名言DB

9413 人 / 110706 名言

中里義崇の名言

twitter Facebook はてブ

中里義崇のプロフィール

中里義崇、なかざと・よしたか。日本の経営者。海外ドラマグッズ専門店「エーシープラス」を展開する「エーシージャパン」社長。長崎県出身。アメリカ留学、商社勤務などを経て日本初の海外ドラマグッズ専門ショップを開業。著書に『個人輸入で始める副業・起業ガイド』。

中里義崇の名言 一覧

元々は、海外ドラマの「ビバヒル」にはまって、フィギュアを集めていたんです。ホームページで紹介したら、他の方から「欲しい」という声があって。それで、1体20ドルで仕入れた物が、2万円前後で売れたのが、グッズ販売のきっかけです。


お店にはお客さんからの問い合わせが多数あります。そういう問い合わせは、自分で調べなくても、「欲しい人がいるのに、購入先がない」ということを教えてくれる貴重な情報源なんです。結果、お店を構えたことで、ますます取り扱う商品の幅も広がりました。


CDやDVDには手を出しません。というのも、簡単に購入できるような商品は、誰もが参入できるため、競争率が高いからです。私は現地の人しか販売先がわからないような商品、たとえばクリアファイルやマウスパッド、タオルなどを取り扱っています。私がこのような商品群を扱えるのは、現地の代理人に仕入れを任せているからです。実は、代理人はオタク仲間がジェトロの掲示板に募集をかけて見つけた人物。私も同じオタク仲間ということで、特別に友人が紹介してたんです。


中里義崇の経歴・略歴

中里義崇、なかざと・よしたか。日本の経営者。海外ドラマグッズ専門店「エーシープラス」を展開する「エーシージャパン」社長。長崎県出身。アメリカ留学、商社勤務などを経て日本初の海外ドラマグッズ専門ショップを開業。著書に『個人輸入で始める副業・起業ガイド』。

他の記事も読んでみる

遠藤章造

この10年、俺が感じていたのは縁の不思議さです。つながりが続く人もいれば、途切れてしまう人もいる。なんでやろうな……と。すごくモヤっとしていた思いを抱えていたんです。それが、この間テレビでご一緒した笑福亭鶴瓶さんのひと言で、すっと晴れていった。鶴瓶さんは「縁は努力だ」と仰っていて、本当にそうやな、と。人に出会うのは縁やけど、努力がなければすーっとなくなっていくもの。どうしても終わった番組のスタッフや演者さんとのつき合いは薄くなってしまい、俺もそれをそのままにしてきたことに後悔があったんです。だから、これから始まる番組、出会った人との縁は今まで以上に努力してつなげていこう、と。それが40代のテーマかなと思っています。


渡邉英彦

町おこしのカギはネーミングです。名前を聞いた時に、面白そうだなと興味を持ってもらうことが大切です。


幸田真音

30代の生き方次第で人生が決まるといってもいいくらい。この時期に逃げずに頑張った人と、小賢しくショートカットした人とでは、後で必ず差が出てきます。悩み、苦しみ、いろんな挫折も味わっておくと、将来間違いなく生きてきます。だから、30代は思いっ切り「ジタバタ」を楽しんで!


宮内義彦

私には「オリックスをこうしたい」というような、目指している最終形はありません。あえて言えば、今日よりいい会社にしたい。だから、10年後のオリックスは全く違うビジネスを展開しているかもしれません。


川村隆

情報が100%揃って意思決定するなんてことはまずありません。集まる情報は、せいぜい7割くらい。それを基に、物事を決めなければならない。


大薗誠司

社長の私が従業員第一主義に徹すれば、従業員達もお客様第一主義に徹してくれる。


リンダ・グラットン

グローバル化によって世界の様々な人たちが繋がれば、意思決定が複雑になり、企業の成長を阻害します。それを防ぐためにグローバル企業が実践しているのが「経営陣のスリム化」です。例えばユニリーバでは7人以上は増やさないと決めています。


大室正志

仕事がどれだけつらくても、土日に趣味を楽しめるうちは大丈夫です。ところが、それすらも面倒な気分になったら黄色信号。このシグナルが出たら、産業医や上司に相談したほうがいいでしょう。


高田旭人

父は大抵、直感で行動したら結果が出て、成功した理屈を後付けで考えるという経営スタイルをとっていました。ある意味天才的です。逆に私は、直感ではなく理屈で事前に考えて正しいことを何か見つけてみようと考えました。


御手洗冨士夫

成長しなければ雇用も生み出せませんし、賃金を上げることもできません。また配当をすることも、社会貢献をしていくこともできません。従って、いかなる条件の中でも、企業は成長を求めるしかないのです。


酒巻久

手書きの文字には書いた人の感情が表れますから、相手もそれをきちんと読む。手書きの文字の体温やぬくもりは、メールや印刷した文字とは決定的に違う。


三宅裕司

入院中に改めて感じたのは、家族の温かさです。とくに女房は毎晩、晩ご飯に同席してくれました。僕は病院食、女房はうちから持ってきたお弁当。別に何を喋るわけでもないんですが、僕は入院していても「三宅裕司」という意識があって、病院関係のみなさんに感じよく接しなければいけないと思ってしまう。その見えないストレスが、女房と二人きりになり、愚痴に変わって出ていくことで、初めてほっとする。そういう場と時間も持てたのは、入院中の大きな支えになりました。人生の中での女房の大きさに気づきましたね。そういうのって病気にならないと経験できなかった気持ちで。この経験によってこれから先、今までの芝居作りとは、多少違うところが出てくるかなと思っています。


森下洋一

高度成長時代は、縦割り組織による部分最適とでも申すべき自己完結型が通用したのですが、経済成長が安定型に移行し、構造変化が起こってきたことによって、事業部制の壁を低くし、関連事業部を有機的に結合させ、うまく全体最適にする必要が生じてきたのです。これまでの事業部制を有機的に結合させ、うまく全体最適にする必要が生じてきたのです。これまでの事業部制、あるいは事業本部制と大きく違うのは、全体最適に切り替えた点であるということができます。


古川武士

何も考えないぼんやりした時間はあっていいはずです。ただ、際限なくやってしまうと、真面目な日本人の気質としては罪悪感を持ってしまうのでしょう。対策としては、戦略的にダラダラ時間をもうけること。例えば、タイマーをかけて、昼休みやちょっとした隙間の時間にオフィスで仮眠してしまうのです。外出していたら、カフェなどでやはりタイマーをかけて小休止すればいい。確信犯的に実行すれば罪悪感はなくなるし、短時間でも目を閉じて情報を遮断すればリラックスして、その後の仕事もはかどります。


森正文(経営者)

会社をつくった当初は業務内容すら考えていませんでした。それでも、会社を立ち上げたその月から、家賃などの必要経費が発生します。運転資金がだんだん減っていく。焦りますよね。でも、そうやって自分を追い込んでいくと、目標が固まっていくと思います。