名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中部謙吉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中部謙吉のプロフィール

中部謙吉、なかべ・けんきち。日本の経営者。大洋漁業社長。兵庫県出身。高等小学校卒業後、家業の漁師、魚運搬の林兼商店(のちに大洋漁業→マルハ)に入社。同社の法人化に伴い常務に就任。その後、専務、大洋捕鯨社長、大洋漁業副社長を経て社長に就任。その他、大日本水産会長、全国冷凍食品輸出水産業組合理事長、経団連・日経連常任理事、大洋ホエールズ(のちの横浜ベイスターズ)オーナーなどを歴任した。また、中部奨学金設立、幾徳工業高等学校設立、各種大学への多額の寄付などを行い教育にも貢献した。

中部謙吉の名言 一覧

商売のコツとして、親父は昔から「高く買って安く売れ」ということを教えていた。ちょっと聞くと変な気がするが、売り手は高く買ってやれば喜んでいいものをどんどん売ってくれるし、買う人は安いほうがいいに決まっている。とくに鮮魚の仲買問屋としてはこの商法はものをいった。


私は野球に無関心だった。よく野球が好きになったかと聞かれた。好きというわけではないが、やる以上はAクラスにいて3年に一度くらいは優勝したいと思う。そうすれば立派に企業としても成り立つし、宣伝の効果も100%である。
【覚書き|大洋ホエールズのオーナー時代の発言】


3割というなら、あと7割の穴があるわけだろう。皆が皆、10割打者というんじゃあ絶対に敵わないが、7割の穴に頬り込めばいいじゃないか。
【覚書き|オーナー時代、大洋ホエールズが毎日大映オリオンズ(のちの千葉ロッテマリーンズ)と日本シリーズで戦うときになったとき、「3割打者を揃えた大毎とどう戦いますか」と聞かれての返答】


何の仕事でもそうだが、あまりしょっちゅう頭が変わるのではチームカラーが出て来ず選手もどうついていっていいのかわからない。それで優勝ができるはずがない。一人の監督に三年でも五年でも任せてみて、それで優勝ができなかったら、そのときは諦めて終止符を打とう、と考えた。
【覚書き|大洋ホエールズを立ち上げた兄からオーナーを引き継いだとき語った言葉。当時は毎年のように監督を変え万年最下位チームだったが、三原脩監督を迎えたことで日本一になった】


高く買って安く売る。高く買ってやれば売り手は喜んで、いいものをどんどん売ってくれる。買う人は安い方がいいに決まっている。【覚書き:謙吉氏の父の言葉。氏自身もこの言葉に従い商売を行って成功を収めた。もちろん、買値と売値は差益で儲かるように設定する必要がある。その中でできるだけ高く買って、できるだけ安く売るという趣旨の発言】


中部謙吉の経歴・略歴

中部謙吉、なかべ・けんきち。日本の経営者。大洋漁業社長。兵庫県出身。高等小学校卒業後、家業の漁師、魚運搬の林兼商店(のちに大洋漁業→マルハ)に入社。同社の法人化に伴い常務に就任。その後、専務、大洋捕鯨社長、大洋漁業副社長を経て社長に就任。その他、大日本水産会長、全国冷凍食品輸出水産業組合理事長、経団連・日経連常任理事、大洋ホエールズ(のちの横浜ベイスターズ)オーナーなどを歴任した。また、中部奨学金設立、幾徳工業高等学校設立、各種大学への多額の寄付などを行い教育にも貢献した。

他の記事も読んでみる

長谷川和廣

結果から逆算して、自分が今日何をすべきかを論理的かつ合理的に思考できるかどうかが、成果をつかめるかどうかの分水嶺になるのです。


水野雄介

キャンプは夏休みや春休みなどを使って集中的に勉強するコースのことです。プログラミング教育をするにあたって、まずはアメリカでどんな教育が行われているのか視察にいきました。シリコンバレーのスタンフォード大学で見たのが、まさにキャンプ方式のプログラミング教育。200人くらいの子供たちが集まっていました。これを日本でもやろうと。


