名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中野ジェームズ修一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中野ジェームズ修一のプロフィール

中野ジェームズ修一、なかの・じぇーむず・しゅういち。日本のスポーツトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士。プロアスリートを指導した。著書に『世界一伸びるストレッチ』『全身改造メソッド:カラダは何歳からでも変えられる』『始める技術 続ける技術』。

中野ジェームズ修一の名言 一覧

人間は成功体験を積まないと前へ進めませんが、同時に達成感や高揚感が必要。


とにかく自分がどうなりたいのか、何をしたいのかをはっきりさせることが先決。これを動因と呼びますが、紙に書き出すことで、モヤモヤしていたものがはっきりする。


「絶対に無理」「多分できない」と、ほんのわずかな成功率しか望めない目標は、失敗続きでやらなくなる。


練習メニューも目標達成までにどんな内容のトレーニングをどれだけすればよいか、最初にすべて提示する。そして1日1日のメニューをこなしたことを成功体験として積み重ねる。それが自信につながる。


たとえば「痩せたい」という動因(動機)の場合、「3か月後に5kg痩せたい」という具体的な動因にしたほうが、ランニングを1日どれくらい、ウエイトをどれくらいと、具体的な方法を出しやすい。動因を達成するための手段や方法を誘因と呼びますが、一流選手ほど動因と誘因をしっかり把握しています。


毎日10キロジョギングするとしたら、10キロのコースとは別に5~6キロの2つ目のコースを決めておくといいでしょう。10キロを走るのは気が進まなくても、5キロなら走ろうという発想になりやすい。たとえそうなっても成功体験ゼロではなく、成功体験を50%分得られるから、やる気に重大な影響はありません。


中野ジェームズ修一の経歴・略歴

中野ジェームズ修一、なかの・じぇーむず・しゅういち。日本のスポーツトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士。プロアスリートを指導した。著書に『世界一伸びるストレッチ』『全身改造メソッド:カラダは何歳からでも変えられる』『始める技術 続ける技術』。

他の記事も読んでみる

南壮一郎

ブレずに理念を語ること。これは、実績がなくてもできます。「ビズリーチ」の場合は、ブラックボックス化している転職市場を可視化することで、企業には採用力を、求職者には自立したキャリアデザインの選択肢を与えたいという明確なビジョンがあります。私は会社の代表としてこのビジョンを発信し続けています。「このコンセプトはいいね!」「それは面白そうだね!」と思ってもらえれば、いろいろな人が集まってきて、ビジョンを実行できる土台が揃ってくるのだと思います。


石渡美奈

私がいつも心がけていることは、漠然と「ありがとう」と言わないことです。何に対して感謝しているのかを口に出したほうが、しっかりと感謝が伝わりますし、相手も自分の行動の何を喜んでもらえたのがわかります。


林野宏

以前はお客様をお迎えするスペースがありませんでした。そこで開放的な会議室を9部屋用意しました。当社はITベンチャー等との提携を積極的に進めています。彼らには未来と夢がある。彼らと一緒に発展していくためにも、こういうスペースが必要でした。


イプセン

この世の中で一番強い人間とは、孤独でただひとりで立つ者なのだ。


千田琢哉

本を読んでもメモは取りません。書かないと覚えられないことは大して重要なことではないんです。


武宮正樹

碁にも「定石」があるが、場合によっては最善の手であるとは限らない。変化を感じ取り、頭を柔軟にして対応しなければならない。


南場智子

要職に就くということはその責任からして大変なことです。男性も物凄い競争を経て、苦労して、やっと要職に就けるのですから、女性も上にいくからには、その苦労を、激務を、ちゃんと経験してほしいと思います。


田崎真也(田崎眞也)

少なくとも人を拒絶したり周囲を不快にしたりするようなことは、一流の人ならしないと思います。なぜなら、人を満足させて対価を払いたいと思わせるのが、あらゆる仕事の本質だからです。ですから、仕事ができるという人というのは、人に好かれるオーラを発しているのですぐにわかります。逆に、いくら有名企業に勤めていても、自分中心の態度では、人が集まってくることはないですし、仕事で成功することも難しいのではないでしょうか。


石川康晴

海外展開には社長が行くしかないと考えています。大事なのは、創発戦略だと考えています。頻度よく軌道修正するという概念です。果たしてそれを「お前が行ってこい」と言われた課長でできるのか、非常に疑問を感じています。マーケット、競合などの外部環境もよく変わるので、頻度よくストラテジー(戦略)を軌道修正していくことが一番大事ではないかと思っています。


片田珠美

人間は嫉妬にかられると、非合理な行動に出ることがよくあります。たとえば相手をあるポストから引きずり下ろしても、自分が代わりにそのポストに抜擢される保証はありません。それなのに怪文書を撒くなどして、足を引っ張ろうとする。バレたらむしろ自分が窮地に立たされるのに、そうしたリスクも計算できないほどに冷静さを欠いてしまうのです。


江幡哲也

自分から持ちかけた商談なのだから、自分が話さなくてはいけないと思い込んでいる人もいるかもしれませんが、そんなことはないのです。私は、沈黙があってもいいと思います。会話が止まって気まずい雰囲気になってもいい。お客様の課題を解決するヒントは、お客様の話の中にしかないのですから、とにかく聞くことに集中すべきなのです。


岩澤巌

駄菓子メーカーが創業の事業でしてね、おまけ用の玩具を生産し、そこからプラモデル業界に参入しました。最初のヒットは、駄菓子のオマケのグライダー。当時、主流だった木製ではなく、塩化ビニールでつくりました。科学的にフォルムを追求してね。よく飛びました。上手く風に乗ればなかなか下りてこない。