名言DB

9419 人 / 110788 名言

中込純の名言

twitter Facebook はてブ

中込純のプロフィール

中込純、なかごめ・じゅん。日本の経営者。「もしもしホットライン」社長。東京出身。上智大学経済学部卒業後、三井物産に入社。エレクトロニクス事業本部半導体事業部電子材料・部品営業室長、情報産業本部ディスプレイ事業部プロジェクト第一室長、同事業部グローバル調達物流事業室長、ジェイエスキューブ社長、三井物産情報産業本部EMS事業部長、情報産業本部インターネットデバイス・サービス第一部長などを務めたのち、もしもしホットラインに出向。取締役などを経て社長に就任。

中込純の名言 一覧

どんな会社にも得意、不得意があります。1から10まで全部やろうとするから失敗する。だからこそ、自分の守備範囲を見極めて、パートナーを探すことが勝ちパターンになる。


中国で大手電機メーカーと現地企業、物産の3社で半導体のEMS(製造受託サービス)を立ち上げた経験があります。国内外で長年携わった液晶のトレーディングは2000年代半ばに市況が崩れて、その業務を泣く泣く物産本体から外部に移しました。振り返れば、ここで得た教訓は自前主義にこだわるなということ。


電話番なんていらない。これが私の信条です。人口が減少に転じる中で、コールセンターは取引先企業と消費者をつなぐ電話番だけでは勝ち残れません。保険・証券、通信販売、製造業……。様々な業種を対象に、電話で注文を受けて商品を提供するところまで手掛けたり、時には消費者から届くご意見を分析したりと、取引先企業の右腕になってこそ本領発揮です。


中込純の経歴・略歴

中込純、なかごめ・じゅん。日本の経営者。「もしもしホットライン」社長。東京出身。上智大学経済学部卒業後、三井物産に入社。エレクトロニクス事業本部半導体事業部電子材料・部品営業室長、情報産業本部ディスプレイ事業部プロジェクト第一室長、同事業部グローバル調達物流事業室長、ジェイエスキューブ社長、三井物産情報産業本部EMS事業部長、情報産業本部インターネットデバイス・サービス第一部長などを務めたのち、もしもしホットラインに出向。取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

五十嵐茂樹

サービス産業でエクセレントカンパニーと言われるマリオットやディズニーランドが成功している共通点は、一人ひとりの人間力が圧倒的に高いことです。難しい部分ですがここが戦いになるので、会社内の体制を含め、従業員のモチベーションが高まる施策をさらに徹底していく所存です。


沢渡あまね

ムダな会議を減らすには、まず会議の「目的」を明確にしましょう。何かを決めるためか、アイデア出しか、単なる報告会か。「報告や通達であればメールで十分なはず」というように、会議の時間や回数を絞り込みます。


石森康一郎

専門家を積極採用し、会社を大きくするよりも、むしろ社外にある優れたリソースを十分に活用していくことの方が効率的であり重要だと考えています。


伊藤美恵

自分のモチベーションの状態を自覚し、たとえば下がっていると思うのなら、親や友人と話すときでも、意識的に競争心を持つなどして、高めようと心がける。これはいわば訓練で、自覚的に続けることで、モチベーションを下げない、あるいは高いまま維持することは可能だと思います。


和田完二

原田の家に何十万の資産があって、私の家が赤貧洗うがごとしであっても構わない。「小糠三合あれば養子に行くな」のたとえもある。私は自分の努力で和田の家を立派にしてみせる。12月に入営して軍隊の義務を終えたら、一生懸命に働きます。
【覚書き|旧制中学卒業後、商売をしている金持ちの伯父の家に養子として預けられたがそりが合わず実家に帰って言った言葉】


高橋重幸(経営者)

リーマンショックは弊社も例外なく打撃を受け、一時的に売上も落としました。そこで開発体制を見直し、損益分岐点を下げる構造改革から始めました。


小山田隆(銀行家)

世界屈指の商業銀行として、ステージをさらに上げていきたい。どのような環境下にあってもお客様の期待、信頼に応えられる事業基盤、収益基盤、財務基盤を持った強い銀行として、さらに成長を遂げていきたいということと、環境変化にきちんと対応していくことが大事です。このような難局だからこそ、それを次の成長に生かしていけるような卓越した適応力を兼ね備えた銀行。これが「世界屈指」の要件だろうと思います。


中村貞裕

僕は常時100くらいの「火種」が頭に入っています。ひとつひとつは小さな事柄ですが10、20とつながってくるとブームを生み出す要素になっていく。火種の数が多く、それが大きいほどブームは起こしやすい。


田中圭一(漫画家)

僕自身、10年近くうつに苦しみました。取材させていただいた皆さんにも僕にも、うつの方の力になりたいという強い気持ちがありました。これ(『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』)は「うつの治し方」の本ではないんです。うつは原因にも症状にも様々なケースがあり、脱出の方法もそれぞれ。「うつってこういうものなんだ」と少しでも理解を広められればと思っています。そのためにはマンガの体裁が合っていたのかなとも思います。


大嶋章禎

ひとつ壊れたときに予備でまかなうという「リダンダンシー(冗長性)」という言葉があります。しかし、私どもは、機器を2つ買われるのならば、片方を予備にするのではなく2つとも使ってくださいとご提案します。使える通信回線の量も倍になりますし、ひとつダウンしてもつながり続けます。私たちはこの「レジリエンシー(弾力性)」という思想でビジネスを展開しています。