名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中部謙吉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中部謙吉のプロフィール

中部謙吉、なかべ・けんきち。日本の経営者。大洋漁業社長。兵庫県出身。高等小学校卒業後、家業の漁師、魚運搬の林兼商店(のちに大洋漁業→マルハ)に入社。同社の法人化に伴い常務に就任。その後、専務、大洋捕鯨社長、大洋漁業副社長を経て社長に就任。その他、大日本水産会長、全国冷凍食品輸出水産業組合理事長、経団連・日経連常任理事、大洋ホエールズ(のちの横浜ベイスターズ)オーナーなどを歴任した。また、中部奨学金設立、幾徳工業高等学校設立、各種大学への多額の寄付などを行い教育にも貢献した。

中部謙吉の名言 一覧

商売のコツとして、親父は昔から「高く買って安く売れ」ということを教えていた。ちょっと聞くと変な気がするが、売り手は高く買ってやれば喜んでいいものをどんどん売ってくれるし、買う人は安いほうがいいに決まっている。とくに鮮魚の仲買問屋としてはこの商法はものをいった。


私は野球に無関心だった。よく野球が好きになったかと聞かれた。好きというわけではないが、やる以上はAクラスにいて3年に一度くらいは優勝したいと思う。そうすれば立派に企業としても成り立つし、宣伝の効果も100%である。
【覚書き|大洋ホエールズのオーナー時代の発言】


3割というなら、あと7割の穴があるわけだろう。皆が皆、10割打者というんじゃあ絶対に敵わないが、7割の穴に頬り込めばいいじゃないか。
【覚書き|オーナー時代、大洋ホエールズが毎日大映オリオンズ(のちの千葉ロッテマリーンズ)と日本シリーズで戦うときになったとき、「3割打者を揃えた大毎とどう戦いますか」と聞かれての返答】


何の仕事でもそうだが、あまりしょっちゅう頭が変わるのではチームカラーが出て来ず選手もどうついていっていいのかわからない。それで優勝ができるはずがない。一人の監督に三年でも五年でも任せてみて、それで優勝ができなかったら、そのときは諦めて終止符を打とう、と考えた。
【覚書き|大洋ホエールズを立ち上げた兄からオーナーを引き継いだとき語った言葉。当時は毎年のように監督を変え万年最下位チームだったが、三原脩監督を迎えたことで日本一になった】


高く買って安く売る。高く買ってやれば売り手は喜んで、いいものをどんどん売ってくれる。買う人は安い方がいいに決まっている。【覚書き:謙吉氏の父の言葉。氏自身もこの言葉に従い商売を行って成功を収めた。もちろん、買値と売値は差益で儲かるように設定する必要がある。その中でできるだけ高く買って、できるだけ安く売るという趣旨の発言】


中部謙吉の経歴・略歴

中部謙吉、なかべ・けんきち。日本の経営者。大洋漁業社長。兵庫県出身。高等小学校卒業後、家業の漁師、魚運搬の林兼商店(のちに大洋漁業→マルハ)に入社。同社の法人化に伴い常務に就任。その後、専務、大洋捕鯨社長、大洋漁業副社長を経て社長に就任。その他、大日本水産会長、全国冷凍食品輸出水産業組合理事長、経団連・日経連常任理事、大洋ホエールズ(のちの横浜ベイスターズ)オーナーなどを歴任した。また、中部奨学金設立、幾徳工業高等学校設立、各種大学への多額の寄付などを行い教育にも貢献した。

他の記事も読んでみる

佐藤廣士(経営者)

神戸製鋼には「IT mk3」という画期的な製鉄法があります。既存の高炉法では8時間かかる銑鉄製造を約10分に短縮し、コストも製造規模も圧縮でき、需要の増減に柔軟に対応できるのです。これは10年前、一人の技術者のある発見から始まります。当時、鉄は溶鉱炉でつくるのが常識で、まったく理解されませんでした。それでも諦めずに続けた研究が環境の変化とともに評価され、花開きました。


倉田主税

せっかく、わが国で開発した技術が、むしろ外国で発展するといった例さえ少なくない。これは自分の技術に真の自信を持たず、どこか劣っているのではないかという劣等感にとらわれているからではないかと思うのである。


島田政直

バーベキューグリルの会社やチャコール(炭)の会社、肉屋さんなどと一緒にプロモーションをしています。冬は肉に加えて地域の野菜屋さん、それからサーモン関連会社や缶詰の会社など、ともに費用を折半しながらこれまでよりも少し大きな店頭キャンペーンを展開するといった具合です。
【覚書き|ヨーロッパでの醤油とテリヤキソース販促について語った言葉】


那須正幹

(『ズッコケ三人組』第1巻を出した)当時、児童文学は「成長の文学」と言われとって、主人公は何かのきっかけで変わるものだという常識があったんです。僕はそこに異論があってね、成長しない子供たちを書いてやろうと。それで三人組は肉体的にも精神的にも成長しない。表紙がマンガの絵というのも当時としては異例で、「この本は売れませんよ」とはっきり言う関係者までおりました。


藤沢武夫

重役とは、未知への探求をする役である。重役が未知の探求をしないで後始末ばかりしている掃除屋であってはならない。


畑村洋太郎

文章を上手に書けるだけでは、あまり役に立ちません。価値のあるものをテーマとして設定してこそ、はじめて人に読んでもらえます。文章について悩む人は、どう書くかに心を奪われがちですが、問題は何を書くかということです。


波瑠

毎日気持ち良く仕事するためには、ある程度、割り切るというか、折り合いをつけていくことも必要。


倉本聰

僕は常々「海抜ゼロメートル」と言っています。海抜ゼロメートルから富士山を見ると、周囲を含めて多様な姿を捉えることができます。それがいざ登山を始め5合目、7合目と上がっていくと、頂上は近づいても、視界は狭くなり、上に登る選択肢も限られていきます。海抜ゼロメートルとは登り続けながら、登山を始めた原点に立ち返ることなのです。


アルフレッド・アドラー

勇気とは困難を克服する活力のことだ。勇気のない人が困難に出会うと、人生のダークサイドへと落ちていってしまうだろう。


エルマー・デゲンハート

我々はカーメーカにはならない。我々が顧客のビジネス領域に入れば、我々がビジネスを失ってしまいますから。サプライヤーの役割は、あらゆる規模の完成車メーカーが抱える、あらゆる課題に対して、技術で応えることにある。


池田欣生

実は半年ほど前に体調を崩しまして、「死」というものを意識したんです。そこから、せっかく生きているのだから、人生楽しまなければならないということを強烈に考えるようになったんですね。毎日、健康でいると、そういうことを考えないものですが、その時、じゃあ、「今まで自分が楽しかったことって何だろう?」と。


松岡修造

人間は、ひとつの嫌なことに焦点を当てると、そこからどんどん悪い方向に考えてしまいがちです。相手をより悪く見せ、状況をより悪く感じさせる負の想像力には、すさまじいものがあります。