名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中谷康夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中谷康夫のプロフィール

中谷康夫、なかたに・やすお。日本の経営者。「日立物流」社長。東京都出身。法政大学工学部卒業後、日立物流に入社。国際営業本部長、海外事業統括本部長、北米代表、常務、専務などを経て社長に就任。

中谷康夫の名言 一覧

私たちが目指しているのは、いわば「お客様の財務諸表に貢献する物流」。在庫の適正化、商品回転率の向上をはじめ、目に見える成果を提供したい。


当社のブランドプロミスである「未知に挑む」。ここには、変化に対応するのではなく、それを先取りし、新たな価値を創造していきたいとの思いを込めています。将来的には、川上から川下までがシームレスにつながり、自動化や可視化で最適化された「新時代の物流プラットフォーム」を構築することが大きな目標です。


自動化や可視化を追求した「スマートロジスティクス」が当社の強み。ここで重要なのは、既存の作業を機械やITに置き換えるという従来の考えから脱すること。すべてを自動化したときに人にしかできないことは何か。そうした発想の転換が求められている。


新時代の物流プラットフォーム構築には業界の枠組みを超えた多様な「協創」が必要。例えばAIやロボティクス、IoTなどの新技術、また商社的な視点や金融、決済の仕組みも欠かせません。その意味で、協創領域の拡大は当社の重要な戦略となります。様々な技術や機能が横断的に接続した新たな物流プラットフォームを構築できれば、それは国内産業がグローバル市場で戦う原動力にもなるに違いありません。


単に個々の場面でコスト削減や業務効率化を行うのではなく、調達から製造、在庫管理、販売といったプロセス全体の最適化を図りたい。そうした要請が強まっています。どんな産業のサプライチェーンも物流、ロジスティクスを抜きには考えられませんから、そこで当社の技術や蓄積してきたノウハウが生きてくる。私自身は、これからの物流会社はサプライチェーン・ソリューション・プロバイダであるべきだと考えています。


中谷康夫の経歴・略歴

中谷康夫、なかたに・やすお。日本の経営者。「日立物流」社長。東京都出身。法政大学工学部卒業後、日立物流に入社。国際営業本部長、海外事業統括本部長、北米代表、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

樋口裕一

人は、やりがいのある仕事を与えられてこそ伸びていくものです。チャンスが来るのを待っているだけでは、一生、活躍の場を与えられません。


村口和孝

起業家は、組織人としてのサラリーマンのような、わかっていて不合理な生き方は出来ない。なぜなら、不合理な経営は、余裕のないベンチャーにとっては、即会社の破綻を意味するからだ。


上山信一

集めた数字やデータを分析するというのは、いってみれば「死体解剖」です。死因の分析ばかりに時間をかけても、改革は前に進みません。むしろデータは不十分でも、だいたいのアウトラインが見えたら仮説を立て、さっさと現場で検証したほうがいいでしょう。3か月のプロジェクトの場合、過去のデータの分析は2週間くらいで終えます。そのうえで、様々な仮説を立てて、シュミレーションをするのです。


津賀一宏

商品開発も、お客さまとよく対話をして、本当にお客さまが求められているもの、我々が提供してお役に立てるものを見出していく。その意味でお客さま第一と素直な心が必要。


篠塚孝哉

リクルート時代にも、友人からおすすめの宿をよく聞かれました。「じゃらん」で調べれば簡単に分かるのですが、たいていの方は年1~2回しか旅行に行かないので、2万5千件もの口コミから宿を選ぶのは大変ですよね。つまり、重要なのは選択肢の多さではないのです。信頼できるソースから3案程度に絞って提案されたほうが決めやすいということです。


岩瀬大輔

仕事であれ情報収集であれ、自分一人でできることは限られています。自分がどれだけ勉強したとしても、得られる情報はそれほどたいしたものではありません。だからこそ、情報を持っている人のところへどれだけフットワーク軽く教えを請いに行けるかが重要です。


佐瀬守男

モットーはその仕事に100%集中するということです。ハワイの時はハワイの話しかしない。アフリカに行った時はアフリカのことしか考えない。その時に本社のことや、他との利害関係を考えたら何も出来ません。それ以外のことはシャットアウトし、その会社のことだけを考えてやり抜きます。


辻庸介

マネックス証券時代に、人生におけるお金の制約の大きさを実感したのが(起業した)そもそものきっかけです。あと、ソニー時代は経理部に所属していたのですが、当時感じていた経理業務の面倒さに対する個人的な怒りも理由の1つですね(笑)。これは、弊社が手がけるビジネス向けクラウド会計サービスの原点になっています。


池田弘(経営者)

ニュービジネスの分野では、自己判断が非常に大事なので、若手起業家を支援するときも、自己判断能力があるかどうかを一番の判断基準にしています。


藤田美智雄

我々は「健康管理のインフラ企業として社会に貢献する」を社是としています。ビジネスの仕組みそのものが社会の課題を解決することにつながっていると自負しています。


奥谷禮子(奥谷礼子)

政府が何もしてくれないと嘆くばかりではなく、自分たちで何とかしようと行動していくことが大切。


川村隆

組織もリーダーがラストマン(決断する人)の意識を持てば、必ず復活する。日立も再生に着手してから2年、構造改革の成果とともに、社会インフラ事業が新興国を中心とした需要増を背景に好調に推移し、2011年3月期は20年ぶりに最高益を更新した。