名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中谷巌の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中谷巌のプロフィール

中谷巌、なかたに・いわお。日本の経済学者(マクロ経済学)。大阪出身。一橋大学経済学部卒業後、日産自動車を経て、ハーバード大学大学院に留学。同大学院経済学部助手に就任。ハーバード大学で博士号を取得。ハーバード大学で講師を務めたのち帰国し、大阪大学経済学部助手を経て、一橋大学商学部教授に就任。そのほか、複数の企業での社外取締役、多摩大学教授・学長、三和総合研究所(のちの三菱UFJリサーチ&コンサルティング)理事長などを務めた。著書に『入門マクロ経済学』『転換する日本企』『資本主義はなぜ自壊したのか』『愚直に実行せよ!人と組織を動かすリーダー論』など。

中谷巌の名言 一覧

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。いくら経営スキルに秀でていても、深い洞察力のある議論ができないと相手にされない。


人は自分には識らないことが沢山ある、ということを知ることが非常に大事。


「金融市場が大きく揺れても影響を受けない企業体質」をどうすれば創り上げることができるのか、経営者は必死に模索すべき。


昔から言われる「三方よし」、つまり「自分よし、相手よし、社会よし」という考え方が企業経営においても見直されるべきでしょう。


「教養」を高めるというのは、ただ物知りになることではありません。それぞれの地域に根ざした文化・歴史を理解し、人間に対する洞察力を高めるために不可欠ですらあると思うのです。


日本企業の強さの源はどこにあったのか。私は、やっぱり中間層の強さにあったと考えています。欧米では、それこそ1%くらいのすごいエリートがいて、彼らが社会なり会社をリードしていく。日本はかなりレベルの高い中間層がたくさんいて、この人たちが結束してすごいことをやってきた。それが、強い競争力を生んだわけです。日本企業を復活させるには、彼らの本当の力を発揮させることが一番です。


企業にはもうちょっと踏みとどまってほしいと思います。簡単にリストラをしたり、派遣社員やパートに依存するようなことでは、長期的には社員のモチベーションは下がってしまいますから。


資本主義の本質をいろいろ分析していくうちに、気が付いたことがあります。西洋が引っ張ってきた資本主義社会というのは、市場によって価値を「交換」させることによって成り立っています。逆に言えば、市場で交換できないものは価値がない、とするわけです。しかし、家族同士の愛情とか、地域社会の助け合いとか、人と人との絆とか、市場で交換できないものはたくさんあります。そうしたものがないがしろにされてきた結果、コミュニティが崩壊し、社会が荒れてきました。このあたりで一度立ち止まって、このままでいいのだろうか、と議論を始めないといけないと思います。


ミクロの企業は、経営者がしっかりして、世の中が求める商品やサービスをきちんと作り、社会のニーズに応えている限りはうまくいきます。もちろんマクロの状況にも影響を受けますが、金融市場が大きく揺れているからどうしようと慌てふためくのではなく、為替や株式の動向に一喜一憂しなくても済むような堅牢な経営体制をつくることこそが経営者の仕事です。


自分の国のことを理解し、自分の言葉で話すことのできる人物でなければ、海外ではどんなに英会話が上手くても、どんなに経済学に精通していても相手にされません。だから、まずは日本の国の歴史や文化に精通することが必要。


初めに歴史や宗教を勉強するというと「なんでそんなものを勉強しなければならないのか?」という顔をしています。ところが、2~3カ月も勉強していくと、「なるほど、こういう見方が分かっていないと外国で商売なんて出来ないんだ」ということが身に沁みて分かってきます。


ひたすら成長している時には何も考えなくても良かったのかもしれませんが、ようやく自分たちの生きざまを考える時間が出来た。だからこそ、自分たちの生きざまを反映した経営をやろうじゃないか。私はそれがこれからの経営者に必要なことだと思います。


