名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中部幾次郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中部幾次郎のプロフィール

中部幾次郎、なかべ・いくじろう。日本の経営者。「大洋漁業(のちのマルハニチロ)」創業者。播磨国(兵庫県)出身。マルハニチロの源流のひとつ林兼商店(のちの大洋漁業)を設立。漁業、水産加工、海運、造船などの事業を手掛けた。そのほか、下関商工会議所会頭、貴族院勅選議員を務めた。

中部幾次郎の名言 一覧

同業者より常に3年間は先を歩け。


時化(しけ)のあるうちにイカリを巻け。


中部幾次郎の経歴・略歴

中部幾次郎、なかべ・いくじろう。日本の経営者。「大洋漁業(のちのマルハニチロ)」創業者。播磨国(兵庫県)出身。マルハニチロの源流のひとつ林兼商店(のちの大洋漁業)を設立。漁業、水産加工、海運、造船などの事業を手掛けた。そのほか、下関商工会議所会頭、貴族院勅選議員を務めた。

他の記事も読んでみる

小籔千豊

新喜劇でもらえたセリフは「ありがとう」のひと言。それで1日の舞台が終わる。こんなもん、俺は「ありがとう」をあと何万回言ったら、ギャラが上がるねん。漫才師やったら、好きなことやって、それでおもろかったらチャンスがもらえる。上へ行く階段のありかは見えてるんですよ。でも、新喜劇はそれがわからない。どうすんねん……と。そこで始めたのが、先輩と飲みに行った翌日、楽屋で喋ること。僕にとって笑かさなければいけない相手は、劇場に来ているお客さんだけじゃなく、新喜劇の先輩たちやった。それで、先輩が「昨日のこいつの話、おもろかったで」と楽屋にいる他の誰かに言ってくれた時、周りの人にも聞こえる、怒られへん、ぎりぎりの大きな声で喋るようにした。新入りの小籔を知ってもらうとこから始めたわけです。


高井伸夫

「すみません」とペコペコ平謝りすれば済まされると思っている人は案外少なくありません。「すみません」の安売りは軽蔑の的となるだけなのです。言うまでもなく、謝罪は自分がよくないことをしたと正確に認識するところから始まります。この前提条件があって、はじめて謝罪の言葉に真実味が出てきます。顧客や取引先といった外部の人、また上司など社内の人に対しても「すみません」を連呼すると口先だけのお調子者か、弱腰の人間だと思われるだけです。


干場弓子

期待していた交流会が空振りで、ムダ足と思っていたセミナーで有望な人に会う……。チャンスは、自分が頭で考える外側にあることが多い。


横田雅俊

いったん価格交渉が始まると、それ以外のことは頭から追いやられてしまうもの。そこで「仮に金額と関係なく決めるとしたら?」など視点を変える問いかけをするのです。するとお客様自身が「本当は何を求めていたか」を考え始め、価格とは違う提案を受け入れてくれるかもしれません。


吉永賢一

古典を読み込んでゆくことで、深い意味での冷静さを育ててゆくことができます。とくに歴史書の古典を読むと、自分がいかに大きな流れの中にいるかを実感でき、小さなことでいちいち感情が揺らがなくなるはずです。


植西剛士

社員を採用する際には徹底的に「いいヤツ」にこだわって採用しています。チャンスを見つければどんどん頑張ることができる会社です。


岡田元也

成長しないでいいと言える企業はないでしょう。問題は成長の仕方。拡大しすぎてそれがもとで失敗している会社もあるし、成長がないために固まって腐っちゃうケースもある。規模拡大を極端に重視しているわけでは全くありません。


高橋恭介(経営者)

長い間定着している決まり事や規則を変えるのは、確かに手間かかかるし、面倒なことです。しかし、その手間をかけることが、社員に、そして会社に活力を与え、さらなる成長をもたらすはず。


山本周嗣

企画書ではなくプロトタイプにこだわるのは、企画意図が伝わりやすいだけでなく、読んだ人のダイレクトな反応を得られるからです。たとえば、書店さんに見本を手に取りながら説明すると、「この形状では場所を取り過ぎる」などといったリアルな意見をいただけます。実は(大ヒットした)『うんこ漢字ドリル』も、書店さんの意見により大きく判型が変わりました。


木暮太一

この文章は誰に向けてのものなのかを明確に定義しないと、文章は完成しません。


尾山基

経営者として大事にしているのは実証主義です。とにかく現場に行かなきゃダメ。工場があるなら3回でも4回でも行って、全部見て、こんなふうに商品が作られているんだということを知るべきです。当社の場合、シューズもウエアも生産工程が全部違いますが、幸いにも日本に工場があるので、行って見てくればいい。下が言ってきたものをまとめるのは誰でもできます。


西上雅章

通天閣を好きになれ、会社を好きになれ、そして仕事を好きになれ!
【覚書き|社員に語った言葉】