八田英二

スポーツは、人格を形成する上で、非常に重要な役割を果たすと思っています。スポーツを通じて、社会的な協調性、独立心などを育むことができるからです。学生スポーツをはじめ、サークル活動に積極的に力を入れてきたのもそのためです。人格形成は、大学の教室だけでできるものではありません。どんな本を読んだか、どんな先輩や後輩と付き合ったか、極端なことを言えば、誰と何を食べたかも人格形成に大きな影響を与えます。そうした経験は、むしろサークル活動やスポーツから得られる部分が大きい。学生には大学と自宅を往復するだけでなく、もっとたくさんの人とかかわってほしいのです。


安藤宏基

初歩的なミスは教育的指導をしないといかんけど、読めないこともあるし、やむなしということも多いんです。失敗の中に成功要因はない。成功のノウハウは別なんです。だから、責任の所在さえ明確にすれば、チャレンジする機会はいくらでも得られるようにしているんです。


大島さくら子

英語は「今日勉強して、明日すぐに使えるようになる」ものではありません。とにかく時間がかかります。野球選手が素振りを繰り返すように、英語学習における「素振り」を日々続ける必要があります。「素振り」というのは、単語やフレーズを繰り返し書くことや文章を音読することなどです。


北嶋一甫

何故私たちにできないものはないのかというと、要するにできるまでやるからです。今までの蓄積を体がすべて覚えているんです。だから一度覚えた技能は忘れることがない。苦労が多く、不良品がたくさん出るような難しい仕事もあります。でもやってできないものはないんです。


池田欣生

最近はお陰様で海外の方ともお会いする機会が多くなりまして、言葉は通じなくとも、きれいな人はきれいだし、技術が上手い人は上手いし、言葉が無くても心は通い合えるということを感じる。言葉が通じなくてもいいものはいいと分かる。


下村敦史

自分の頭のなかでイメージしているものを、できる限りそのまま読者に見てほしくて、五感に意識を払い、サハラの過酷さを描写していきました。匂いから入っていくところ、視界から開いていくところなど、入れていく情報の順番にもこだわりながら。


新浪剛史

MBAを取るための勉強は刺激的で、学ぶほどに「早く経営に携わりたい」という気持ちが強まりました。留学から戻ると外食などを担当する部門に配属されましたが、もう会社が辞めたくて仕方ない。コンサルタント会社などからの誘いもあり、ある日、留学経験のある別の事業部の部長に相談したのです。怒られました。「会社を辞めたら新しいことができるなんて、世の中そんなに甘くない。三菱商事の中でできなければ、外に出たって同じことだ」。その通りだと思いました。


塚本隆史

全員が、同じ方向を向いて、できれば火の車になって、一生懸命汗を流す。そういう組織にできるだけ近づけたい。これが私の夢です。


宮坂学

大企業とスピードは相反する。でも、インターネットの世界ではスピードが命だ。


南部靖之

私がパソナの前身である「テンポラリーセンター」を興したのは、父の一言からでした。当時は、大学を卒業したら就職するのが当たり前の時代。「学生ベンチャー」という言葉も発想もなく、私もご多分にもれず、就職活動をしていました。でも内定を決められる雲行きはよくありませんでした。ある日、父から「就職決まったか」と質問され、正直に「むずかしい」と答えました。すると父は「就職活動を通じて、何か気づいたことはないか」と尋ねるので、「ぼくよりも女子大生がたいへんだ」と答えたのです。当時、男子大学生のほとんどは就職するのに、女子大学生の就職率は低く、大学でせっかく勉強しても、企業は彼女らを採用したがりませんでした。さらに問題だと感じたのが、一度家庭に入った主婦たちです。子育てを終えたあと、職場復帰する人はほぼゼロパーセントでした。父は私の報告を聞くと「面白い」と膝を打ち、「この社会問題を解決しなさい」と私に言いました。つまり、女性の雇用拡大に寄与する事業をしろ、というのです。