名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野孝次の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野孝次のプロフィール

中野孝次、なかの・こうじ。日本の作家、ドイツ文学者。千葉県出身。大工の父の教育方針から旧制中学に進学できなかったため、猛勉強で専検に合格し、旧制中学卒業資格を取得。その後、旧制第五高等学校(のちの熊本大学)を経て、東京大学文学部独文科を卒業。会社員を経たのち、國學院大学で教鞭をとる。その後同大学文学部教授に就任。『ブリューゲルへの旅』で日本エッセイストクラブ賞、『麦熟るる日に』で平林たい子文学賞、『ハラスのいた日々』で新田次郎文学賞、『暗殺者』で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。そのほか、ベストセラーとなった『清貧の思想』などを含む数多くの著作を残した。

中野孝次の名言 一覧

所有が多ければ多いほど人は心の自由を失う。


世間ではともすれば金銀でも持ち物でも多く所有すればするほど人は幸福になると信じているようであるが、これくらい間違った考え方はない。


日本にはかつて清貧という美しい思想があった。所有に対する欲望を最小限に制限することで、逆に内的自由を飛躍させるという逆説的な考え方があった。


生きている間に生を楽しまないでいて、いざ死に際して死を恐れるのは道理にも合わぬことではないか。人が皆このように本当に生きているいまを楽しまないのは、死を恐れないからである。いや、死を恐れないのではない。死の近いことを忘れているからに他ならない。


自分が生きて存在しているという、これに勝る喜びがあろうか。死を憎むなら、その喜びをこそ日々確認し、生を楽しむべきである。


中野孝次の経歴・略歴

中野孝次、なかの・こうじ。日本の作家、ドイツ文学者。千葉県出身。大工の父の教育方針から旧制中学に進学できなかったため、猛勉強で専検に合格し、旧制中学卒業資格を取得。その後、旧制第五高等学校(のちの熊本大学)を経て、東京大学文学部独文科を卒業。会社員を経たのち、國學院大学で教鞭をとる。その後同大学文学部教授に就任。『ブリューゲルへの旅』で日本エッセイストクラブ賞、『麦熟るる日に』で平林たい子文学賞、『ハラスのいた日々』で新田次郎文学賞、『暗殺者』で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。そのほか、ベストセラーとなった『清貧の思想』などを含む数多くの著作を残した。

他の記事も読んでみる

古森重隆

誰だって、改革は嫌ですよ。企業の場合リストラしたり、長年付き合った取引先を切ったりしなければならないことだってあるでしょう。でも会社が潰れたら、元も子もない。そのためにダイナミックに改革しなきゃいけない。この改革のダイナミズムを理解、実感できるかどうかでリーダーの良し悪しが決まります。


森川亮

変える勇気を持つことが成功につながる。変化を恐れて何もしないでいると、ジリ貧になっていくだけ。自ら積極的に行動を起こすことが大切。


本田有明

「現状をなんとかしなくては」と問題意識を持ちながら、社内で意見を述べる場がなく、陰で方針批判をしているような部下に対しては、本人の意識が建設的な方向に向かうよう導きます。たとえば「このプロジェクトはこのままだと失敗する」と陰で言っている部下がいたら、呼び出して「どこに問題があるのか、君の意見を聞かせてほしい」と尋ねるのです。「批判する以上、何か改善案を持っているはず」という前提で、陰口を表に出してしまう。もし建設的な意見があれば参考にするし、聞いた意見が役に立たなかったとしても、真摯に部下の意見を聞く姿勢を見せるだけで、「今度の課長は下の意見に耳を傾けてくれる」と評判になります。


養老孟司

同じ古典作品を何年か空けて読み返すといいんです。読み返すたびに、自分の成長を確認できるのですから。


小泉光臣

私が本社にいたって、何の付加価値にもなりません。現場・現物主義なので、自分の目で見たもの、触ったもの以外は信じられないんです。


ロバート・キヨサキ

パートナーの資産やリソースを活用するだけでは十分ではない。あなたの目標や価値観を共有できる適切なパートナーを選ぶことが重要だ。正しいパートナーを選択できるか否かが成功と失敗を分けるものになり得る。


マザー・テレサ

人々は与えることを学ばなければなりません。でも、与えることを義務と考えるのではなく、与えることを願いとすることが大切です。


築山節

脳の回転数をさらに上げようと思ったときに有効な方法は、「これだけの仕事を何時までに終わらせよう」と時間制限を与えること。試験のように時間を制限されることで、回転数が上がります。通勤電車はそんな状況を作り出す最適な場所でしょう。


福井正憲

福寿園の歴史を振り返ると、その時代に価値ある企業であったからこそ、生き残ってきたのだ。単に守るのではなく、その時代に価値あるものを提供してきたからこそ今日がある。


大前研一

教えない大学。僕が作ったビジネス・ブレークスルー大学のコンセプトはこれです。一番は、この「教えない」というコンセプトに尽きる。大学受験をゴールに「答えはこれだ」と先生が「teach(教える)」するのが、日本の教育スタイルだった。確かに戦後の高度成長期には最良の手法。だけど、いまはとっくに「答えの無い時代」になっているよね。急速にグローバル化、IT化が進み、プレイヤーが入り乱れ、変化も加速した。人類が初めて踏み入れた世界が広がっている。答えがどれかなんて誰もわからないよ。答えが無いなら、どうすればいい? 自分の頭で考え「自分で答えを見つける」しかないよね。そう、僕の作ったビジネス・ブレークスルー大学は生徒が自ら気づき、答えを探すプロセスを手伝う場。つまり「teach」ではなく「learn(学ぶ)」の場というわけだ。


松本幸夫

自分一人で大量に仕事を抱え込まないためには、思い切ってほかの人に任せることが大切です。頼みごとが受け入れられるか否かは、日ごろからのコミュニケーションがものをいいます。自分から先に業務を手伝い、頼みごとをするときは相手の状況を読みタイミングを計る。時間のかかりすぎる仕事は頼まず、相手の得意のジャンルを中心に、「ぜひ」「あなただから」とプライドを満たすように頼むのもコツです。


ヘンリー・フォード

私はいままでどんな人でも採用してきたし、一度採った者は絶対に解雇しない主義でやってきた。車をつくるのではなく人間をつくるつもりなのだ。解雇は絶対にしない。
【覚書き|大不況を解雇なしで乗り切ったときの発言】