名言DB

9413 人 / 110706 名言

中野勘治の名言

twitter Facebook はてブ

中野勘治のプロフィール

中野勘治、なかの・かんじ。日本の経営者。三菱食品社長・会長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本冷蔵(のちのニチレイ)に入社。冷凍食品担当として電子レンジでつくるコロッケなどの開発に携わる。同社営業企画部長、取締役、常務、専務、ユキワ社長、アールアンドワイフードサービス社長、菱食(のちの三菱食品)副社長執行役員、菱食社長などを経て、三菱食品社長に就任。

中野勘治の名言 一覧

好奇心があれば感性は磨かれる。会社のことだけではなく、非日常の時間をつくることで感性を磨いていける。


歴史ある会社でも、時代の変化を先取りできる会社づくりが必要。


消費者のニーズをつかむために、意識していたのは自分の感性を磨くことです。たとえば、長期の休みには必ず海外旅行に行って一流ホテルに泊まる。自ら一生活者になっていろいろな経験をするために、自分への投資は惜しみませんでした。


生活者の意識が激変したわけです。我々はこの事実を正面から認識しなければいけないでしょう。


従来の成功の方程式のままでいいのか、まさに問われているのだと思います。日本は製造業に軸足を置きすぎていました。急激なパラダイムシフトの渦中にあることを自覚し、変化をどうとらえるかが、経営に問われています。


消費者は絶えず変化しています。過去の栄光にとらわれていると、たちどころに置いていかれます。我々は常に変化に対する恐れの心を持ち続けていかなければなりません。


科学的なマーケティング分析だけに頼っても失敗します。技術者が自らの技術に酔ってプロダクトアウト型の商品を開発してしまうのと同じで、マーケティング担当者も分析に酔ってしまいがちです。もちろん数字や検証は大事なのですが、それだけで答えが出せるわけではありません。要は感性と科学的マーケティングのバランスが重要なのです。


いまの時代は感性だけでは追いつかなくなってきた気がします。ツイッターやコミュニケーションツールの多様化で、消費者の方が情報を多く持ち始めている。感性に頼るだけでなく、科学的なマーケティングの重要性も感じています。


かつてニチレイで冷凍食品を担当していたころから、常にマーケットインを心がけてきました。それまでのマーケティングの仕事は、開発があげてきた商品をどう売るか、という完全なプロダクトアウトの発想でした。


中野勘治の経歴・略歴

中野勘治、なかの・かんじ。日本の経営者。三菱食品社長・会長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本冷蔵(のちのニチレイ)に入社。冷凍食品担当として電子レンジでつくるコロッケなどの開発に携わる。同社営業企画部長、取締役、常務、専務、ユキワ社長、アールアンドワイフードサービス社長、菱食(のちの三菱食品)副社長執行役員、菱食社長などを経て、三菱食品社長に就任。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

先手必勝で、相手の度肝を抜かなきゃケンカには勝てない。


藤井孝一

世には時間術やタイムマネジメントの指南書はごまんとあります。そこに書かれていることを実践していけば、より効率的に仕事をこなすことができるようになるでしょう。しかし、それではあなたが現在の忙しさから解放されるかといったら、おそらく無理でしょう。ついでに言うなら、それらのテクニックによって処理できる仕事の絶対量が増えたとしても、ビジネスパーソンとしてのあなたの価値は、大して高まらないかもしれません。


取出新吾

お金をかけて長く、豪華な動画を年に1~2本作るよりも、同じ金額を使うなら短いものを数多く作った方が、自治体の魅力は伝わる。


ブレンダン・フランシス・ビーハン

作家が最も書きたがるのは、小切手裏の受け取りサインだ。


中谷恭子

ショップは街の空気感にマッチしている必要がある。雑誌やネットからは伝わらない情報を五感でチェックすることが大切です。


落合寛司

本当の意味で相談してもらえるようになるまでは時間がかかりました。「銀行は雨が降ったら傘を取り上げる」と言われるように、金融機関に不信感を持つ人が多かった。もし本当のことを言ったら融資を引き上げられてしまう、と思えば相談などするはずがありません。それを一つ一つ実績をつくることで、信頼を勝ち得ていきました。


野部剛

営業先で「いつかは必要なんだけど今は……」という人には、商品の特徴を長々と述べるより「そんなにのんきに構えていていいの?」と危機感に訴える方がベターです。同じニーズでもその切迫度によって話し方を変えるべきです。


森正文(経営者)

お金のかからない事業にすることを第一に考えました。資金が尽きれば会社は倒産するということが骨身にしみていましたから。費用は人件費と広告宣伝費だけ。施設もいらない、仕入れ費用も掛からない。だから元手も小さくていい。銀行からの借り入れも一切せず、知人からの出資のみに絞りました。


上垣内猛

当社は、既存店の付加価値を高めることを最も重視しています。店の数が多ければいいというわけではなく、現在ある店舗という財産を伸ばすことが必要なのです。


柏木斉

チーム同士で業績を競争しながら、あるいはチーム内で競い合いながら、その人が持っているいいものを引き出し、足りないところは組織やチームで補っていけば、必ず世の中の期待に応えられるだろうと考えています。


家入レオ

これから先もいっぱい泣いて、いっぱい笑って、表現の力を磨いていきたい。経験するすべてを、自分の音につなげていきたい。


出口治明

勉強を始めるタイミングに、「遅い」ということはありません。「無知ほど人間を堕落させるものはない」と肝に銘じて、今日から始めましょう。


中村維夫

会社を面白くするためだけの施策はありません。まず、仕事を通じて自然に面白く感じることが大事だと思うのです。私たちの仕事には新しいものがいっぱい転がっているから、いろんなことができます。仕事が生きがい、やりがいにつながるといいと思います。


佐藤章(経営者)

若いうちに経験した失敗は、必ず将来の役に立つ。


大沢幸弘(経営者)

待遇を引上げたいなら、サービスレベルを上げて、顧客満足度を向上させるしかない。