名言DB

9429 人 / 110879 名言

中谷康夫の名言

twitter Facebook はてブ

中谷康夫のプロフィール

中谷康夫、なかたに・やすお。日本の経営者。「日立物流」社長。東京都出身。法政大学工学部卒業後、日立物流に入社。国際営業本部長、海外事業統括本部長、北米代表、常務、専務などを経て社長に就任。

中谷康夫の名言 一覧

私たちが目指しているのは、いわば「お客様の財務諸表に貢献する物流」。在庫の適正化、商品回転率の向上をはじめ、目に見える成果を提供したい。


当社のブランドプロミスである「未知に挑む」。ここには、変化に対応するのではなく、それを先取りし、新たな価値を創造していきたいとの思いを込めています。将来的には、川上から川下までがシームレスにつながり、自動化や可視化で最適化された「新時代の物流プラットフォーム」を構築することが大きな目標です。


自動化や可視化を追求した「スマートロジスティクス」が当社の強み。ここで重要なのは、既存の作業を機械やITに置き換えるという従来の考えから脱すること。すべてを自動化したときに人にしかできないことは何か。そうした発想の転換が求められている。


新時代の物流プラットフォーム構築には業界の枠組みを超えた多様な「協創」が必要。例えばAIやロボティクス、IoTなどの新技術、また商社的な視点や金融、決済の仕組みも欠かせません。その意味で、協創領域の拡大は当社の重要な戦略となります。様々な技術や機能が横断的に接続した新たな物流プラットフォームを構築できれば、それは国内産業がグローバル市場で戦う原動力にもなるに違いありません。


単に個々の場面でコスト削減や業務効率化を行うのではなく、調達から製造、在庫管理、販売といったプロセス全体の最適化を図りたい。そうした要請が強まっています。どんな産業のサプライチェーンも物流、ロジスティクスを抜きには考えられませんから、そこで当社の技術や蓄積してきたノウハウが生きてくる。私自身は、これからの物流会社はサプライチェーン・ソリューション・プロバイダであるべきだと考えています。


中谷康夫の経歴・略歴

中谷康夫、なかたに・やすお。日本の経営者。「日立物流」社長。東京都出身。法政大学工学部卒業後、日立物流に入社。国際営業本部長、海外事業統括本部長、北米代表、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

橘俊夫

自分の発想を変えるためには付き合う相手を変えなければ。


下地寛也

プレゼンテーションをするときは、「相手は自分の話に興味を持っていない」という前提で挑みましょう。


佐藤孝幸

資格試験のスタートは過去問を見ることから始めましょう。過去問を最初に見るのは、試験のレベルを読み解くためです。「このレベルが解けるようになれば、合格ラインだな」ということを認識することが大切です。また、選択問題なのか論述問題なのかといった質問と答えの傾向を知ることも重要です。こうした一連の作業で、試験のベースを確認することができます。


ウォーレン・バフェット

日本企業、とりわけこれから事業を立ち上げようとする日本人への注文があります。それは、もっと顧客に焦点を当てて欲しいということです。喜んでいる顧客がいるような事業が失敗することはありません。あなたを愛する顧客と、あなたに満足する顧客がいれば、その事業はとても上手くいっているといえます。そのために、自分の仕事への愛情が大切になるのではありませんか。


安西祐一郎

年長者の言う通りに覚えて言う通りにやらないと「はみ出し者」と言われてしまう日本の社会全体を変えなければならない。


倉重英樹

なんでもいいから感じたことを絵にしてもらい、それに対してみんなで感想を言い合う。これがチームワークを育みます。


吉山勇樹

上司のいうことが昨日と違っていたら、「ちゃんと変化が起こっているのだから、うちの会社は健全なのだな」と受け止めるべきです。上に何も意見するなといっているわけではありません。変化を受容したうえで、「では、どうすればいいか」を上へ提案すべきなのです。


石塚しのぶ

会社の使命に共感し、自分の仕事にやりがいを感じ、仲間と真の共同体意識で結ばれている従業員が会社にどれだけ大きな実りをもたらすか、そして、そういった従業員が多ければ多いほど会社がより強固でより繁栄することは想像に難くないでしょう。


安藤広大

中間管理職の多くは、「どうすれば部下に自分の思いを伝えられるか」「指示を聞いてくれるか」で悩んでいます。「間」の立場である、中間管理職は、会社、上司から課せられた目標をチームで達成する事に対する責任者です。そして、部下にはチームの目標達成の責任はありません。責任がない部下に、上司である中間管理職の指示を吟味、納得する権限はありません。まずは、そのことを理解して、部下に変な遠慮をせずに、躊躇せずに指示をする事が大切です。


塩住秀夫

新しい産業の場合、最初は新規参入が相次いで競争が激しいが、2~3年たてば勝ち組と負け組がはっきりと分かれてくる。