名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中込純の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中込純のプロフィール

中込純、なかごめ・じゅん。日本の経営者。「もしもしホットライン」社長。東京出身。上智大学経済学部卒業後、三井物産に入社。エレクトロニクス事業本部半導体事業部電子材料・部品営業室長、情報産業本部ディスプレイ事業部プロジェクト第一室長、同事業部グローバル調達物流事業室長、ジェイエスキューブ社長、三井物産情報産業本部EMS事業部長、情報産業本部インターネットデバイス・サービス第一部長などを務めたのち、もしもしホットラインに出向。取締役などを経て社長に就任。

中込純の名言 一覧

どんな会社にも得意、不得意があります。1から10まで全部やろうとするから失敗する。だからこそ、自分の守備範囲を見極めて、パートナーを探すことが勝ちパターンになる。


中国で大手電機メーカーと現地企業、物産の3社で半導体のEMS(製造受託サービス)を立ち上げた経験があります。国内外で長年携わった液晶のトレーディングは2000年代半ばに市況が崩れて、その業務を泣く泣く物産本体から外部に移しました。振り返れば、ここで得た教訓は自前主義にこだわるなということ。


電話番なんていらない。これが私の信条です。人口が減少に転じる中で、コールセンターは取引先企業と消費者をつなぐ電話番だけでは勝ち残れません。保険・証券、通信販売、製造業……。様々な業種を対象に、電話で注文を受けて商品を提供するところまで手掛けたり、時には消費者から届くご意見を分析したりと、取引先企業の右腕になってこそ本領発揮です。


中込純の経歴・略歴

中込純、なかごめ・じゅん。日本の経営者。「もしもしホットライン」社長。東京出身。上智大学経済学部卒業後、三井物産に入社。エレクトロニクス事業本部半導体事業部電子材料・部品営業室長、情報産業本部ディスプレイ事業部プロジェクト第一室長、同事業部グローバル調達物流事業室長、ジェイエスキューブ社長、三井物産情報産業本部EMS事業部長、情報産業本部インターネットデバイス・サービス第一部長などを務めたのち、もしもしホットラインに出向。取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

三枝匡

人に熱く語りかけるのは、経営の一部に過ぎません。人の熱意で短期間は持つのですが、早い段階で仕組みの強さに移行していかなければ、業績は落ちて行きます。社員に対しても、やる気を見せて実力を出せといっても、その仕組みがなければ実力を出し切れない。社内に勝てる仕組みを作るのが、すなわち経営なのです。


渡邉美樹

どんな仕事であれ、その目的は結局、成果を上げることに尽きる。


大西実(大西實)

81年にマビカ・ショックがありました。ソニーがフィルムを使わないことをうたい文句にした電子カメラの構想を発表したのです。もし、フィルムを使わない電子カメラが主流になるとすれば、当社がフィルム事業だけにこだわっていたら大変なことになります。さっそく、社内の研究開発陣から「ぜひやるべきだ」という提案がありました。社長に就任間もない私も同じ意見でした。


秋元康

僕は総合プロデューサーですが、全員は見られない。ファンがメンバーのプロデューサーでもあり、その集合体がAKBなんです。


チャーリー・マンガー

ウォーレン(バフェット)と同じように、私は裕福になりたいという強い情熱を持っていた。それはフェラーリが欲しいからではなく、自由が欲しかったのだ。私は猛烈に自由が欲しかった。


ゲオルギイ・グルジェフ

魂は責任ある年齢、すなわち成年に達したのちに初めて現れ、そして完成することが可能な、一種のぜいたく品なのだ。


赤坂祐二

社長就任後、毎日が目まぐるしく過ぎていまして、スケジュールも今まで以上にタイトになりましたから、1日が終わるとヘトヘトになっています。当分はその繰り返しですね。


箭内道彦

アイデアというと、何か特別な完成されたものと思われがちですが、そんなことはない。言い方を変えて「思いつき」と言えば、誰にとってもハードルが下がるんじゃないですか。


山口照美

自分の仕事に直接関係あるかないかを問わず、言葉遊びの感覚でネタ出しのトレーニングを楽しんで続けると、必要なアイデアをキーワードからサッと取り出せる企画脳になっていきます。


菅義偉

何かあるのではと思って東京にきたが、何もない。現実は厳しかった。やりたいことをやるべきだと考え始め、大学に入って考えようと思った。卒業してサラリーマンになったけど、会社で決まったことをやるのではなく、自分で決めてやりたいことをやる。それは政治だと思った。大学では普通のノンポリ学生で、誰かの影響を受けたり、何かきっかけがあったわけではない。小此木(彦三郎・元通産大臣)さんの事務所に入り。その前に74年の参院選で東京の自民党候補の選挙を手伝った。朝から晩まで頑張った。水を得た魚じゃないけど、探し求めていたのはこれだと思った。


西田一見

勝ち癖をつけるには、必要なのは、達成した時のイメージを描く練習です。最初に「楽しいと思えること」を想像しておくと、目標を達成した後の光景も描きやすくなります。絵や写真を使って、目標達成後にどんな気持ちか、どんなメリットがあるかを想像して書いてみましょう。


平井伯昌

精神面が成熟した選手は、指導者が少し支えるだけで調子を上げられますが、未熟さが残る選手の指導ほど時間がかかります。チーム力で考えれば、まず後者の指導を意識して足並みを揃えた方が、チームの雰囲気も全体の最高値も高くなる。