名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野幸治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野幸治のプロフィール

中野幸治、なかの・こうじ。日本の経営者。酒造会社「中野BC」社長。和歌山県出身。宝酒造を経て家業の中野BCに入社。3代目蔵元に就任。

中野幸治の名言 一覧

時々は蔵に行って感覚を途切らせないようにしないといけないと思っています。同様に営業の人たちにも造りの知識と感覚は持ってもらうために、蔵に来るように言っています。


地方創生が叫ばれる中、いかに生産者とのコラボレーションを実現させていくかが地方にとって生き残るためのカギ。


昭和55年頃から梅酒造りを始めたのですが、味にこだわって、時代に流されずにやって来たことが良かったのか。強みである一方で弱みでもありますが。一つの重要な基盤になっていることは確かですね。


私は会社に戻る前の1年間、中小企業大学校の経営者育成コースに通っていました。そこで、自社の経営分析なども行なっていたので、研究の中で会社の現状を知ることも必要でしたし、伸ばすべきところ、必要なものなどを入社前に考えることができました。


現在、日本洋酒酒造組合は、酸味料や着色料を添加せず、梅と糖類、酒類のみで造る梅酒を「本格梅酒」とする基準を作り、和歌山県も「本格梅酒」のPRに力を入れています。昔ながらの梅酒と添加物を使った梅酒を差別化することで、梅酒のブランドづくりや、原材料の青梅の需要拡大につなげているのです。


もっと和歌山に貢献していきたい。和歌山の代表的な果実である梅を生産している梅農家の成長が和歌山の活性化につながると考えました。そのためには梅農家との連携が欠かせません。加工会社である当社ならでの取り組みを始めました。


和歌山県って、まだまだ日本酒のイメージが薄いように思います。がんばっている人もいるのですが、県としてのカラーと言うか、まとまりという部分でもっと協力してアピールしていきたいですね。まだ知られていない、ということは可能性が大いにあるということです。やらなければならないこと、できることがまだまだありますから。


中野幸治の経歴・略歴

中野幸治、なかの・こうじ。日本の経営者。酒造会社「中野BC」社長。和歌山県出身。宝酒造を経て家業の中野BCに入社。3代目蔵元に就任。

他の記事も読んでみる

浅野茂太郎

欧米の会社なら(リストラを)やるかもしれないけど、うちはやりません。余裕の出た人材には新しい事業をやってもらいます。
【覚え書き|明治乳業と明治製菓の合併時の発言】


泉谷直木

僕も若いころは、歴代の素晴らしいトップに仕えながら、「この人はどういう構想を持っているんだろう」と知恵を絞っていました。表向きの話だけではなく、裏側のサインも読み取ろうと必死でした。しかし、それには大変な努力が必要です。そこで、初めから頭の中を公開しておこうと決めたのです。それが社長室のホワイトボードです。


金子豊久

リーマンショックはどうしようもない状況でしたが、その難局を社員一丸となって乗り越えました。材料をいち早く処理・加工する現場スタッフ、それらを支える事務スタッフも皆必死で、知恵を出し合い問題を解決して、たくさんの在庫を徐々に減らしていきました。


西本博嗣

成長が著しいのは「ヘルスケア」などの医療関連事業です。世の中に必要とされている分野であること、また新参者だからこそ、業界のしがらみにとらわれず、お客様に一番近い感覚で事業を展開してきたことで、現在のポジションを築けているのだと思っています。


エバ・チェン(経営者)

サイバー攻撃は冗談ではなく、現実の脅威です。海外の事例は対岸の火事ではなく、日本にも大きく影響する話です。傍観したり、自社のセキュリティ対策を過信するのは禁物です。


高城幸司

営業という言葉の定義は広い。途上国に数千億円のプラントを売るのも、飛び込みでシュレッダーを売るのも、同じ営業に括られる。それは「お客の接点になる」という点では共通だからだ。どんな会社でもモノを売るのは営業の仕事だ。


齋藤孝(教育学者)

「上司や先輩から注意・叱責を受けるのは当たり前、顧客や取引先から要望・クレームを受けてこそ仕事」と常に身構えていれば、いざというときにも受け身がとれる。


川淵三郎

新しいことを始めるとき、抵抗があるのは当然。その壁を乗り越えるために必要なものは3つ。1つ目は、夢と理念。これがなければ向かう先が決まらない。2つ目は、実現のための方法。3つ目は、負けてたまるかという心意気。


和田秀樹

決められた時間内作業では、最初と最後に集中度合が際立って高まります。最初はまだフレッシュですし、最後は終わりが見えてくる。大事な仕事をそこに設定するのも手です。


田口佳史

中国古典を紐解けば、義はどういう意味かというと「犠牲」から来た言葉です。つまり、「犠」も「牲」も生贄ですから、生贄とは何かというと己の命を差し出すから全部を助けてくれという意味なんです。そこに義があるということは、私情や私欲が全然ない。あったら義にならない。その覚悟がある人を義人などというんです。


鈴木喬(経営者)

今は何でもある時代ですから、比較対照できない「新しいもの」を出さないとヒットしません。だから、役員、支店長、営業、すべてが反対するぐらいの商品の方がいい。


松井道夫

自分の欲求を実現するには、しつこくやればいいんです。まさに、念ずれば通ず。こうありたい、こうなりたいと、百回、千回、万回唱えていれば、おのずとそういう行動をとるものです。「人間、できないことはない」なんて言うつもりはないですけれど、できないとあきらめた時点で、もうできません。しつこく、できるまでやる。