名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中谷康夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中谷康夫のプロフィール

中谷康夫、なかたに・やすお。日本の経営者。「日立物流」社長。東京都出身。法政大学工学部卒業後、日立物流に入社。国際営業本部長、海外事業統括本部長、北米代表、常務、専務などを経て社長に就任。

中谷康夫の名言 一覧

私たちが目指しているのは、いわば「お客様の財務諸表に貢献する物流」。在庫の適正化、商品回転率の向上をはじめ、目に見える成果を提供したい。


当社のブランドプロミスである「未知に挑む」。ここには、変化に対応するのではなく、それを先取りし、新たな価値を創造していきたいとの思いを込めています。将来的には、川上から川下までがシームレスにつながり、自動化や可視化で最適化された「新時代の物流プラットフォーム」を構築することが大きな目標です。


自動化や可視化を追求した「スマートロジスティクス」が当社の強み。ここで重要なのは、既存の作業を機械やITに置き換えるという従来の考えから脱すること。すべてを自動化したときに人にしかできないことは何か。そうした発想の転換が求められている。


新時代の物流プラットフォーム構築には業界の枠組みを超えた多様な「協創」が必要。例えばAIやロボティクス、IoTなどの新技術、また商社的な視点や金融、決済の仕組みも欠かせません。その意味で、協創領域の拡大は当社の重要な戦略となります。様々な技術や機能が横断的に接続した新たな物流プラットフォームを構築できれば、それは国内産業がグローバル市場で戦う原動力にもなるに違いありません。


単に個々の場面でコスト削減や業務効率化を行うのではなく、調達から製造、在庫管理、販売といったプロセス全体の最適化を図りたい。そうした要請が強まっています。どんな産業のサプライチェーンも物流、ロジスティクスを抜きには考えられませんから、そこで当社の技術や蓄積してきたノウハウが生きてくる。私自身は、これからの物流会社はサプライチェーン・ソリューション・プロバイダであるべきだと考えています。


中谷康夫の経歴・略歴

中谷康夫、なかたに・やすお。日本の経営者。「日立物流」社長。東京都出身。法政大学工学部卒業後、日立物流に入社。国際営業本部長、海外事業統括本部長、北米代表、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山本晶(経済学者)

消費者に感情の起伏を引き起こさせるような情報は、クチコミの拡散につながりやすい。


深澤祐二

店舗や車両メンテナンスといった現場の部署はやはり人手不足が深刻。解決策として無人店舗の実証実験を行い、機械化を進めているところだ。また新型車両でとったビッグデータを分析することでメンテナンスの最適化を図っている。将来的には運転手不要のスマートトレイン導入も視野に入れている。


堀地速男

お客が喜び、納得する商品、サービスがあってこそ利益が生まれる。


勝間和代

人はやらなくてもいいことを無意識に習慣化しているものです。これらを断ち切るべきです。


大内厚

営業ではこんな工夫をしました。たとえば新規の投資を手控えているお客様には、予算範囲内の設備改善を行うことで年間のランニングコストが下がり、短い期間で投資回収ができるというプランを提案しました。新規プロジェクトの受注には至らなくても、客先の設備リニューアルのお手伝いをすることで、先方の利益になり、当社の業績にもつながるというやり方です。


ミルトン

私たちに与えられた光は、ただじっとそれを見つめているためではなく、それによってまだ私たちから隠されているところの、遠い先のものを開けて見るために、与えられているのだ。


池田義雄

忙しくて健康に気を使う余裕はないという方もいるはずですが、どんなに多忙でも最低限の健康管理をしなければ、今後の人生を乗り切ることは困難です。40代を機に、生活習慣を見直すことを勧めます。


永守重信

小さなことをないがしろにする行為に対しては、徹底的に叱責するという風土を根付かせています。


笠倉健司

「ダメでもともと」と肚をくくり、肩の力を抜いて、物事を多面的に考えていけば、やがて道が開けてくる。


佐藤美樹(経営者)

実際の現場へ出かけて行き、現場の実態をこの目で見て、実際にお客様と会う職員や事務員の生の声を聞くことが、経営の重要なヒントになっている。


松田晋之介

すさまじい時間軸でベンチャーって進んでる。当然の話だと思うんですね。大企業の6時間と、スタートアップの6時間って5倍くらいスピードが違う。ベンチャーの6時間って大企業の3~4営業日くらいだと思うんです。


清水久三子

読まれる資料とは、インパクトがあること。インパクトというのは、そもそも「物理的、あるいは心理的な衝撃を受ける」ということ。つまりハデな効果に頼るのではなく、相手に資料の内容をしっかりと理解してもらい、「行動を起こしてもらう」ことがインパクトのある資料です。それは見出しで文章も図表も同じ。情報が溢れた中ではノイズカット(余計な情報を取り除くこと)とフォーカス(焦点を絞ること)こそが、説得力を持つ資料の最低限の条件です。