名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中野ジェームズ修一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野ジェームズ修一のプロフィール

中野ジェームズ修一、なかの・じぇーむず・しゅういち。日本のスポーツトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士。プロアスリートを指導した。著書に『世界一伸びるストレッチ』『全身改造メソッド:カラダは何歳からでも変えられる』『始める技術 続ける技術』。

中野ジェームズ修一の名言 一覧

人間は成功体験を積まないと前へ進めませんが、同時に達成感や高揚感が必要。


とにかく自分がどうなりたいのか、何をしたいのかをはっきりさせることが先決。これを動因と呼びますが、紙に書き出すことで、モヤモヤしていたものがはっきりする。


「絶対に無理」「多分できない」と、ほんのわずかな成功率しか望めない目標は、失敗続きでやらなくなる。


練習メニューも目標達成までにどんな内容のトレーニングをどれだけすればよいか、最初にすべて提示する。そして1日1日のメニューをこなしたことを成功体験として積み重ねる。それが自信につながる。


たとえば「痩せたい」という動因(動機)の場合、「3か月後に5kg痩せたい」という具体的な動因にしたほうが、ランニングを1日どれくらい、ウエイトをどれくらいと、具体的な方法を出しやすい。動因を達成するための手段や方法を誘因と呼びますが、一流選手ほど動因と誘因をしっかり把握しています。


毎日10キロジョギングするとしたら、10キロのコースとは別に5~6キロの2つ目のコースを決めておくといいでしょう。10キロを走るのは気が進まなくても、5キロなら走ろうという発想になりやすい。たとえそうなっても成功体験ゼロではなく、成功体験を50%分得られるから、やる気に重大な影響はありません。


中野ジェームズ修一の経歴・略歴

中野ジェームズ修一、なかの・じぇーむず・しゅういち。日本のスポーツトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士。プロアスリートを指導した。著書に『世界一伸びるストレッチ』『全身改造メソッド:カラダは何歳からでも変えられる』『始める技術 続ける技術』。

他の記事も読んでみる

水留浩一

スシローはもともと組織で仕事をするというよりは、創業者のもとに個人プレーヤーが集まってそのまま大きくなった成り立ちの会社です。それを組織として継続的に運営できる形にすべく、変えていきました。社内で育ってきた社員と、外部から採用した人材の混成チームでしっかり運営できる風土になってきました。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

私は情報をすべて覚えようとせずに、どこにどの情報があるのかという全体図を記憶します。本でいえば、目次を覚えるイメージです。それさえ覚えておけば、後で調べるのも簡単です。業務で困ることはありません。


高岡浩三

私は人事担当者に、「ネスレ日本は学生の就職人気企業ランキングには入るな!」と伝えている。私たちが求めるのは、イノベーティブでリーダーシップを持った学生だ。「人気企業だから、とりあえずエントリーしておこう」という程度の考えで応募する学生が増えたところで、人事担当者の負担が大きくなり、余計なコストがかかるだけだ。


黒田尚子

経済や金融市場の先行きは、今、極めて不透明です。受け身の姿勢だけで対応するのは難しい。前向きな行動が求められる。


津賀一宏

白物とかAVといった分け方ではなく、すべての商品がお客様にどう見えているかが大事です。


澤田道隆

今後、大きく飛躍していくために、経営判断のスピードアップを図るのと、変化に向かって果敢にチャレンジするということで、若手を登用して経営執行体制を刷新しました。
【覚書き|経営陣の大幅刷新をした理由についての発言】


本田健

ほとんどの人たちはお金の『奴隷』の関係で、1か月で使い果たすような報酬しか稼がない生き方をしています。収入が増えても、それに伴って支出も増えて、手元にあまり残りません。年収300万円の人も800万円の人も、「あと10%の収入があれば家計が楽になる」と言うんです。


松永安左エ門

憎まれ役はわしが一切引き受けるから頑張れ。
【覚え書き|部下に対して言った言葉】


庄田隆

より良い新薬を継続的に創出していけるかどうかという問題は、企業規模では解決できません。


小西正行

掃除をみんなですると20歳から67歳の社員がひとつにまとまる。この会社をよくしていこうという意識にもなる。


山口周

気になったところは転記するので、本そのものはなるべく捨てるようにしています。残すのは、あとで参照すると確信を持っているものと、事典的な使い方をするものだけ。引っ越しのときにそれ以外のものを一気に捨てたら、従来の五分の一くらいになりました。それでも困ったことはないですよ。


西田弘次

日本人は、人の変化を敏感に察知する能力に長けています。これまで挨拶などしなかった上司が目を見て「おはよう!」と言ったり、コピーを取っても無言だった上司が笑顔で「ありがとう」と言ったりするようになれば、部下はそれだけで「職場にいやすくなった」と感じるもの。部下のモチベーションを上げるには、ここで手を抜かないことです。