今まではとにかくお金儲けをしたらいいんだ、という企業論理の中で、業界でのシェアをどうやって高めていくか、ということばかり言われてきました。しかし、企業のシェアを高めるために、自分が身を粉にして家族も犠牲にし、何も考えずに突っ走ることにどういう意味があるのか。リーダーはこうしたことまで考えた上で自分たちの経営スタンスを考えなければならない。


中谷巌の経歴・略歴

中谷巌、なかたに・いわお。日本の経済学者(マクロ経済学)。大阪出身。一橋大学経済学部卒業後、日産自動車を経て、ハーバード大学大学院に留学。同大学院経済学部助手に就任。ハーバード大学で博士号を取得。ハーバード大学で講師を務めたのち帰国し、大阪大学経済学部助手を経て、一橋大学商学部教授に就任。そのほか、複数の企業での社外取締役、多摩大学教授・学長、三和総合研究所(のちの三菱UFJリサーチ&コンサルティング)理事長などを務めた。著書に『入門マクロ経済学』『転換する日本企』『資本主義はなぜ自壊したのか』『愚直に実行せよ!人と組織を動かすリーダー論』など。

他の記事も読んでみる

川崎貴聖

当社では北京・上海・台湾のオフィスをすべて現地の人に任せています。任せることで、現地のことを深く理解して事業を展開できるため、このやり方は私たちの大きな強みになっていると考えています。


岩本賢太郎

企業は仲良しクラブでは駄目。激動に耐える戦闘集団でありたい。現状打破には勇気がいるが、これはやらねばいけません。合理化に終わりはない。社長が問題意識をもつところに必ずその余地がある。


中川越

手紙がいかに自由で楽しいものかを知るには、『漱石書簡集』や、『文豪たちの手紙の奥義』のような本で、言葉の達人たちの残した実例に触れるのが一番。誰かに手紙を書こうと思った方やこれから年賀状を書く方は、ぜひ手に取ってみてください。


マーク・ハード

大きなビジネスを運営していくうえでは、成長と効率化は常に両方ともやらないといけません。重要なのは、最終的にビジネスで結果を出すことです。「どちらか」を選ぶという選択肢はありません。研究開発に力を注ぎ、販売力やサポート力を高める。並行して、合理化を勧めなければいけません。


黒田武志

第一歩を踏み出す勇気が大切。私の場合、起業で成功するかどうかわからなくても人生で後悔したくないという想いで一歩を踏み出し、起業しました。


マザー・テレサ

一緒に住んでいたり、または血のつながった親族といった人たちに微笑みかけることは、あまり親しくな人々に対して微笑みかけるよりも難しいときがあるものです。「愛は近きより始める」ということを忘れないようにしましょう。


永井浩二(経営者)

とにかく「全てはお客様のために」というフレーズに全てが集約される。お客様のことを考えて仕事をして下さい。


大来佐武郎

流動めまぐるしい内外情勢に敏感であろうとするなら、専門にこだわらない広範囲な知識を求めなくてはならない。自分の専門分野以外に疎いというのは知のアンバランスであって威張れたことではない。


山下孝一

社長である私が真っ先に失敗しているのだから、社員に失敗するなと言っても通じません。失敗よりも出来たことを褒める。失敗に負けない、同じ失敗を繰り返さない社員を育てること。


秋元康

アイデアは料理でいう「食材」のようなもの。並べただけでは料理になりません。何かをプロデュースする場合、「この食材をどう料理すればおいしいのか」を食べる側に立って考えます。


磯崎功典

現場にはトップと別の意見があるかもしれません。もしそれが聞くべき内容ならきちんと耳を傾けるべきですが、「社長が決めたことだから」と有無を言わせず強権発動するような「虎の威を借る狐」では人はついてきません。


安倍昭恵

いまは物が売れない時代と言われているけれど、それはみんなが欲しいと思う物を作ってないだけなんだなと強く感じました。昔ながらの見せ方や売り方で「これが伝統だから買ってください」というだけでは魅力は伝わらない。「おもしろそう」「かわいいな」というところから関心を持ってもらえたら、技術など本来的なところにも目が向くようになる。