名言DB

9425 人 / 110833 名言

中野幸治の名言

twitter Facebook はてブ

中野幸治のプロフィール

中野幸治、なかの・こうじ。日本の経営者。酒造会社「中野BC」社長。和歌山県出身。宝酒造を経て家業の中野BCに入社。3代目蔵元に就任。

中野幸治の名言 一覧

時々は蔵に行って感覚を途切らせないようにしないといけないと思っています。同様に営業の人たちにも造りの知識と感覚は持ってもらうために、蔵に来るように言っています。


地方創生が叫ばれる中、いかに生産者とのコラボレーションを実現させていくかが地方にとって生き残るためのカギ。


昭和55年頃から梅酒造りを始めたのですが、味にこだわって、時代に流されずにやって来たことが良かったのか。強みである一方で弱みでもありますが。一つの重要な基盤になっていることは確かですね。


私は会社に戻る前の1年間、中小企業大学校の経営者育成コースに通っていました。そこで、自社の経営分析なども行なっていたので、研究の中で会社の現状を知ることも必要でしたし、伸ばすべきところ、必要なものなどを入社前に考えることができました。


現在、日本洋酒酒造組合は、酸味料や着色料を添加せず、梅と糖類、酒類のみで造る梅酒を「本格梅酒」とする基準を作り、和歌山県も「本格梅酒」のPRに力を入れています。昔ながらの梅酒と添加物を使った梅酒を差別化することで、梅酒のブランドづくりや、原材料の青梅の需要拡大につなげているのです。


もっと和歌山に貢献していきたい。和歌山の代表的な果実である梅を生産している梅農家の成長が和歌山の活性化につながると考えました。そのためには梅農家との連携が欠かせません。加工会社である当社ならでの取り組みを始めました。


和歌山県って、まだまだ日本酒のイメージが薄いように思います。がんばっている人もいるのですが、県としてのカラーと言うか、まとまりという部分でもっと協力してアピールしていきたいですね。まだ知られていない、ということは可能性が大いにあるということです。やらなければならないこと、できることがまだまだありますから。


中野幸治の経歴・略歴

中野幸治、なかの・こうじ。日本の経営者。酒造会社「中野BC」社長。和歌山県出身。宝酒造を経て家業の中野BCに入社。3代目蔵元に就任。

他の記事も読んでみる

西任暁子(西任白鵠)

いまはパワーポイントなどのツールに頼る人が多いのですが、プレゼンではあくまでスピーチがメイン。徹夜で資料を用意し、「あとはこの通りしゃべれば、なんとかなるだろう」と考えるのでは、意識が逆です。資料はしょせん、過去につくったもの。大事なのは、いまプレゼンの場で話しているあなた自身です。この場にいる自分が、目の前にいる一人ひとりの信頼を勝ち取ってゆく。その意識を強く持てば、役員の心を動かすこともできるでしょう。


福沢諭吉

人生において偶然に得たものは、また偶然に失うこともある。


今井雅人

過信・慢心による過剰リスクは崩壊を招く。


岩田松雄

私には、合計3社、8年間の社長経験があります。その経験から、企業経営にとって一番大切なものは「ミッション(使命)」だと痛感しました。「ミッション」とは、企業の存在理由です。


弘兼憲史

情報収集の仕方は変われど、今も昔もビジネスパーソンにとって、「情報」は武器の1つになることは変わらない。


北尾吉孝

ストレスを抱える人が多いといわれる時代ですが、ストレスが生じる理由のひとつに、高望みしすぎるということがあるのではないでしょうか。バラ色のストーリーを描きすぎるということです。ものごとは9割方うまくいかないものだと考えればいいのです。うまくいかなくて当たり前だと思えばこそ知恵も出ます。A案が駄目ならB案、C案でと用意する。A案だけ考えて、うまくいくはずだと思うから、駄目だったときに打ちひしがれてしまうのです。


新井直之(執事)

私どものお客様には、大きく分けて2種類のお金持ちがいます。代々の財を継承された方、一代で事業を成功させた方です。ただし、お金持ちであり続ける方法は共通しています。それは事業を継続させ、投資をし、節税をすること。皆様「お金の使い方」についてしっかりと学ばれています。


裙本理人

私たちが変形性膝関節症に着目したのも、脂肪幹細胞が応用できる症例の中で特に患者数の多い病気であり、それだけ社会貢献性が高いと判断したため。


泉谷直木

叱るときもユーモアが必要だ。部下を叱るのはあくまで成長を期待してのことだから、最後はユーモアで癒やしを与え、やる気を引き出して話を終えるのである。


渡辺明(渡邊明)

先が読めないような「リスク大の一手」を必ず予想します。そうしないと、万が一、相手がその手を出してきたとき、動揺してパニックになり、相手のペースに飲み込まれてしまう。