名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中部謙吉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中部謙吉のプロフィール

中部謙吉、なかべ・けんきち。日本の経営者。大洋漁業社長。兵庫県出身。高等小学校卒業後、家業の漁師、魚運搬の林兼商店(のちに大洋漁業→マルハ)に入社。同社の法人化に伴い常務に就任。その後、専務、大洋捕鯨社長、大洋漁業副社長を経て社長に就任。その他、大日本水産会長、全国冷凍食品輸出水産業組合理事長、経団連・日経連常任理事、大洋ホエールズ(のちの横浜ベイスターズ)オーナーなどを歴任した。また、中部奨学金設立、幾徳工業高等学校設立、各種大学への多額の寄付などを行い教育にも貢献した。

中部謙吉の名言 一覧

商売のコツとして、親父は昔から「高く買って安く売れ」ということを教えていた。ちょっと聞くと変な気がするが、売り手は高く買ってやれば喜んでいいものをどんどん売ってくれるし、買う人は安いほうがいいに決まっている。とくに鮮魚の仲買問屋としてはこの商法はものをいった。


私は野球に無関心だった。よく野球が好きになったかと聞かれた。好きというわけではないが、やる以上はAクラスにいて3年に一度くらいは優勝したいと思う。そうすれば立派に企業としても成り立つし、宣伝の効果も100%である。
【覚書き|大洋ホエールズのオーナー時代の発言】


3割というなら、あと7割の穴があるわけだろう。皆が皆、10割打者というんじゃあ絶対に敵わないが、7割の穴に頬り込めばいいじゃないか。
【覚書き|オーナー時代、大洋ホエールズが毎日大映オリオンズ(のちの千葉ロッテマリーンズ)と日本シリーズで戦うときになったとき、「3割打者を揃えた大毎とどう戦いますか」と聞かれての返答】


何の仕事でもそうだが、あまりしょっちゅう頭が変わるのではチームカラーが出て来ず選手もどうついていっていいのかわからない。それで優勝ができるはずがない。一人の監督に三年でも五年でも任せてみて、それで優勝ができなかったら、そのときは諦めて終止符を打とう、と考えた。
【覚書き|大洋ホエールズを立ち上げた兄からオーナーを引き継いだとき語った言葉。当時は毎年のように監督を変え万年最下位チームだったが、三原脩監督を迎えたことで日本一になった】


高く買って安く売る。高く買ってやれば売り手は喜んで、いいものをどんどん売ってくれる。買う人は安い方がいいに決まっている。【覚書き:謙吉氏の父の言葉。氏自身もこの言葉に従い商売を行って成功を収めた。もちろん、買値と売値は差益で儲かるように設定する必要がある。その中でできるだけ高く買って、できるだけ安く売るという趣旨の発言】


中部謙吉の経歴・略歴

中部謙吉、なかべ・けんきち。日本の経営者。大洋漁業社長。兵庫県出身。高等小学校卒業後、家業の漁師、魚運搬の林兼商店(のちに大洋漁業→マルハ)に入社。同社の法人化に伴い常務に就任。その後、専務、大洋捕鯨社長、大洋漁業副社長を経て社長に就任。その他、大日本水産会長、全国冷凍食品輸出水産業組合理事長、経団連・日経連常任理事、大洋ホエールズ(のちの横浜ベイスターズ)オーナーなどを歴任した。また、中部奨学金設立、幾徳工業高等学校設立、各種大学への多額の寄付などを行い教育にも貢献した。

他の記事も読んでみる

岡本多計彦

人生で大切なものは、勇気と創造力、そして少しのお金だ。


林修

考えてみると、僕がつきあっている人で、好ましくないと思える口癖の人はいないですね。例えば僕がよく食べに行くイタリアン&フレンチのシェフはいつも「料理はお客さんとの勝負です」というのが口癖。シェフの人間性がよく表れた言葉だと思いませんか? 口癖は人間性をはかる興味深い判断材料になると思います。


樋口泰行

コンシューママーケティングは、消費者の嗜好分析、価格決定、タイミングなど、いくつもの要素がすべてうまくいかないと成功しない。そして何よりも、よい製品でなければならない。


田中和彦

ロールプレイングゲームに出てくるスライムがあるでしょう。あれとの戦いがあるからこそ、ステージが上がっていって武器が増え、スキルが高まる。最近は仕事のスライムに対して「意味がない」と言って戦わない人が増えている。


藤原和博

一度会社から離れ、コミュニティでの活動や被災地支援、最貧国の子供たちを支える取組みに参加するなど、会社以外の活動に目を向けるといいでしょう。そうした活動から、これまで取り組んできたこととは大きく異なる「自分がやりたいこと」や「やるべきこと」が見えてくるものです。


森信親

コーポレートガバナンス(企業統治)について、残念ながら、形式だけ満たして魂が入っていない会社があります。指名委員会を作っていても、社長の決めた案に委員がスタンプを押すだけになっている会社も多いです。形式を整えるだけでなく、実質的にどう機能させるかを考えなければいけません。


佐藤誠治(経営者)

PDCAサイクルの高速回転を徹底するため、行員全員に高頻度での仮説立案を義務付けています。皆の知恵を結集すれば、ものすごいパワーが生まれる。私が経営者としてやるべきなのは、現場の力を引き出すことです。


高城幸司

出世のためには、人事権を持つ人に仕事ぶりを印象付けることが、最も大事であり、実際それを意識した人が出世しているという現実を忘れてはいけない。


鎌田和彦

失敗を成長の糧と考えるなら、結果だけに一喜一憂することはない。


生嶋健太

考え方や方法を変えることで、1を100にも1000にも変えていくことができる。


古森重隆

決断に際して不安や迷いはありません。もちろん、レストランで何を頼もうといったどうでもいいようなことで迷うことはあります(笑)。でも、大事なことを決める時は、断行して、絶対成功させようと力がみなぎってきます。


大倉忠司

毎週、大阪の本社と東京の事務所を1往復するのですが、新幹線のグリーン車には乗りません。余計なコストは使わないことを社内で徹底しているのに、私が毎週グリーン車に乗っていては示しがつきません。年の瀬など、普通車の席がどうしても取れない時は仕方なく乗るんですが、やっぱりグリーン車は楽ですよね。でも、普段は乗らない。経営者仲間からはあきれられていますよ。「大倉さん、社長は体が資本なんだから」って。でも、別に無理しているわけじゃないんです。その方が、安心するんですよ。新幹線で普通単に座っていると、「こうしているうちは、会社はブレないな」と思えるんです。