名言DB

9429 人 / 110879 名言

中野淳一の名言

twitter Facebook はてブ

中野淳一のプロフィール

中野淳一、なかの・じゅんいち。日本の経営者。野村不動産ホールディングス社長。大学卒業後、野村證券に入社。同社で社長を務めたのち、野村不動産ホールディングス社長となる。首都圏に経営資源を集中し、伸び悩んでいた同社を急成長させた。無印良品を展開する良品計画の社外取締役なども務めた。北海道生まれ

中野淳一の名言 一覧

より多くの社員に挑戦と達成の場を与えることでのみ人材は育つものと思います。その人材が会社を引っ張っていきます。社員の自己表現の場が増えるということは、会社の成長そのものなのではないでしょうか。


私は、社員に仕事を通じて自己表現する場を与えることを重視してきました。自己表現とは、自己が責任者となり、自分の考えで仕事を進めることです。新事業に熱中するのは自己表現のひとつです。


いま、いろいろな意味で、成果主義が話題になっています。私は欧米流の実力主義を否定はしませんが、報酬以外の要素を軽視しすぎると、手痛いしっぺ返しを食らうのではないかと心配でなりません。ボーナスだけで社員の働きに報いるような単年度成果主義では、いずれ行き詰るでしょう。


日本語で適当な言葉が見つからなかったので「エンスージアスト(熱意ある者)」と私は呼んでいます。そういう人たちが得ている現場の実感は、次第に社内に伝播していき、社員の一割くらいに広がると瞬く間に多数派になるようです。組織というものは、新しいことに拒否反応を示します。だからこそ私は、現場にいる社員の応援団を務めてきたのです。


本当に将来の収益源に育つものなのか、十分な判断材料がない段階でも、経営者はなんらかの決断をしなければなりません。そんなとき、私は「社員の熱中度合い」を判断基準としてきました。市場に最も近いところにいる社員が、ビジネスの芽になりそうな動きを嗅ぎつけてくる。そして、その動きを取り込んだ事業を組み立てようと、夢中になって仕事をしている。


中野淳一の経歴・略歴

中野淳一、なかの・じゅんいち。日本の経営者。野村不動産ホールディングス社長。大学卒業後、野村證券に入社。同社で社長を務めたのち、野村不動産ホールディングス社長となる。首都圏に経営資源を集中し、伸び悩んでいた同社を急成長させた。無印良品を展開する良品計画の社外取締役なども務めた。北海道生まれ

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

個々の企業の付加価値が積もり積もると、経済成長につながります。GDP(国内総生産)のかなりの部分は、企業の付加価値の総和です。顧客の創造はすべての原点になるといっていいでしょう。


大橋光夫

営業をやっていた私は、お詫びなど日常茶飯事でした。会ったときは言い訳は一切しない。応接室で上座に通された時は仕方ないからそのまま座りますが、お茶は飲まない。相手が不在のまま待たされたら、許可を得て現場に行きます。40度を超える溶解炉の前で、作業中の鋳物業の経営者の脇に座り込み、じっと待ったこともあります。向こうからすれば、背広でクソ熱い現場まで来てくれたと胸に響くものがあったはずです。実際、そのあとで注文が二倍になりました。訪れて会ってくれなくても、毎日必ず立ち寄り、粘るしかありません。


庄野直之

営業には、直接の交渉相手ではなく「相手の上司が最終的な相手だぞ」と言っています。なぜなら、窓口の担当者にいくら気に入られても、その上司を説得できなければ買ってもらえないからです。


田中靖浩

多くの人が数字に強くなりたいと思いつつ、勉強に挫折してしまうのは、数字に興味が持てないからです。しかし、毎日の仕事に役立つとなれば、興味を持って勉強できるはずです。


美輪明宏

好きなことをしてお金をもらえるのは、よほど稀な人だけです。その人でさえ、陰ではものすごい努力と血の涙と汗を流しているのです。世に名を残す人は皆例外ではありません。楽をしながら好きなことをしてお金を得ようと思っていることは図々しいのです。そんなことはこの世では許されません。


ロバート・M・ベラーディ

貯金をすることは決して悪いことではありません。私も幼いころ両親に、貯金するように教えられました。ただ、多くの日本人は間違った貯金の仕方をしていると、私は感じます。お金と貯めることばかり考えていて、「貯めたお金をどう使うか」という観点がすっぽり抜け落ちているところです。つまり、貯蓄計画は立てても、支出計画を立てていない人が多いように感じます。


古森重隆

当社では、イノベーションを追求することが、重要な企業活動方針になっている。既存の商品・サービスとほとんど違いがないようなものを世の中に出したら、不毛な価格競争に陥ってしまう。


田中仁(経営者)

事業の規模を大きくし、新しい仕事を増やしたいと考えているリーダーなら、なんでもかんでも1人でやろうとせず、人に任せることも考えなければいけません。部下に裁量を与えて、どんどん任せましょう。


山内宏

戦後、経済では大成功したが、その影で進行していたのが政治の硬直化です。国で一番偉いのが国会でしょうが、同じ議員が何十年と居座ると、代変わりしても出て来るのはその息子、後援会が甘い汁を吸う。国家の未来図が描けず、既得権、無責任という澱(おり)がたまってしまったのが、いまの日本です。このままでは、前途はせいぜい「優雅な衰退」でしょう。


後藤勇人(コンサルタント)

現在、ヘアサロンなどを経営し、コンサルタント業もしています。私がこのように成功できたのは、朝の習慣のおかげです。以前の私は完全な夜型で、日中は頭がぼんやりしていたり、スタッフとのコミュニケーションがうまくいかないこともあり、業績は伸び悩んでいました。ある時、書店で読んだ本に「成功者は朝型人間が多い」と書かれているのを見て、物は試しと、朝5時起床へと生活を変えてみました。ただ、早起きして朝から必死で仕事をしても、仕事の質は上がりません。そこで、ポジティブになるスイッチを入れる習慣を取り入れました。そうすると、朝からポジティブで、日中も仕事への取り組みが前向きになり、3年で「店舗を拡大する」という目標を達成できたのです。