中野憲太の名言

中野憲太のプロフィール

中野憲太、なかの・けんた。日本の経営者。「リブウェル」社長。新潟県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。ホットヨガスタジオやヨガ講師養成スクールを展開した。

中野憲太の名言 一覧

健康の維持とは自分の変化に気づくこと。したがって、どんな運動をするよりも、自分の身体の状況を意識することが、健康維持の第一歩。


毎日が仕事であり、休日です。その差はありません。仕事と思って仕事をしたことも、遊びと思って遊んだこともありません。仕事の中に遊びがあり、遊びの中に仕事があります。毎日が休日です。


中野憲太の経歴・略歴

中野憲太、なかの・けんた。日本の経営者。「リブウェル」社長。新潟県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。ホットヨガスタジオやヨガ講師養成スクールを展開した。

他の記事も読んでみる

コリン・アングル

競争相手が市場に参入してきていることは良い傾向だと思っています。市場そのものが大きくなるからです。ですから、我々の知財を侵害しない合法的なライバル製品が出てくることは、今後も歓迎します。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

部下と対話の時間を持つことが、人間関係をスムーズにしていく。節目の時に振り返り、弱みも含めて上司から自分の心の内を開くきっかけがあると、部下は失敗や言いにくいことも話しやすくなる。


中村天風

人類55億の中で、一生に何人の人と出会えるかを考えてみても、他人とともに居ることは、これまた感謝の対象になろう。千年さかのぼってみると、あなたの両親、各々の両親とたどっていくと、5兆人を超えるという。いまここに生きること自体奇跡ではないか。ありがたいことだ。


相武紗季

やっぱり、まずは場に立たないと力を出すこともできない。踏み出すことが大事なのかな。勇気が出ないこともあると思うんですが、私の場合、心の中にいつも「大丈夫!」って気持ちがあって。それは強みになっています。


城谷直彦

サラリーマンを辞めようと考え始めた頃、SAPというドイツの会社が日本に進出してきたんです。彼らが持っているソフトウェアの設計書を見ると、これが実に素晴らしい。ここまで完成度の高いパッケージはないだろうと考えて、これを扱いたいということで会社に企画書を書いて提出したんです。しかし、ドイツの訳の分からない会社の商品を扱うわけにはいかないといって、私の企画書は却下されました。それならもう自分でやろう。自分たちで独立した方が手っ取り早いということで独立したんです。


葛西敬之

未来を展望するには、歴史を学ぶことが重要。


小宮一慶

日本の企業は目標を掲げるときに、こうありたい姿ばかりにとらわれがちです。本当に大切なのはそれに至るプロセスです。そこが戦略、戦術です。具体的に取り組むことがなければ、戦略が成功することは、まずありえません。その最初のステップが数字だと私は思っています。何でも数値化する。ビジネスにおいてはほとんどすべてのものが数値化できます。


高井英幸

僕はともかく映画をたくさん見ていましたが、これは制作に行ったとき、ものすごい武器になりました。どんなに有名な監督さんに会おうと、有名な俳優さんに会おうと、彼らが関わった映画をほとんど全部観ているわけですから、非常に信頼を獲得しやすかったのです。


石毛直道

他人が手を付けていない分野に取り組む。私がやっている学問で言えば、参考文献も引用文献もない仕事をしたい。全部、自分の独自調査とオリジナリティだけで勝負しなければならない。実にしんどい作業です。しかし、楽しい作業でもあるのです。私の専門は文化人類学の中の食事文化と呼ばれる領域です。


山極寿一(山極壽一)

一緒にいる仲間は自分の利益を高めてくれる人だ、という志向性が強まっています。そうでない人は「敵」と見なすわけで、その結果、社会が閉鎖的になっていく。それはサル社会に似ています。例えば食物があってサルが集まると、強い者がいると分かった瞬間、弱い者は諦めてその場を離れて違う食物を探します。ほかのサルも強い者に加勢し、負けた者はとっとと引き下がるからトラブルが起きない。非常にうまくできている。効率を求めた資本主義社会も同じで、こうしたルールで動いていくと格差が拡大していく。


森川亮

結果にこだわる人は「今」はどうでもよくて、「未来の結果」が一番大事です。そこから逆算して、今の方法では結果が出ないと気づけば、素早く変えて、柔軟に新しい方法を取り入れていく。そうした「自分を変えるスピード」もこれからは重要。


千葉智之

同じ会社、同じ部署には、やっぱり似た者同士が集まっているんですよね。そんな世界を広げてくれるのが、僕にとってのランチ。できる限りアポを入れるようにし、デスクの上で10分ランチなんていうことがないように心がけています。昼なら、誘いやすいのもメリットですね。


リンダ・グラットン

私は社会学、心理学、人類学、経済学など幅広いジャンルの本を1年間におよそ100冊読んでいます。本選びの基本は、「書評を読んで興味の湧く本」「本に出ている面白そうな参考文献」「世界中の友人から聞いて興味を持った本」の3つです。関心を持っている著者の本はすべて読むようにしています。


加藤智治

会社が歩んできた歴史や現場で働く人たち、そして商品そのものへの敬意を持ち、それを言葉にして伝えることを大事にしてきました。


原田隆史

日誌をつけるポイントは、マイナスを反省するのではなく、自分で自分を褒めることです。日誌をいい意味での自画自賛ツールにするのです。仕事で上手くいったこと、いかに壁を乗り越えたか、上司からの励ましなどのメモの蓄積は、心の栄養となります。自己肯定感が高まり、自分の存在価値や居場所があることを再認識でき、スランプに陥っても振り返って読み返せば急速充電できます。


ページの先頭へ