名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中部幾次郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中部幾次郎のプロフィール

中部幾次郎、なかべ・いくじろう。日本の経営者。「大洋漁業(のちのマルハニチロ)」創業者。播磨国(兵庫県)出身。マルハニチロの源流のひとつ林兼商店(のちの大洋漁業)を設立。漁業、水産加工、海運、造船などの事業を手掛けた。そのほか、下関商工会議所会頭、貴族院勅選議員を務めた。

中部幾次郎の名言 一覧

同業者より常に3年間は先を歩け。


時化(しけ)のあるうちにイカリを巻け。


中部幾次郎の経歴・略歴

中部幾次郎、なかべ・いくじろう。日本の経営者。「大洋漁業(のちのマルハニチロ)」創業者。播磨国(兵庫県)出身。マルハニチロの源流のひとつ林兼商店(のちの大洋漁業)を設立。漁業、水産加工、海運、造船などの事業を手掛けた。そのほか、下関商工会議所会頭、貴族院勅選議員を務めた。

他の記事も読んでみる

山本邦子

私は幼いころに兄を亡くしました。結果、人間に明日は約束されていないという、極めてシンプルな事実に気づいたのです。だから、思ったことは早く実行に移すべきだと思っています。


石田淳(コンサルタント)

部下の良いところを褒めるのも重要です。相手のダメなところをなくそうとするのではなく、「良い行動を増やそう」と発想を変えてください。何も大げさに褒める必要はありません。「急ぎの資料なのに、よく頑張ったね」「さっきの説明、わかりやすかったよ」などと相手を認める言葉をかければいいのです。すると部下は、「これは褒められる行動なのだ」と認識し、その行動を繰り返すようになります。上司が褒めることで、部下が自発的に良い行動をとるようになるのです。


松井忠三

よく言われる「ホウレンソウ」はわが社では重視していません。入社1年目だったらいいでしょうが、まともになってきた人にそんなことをやっていたら、その人の成長が止まってしまいます。そこで我が社では「ホウレンソウ」の代わりにデッドラインを設けています。デッドラインは見えなければなりませんので、パソコンによる管理システムを導入し、会議が終われば記録を全部入れて、全員が見られるようにしています。つまり衆目監視のもとで、そのデッドラインが実現されているか全員で確認し合うわけです。これによりホワイトカラーの生産性が上がりました。


岡田康豊

最近は社内での経験を積み重ねて昇進する、いわゆる「キャリアアップ」という考え方ではなく、職種や業種の壁を越えて経験の幅を広げ、キャリアを自分でデザインしていく働き方が注目されている。


渡辺元智

横浜高校にはプロ志望の生徒が集まってきます。そうした彼らには入学直後、「君たちの中でプロになれるのはせいぜい1人」と話します。4人がプロ入りした学年もありますが、ならすと1学年1人という実績なんです。だからといって諦めてはいけない。甲子園やプロを目指して努力を重ねる。その結果、最後までベンチに入れなくても、「あの横浜で3年間頑張った」という経験は必ず自信になる。その自信をもって人生の勝利者を目指しなさいと。


ロバート・キヨサキ

広告宣伝費をケチってはいけない。不況のときこそ、ますます盛大に宣伝しなさい。あなたが、物やサービスを売るというマーケティング担当者の立場になったら、顧客に向かって話しかけることを、決してやめてはいけない。間違っても、景気が悪くなったからといって、メッセージの発信を怠るようなまねをしてはいけない。


相澤賢二

小社では、お客様が答えてくださったアンケートは全従業員に回覧します。どのようなクレームがあるのか、どのようなサービスが評価されたのか、全員が知ることができるようにするためです。これは社員にとって厳しいことでもあります。自分がクレームを受けたら、それがたちまち全従業員に伝わってしまうのですから。でも、この仕組みは同じミスを繰り返さずに、成功事例を共有するために不可欠なものです。


西田一見

試合に臨む選手に精神統一のために指導するのが、気合を入れて抜くこと。まずこぶしを強く握り、大きな声を出して全身に力を入れ気を高めます。その後、深呼吸しながら力を抜く。こうすることで集中しつつリラックスでき、本来の力が発揮できます。


福川伸次

リーダーは社内はもちろん、社外からもできるだけ多くの情報を取り入れ、最適解を見つけていく。それが企業の変革に一番重要なこと。日本が輝くためにも、情報力、発想力、決断力を持ったリーダーが今こそ必要。


塩田丸男

人生には貧乏以外にも、失恋、不運、挫折、逆境、愛する人の死など、様々な不幸はある。できればないほうがいいと思うことだろう。だが、長い目で見れば、不幸なことが人生の肥やしになる。逆境を肥やしにした人間だけが栄光をつかむことができる。


川野幸夫

なぜ当社がパート社員をパートナーさんと呼ぶのかと言うと、全員で商売をするための「仲間」だからです。共に働く、対等な存在として敬意を持って、パートナーさんと呼んでいます。


山本強(経営者)

地盤というものの認知度の低さという要因もあって、売り込み先でも全く理解されず、最初の2年間はほとんど売れませんでした。何とか食い扶持をつなぎながら、それでも何とかやっていくうちに軌道に乗り、上場も果たすことができた。