名言DB

9429 人 / 110879 名言

中野孝次の名言

twitter Facebook はてブ

中野孝次のプロフィール

中野孝次、なかの・こうじ。日本の作家、ドイツ文学者。千葉県出身。大工の父の教育方針から旧制中学に進学できなかったため、猛勉強で専検に合格し、旧制中学卒業資格を取得。その後、旧制第五高等学校(のちの熊本大学)を経て、東京大学文学部独文科を卒業。会社員を経たのち、國學院大学で教鞭をとる。その後同大学文学部教授に就任。『ブリューゲルへの旅』で日本エッセイストクラブ賞、『麦熟るる日に』で平林たい子文学賞、『ハラスのいた日々』で新田次郎文学賞、『暗殺者』で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。そのほか、ベストセラーとなった『清貧の思想』などを含む数多くの著作を残した。

中野孝次の名言 一覧

所有が多ければ多いほど人は心の自由を失う。


世間ではともすれば金銀でも持ち物でも多く所有すればするほど人は幸福になると信じているようであるが、これくらい間違った考え方はない。


日本にはかつて清貧という美しい思想があった。所有に対する欲望を最小限に制限することで、逆に内的自由を飛躍させるという逆説的な考え方があった。


生きている間に生を楽しまないでいて、いざ死に際して死を恐れるのは道理にも合わぬことではないか。人が皆このように本当に生きているいまを楽しまないのは、死を恐れないからである。いや、死を恐れないのではない。死の近いことを忘れているからに他ならない。


自分が生きて存在しているという、これに勝る喜びがあろうか。死を憎むなら、その喜びをこそ日々確認し、生を楽しむべきである。


中野孝次の経歴・略歴

中野孝次、なかの・こうじ。日本の作家、ドイツ文学者。千葉県出身。大工の父の教育方針から旧制中学に進学できなかったため、猛勉強で専検に合格し、旧制中学卒業資格を取得。その後、旧制第五高等学校(のちの熊本大学)を経て、東京大学文学部独文科を卒業。会社員を経たのち、國學院大学で教鞭をとる。その後同大学文学部教授に就任。『ブリューゲルへの旅』で日本エッセイストクラブ賞、『麦熟るる日に』で平林たい子文学賞、『ハラスのいた日々』で新田次郎文学賞、『暗殺者』で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。そのほか、ベストセラーとなった『清貧の思想』などを含む数多くの著作を残した。

他の記事も読んでみる

キケロ

「名誉を軽んじろ」と書物に書く人も、我が名をその書物に記している。


織田信長

太刀の下は地獄よ、生死は一定(いちじょう)の定め事、この期(ご)に及び迷い相(あい)なし。


久夛良木健

昔のソニーはその製品を使ってどんな体験ができるかということを提示するのが上手でした。「ウォークマン」は、どこにいても自分の世界が常に音楽に包まれているという、それ以前にはなかった体験をユーザーに提供したのです。


渡文明

読み書き能力を増強する方法はふたつ。ひたすら読むことと、書くことです。私自身は、日ごろから文章の音読に努めています。たとえば、最近よく講演を行う機会がありますが、その原稿は必ず口に出して読む。黙って読んでいると見過ごしてしまうようなミスにも気づくことができます。


梅原大吾

物事を徹底的にやりこめば、才能や年齢といった「抗えない壁」なんて突き破れると思っています。


越智直正

我が社が世間から注目を集めた理由のひとつに、独自の生産供給体制を構築したことがあります。在庫を増やすことなく、お客様が求める商品を確実に提供する方法はないか。注文を受けてからつくるラーメン屋のように、1足単位で生産し店頭に補充していくシステムを試行錯誤の末に構築しました。これは「売れ残った靴下はクズ下や」と、丁稚奉公時代に散々怒鳴られ、ときにどつかれた経験が下地にあります。1足単位でつくる現在の体制は、ほぼ理想に近いものができたと考えています。


加藤浩次

仕事なんだから努力するのは当たり前。1日1日を自転車操業のようにもがいてきた結果、9年も番組が続いてきた。これは、素直にありがたいことです。

【覚え書き|「スッキリ!!」について】


アラン・グリーンスパン

サダム・フセインの大量破壊兵器を心配していると米英は公言していたが、同時に米英当局は、世界経済を機能させるために必須の資源を有する地域の暴力にも憂慮していた。誰もが知っていることを認めるのが政治的に不都合であるのは残念なことだ、すなわちイラク戦争が主に石油に関するものであることを。


田村潤

私は常に「お客様のために喜ばれることをしよう」と行動指針となるビジョンをまず伝えた。ただ、そのための「手法」は、現場を知る一人ひとりの営業マンからの声や提案を聞き入れたのです。上から下に命令を出すのではなく、皆で一緒に考えて、目標に向かっていく。部下という立場や肩書きは関係なく、いい意見は採用し、上司でも悪い意見は採用しない、と。


桐山一憲

会議に限らず職場では、さまざまな意見が飛び交いますが、意見が出るのはよいことで、ディベートをたくさんしようと言っています。