名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野幸治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野幸治のプロフィール

中野幸治、なかの・こうじ。日本の経営者。酒造会社「中野BC」社長。和歌山県出身。宝酒造を経て家業の中野BCに入社。3代目蔵元に就任。

中野幸治の名言 一覧

時々は蔵に行って感覚を途切らせないようにしないといけないと思っています。同様に営業の人たちにも造りの知識と感覚は持ってもらうために、蔵に来るように言っています。


地方創生が叫ばれる中、いかに生産者とのコラボレーションを実現させていくかが地方にとって生き残るためのカギ。


昭和55年頃から梅酒造りを始めたのですが、味にこだわって、時代に流されずにやって来たことが良かったのか。強みである一方で弱みでもありますが。一つの重要な基盤になっていることは確かですね。


私は会社に戻る前の1年間、中小企業大学校の経営者育成コースに通っていました。そこで、自社の経営分析なども行なっていたので、研究の中で会社の現状を知ることも必要でしたし、伸ばすべきところ、必要なものなどを入社前に考えることができました。


現在、日本洋酒酒造組合は、酸味料や着色料を添加せず、梅と糖類、酒類のみで造る梅酒を「本格梅酒」とする基準を作り、和歌山県も「本格梅酒」のPRに力を入れています。昔ながらの梅酒と添加物を使った梅酒を差別化することで、梅酒のブランドづくりや、原材料の青梅の需要拡大につなげているのです。


もっと和歌山に貢献していきたい。和歌山の代表的な果実である梅を生産している梅農家の成長が和歌山の活性化につながると考えました。そのためには梅農家との連携が欠かせません。加工会社である当社ならでの取り組みを始めました。


和歌山県って、まだまだ日本酒のイメージが薄いように思います。がんばっている人もいるのですが、県としてのカラーと言うか、まとまりという部分でもっと協力してアピールしていきたいですね。まだ知られていない、ということは可能性が大いにあるということです。やらなければならないこと、できることがまだまだありますから。


中野幸治の経歴・略歴

中野幸治、なかの・こうじ。日本の経営者。酒造会社「中野BC」社長。和歌山県出身。宝酒造を経て家業の中野BCに入社。3代目蔵元に就任。

他の記事も読んでみる

小飼雅道

性能と製造原価の両方を最適にするために、R&D(研究開発)と生産技術が一体になって活動してきました。知恵を出し合って、マツダ全体で最適解を出す。我々は、我々の歩幅に合った研究開発や生産のやり方を見いだしたのです。


田中良和(GREE)

他社を意識しても、自分の会社にイノベーションを起こすことにはつながりません。僕らが商品開発をするとき考えるのは、ユーザーが何を求めているかや、世界がどのように変わるかといったことで、他社の動向やビジネスモデルは関係ないのです。


竹村富士徳

今、リーダーに必要なことは、部下から「あの人だったらついていきたい」と思ってもらえる人物になるために、まず人格を磨くことです。


松本晃(経営者)

大事なことは、将来を意識したうえで現状を変えることです。


藤高豊文

年数回、今治から東京の展示会に出展するだけでは限界がありました。銀座に拠点があれば、年中展示会をやっているようなものです。5年前から、小ロット多品種に対応するようにし、これまで対象としていなかった業種や使い方の提案をしています。藤高は今やっと、第2ステージに立ったところだと思っています。


落合寛司

成果報酬型の給与体系では年収が下がるといったことも当然あります。ですから、それを月々の給与にしてしまうと、1回もらったらそのまま変わらなく支給されてしまうので意味がなくなります。それで私は給与を一般的な固定費として考えず、変動費に切り替えました。通常の給与の固定費はそんなに変えず、賞与という変動部分で多く出すようにしたんです。年3回、賞与が出ます。そうすると、これは成績の労働分配ですから成績が上がればより多く出ますし、成績が上がらなければ下がります。賞与にすることによって固定費の人件費を変動費に変えたわけです。ですから、思い切ってお金を出せるようになりました。


大泉洋

毎年誕生日ごとに、今年はどんな年にしようかなとザックリとした目標を掲げるんですよ。去年は「肉体改造」。今年は「修得する」ですね。いろんなことが修得できればいいかなと思っています。それは仕事に限りません。いま、書道を習ってるんですよ。


吉野真由美

通常、依頼する立場は、それを受けるかどうかの主導権を相手に握られている弱い立場です。ところが、劣勢な状況を一瞬で優勢に転じることのできる言葉があります。「ご関心がない場合は、はっきりお断りください」。余裕を持ってこう言い切ると、形勢が逆転し、こちら側に場の主導権が移ることがあります。また、もともと買う気のない顧客を峻別することができ、時間の無駄がなくなります。


梅原一嘉

良い関係がなければ、良い取引は出来ない。


橘フクシマ咲江

エグゼクティブ・サーチ(ヘッドハント)のとき、候補者の方から、朝6時、あるいは22時といった時間帯を指定されることもありますが、極力先方の意向に合わせます。そのタイミングを逃してしまうと、次にいつアポがとれるかわからないからです。このような早朝、深夜のリクエストに対応するためにも、基本的には毎日4時間睡眠です。


佐藤琢磨

僕は全然天才じゃない。天才だったら、一発で、ターゲットというか、行きたいところに行けるでしょう。僕は、がむしゃらに背伸びしてトライしてアタックして、ようやくそこに到達できるんです。


山口範雄

味の素創業者鈴木三郎助は、創業の翌年には台湾へ売り込みに行っていますし、その7年後にはニューヨーク事務所を開設しています。このように地球規模の発想も創業者たちから綿々と受け継がれてきたものです。