名言DB

9419 人 / 110788 名言

中谷巌の名言

twitter Facebook はてブ

中谷巌のプロフィール

中谷巌、なかたに・いわお。日本の経済学者(マクロ経済学)。大阪出身。一橋大学経済学部卒業後、日産自動車を経て、ハーバード大学大学院に留学。同大学院経済学部助手に就任。ハーバード大学で博士号を取得。ハーバード大学で講師を務めたのち帰国し、大阪大学経済学部助手を経て、一橋大学商学部教授に就任。そのほか、複数の企業での社外取締役、多摩大学教授・学長、三和総合研究所(のちの三菱UFJリサーチ&コンサルティング)理事長などを務めた。著書に『入門マクロ経済学』『転換する日本企』『資本主義はなぜ自壊したのか』『愚直に実行せよ!人と組織を動かすリーダー論』など。

中谷巌の名言 一覧

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。いくら経営スキルに秀でていても、深い洞察力のある議論ができないと相手にされない。


人は自分には識らないことが沢山ある、ということを知ることが非常に大事。


「金融市場が大きく揺れても影響を受けない企業体質」をどうすれば創り上げることができるのか、経営者は必死に模索すべき。


昔から言われる「三方よし」、つまり「自分よし、相手よし、社会よし」という考え方が企業経営においても見直されるべきでしょう。


「教養」を高めるというのは、ただ物知りになることではありません。それぞれの地域に根ざした文化・歴史を理解し、人間に対する洞察力を高めるために不可欠ですらあると思うのです。


日本企業の強さの源はどこにあったのか。私は、やっぱり中間層の強さにあったと考えています。欧米では、それこそ1%くらいのすごいエリートがいて、彼らが社会なり会社をリードしていく。日本はかなりレベルの高い中間層がたくさんいて、この人たちが結束してすごいことをやってきた。それが、強い競争力を生んだわけです。日本企業を復活させるには、彼らの本当の力を発揮させることが一番です。


企業にはもうちょっと踏みとどまってほしいと思います。簡単にリストラをしたり、派遣社員やパートに依存するようなことでは、長期的には社員のモチベーションは下がってしまいますから。


資本主義の本質をいろいろ分析していくうちに、気が付いたことがあります。西洋が引っ張ってきた資本主義社会というのは、市場によって価値を「交換」させることによって成り立っています。逆に言えば、市場で交換できないものは価値がない、とするわけです。しかし、家族同士の愛情とか、地域社会の助け合いとか、人と人との絆とか、市場で交換できないものはたくさんあります。そうしたものがないがしろにされてきた結果、コミュニティが崩壊し、社会が荒れてきました。このあたりで一度立ち止まって、このままでいいのだろうか、と議論を始めないといけないと思います。


ミクロの企業は、経営者がしっかりして、世の中が求める商品やサービスをきちんと作り、社会のニーズに応えている限りはうまくいきます。もちろんマクロの状況にも影響を受けますが、金融市場が大きく揺れているからどうしようと慌てふためくのではなく、為替や株式の動向に一喜一憂しなくても済むような堅牢な経営体制をつくることこそが経営者の仕事です。


自分の国のことを理解し、自分の言葉で話すことのできる人物でなければ、海外ではどんなに英会話が上手くても、どんなに経済学に精通していても相手にされません。だから、まずは日本の国の歴史や文化に精通することが必要。


初めに歴史や宗教を勉強するというと「なんでそんなものを勉強しなければならないのか?」という顔をしています。ところが、2~3カ月も勉強していくと、「なるほど、こういう見方が分かっていないと外国で商売なんて出来ないんだ」ということが身に沁みて分かってきます。


ひたすら成長している時には何も考えなくても良かったのかもしれませんが、ようやく自分たちの生きざまを考える時間が出来た。だからこそ、自分たちの生きざまを反映した経営をやろうじゃないか。私はそれがこれからの経営者に必要なことだと思います。


今まではとにかくお金儲けをしたらいいんだ、という企業論理の中で、業界でのシェアをどうやって高めていくか、ということばかり言われてきました。しかし、企業のシェアを高めるために、自分が身を粉にして家族も犠牲にし、何も考えずに突っ走ることにどういう意味があるのか。リーダーはこうしたことまで考えた上で自分たちの経営スタンスを考えなければならない。


