中野淳一の名言 一覧

より多くの社員に挑戦と達成の場を与えることでのみ人材は育つものと思います。その人材が会社を引っ張っていきます。社員の自己表現の場が増えるということは、会社の成長そのものなのではないでしょうか。


私は、社員に仕事を通じて自己表現する場を与えることを重視してきました。自己表現とは、自己が責任者となり、自分の考えで仕事を進めることです。新事業に熱中するのは自己表現のひとつです。


いま、いろいろな意味で、成果主義が話題になっています。私は欧米流の実力主義を否定はしませんが、報酬以外の要素を軽視しすぎると、手痛いしっぺ返しを食らうのではないかと心配でなりません。ボーナスだけで社員の働きに報いるような単年度成果主義では、いずれ行き詰るでしょう。


日本語で適当な言葉が見つからなかったので「エンスージアスト(熱意ある者)」と私は呼んでいます。そういう人たちが得ている現場の実感は、次第に社内に伝播していき、社員の一割くらいに広がると瞬く間に多数派になるようです。組織というものは、新しいことに拒否反応を示します。だからこそ私は、現場にいる社員の応援団を務めてきたのです。


本当に将来の収益源に育つものなのか、十分な判断材料がない段階でも、経営者はなんらかの決断をしなければなりません。そんなとき、私は「社員の熱中度合い」を判断基準としてきました。市場に最も近いところにいる社員が、ビジネスの芽になりそうな動きを嗅ぎつけてくる。そして、その動きを取り込んだ事業を組み立てようと、夢中になって仕事をしている。


中野淳一の経歴・略歴

中野淳一、なかの・じゅんいち。日本の経営者。野村不動産ホールディングス社長。大学卒業後、野村證券に入社。同社で社長を務めたのち、野村不動産ホールディングス社長となる。首都圏に経営資源を集中し、伸び悩んでいた同社を急成長させた。無印良品を展開する良品計画の社外取締役なども務めた。北海道生まれ

他の記事も読んでみる

奥島孝康

リーダーとは、フォロアーから服従・信頼・尊敬・協力等を得る能力または資質をもつ人間である。そして、その能力または資質とは何かといえば、高い使命感と持続する情熱を要素とするということができると思われる。


ロベルト佃

選手と契約を結ぶ際も、1年以上かけることもある。「サッカーで何を目指しているか」「どんな選手になりたいか」と話し合いながら、お互いに目指す場所を見定めるんです。


鶴野充茂

会議やプレゼンなどの発表の場では、多くの人が「情報の量が多いほど、話が通じやすい」と思い込んでいるようです。そうした場で説明する人は多くの場合、現場の担当者ですから、そのテーマについて最も詳しい人間ということになります。だからつい、すべてを理解してもらいたいと考えてしまうのです。しかし、上司やクライアントなどの聞き手は情報を全部知りたいなどとは露ほども思っていません。面倒なことは極力省いて、要点だけを聞きたいのです。


山本梁介

私どもの経営方針は拡大よりもエクセレント。まずはナンバーワンを取るというのが目標です。


プラユキ・ナラテボー

布施はお金や物品の供与だけを言うのではない。自分の力を貸したり知識を与えたりするのも布施である。『雑宝蔵経』という経典には、「無財の七施」といって、たとえ財産や地位はなくとも布施はでき、それによって周囲の人たちの心を和ませ、自身の徳を積むことができるという教えが説かれている。


朝倉千恵子

成長への道。それは、負荷をかけて「伸びしろ」をいっぱいまで伸ばすことでしょう。「最近の若い人は厳しくすると辞めちゃうから」と言ってゆとりの部下指導をする人もいますが、それでは絶対に部下の成長にはつながらないと思うのです。


クリス・アンダーソン

私の場合、自分がやり始めて夢中になったことが何か大きなムーブメントの一部ということが多い。メイカーズ革命にかかわったのも、5人の子どもたちのために理科の実験材料を探していたのがきっかけだ。レゴのロボティクス教材を使ってラジコン飛行機を自動操縦する実験を考えついたのだが、その瞬間、スマートフォンには飛行機を飛ばすのに十分なセンサーやプロセッサーが搭載されていることに気がついた。スマートフォンのおかげで洗練されたセンサーやGPSなどがいつの間にか手に入るようになり、こうした技術でいろいろなことができると思いついたんだ。そこで、ネットにコミュニティをつくり、プログラミングや組み立てをするようになった。私には工学やデザインの学位はないが、簡単にものづくりを始められた。自動操縦装置に必要なモーターもアリババドットコムで部材を探して、それを現地の企業に組み立ててもらった。このモーターを受け取ったとき、製造設備を持たない自分がメイカーになれると実感した。子どものための実験材料はいまや大きな工場を2つ抱える事業に成長した。


加藤一二三

私を始め、多くの棋士は勝敗以上に、将棋の醍醐味や感動を大切にしている。だからこそ、将棋を指し続けているのです。


古田新太

いつも役づくりはしないです。相手役と会話をすることで出来上がっていくキャラクターがあると思うし、そのための稽古だと思っているので。稽古のときに、毎日わざと演技を変えたりもするんですよ。それで最後の通し稽古のときに「あれがよかった」って言われたら、「じゃあ、それにしましょうか」って。


水野泰三(経営者)

うちがうまく商売の軸を移せたのだとしたら、その要因は販売員かもしれません。スポーツ用品は使う人の専門性が高い商材です。例えば、僕はもともと競技スキーをやっていて、インストラクターをしていたこともある。だからスキーに関しては商品の詳細を説明できた。だけどゴルフ用品を始めた時はゴルフをやらなくて、「スプーン」と言われても、食器しか思い浮かばないくらい(笑)。それじゃあ売れるわけがない。経験豊かな客に、ちゃんと売れる販売員がいるかどうかが大きいんです。


吉田照幸

会話を弾ませることと、その場を盛り上げることは全く違います。弾むというのは、相手が楽しくおしゃべりをするということ。自分一人が一方的に楽しく話しても、実は会話は全く弾んでいないんです。たとえば、「お仕事は何ですか」と聞いたとします。よくあるのが、その仕事について自分が知っていることを一生懸命話してしまうケース。相手はその仕事のプロなのに、プロに対して説明しちゃっているわけです。よく考えたらおかしな話です。


ロアン・カン

私から見ると、日本人はスピーチする人を尊重して、話を最初から最後まできちんと聞いてくれます。一方、欧米ではスピーチする人が話している途中でも、疑問があればどんどん質問が飛んできます。ですから、私が日本人相手にプレゼンするなら、事前に綿密なストーリーを構成して、少しずつ納得を重ねながら結論へ導くような流れで話します。しかし、欧米人が相手なら、これはどういうプレゼンで、皆さんにとってどんな意味があるのかを最初に説明。そのうえで、プレゼンの概要を個条書きのように簡潔にまとめてから詳細に入ります。この違いを理解しておくことが、グローバル化するビジネス環境において、効果的なプレゼンを行うためには欠かせないと思います。