名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野孝次の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野孝次のプロフィール

中野孝次、なかの・こうじ。日本の作家、ドイツ文学者。千葉県出身。大工の父の教育方針から旧制中学に進学できなかったため、猛勉強で専検に合格し、旧制中学卒業資格を取得。その後、旧制第五高等学校(のちの熊本大学)を経て、東京大学文学部独文科を卒業。会社員を経たのち、國學院大学で教鞭をとる。その後同大学文学部教授に就任。『ブリューゲルへの旅』で日本エッセイストクラブ賞、『麦熟るる日に』で平林たい子文学賞、『ハラスのいた日々』で新田次郎文学賞、『暗殺者』で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。そのほか、ベストセラーとなった『清貧の思想』などを含む数多くの著作を残した。

中野孝次の名言 一覧

所有が多ければ多いほど人は心の自由を失う。


世間ではともすれば金銀でも持ち物でも多く所有すればするほど人は幸福になると信じているようであるが、これくらい間違った考え方はない。


日本にはかつて清貧という美しい思想があった。所有に対する欲望を最小限に制限することで、逆に内的自由を飛躍させるという逆説的な考え方があった。


生きている間に生を楽しまないでいて、いざ死に際して死を恐れるのは道理にも合わぬことではないか。人が皆このように本当に生きているいまを楽しまないのは、死を恐れないからである。いや、死を恐れないのではない。死の近いことを忘れているからに他ならない。


自分が生きて存在しているという、これに勝る喜びがあろうか。死を憎むなら、その喜びをこそ日々確認し、生を楽しむべきである。


中野孝次の経歴・略歴

中野孝次、なかの・こうじ。日本の作家、ドイツ文学者。千葉県出身。大工の父の教育方針から旧制中学に進学できなかったため、猛勉強で専検に合格し、旧制中学卒業資格を取得。その後、旧制第五高等学校(のちの熊本大学)を経て、東京大学文学部独文科を卒業。会社員を経たのち、國學院大学で教鞭をとる。その後同大学文学部教授に就任。『ブリューゲルへの旅』で日本エッセイストクラブ賞、『麦熟るる日に』で平林たい子文学賞、『ハラスのいた日々』で新田次郎文学賞、『暗殺者』で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。そのほか、ベストセラーとなった『清貧の思想』などを含む数多くの著作を残した。

他の記事も読んでみる

為末大

「自分がなぜそれを目指すのか」と認識している人は、失敗しても、この失敗が自分にとって何を意味するのか、どんな影響があるのかという解を見つけやすい。


寺尾恵介

「不動産投資」とひと言に言っても、様々な方法があります。「投資」を「スポーツ」になぞらえるなら、「不動産投資」は「陸上競技」くらい幅の広い概念です。100メートル走もあればマラソンもあり、ハンマー投げもある。それぞれ、必要とされる能力も、トレーニングの仕方も、全然違います。100メートル走とマラソンに優劣があるわけではないように、不動産投資の様々な方法にも、優劣があるわけではありません。問題は、自分の投資スタンスに合っているかどうかです。


藤井孝一

アウトプットして初めて、勉強する意味があるのだと思います。学んだことを仕事に活かす。「学んだら稼ぐ」という意識が、社会人には必要だと思います。


天坊昭彦

誰かをつかまえて一杯やりながら、ほろ酔い加減で「こうだよな」と頭に思い浮かんだことを、シチュエーションを変えて三回検証してみる。それで答えが変わらなければ実行するだけです。


森辺一樹

先進国であれば、「品質がよければ当然価格も高い」が通用するが、新興国はそうはいかない。新興国では新興国に合った価格戦略が必要。


楳図かずお

僕はこれまで、誰も描かないようなおどろおどろしい作品をたくさん描いてきました。でもそれは、怖い話をつくりたかったからではなく、「恐怖」という最も本質的な感情を通して人間を描きたかったからです。「美しい」という感情もそう。それらを抜きに、人間を描くことはできません。


松岡修造

ツラい場面で「もうできない」という自分の心の声が聞こえたら、「できる」と言い聞かせる。何度もやれば、本当にできる気持ちになってくる。性格は変えられなくても、心は変えられる。


小川淳司

成功の確率を少しでも上げられるよう、選手にアドバイスをすることもありますが、それがすぐに活きるということはまずありません。「監督のアドバイスで結果が出た」とスポーツ紙にはよく書いてありますが、実際には長く複雑なプロセスを経て結果が出ているんです。


三浦展

人びとが直して使うことが楽しいと思えるようになってきています。そもそも、まだ使えるのにどんどん新品に買い替えさせようというシステムが反エコでしょう。もう、消費者に長く使われるような産業のサイクルではまずいわけです。そういう分野は中国に任せてしまって、日本はリペア(修理)やメンテナンス産業をもっと伸ばしたほうがいい。それが当然だという世の中になれば、そこに雇用が生まれるし、技術も伝承されます。それが消費拡大につながっていくと思います。


長沼睦雄

自分を素直に受け入れ、その上で、より生きやすい自分になるために、自分を肯定していきましょう。すると、敏感な自分が嫌いではなくなり、クヨクヨすることが減ります。


松本正義

アジアに目を向けることでその中からダイヤモンドを見つけることができるはずです。これまでアジアに対しては日本でつくったものを売る。工場を建設する。あるいは技術を教える。という形で付き合ってきましたが、今や勢いのある企業がどんどん育ってきています。そうであるなら、彼らを日本に誘致する。そういう時代になりました。ただしいきなり誘致してもうんと言うはずもない。常日頃から目を向けて、ダイヤモンドを探しコラボレーションする。こういう努力を続けていく必要があります。


江上剛

大切なのは、時間の量ではなく質にフォーカスすること。