中谷巌の経歴・略歴

中谷巌、なかたに・いわお。日本の経済学者(マクロ経済学)。大阪出身。一橋大学経済学部卒業後、日産自動車を経て、ハーバード大学大学院に留学。同大学院経済学部助手に就任。ハーバード大学で博士号を取得。ハーバード大学で講師を務めたのち帰国し、大阪大学経済学部助手を経て、一橋大学商学部教授に就任。そのほか、複数の企業での社外取締役、多摩大学教授・学長、三和総合研究所(のちの三菱UFJリサーチ&コンサルティング)理事長などを務めた。著書に『入門マクロ経済学』『転換する日本企』『資本主義はなぜ自壊したのか』『愚直に実行せよ!人と組織を動かすリーダー論』など。

他の記事も読んでみる

井上和幸(ヘッドハンター)

スケジュールを消化した後にやらなければならない重要なことがある。それは予定より早く(遅く)終了した場合、入力済みの予定もその実態に合わせ修正することだ。グーグルカレンダーを「日記」としても活用するのだ。つまり私のグーグルカレンダーは、過去のファクトと今後の予定が見られるようになっている。だから「この案件は過去に、このように進めて、このような結果になった」という実績値を確認しながら、新たな予定を組み立てることが可能になる。


ハーマン・サイモン

「顧客が何を求めているか」に立ち返ることが重要だ。独り善がりのこだわりはコアコンピタンスではない。


江口洋介

役者って、自分のやりたい役柄をやっているだけだと、いつか限界が来ると思うんですよ。僕はもともと、アウトローな役柄が好きで、ネクタイを締める役なんて自分には絶対に似合わないと思っていました。でも、ある程度の年齢になるとそういう役柄のオファーをいただくようになり、勇気を出して挑戦してみたら、演技の幅が広がって役者として一回り大きくなれた。


出口治明

世の中の常識のほとんどが非常識。


冨山和彦

スティーブ・ジョブズは、未来に向けてドット(点)をつなげるのではなく、現在から過去を振り返ったときに初めて、これまで打ってきたドットがつながるといいました。人との出会いや仕事も同じ。若い頃からひとつひとつドットを打ってきた積み重ねが40代でひとつの絵になるのであって、それが美しい絵になるのか、醜い絵になるのかは、後にならないと見えてきません。だから、「この人は将来、偉くなりそうだから仲良くしておこう」という考え方は危ない。タテヨコ関係なく、誰に対しても誠実であることが重要です。


坂口英治(経営者)

コミュニケーションを改善して、個の力を組織の力に変えていけば、ビジネスがさらに拡大していく。


鍵山秀三郎

私は、「平凡な人を非凡に育てましたね」と言われました。しかし、そうではありません。「平凡な人が平凡な仕事をしても成り立つ会社にした」だけなのです。だから、平凡な人が非凡な仕事をしたわけでもなく、平凡な人が非凡な人になったわけでもありません。経営者である私自身も非凡ではありません。ですから人に非凡なことは求めませんでした。自分だってそうではないのですから。平凡な人でも気を入れて、責任感を持ってふつうに仕事をしていたら、経営は成り立つものです。


鷹城勲

当社は設立当初からチャレンジ精神にあふれた会社なんです。レンタカー事業の認可第1号は当社ですし、空港に免税店を持ってきたのも当社です。リムジンバスもそう。だから、今の社員にその精神をあらためて感じてほしい。


坂本龍馬

世の中のことは、月と雲のようにどうなるかわからず、おかしいものである。


高橋宏(経営者)

濡れ手に粟という話はおかしいという気持ちが最期は勝った。そしてこういう判断は、理性とあまり関係がないということを言いたいのです。なぜなら話に乗せる方も乗ってしまった方も、理性や分別に事欠かない人なのです。だからこそ欲は怖い。少欲知足は難しいのです。私にしても傾きかけた自分を引き戻させたのは、頭の動きだったとは思えない。何かこう、背筋のむずがゆさとでも言いますか。
【覚書き|M資金詐欺をもちかけられた時を振り返っての発言】