名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野淳一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野淳一のプロフィール

中野淳一、なかの・じゅんいち。日本の経営者。野村不動産ホールディングス社長。大学卒業後、野村證券に入社。同社で社長を務めたのち、野村不動産ホールディングス社長となる。首都圏に経営資源を集中し、伸び悩んでいた同社を急成長させた。無印良品を展開する良品計画の社外取締役なども務めた。北海道生まれ

中野淳一の名言 一覧

より多くの社員に挑戦と達成の場を与えることでのみ人材は育つものと思います。その人材が会社を引っ張っていきます。社員の自己表現の場が増えるということは、会社の成長そのものなのではないでしょうか。


私は、社員に仕事を通じて自己表現する場を与えることを重視してきました。自己表現とは、自己が責任者となり、自分の考えで仕事を進めることです。新事業に熱中するのは自己表現のひとつです。


いま、いろいろな意味で、成果主義が話題になっています。私は欧米流の実力主義を否定はしませんが、報酬以外の要素を軽視しすぎると、手痛いしっぺ返しを食らうのではないかと心配でなりません。ボーナスだけで社員の働きに報いるような単年度成果主義では、いずれ行き詰るでしょう。


日本語で適当な言葉が見つからなかったので「エンスージアスト(熱意ある者)」と私は呼んでいます。そういう人たちが得ている現場の実感は、次第に社内に伝播していき、社員の一割くらいに広がると瞬く間に多数派になるようです。組織というものは、新しいことに拒否反応を示します。だからこそ私は、現場にいる社員の応援団を務めてきたのです。


本当に将来の収益源に育つものなのか、十分な判断材料がない段階でも、経営者はなんらかの決断をしなければなりません。そんなとき、私は「社員の熱中度合い」を判断基準としてきました。市場に最も近いところにいる社員が、ビジネスの芽になりそうな動きを嗅ぎつけてくる。そして、その動きを取り込んだ事業を組み立てようと、夢中になって仕事をしている。


中野淳一の経歴・略歴

中野淳一、なかの・じゅんいち。日本の経営者。野村不動産ホールディングス社長。大学卒業後、野村證券に入社。同社で社長を務めたのち、野村不動産ホールディングス社長となる。首都圏に経営資源を集中し、伸び悩んでいた同社を急成長させた。無印良品を展開する良品計画の社外取締役なども務めた。北海道生まれ

他の記事も読んでみる

貴志祐介

今の世の中、ある程度まではインターネットで情報を得られるわけですが、やはり現場でないとわからないディテールはあります。専門家の意見を聞くと、漠然とできるだろうと思っていたことが全然できなかったり、逆にかなり難しいはずだと考えていた部分が当たり前のようにできたりすることがわかりました。やはり、きちんと話を聞くのがいいですね。想像だけだと現実には不可能なこともできてしまいますので。


倉益幸弘

互いの思考を共有する過程で知恵を出しあい意見交換することが、先手先手の問題・課題解決を可能にし、組織の一体感の醸成に繋がります。


今村暁

不思議なことに、どんな習慣でも3週間続けると、無意識にできるようになっていきます。まずは3週間を目標に「10秒掃除」から始めてみてください。掃除の習慣が意外に簡単に手に入れることを実感するとともに、自分の新たな可能性を発見できるはずです。


キャサリン・グラハム

好きなことがやれて、しかもそれが意義のあることに思えるとしたら、これ以上楽しいことなんてないわ。


杉浦克典

高齢化が進む日本は財政の問題もあり、これまで病院で行っていたケアを自宅や高齢者施設へとシフトさせようとしています。薬剤師は調剤室から出て、患者の自宅や施設に出向くことが求められます。在宅での調剤は収益面の課題がありますが、日用雑貨の販売を組み合わせたり、得られた知見を他社との協業に活用したりするなど可能性は大きい。ビジネスとして成り立つ仕組みを考えていきたいと思います。


セネカ

大事な時間を雑事で浪費するな。


芥川龍之介

運命は偶然よりも必然である。運命は性格の中にあるという言葉は決して等閑に生まれたものではない。
【覚書き|等閑(とうかん)いいかげん】


蜂谷二郎

不動産会社がゼネコンや金融機関と組むケースがありますが、お客様の望むソリューションを提供するのは難しいのが実態です。というのも、不動産会社は不動産のことしか分かりません。ゼネコンは建築のこと、金融機関は金融のことしか分からないからです。三位一体でお客様にサービスを提供している会社はありません。一方で、当社はこれらの機能を持っているので、お客様にとって最も良い提案ができます。


岡本浩一郎

「数字力」を「分解力」と捉え直しています。例えば、「売り上げを1000万円増やす方法」を考えても、答えは出ません。対象や数字が大きすぎて、具体的に何をすればいいかが、分かりにくいからです。しかし、「売り上げ」を「A地区の売り上げ+……+Z地区の売り上げ」(足し算の式)と地域別に分解したり、「単価×延べ客数」(掛け算の式)と細かく分解したりすると、「すべきこと」が見えてきます。


樋口武男

何も新しいことをしなければ、その企業の業績は世の中の景気に左右され、一進一退となる。


山内祐平

ハッとするようなアイデアは、むしろ人の話をじっと聞き、あまり話さない人から出てくることが多い。


北尾吉孝

人を動かすには率先垂範が必要。そして褒めることも大事です。私は部下が仕事で失敗したときも、なるべく勇気を与えるような叱り方を心がけています。たとえば「お前ほどのやつが(なぜこんな失敗を)」という言い方をします。上司も言葉を選ばなければなりません。