名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

中野勘治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野勘治のプロフィール

中野勘治、なかの・かんじ。日本の経営者。三菱食品社長・会長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本冷蔵(のちのニチレイ)に入社。冷凍食品担当として電子レンジでつくるコロッケなどの開発に携わる。同社営業企画部長、取締役、常務、専務、ユキワ社長、アールアンドワイフードサービス社長、菱食(のちの三菱食品)副社長執行役員、菱食社長などを経て、三菱食品社長に就任。

中野勘治の名言 一覧

好奇心があれば感性は磨かれる。会社のことだけではなく、非日常の時間をつくることで感性を磨いていける。


歴史ある会社でも、時代の変化を先取りできる会社づくりが必要。


消費者のニーズをつかむために、意識していたのは自分の感性を磨くことです。たとえば、長期の休みには必ず海外旅行に行って一流ホテルに泊まる。自ら一生活者になっていろいろな経験をするために、自分への投資は惜しみませんでした。


生活者の意識が激変したわけです。我々はこの事実を正面から認識しなければいけないでしょう。


従来の成功の方程式のままでいいのか、まさに問われているのだと思います。日本は製造業に軸足を置きすぎていました。急激なパラダイムシフトの渦中にあることを自覚し、変化をどうとらえるかが、経営に問われています。


消費者は絶えず変化しています。過去の栄光にとらわれていると、たちどころに置いていかれます。我々は常に変化に対する恐れの心を持ち続けていかなければなりません。


科学的なマーケティング分析だけに頼っても失敗します。技術者が自らの技術に酔ってプロダクトアウト型の商品を開発してしまうのと同じで、マーケティング担当者も分析に酔ってしまいがちです。もちろん数字や検証は大事なのですが、それだけで答えが出せるわけではありません。要は感性と科学的マーケティングのバランスが重要なのです。


いまの時代は感性だけでは追いつかなくなってきた気がします。ツイッターやコミュニケーションツールの多様化で、消費者の方が情報を多く持ち始めている。感性に頼るだけでなく、科学的なマーケティングの重要性も感じています。


かつてニチレイで冷凍食品を担当していたころから、常にマーケットインを心がけてきました。それまでのマーケティングの仕事は、開発があげてきた商品をどう売るか、という完全なプロダクトアウトの発想でした。


中野勘治の経歴・略歴

中野勘治、なかの・かんじ。日本の経営者。三菱食品社長・会長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本冷蔵(のちのニチレイ)に入社。冷凍食品担当として電子レンジでつくるコロッケなどの開発に携わる。同社営業企画部長、取締役、常務、専務、ユキワ社長、アールアンドワイフードサービス社長、菱食(のちの三菱食品)副社長執行役員、菱食社長などを経て、三菱食品社長に就任。

他の記事も読んでみる

田中俊彦(経営者)

よくいろいろな人から「なんで無借金なのに上場するんですか?」と聞かれるんです。私は会社を成長させるためには、上場が一つの通過点だと考えています。やはり、成長は全てを凌駕する。そういう強い意志を持って会社を成長させていきたい。


ウィリアム・エックハート

普通の知性があれば、だれでもトレーディングを学ぶことができる。トレーディングはロケット科学ではないからね。


大久保薫(経営者)

会社設立後も2~3年はまだ土地の仕入れや販売をメインに行っていましたが、カインドエステートという会社名にしたことで、賃貸仲介のお客さんが来店するようになったのです。最初は事務の女性を一雇用したのですが、それでもどんどん忙しくなってきて社員を増やしていくうちに徐々に事業も賃貸へシフトしていきました。そこで気付いたのが、「売買よりも賃貸の方が堅い」ということ。基本的に商談したその日のうちに成約することが多いですし、売り上げや利益といた数字も見通すことができます。売買はなかなかそれが分からない。


佐藤優

お金の怖さは「限界効用逓減の法則」が通用しないこと。具体的に言うと、たとえば好きな食べ物でも、お腹いっぱいになったらもう要らないと思う。大酒のみの人だってウォッカを3本も空けてしまったら、もうお酒を見るのも嫌になるはず。これが「限界効用の逓減」で、どんなものでもある程度手に入れたら「満たされた」という感覚や「もういいや」という感覚になる。ところがお金は違う。欲望に際限がない。


遠山正道

自分が「やりたいこと」を事業にすることが大切。


神野元基

僕の実家から網走刑務所まで車で15分です。網走は本当に田舎でした。都会は人の個性を生かすことができるといいますか、異端な人でも、人口が多いので仲間に出会えます。でも田舎だと、ちょっと変わっているだけで浮いてしまう。僕も小学生のときは宇宙人と呼ばれていました。


大須賀正孝

段取りなしであてずっぽうで売ろうとしても売れるものじゃない。


伊庭正康

休暇を取るコツは、まず、半ば強引にでも、休む日程を決めてしまうこと。多くの人は、仕事の状況を見ながら、「余裕があるときに休もう」と考えがちですが、それではいつまで経っても休めません。余裕があるかどうかわからなくても、休むと決めてしまい、旅行の予約などをすれば、仕事を前倒しせざるを得なくなります。すると、どうすれば限られた時間内に仕事を終わらせることができるか、必死で考えるようになります。結果、どうにかなるし、仕事を素早く終わらせる方法も見つかるものです。


藤田晋

過去の選択を嘆くのは、はっきり言って時間のムダ。「時」は常に流れていて、今も何らかの選択を迫られているはず。過去を嘆く暇があるなら、今後の選択をどう決めていくか、考えるべきだ。


安田佳生

「失敗は成功の母」と言いますが、「成功は失敗の途中」とも言えます。失敗だけするのも難しいし、成功だけするのも難しい。人間は「ただ今、成功中」と「ただ今、失敗中」を多分ずっと繰り返している。


設楽洋

うちには普通の会社には順応できない人が大勢いますからね。腹が立つこともしょっちゅうです。「右向け右」と言ったらぱっと変わるような組織なら楽ですが、「やってくれ」と言っても、「ダメです」と平気で返してきますよ(笑)。


スティーブ・ヴァンアンデル

かつてはアムウェイという単一企業が様々な事業を行っていたので、現場では混乱も起きていました。持ち株会社制度に移行し、各事業を企業として独立させることで、その混乱を回避しました。アクセス・ビジネス・グループが調達を行い、アムウェイ・コーポレーションが母体となるビジネスを国際的な広がりをもって執行します。それを北米に限定して行っているのがクイックスター社です。