名言DB

9412 人 / 110637 名言

中谷康夫の名言

twitter Facebook はてブ

中谷康夫のプロフィール

中谷康夫、なかたに・やすお。日本の経営者。「日立物流」社長。東京都出身。法政大学工学部卒業後、日立物流に入社。国際営業本部長、海外事業統括本部長、北米代表、常務、専務などを経て社長に就任。

中谷康夫の名言 一覧

私たちが目指しているのは、いわば「お客様の財務諸表に貢献する物流」。在庫の適正化、商品回転率の向上をはじめ、目に見える成果を提供したい。


当社のブランドプロミスである「未知に挑む」。ここには、変化に対応するのではなく、それを先取りし、新たな価値を創造していきたいとの思いを込めています。将来的には、川上から川下までがシームレスにつながり、自動化や可視化で最適化された「新時代の物流プラットフォーム」を構築することが大きな目標です。


自動化や可視化を追求した「スマートロジスティクス」が当社の強み。ここで重要なのは、既存の作業を機械やITに置き換えるという従来の考えから脱すること。すべてを自動化したときに人にしかできないことは何か。そうした発想の転換が求められている。


新時代の物流プラットフォーム構築には業界の枠組みを超えた多様な「協創」が必要。例えばAIやロボティクス、IoTなどの新技術、また商社的な視点や金融、決済の仕組みも欠かせません。その意味で、協創領域の拡大は当社の重要な戦略となります。様々な技術や機能が横断的に接続した新たな物流プラットフォームを構築できれば、それは国内産業がグローバル市場で戦う原動力にもなるに違いありません。


単に個々の場面でコスト削減や業務効率化を行うのではなく、調達から製造、在庫管理、販売といったプロセス全体の最適化を図りたい。そうした要請が強まっています。どんな産業のサプライチェーンも物流、ロジスティクスを抜きには考えられませんから、そこで当社の技術や蓄積してきたノウハウが生きてくる。私自身は、これからの物流会社はサプライチェーン・ソリューション・プロバイダであるべきだと考えています。


中谷康夫の経歴・略歴

中谷康夫、なかたに・やすお。日本の経営者。「日立物流」社長。東京都出身。法政大学工学部卒業後、日立物流に入社。国際営業本部長、海外事業統括本部長、北米代表、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

矢野貴久子

お茶くみやコピー取りでも、役に立たない仕事はありません。私がそうした編集雑務のアシスタント時代に学んだのは、どんな仕事でも、無駄な経験はひとつもないということでした。いかに早く美しくコピーをとるか、いかにおいしいお茶をいれるか。そう考えれば自分も楽しいし、周りからも信頼されます。


高田明(ジャパネットたかた)

いま、ジャパネットの業績が伸びていますが、好調なときは危険なんです。時代は常に変化していますから、課題も次々に出てきます。


苅野進

やるべきことの一つは「例外」の把握です。「例外はないのか」と考えてみるのです。例外を考えると、「隠れた前提」の見落としがないかのチェックにもなります。


ゆうきゆう

健全な対人関係とは、互いに対等の人間として接していくことを指します。そのためにはまず、あなた自身が自分を認め、そのうえで相手と対等に、あるいは相手の立場に理解を示しながら、接していくことが大切。


福嶋康博

企業を見回すと、既存事業を単に継続しているだけの経営者が多いように思います。これは、経営者の考え方や力量が、その会社の現在の姿として反映されていると言えます。しかし、事業成長に向けて強い思いを持てば、そこまで会社は成長します。


小林茂(経営者)

土曜・日曜・祭日が年にどれくらいあるか知っていますか?実に120日もあるんだなこれが。3年たつと、まる一年分になる。ビジネスは勝つか負けるか、ただそれだけです。遊んだら負け。月月火水木金金、働かにゃ損します。


太田肇

部下へのご褒美の中でも最も効果的なのは「大きな仕事を与える」こと。自己効力感(自己有用感)をストレートに感じられるからです。加えて、その人が持っている潜在能力をすべて発揮したときに達成できるかできないか、といったチャレンジングな目標、つまりギリギリの目標を与えることが有効です。


大宮久

一社会人として、当社のビジョンのような目的を持った企業に貢献しながらサラリーをもらうということは、誰もがうれしいことでしょう。働いていることが、社会貢献につながっているという自負心を社員に持たせることは、企業を統率する上で大切です。


佐々木常夫

上司にはひとりの人間の人生を変えるほどの責任がある。部下がもつ能力を見出し、伸ばし、仕事に貢献させる。それによって本人に自信と実力がつき、周囲から信頼が得られる。


加賀見俊夫

どこまで自社の製品やサービスのリピーターを確保していくか。ここが縮小する内需で企業が勝ち抜くポイントです。


藤田晋

それまでの経験は役に立たないわけだから、いままでのキャリアを捨ててもやり遂げるつもりでやりました。やれば意外とできるようになるものです。


松下幸之助

いくらなじみのお客様でも、お迎えする際には感激を新たにしてお迎えする態度が大切。


梅原勝彦

よく「おたくはいいよな、自分で値段付けて、まけないですむんだから」などと言われますが、10円で売るべきものは10円で売らなくてはいけない。うちのようなトップメーカーが値段を下げたら、他の会社も下げなくてはならないのですから。


冨山和彦

私はなるべく夜中にメールを打たないようにしています。もちろん、心の中にモヤモヤを残したまま寝たくないので、メールはすべてその日中に処理してすっきりしたいところですが、これが失敗のもと。とくに複雑な案件は、翌朝もう一度考えてから送るようにしています。


庄田隆

良いお酒を造るには、上質の原料、十分な知識、優れた技術が必要です。それを医薬品産業に当てはめれば、新薬シーズ、人材、組織となります。