名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野勘治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野勘治のプロフィール

中野勘治、なかの・かんじ。日本の経営者。三菱食品社長・会長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本冷蔵(のちのニチレイ)に入社。冷凍食品担当として電子レンジでつくるコロッケなどの開発に携わる。同社営業企画部長、取締役、常務、専務、ユキワ社長、アールアンドワイフードサービス社長、菱食(のちの三菱食品)副社長執行役員、菱食社長などを経て、三菱食品社長に就任。

中野勘治の名言 一覧

好奇心があれば感性は磨かれる。会社のことだけではなく、非日常の時間をつくることで感性を磨いていける。


歴史ある会社でも、時代の変化を先取りできる会社づくりが必要。


消費者のニーズをつかむために、意識していたのは自分の感性を磨くことです。たとえば、長期の休みには必ず海外旅行に行って一流ホテルに泊まる。自ら一生活者になっていろいろな経験をするために、自分への投資は惜しみませんでした。


生活者の意識が激変したわけです。我々はこの事実を正面から認識しなければいけないでしょう。


従来の成功の方程式のままでいいのか、まさに問われているのだと思います。日本は製造業に軸足を置きすぎていました。急激なパラダイムシフトの渦中にあることを自覚し、変化をどうとらえるかが、経営に問われています。


消費者は絶えず変化しています。過去の栄光にとらわれていると、たちどころに置いていかれます。我々は常に変化に対する恐れの心を持ち続けていかなければなりません。


科学的なマーケティング分析だけに頼っても失敗します。技術者が自らの技術に酔ってプロダクトアウト型の商品を開発してしまうのと同じで、マーケティング担当者も分析に酔ってしまいがちです。もちろん数字や検証は大事なのですが、それだけで答えが出せるわけではありません。要は感性と科学的マーケティングのバランスが重要なのです。


いまの時代は感性だけでは追いつかなくなってきた気がします。ツイッターやコミュニケーションツールの多様化で、消費者の方が情報を多く持ち始めている。感性に頼るだけでなく、科学的なマーケティングの重要性も感じています。


かつてニチレイで冷凍食品を担当していたころから、常にマーケットインを心がけてきました。それまでのマーケティングの仕事は、開発があげてきた商品をどう売るか、という完全なプロダクトアウトの発想でした。


中野勘治の経歴・略歴

中野勘治、なかの・かんじ。日本の経営者。三菱食品社長・会長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本冷蔵(のちのニチレイ)に入社。冷凍食品担当として電子レンジでつくるコロッケなどの開発に携わる。同社営業企画部長、取締役、常務、専務、ユキワ社長、アールアンドワイフードサービス社長、菱食(のちの三菱食品)副社長執行役員、菱食社長などを経て、三菱食品社長に就任。

他の記事も読んでみる

安達保

仕事は社長一人ではできない。会社の成長を実感することが、社員にとって一番の元気の源。みんなで成長を実現したい。


鳥原隆志

簡単にできる仕事を先に片づけるのは、仕事の流れにリズムをつけるという意味では、有効だといえます。しかし、パレートの法則で考えれば、重要ではない8割の仕事を片づけたとしても、成果はわずか2割です。それよりも重要な2割の仕事に取り組んで、8割の成果を上げるほうが段取りがよいといえるでしよう。


林野宏

私が西武百貨店に勤務していた30歳前後の時期に、自分で自分にハードなトレーニングを課しました。具体的にいえば、「どんな課題でも2時間で答えを出す」という訓練です。私は上司から振られた問題について、いつでも2時間集中して考え、必ず2時間で答えをアウトプットするよう自分に課しました。当日の夕方までには必ずレポートを書いて提出しました。クイックレスポンスです。いわばバッティングセンターのように、堤さん(堤清二社長)が次々投げ込んでくる剛速球を、とにかく必死に打ち返すのです。ファウルでも当たり損ないのチップでもいい。打ち返すことが大事なのです。見送りや空振りはダメです。こうした訓練を連日積み重ねたことで、私の頭の中には、必ずアイデアが浮かんでくるという一種の癖が形成されました。


澤田秀雄

人気がなかったものはやめるか、修正をして、いまも試行錯誤を続けています。内容は毎年よくしているので、お客様もまた来てくれます。


キャロライン・ケネディ

父(ジョン・F・ケネディ大統領)は「一人でも世の中を変えることは出来る」とよく話をしていました。


千葉智之

スケジュールなしで行き当たりばったりで取り組むと、結局は二割程度しか手を付けられません。しかし、綿密にスケジュールを組んでも、すべてを予定通りにこなせるわけではありません。正直なところ達成率は7から8割です。ただ、それで十分です。スケジュールは、いわば努力目標です。


冨安徳久

この世に人として生を受けて生きることは誰かのために行動を起こし、役立つということ。それが人生。


中須賀真一

「国の規制に足を引っ張られて、やりたいことができない」と言うベンチャー企業家が多いが、国を避けるのではなく、巻き込んでいかなければならない。


佐々木常夫

私は課長時代、春と秋に2時間ずつ部下の面談をしていました。そのときの鉄則が「8聞いて、2しゃべる」です。2時間のうち1時間は、家族は元気なのか、独身なら恋人はいるのかといったプライベートな話、残り1時間は仕事の話を聞くのです。プライベートの話に踏み込むと、やれ個人情報だのセクハラだのと騒がれる時代ですが、「部下に困ったことがあればいつでも力になろう」という気持ちを持ち、なおかつ「自分に何を話そうとも決して情報は洩れない」という信用を得られれば、包み隠さず何でも話してくれるようになるはずです。


佐々木典士

なぜ、仕事に取りかかるのに時間がかかっていた僕が、出社後すぐにエンジンがかかるようになったか。それは目の前に雑然と置かれたモノが一掃されたことで、自分の内面に意識が注がれ、今、自分がしていること、すべきことに、より意識的になったからです。


安藤宏基

ある社員がこの仕事はつまらない、こんな仕事をやっても評価されないから損だといったとしましょう。しかし見方を変えると、その仕事をやることが将来ものすごく役に立つという場合もあります。あるいは、自分の仕事は歯車のひとつにすぎないという社員もいます。そういう社員には、企業がどんな形をしていて、どういうメカニズムで動いているかを解析してやる必要があります。それがわかると、自分の仕事の価値を自覚できるケースもあります。


西川世一

昨年、僕は会長に就任しました。会長って「一線を退いた」というイメージがありますよね。そうではなく、会社の将来を支える新規事業の開拓に打ち込むのが目的です。一方で既存事業は、新しい社長を中心に、さらに伸ばす。会長と名乗ったのは「役職がなくなってしまう」と思って(笑)。