名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中里義崇の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中里義崇のプロフィール

中里義崇、なかざと・よしたか。日本の経営者。海外ドラマグッズ専門店「エーシープラス」を展開する「エーシージャパン」社長。長崎県出身。アメリカ留学、商社勤務などを経て日本初の海外ドラマグッズ専門ショップを開業。著書に『個人輸入で始める副業・起業ガイド』。

中里義崇の名言 一覧

元々は、海外ドラマの「ビバヒル」にはまって、フィギュアを集めていたんです。ホームページで紹介したら、他の方から「欲しい」という声があって。それで、1体20ドルで仕入れた物が、2万円前後で売れたのが、グッズ販売のきっかけです。


お店にはお客さんからの問い合わせが多数あります。そういう問い合わせは、自分で調べなくても、「欲しい人がいるのに、購入先がない」ということを教えてくれる貴重な情報源なんです。結果、お店を構えたことで、ますます取り扱う商品の幅も広がりました。


CDやDVDには手を出しません。というのも、簡単に購入できるような商品は、誰もが参入できるため、競争率が高いからです。私は現地の人しか販売先がわからないような商品、たとえばクリアファイルやマウスパッド、タオルなどを取り扱っています。私がこのような商品群を扱えるのは、現地の代理人に仕入れを任せているからです。実は、代理人はオタク仲間がジェトロの掲示板に募集をかけて見つけた人物。私も同じオタク仲間ということで、特別に友人が紹介してたんです。


中里義崇の経歴・略歴

中里義崇、なかざと・よしたか。日本の経営者。海外ドラマグッズ専門店「エーシープラス」を展開する「エーシージャパン」社長。長崎県出身。アメリカ留学、商社勤務などを経て日本初の海外ドラマグッズ専門ショップを開業。著書に『個人輸入で始める副業・起業ガイド』。

他の記事も読んでみる

松井忠三

どこに行っても、お客さんが「無印良品」というブランドに対して、豊かさを含めた信頼感や、安心感を感じられるかどうかが大切です。信頼感、安心感も、豊かさも、消費者の成熟レベルに応じて、意味が変わります。それをしっかりとらえていくことが大切です。


賀来龍三郎

日本は国家理念を変えなければなりませんね。江戸時代はまず一族の繁栄。次は国家の繁栄だった。今度は発展途上国の援助など世界の繁栄のためにお手伝いをするのだという方向に理念変更しないと、それこそ魔女狩りでやられてしまいますよ。


押井守

勝負を諦めた時こそが、勝負に負けるときだ。勝負を続けている限りは、負けは確定しない。勝ったり負けたりしながら、人生は続いていく。ただ、勝負を続けていくうちにだんだん勝負勘はついてくるし、くだらない失敗はしなくなってくる。スキルが上がってくるからだ。


吉川廣和

我が社は、戦略なき多角化と資産効率の悪さからアナリストや投資家にそっぽを向かれた。いつM&Aされて事業解体されてもおかしくない状況だった。そんなとき、専務として管理・企画部門を統括するようになった私は、これはチャンスだととらえていました。危機感が漂い始めた時なら改革に対するコンセンサスが得やすいからね。


ロバート・キヨサキ

ビジネスや投資で最も大事なのは「使命」だよ。これさえ胸に秘めていれば、モチベーションの火が消えることはない。それに、前向きな、よき理解者を仲間にしておくことも肝心だ。ネガティブで足を引っ張る人とはつき合うべきではない。


スティーブ・ジョブズ

ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ。


古川裕倫

三井物産時代、公募による異動制度の選考試験を受ける直前になると、やはり迷いが出てきました。17年間やってきたエネルギーの仕事には愛着があるし、人脈もある。飛び出していくのは仲間を裏切るような気もする。異動したら知っている人はいないし、仕事もわからないことばかりだろうと。そこで、前年に公募制度で異動した友人がいたので、相談してみました。彼のアドバイス「いまやって失敗するのと、やらずに将来後悔するのとどっちがいい?」その言葉が胸に響いて決断しました。これはいまでも大事にしている言葉です。


竹中平蔵

厳しい時代ですが、働く人たちに言いたいのは、どんな時代でも、生きる基本は自助自立ということです。それをきちんと実行する人がたくさんいればいるほど、「本当の弱者」を助けることができるのです。「自分でやる」というのを、家族でも企業でも社会でも、大原則にしなければなりません。自分の力を高めること。これに尽きます。


松井勝史

中小企業の強みでもある個別の対応も必要です。キャリア形成や働き方に選択の幅を設け、社員一人一人にどれだけ寄り添えるか、ワークライフバランスを含めた個々人の成長と幸せにどういった形で貢献できるか、現在取り組み中の課題もあります。いつどこでどの社員が対応をしても、共通のCI(コーポレートアイデンティティー)を胸に地域の安心・安全な暮らしを支える愛情と志のある社員集団であるよう、これからも努力し続けます。


武田信玄

渋柿を切って甘柿を継ぐのは小心者のすることだ。国持ち大名にあっては、渋柿は渋柿として役に立つものだ。
【覚書き|渋柿は干せば干し柿として甘くなる。自国の弱みや、嫌な部下も使い方によっては良くも悪くもなるという趣旨の発言】


澤田秀雄

どうすれば変化の早い時代のオセロゲームの勝者になれるのか。勝敗を分けるのは、情報と時間である。


塩﨑均(塩崎均)

マグロの完全養殖は1970年、国のプロジェクトとして始まりました。当時は2つの私立大学と1つの国立大学が関わっていましたが、3年やっても全然モノにならず、うち以外はみんなやめてしまいました。どうして近畿大学だけが続けられたかというと、それまでに養殖していたタイとかヒラメとかを売って、そのお金で研究費を賄ってきたんです。「とにかく自分たちの研究費は自分たちで稼げ」という昔からの考え方が今につながっています。