名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

中野憲太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野憲太のプロフィール

中野憲太、なかの・けんた。日本の経営者。「リブウェル」社長。新潟県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。ホットヨガスタジオやヨガ講師養成スクールを展開した。

中野憲太の名言 一覧

健康の維持とは自分の変化に気づくこと。したがって、どんな運動をするよりも、自分の身体の状況を意識することが、健康維持の第一歩。


毎日が仕事であり、休日です。その差はありません。仕事と思って仕事をしたことも、遊びと思って遊んだこともありません。仕事の中に遊びがあり、遊びの中に仕事があります。毎日が休日です。


中野憲太の経歴・略歴

中野憲太、なかの・けんた。日本の経営者。「リブウェル」社長。新潟県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。ホットヨガスタジオやヨガ講師養成スクールを展開した。

他の記事も読んでみる

和田勇(積水ハウス)

社内で孤立に苛まれそうになったら、まずは実績作りに専念することっです。それが自信になり、新しい挑戦をする意欲へとつながっていきます。


石川康晴

一番大切にしているのは、お客様に寄り添うことです。必ず現場に行き、お客様を見て、お客様の一番近いところにいる販売スタッフと話をすることがルーティンワークです。お客様はどんどん変化、進化しますからね。


羽生善治

決断とリスクはワンセットである。


宇都宮恒久

指示や命令に従うだけでは、人は素晴らしい仕事はできない。


高田純次

会社の潤滑油じゃないけど、その人の存在が、会社の中の様々に立場の違う人たちにとって、お互いに都合のいい言い訳になっているような人。「できればもっと厳しく品質にこだわりたい」という立場の人と、「多少のことは目をつぶってくれないと、会社がつぶれちゃうよ」という立場。このふたつの立場を理解して、具合よく現場を回している人がいないと、上手くいかない。


和地孝

いまの若い人たちの鍛え方は、やわになっていますね。そもそも私の若いころは「仕事は先輩の技を盗んで覚えろ」という教育でしたから、新人研修などやってもらえませんでした。私は本来、研修のような受け身の姿勢では人は育たないと思うのです。職人さんは先輩から盗んで自ら学ぶから技が生まれる。人から教えられたのでは駄目なんです。いまの経営トップの人たちは実践で学び、自ら向上しようと研鑽を積んできた人ばかりです。


坂本史郎

国内で限られたパイを奪い合うよりも、海外に出て商品を売り出していくことが大切だと考えています。特にインドは長期的な市場の成長が期待されており、IT分野におけるレベルは非常に高い。彼らは既にブランドが確立された欧米の製品ばかりを採用することもなく、確固とした審美眼を持っています。良い製品であれば、固定観念にとらわれず柔軟に採用してくれるのです。インドというハイレベルな場所で商品が採用されることは、何よりも世界的に売れるだけのクオリティを備えていることの証明になります。


ダライ・ラマ14世

覚えておいてもらいたいのは、知恵や心の強さを獲得できる最大の機会は、だいたいが最大の苦境にあるときだということです。


田中直樹(ココリコ)

特に大きいのは『ココリコ黄金伝説』と『ココリコA級伝説』ですね。当時は全然テレビのことをわかっておらず、必死で、体当たりでした。最近、DVDになったので見返しましたけど、20代半ばから後半の自分たちが本当に生々しく映っていて……。形にしていただくのはうれしい反面、恥ずかしくもありという複雑な気持ちになりました。


羽生善治

将棋は、突き詰めると自己否定につながるところがあります。どの手を選ぶかはすべて自分の責任ですから、ミスをしたり失敗したりするのもすべて自分のせい。そう考えていくと、「結局、自分はダメなんだ」ということになりかねません。自己否定に陥らないためにどうするかというと、ある種のいいかげんさ、適当さが非常に大事なのかなと思います。


中村獅童(二代目)

ある人が凹んでいる時に、「分かるよ、その気持ち」なんて同情を示す人がいるけど、僕は絶対にそういうことは言わないと決めています。なぜならそれは、「俺は既にその気持ちを知ってるよ」と、言っていることと同じだから。人それぞれに事情があり、考え方だって違うわけだから、「分かる」だなんて軽々しく同情するのは失礼だと思うのです。人が凹んでいたり、悩んでいたりする時には、静かに話を聞く。相談を持ちかけられた時には、「自分だったら……」という話にとどめます。


高木三四郎

うちは入門テストに「一芸」があるんですよ。何をやるかは完全に任せて、「好きなことをやってくれ」としか言わない。「一芸」をどう解釈するかっていう理解力だったり、何をやるかっていう表現力だったり、プロレス頭だったり。いろんなものが問われてきます。