中野正治の名言

中野正治のプロフィール

中野正治、なかの・まさはる。日本の経営者。「DeNAトラベル」社長。大阪府出身。大阪大学法学部卒業後、住友銀行、スタートアップ企業支援会社などを経てディー・エヌ・エーに入社。エアーリンク(のちのDeNAトラベル)社長を務めた。

中野正治の名言 一覧

観光と地方活性化は一連のサイクルとして考えなければならない。


歴史や文化、食べ物に恵まれている日本は、海外の人々から見ても魅力的な国です。さらに先進的な技術にも優れ、誰もが行ってみたい国として高い人気を誇ります。しかしまだ、豊富な観光資源を活かしきれていません。これは官民で取り組んでいくべき重要な課題です。


中野正治の経歴・略歴

中野正治、なかの・まさはる。日本の経営者。「DeNAトラベル」社長。大阪府出身。大阪大学法学部卒業後、住友銀行、スタートアップ企業支援会社などを経てディー・エヌ・エーに入社。エアーリンク(のちのDeNAトラベル)社長を務めた。

他の記事も読んでみる

貞松成

私個人はワタミ創業者の渡邉美樹さんから学ぶところは多かった。渡邉さんが仰っていたのは、経営の目的や企業理念が大事だということ。会社をつくって何をしたいのかということを考える大切さを学びましたね。それで2年半ワタミで働かせてもらい、一旦別の飲食店のお手伝いをして、起業したのです。


松本洋(コンサルタント)

組織力と業績を上げ、個人の仕事の質を高めるには、自責の思考が必要です。この場合の自責とは、自分を責めて悲しい気持ちになることではなく、問題を解決し、発生を未然に防ぐ責任は自分にあるのだと考えて行動する態度です。


増田正造

信長にしても秀吉にしても家康にしても、どうしてあれほど能に入れ込んだのか。それは-体なぜだろうかと、いつも私は考えています。もしかしたら、能を通して自らの仕事や使命を結びつけ、考察していたのかもしれません。実業の世界も能も相手がいるところが共通するところ。だから互いに学べ合えるのではないでしょうか。


大平浩二

企業組織は戦略に従うと言いますが、むしろ経営者の哲学に従うべきだ、と私は考えています。企業不祥事を防ぐための原点は、あくまで経営者の人間力に求められるのではないでしょうか。


小池淳義

最終的なユーザーやマーケットをよく認識する必要があります。失敗するケースで多いのは、企業の論理で考えたときです。


福田秀人

上司が言ったことに対して、違った意見を言う場合は、「そうですね。でも……」という、肯定から入る「YES→BUT」話法を、身につけましょう。


工藤公康

「あるべき自分の姿」が見えたら、是が非でも、その通りの自分であり続けようとすることで、少々のことではビクともしない感情の基盤ができるはず。そのうえで、局面に応じた感情のコントロールを実行すれば、そう簡単にはブレません。


小笹芳央

言葉遣いや話題の選び方といったテクニックは、実は表層にすぎないと考えています。その深層に、人間力というベースがなくてはいけない。


村上憲郎

創業者であるサーゲイ・プリンとラリー・ペイジは、人びとが必要な情報に迅速かつ的確にたどり着ける道筋を世の中に提供したいという思いだけで、金儲けどころか起業という発想すらないまま「ページランク」の仕組みをつくったのです。ひたすらユーザーが喜んでくれることを考え、いやもっといえば、自分たちがほしいサービスを追求すれば、必ず社会から認められる。グーグルではそう考えます。


白潟敏朗

お客さんは、売り手が気づかない意外なところを評価することもある。


奥島孝康

「子どもは、他から注目されたいと思っている」ことを理解すべき。


王貞治

ジャイアンツでは、何のための練習なのか、自分の役割は何なのかを明確に意識していました。


中嶌武夫

社員がきちんとあいさつができて礼儀正しくあらねばならないことは言うまでもありませんが、これは社員が家庭の中でもあいさつする習慣ができていないとなかなかむずかしい。夫婦や親子のあいだで「おはようございます」と毎朝言っていることが積み重なってようやく社風にも反映されるのです。


齋木昭隆

特に明治以降、この国のリーダーたちは必死の思いで国を守り、外交を展開し、経済力を高めてきました。先人たちの志や努力の延長線上に今の我々があるのです。外務次官としてお仕えした安倍晋三首相もみなぎる気迫で首脳外交に臨んでいました。連綿と続くこうした営みは念頭に置いておくべきでしょう。


曳野孝

私は、リーマンショック後の「モノづくりこそ日本経済の生命線」論に違和感を覚えます。むしろいまこそカネづくりとモノづくりを連携させ、頭打ちの現状を打破する道を探るべきでしょう。モノづくりの枠内だけで戦略を立てても、市場の縮小は乗り切れません。カネづくりによるサポートを得ることで戦略はグンと広がるはずです。


ページの先頭へ