名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中野勘治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野勘治のプロフィール

中野勘治、なかの・かんじ。日本の経営者。三菱食品社長・会長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本冷蔵(のちのニチレイ)に入社。冷凍食品担当として電子レンジでつくるコロッケなどの開発に携わる。同社営業企画部長、取締役、常務、専務、ユキワ社長、アールアンドワイフードサービス社長、菱食(のちの三菱食品)副社長執行役員、菱食社長などを経て、三菱食品社長に就任。

中野勘治の名言 一覧

好奇心があれば感性は磨かれる。会社のことだけではなく、非日常の時間をつくることで感性を磨いていける。


歴史ある会社でも、時代の変化を先取りできる会社づくりが必要。


消費者のニーズをつかむために、意識していたのは自分の感性を磨くことです。たとえば、長期の休みには必ず海外旅行に行って一流ホテルに泊まる。自ら一生活者になっていろいろな経験をするために、自分への投資は惜しみませんでした。


生活者の意識が激変したわけです。我々はこの事実を正面から認識しなければいけないでしょう。


従来の成功の方程式のままでいいのか、まさに問われているのだと思います。日本は製造業に軸足を置きすぎていました。急激なパラダイムシフトの渦中にあることを自覚し、変化をどうとらえるかが、経営に問われています。


消費者は絶えず変化しています。過去の栄光にとらわれていると、たちどころに置いていかれます。我々は常に変化に対する恐れの心を持ち続けていかなければなりません。


科学的なマーケティング分析だけに頼っても失敗します。技術者が自らの技術に酔ってプロダクトアウト型の商品を開発してしまうのと同じで、マーケティング担当者も分析に酔ってしまいがちです。もちろん数字や検証は大事なのですが、それだけで答えが出せるわけではありません。要は感性と科学的マーケティングのバランスが重要なのです。


いまの時代は感性だけでは追いつかなくなってきた気がします。ツイッターやコミュニケーションツールの多様化で、消費者の方が情報を多く持ち始めている。感性に頼るだけでなく、科学的なマーケティングの重要性も感じています。


かつてニチレイで冷凍食品を担当していたころから、常にマーケットインを心がけてきました。それまでのマーケティングの仕事は、開発があげてきた商品をどう売るか、という完全なプロダクトアウトの発想でした。


中野勘治の経歴・略歴

中野勘治、なかの・かんじ。日本の経営者。三菱食品社長・会長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本冷蔵(のちのニチレイ)に入社。冷凍食品担当として電子レンジでつくるコロッケなどの開発に携わる。同社営業企画部長、取締役、常務、専務、ユキワ社長、アールアンドワイフードサービス社長、菱食(のちの三菱食品)副社長執行役員、菱食社長などを経て、三菱食品社長に就任。

他の記事も読んでみる

上田惇生

「あの会社にして、こんなことが」というケースがありますが、使命感が欠落していたということでしょう。状況を的確に把握し、自分の強みを知っていながら使命感がなかったらどうなるか。むしろとんでもないことになるでしょう。


豊島俊弘

当社は会社設立以来、一貫して「クロスボーダー」をメインコンセプトに、国境や既成概念などの枠を超えることで広がるビジネスチャンスに注目してきました。コンセプトに合致し、成長が期待できる事業や高い収益性が見込める資産に様々な形態の投資を行っています。


白石康次郎

結局「壁」を作り出しているのは人間の心。行く手を阻む風の大波を困難だと感じたり、恐れたりするのは人間です。波は波でしかない。大自然を前にすると、ジタバタしても始まらない。淡々と冷静に最善をつくすだけ。


鈴木喬(経営者)

相手のうまくいった仕事、自慢の娘、趣味……。誰でも自分が話したい話題があるものです。それを調べておくこと。話したいことを聞いてくれる人に対して、人は好印象を持つのです。


田崎太郎(経営者)

社員たちには、なるべく多くのチャンスを与えるように心がけています。例えばリーダーなどの役職に抜擢したり、事業へのアイデアがあれば実践させてみたり。挑戦することが、彼らを一流のビジネスパーソンへと育てていきます。


桐山一憲

当社には長い歴史で培ったカルチャーや働き方があり、それも時代に合わせて変化しています。


白洲次郎

6、7年かかってついた癖は、そう1年や2年でぬけるものではない。


おちまさと

会議には必ず「そもそもの目的」があって、それを達成することが、参加者全員に共通する勝利のイメージでなければならないからです。でも実際は、俺だけが目立てばいいとか、盛り上がればそれでよしという人が、どの業界にも実に多い。周りがどうだろうと、自分だけは常に「そもそもの目的」を忘れないことを心がけてください。


新田信行

銀行のできないことをやる組織が必要。地方の信用組合に、我々を「東京支店」として活用してもらい、組織価値を上げてもらいたい。


戴正呉

世界ではますます、スピードが勝負の分かれ目になっている。IoTの時代では、スピードをとにかく上げていかないと会社は生き残れない。シャープだけではなくて、他社もみんな意識は変わっています。その意味でも、シャープは創業当時のようなスピード感を取り戻す必要があります。


米濱和英(米浜和英)

経営者はワンマンで決断するだけでなく、現場に出て、自分の目で事実を確かめることもしなければなりません。


カリン・スローター

一筋縄ではいかない謎解きが物語の中心にくるよう、いつも心がけています。と同時にリアリティがあって興味深いキャラクターを生み出すよう、力を注いでいます。この両要素が備わり、「次に何が起こるだろう?」と読者が思わずにいられないようなストーリーであるかどうかが、私にとってもとても重要です。