中野勘治の名言

中野勘治のプロフィール

中野勘治、なかの・かんじ。日本の経営者。三菱食品社長・会長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本冷蔵(のちのニチレイ)に入社。冷凍食品担当として電子レンジでつくるコロッケなどの開発に携わる。同社営業企画部長、取締役、常務、専務、ユキワ社長、アールアンドワイフードサービス社長、菱食(のちの三菱食品)副社長執行役員、菱食社長などを経て、三菱食品社長に就任。

中野勘治の名言 一覧

好奇心があれば感性は磨かれる。会社のことだけではなく、非日常の時間をつくることで感性を磨いていける。


歴史ある会社でも、時代の変化を先取りできる会社づくりが必要。


消費者のニーズをつかむために、意識していたのは自分の感性を磨くことです。たとえば、長期の休みには必ず海外旅行に行って一流ホテルに泊まる。自ら一生活者になっていろいろな経験をするために、自分への投資は惜しみませんでした。


生活者の意識が激変したわけです。我々はこの事実を正面から認識しなければいけないでしょう。


従来の成功の方程式のままでいいのか、まさに問われているのだと思います。日本は製造業に軸足を置きすぎていました。急激なパラダイムシフトの渦中にあることを自覚し、変化をどうとらえるかが、経営に問われています。


消費者は絶えず変化しています。過去の栄光にとらわれていると、たちどころに置いていかれます。我々は常に変化に対する恐れの心を持ち続けていかなければなりません。


科学的なマーケティング分析だけに頼っても失敗します。技術者が自らの技術に酔ってプロダクトアウト型の商品を開発してしまうのと同じで、マーケティング担当者も分析に酔ってしまいがちです。もちろん数字や検証は大事なのですが、それだけで答えが出せるわけではありません。要は感性と科学的マーケティングのバランスが重要なのです。


いまの時代は感性だけでは追いつかなくなってきた気がします。ツイッターやコミュニケーションツールの多様化で、消費者の方が情報を多く持ち始めている。感性に頼るだけでなく、科学的なマーケティングの重要性も感じています。


かつてニチレイで冷凍食品を担当していたころから、常にマーケットインを心がけてきました。それまでのマーケティングの仕事は、開発があげてきた商品をどう売るか、という完全なプロダクトアウトの発想でした。


中野勘治の経歴・略歴

中野勘治、なかの・かんじ。日本の経営者。三菱食品社長・会長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本冷蔵(のちのニチレイ)に入社。冷凍食品担当として電子レンジでつくるコロッケなどの開発に携わる。同社営業企画部長、取締役、常務、専務、ユキワ社長、アールアンドワイフードサービス社長、菱食(のちの三菱食品)副社長執行役員、菱食社長などを経て、三菱食品社長に就任。

他の記事も読んでみる

生月誠

まず、どんな小さなことでも決断を後伸ばしにしない訓練を積むことが大切です。とにかく迷わないクセをつける。注文を聞かれたら即座に答える。買い物でも、「買う、買わない」を迷わず決める。日々これを心がけるだけで、「自分には決断力がない」という思い込みが解消されていき、決断の技術も向上していきます。


三枝匡

海外事業は会社が必要だと思えば指名する場合もありますが、基本的には自分で手を上げて、行きたい人が行くようにしています。


中村俊輔

日々を過ごす中で、小さな課題を設定し、それをクリアし、クリアできたら次の課題を目指すようにしている。ハードルをひとつずつクリアする感じ。


川端裕

わからずやの上司や、完全に仕事へのやる気を失っている上司がいて、それがボトルネックになってしまっている場合でも、上司の立場に立ってモノを考えるという姿勢は崩してはいけません。たとえば、その人が仕事ではなく家での時間を大切にしているということがわかったら、提案も「あなたの仕事が楽になって、家に早く帰れます」というところを強調して説得すればいいのです。


野津基弘

祖父(創業者)が考えていたのは「日本のために」ということ。言葉にはしませんでしたが、敗戦で帰ってきた時に「ここで負けてなるか」という気持ちがあったのではないでしょうか。人々を豊かにするためなら、何でもやってやろうという人でした。


吉本龍司

9時から5時まで働くスタイルは僕には絶対無理。仕事をしたい時はずっとしたいし、疲れたら休んで温泉とかに行きたい。平日働いて土日に消費するという生活は最悪。平日も全部楽しい方がいい。


大橋禅太郎

会議に臨む際は「事前に自分の考えを紙に書いておく」ことも大切です。これには「書くことで自分の考えを再確認できる」「滞りなく発表できる」などのメリットがありますが、最大のメリットは「書いているときは、ほかの参加者の意見が耳に入らない」ことです。紙に自分の考えを書かずに発表すると、知らず知らずのうちにほかの発言者の意見に影響を受けて、自分の意見を変えて発表してしまうこともあるのです。


小谷進

提携のときに必要なのがトップの決断です。提携先とトップ同士が話し合ってコミットメントをはっきり示す。明確な目標と戦略、それと主体のメッセージを示す。少なくともスタート時点ではトップダウンで話を進めないと他社との提携はうまくいきません。


重光昭夫(辛東彬)

私の場合は、目標を定めて、そこに向けて積極的に成長していくべきだという気持ちがあります。


中田みち

地域密着、顧客密着に徹する経営を今後も継続させることが、より多くのファン顧客を作ることにつながる。


泉谷直木

私は社員に対し「最近、何か困ったことはないか?」「おもしろいことはないか?」と話を切り出すことが多い。そのとき、話を聞いた後に相手をバッサリやってはいけない。そうしたら、次からその人は口を開いてくれないだろう。


吉田松陰

利を争えば乱を長(ちょう)ずること、自然の勢いなり。
【覚書き|長ずる=助長する】


和地孝

いまの若い人は完璧な上司を求めてしまうんです。完璧な上司なんているわけがないじゃないですか。この人からはこの部分を、あの人からはあの部分を学ぼうという気持ちでいれば人はみんな必ずいいものを持っているんです。


有本均

部下のモチベーションにとって大切なのは、上司とのコミュニケーションです。具体的には、上司が「ほめる」「ダメ出しする」の両方をきちんと実践することです。


古森重隆

一生のうちに何度かは、120%の力を発揮しなければならない局面が誰にも必ず訪れる。そのとき、一度でも限界まで働いたことがあれば、自分はここまでできると自信を持って立ち向かうことができるはずだ。


ページの先頭へ