名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中谷巌の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中谷巌のプロフィール

中谷巌、なかたに・いわお。日本の経済学者(マクロ経済学)。大阪出身。一橋大学経済学部卒業後、日産自動車を経て、ハーバード大学大学院に留学。同大学院経済学部助手に就任。ハーバード大学で博士号を取得。ハーバード大学で講師を務めたのち帰国し、大阪大学経済学部助手を経て、一橋大学商学部教授に就任。そのほか、複数の企業での社外取締役、多摩大学教授・学長、三和総合研究所(のちの三菱UFJリサーチ&コンサルティング)理事長などを務めた。著書に『入門マクロ経済学』『転換する日本企』『資本主義はなぜ自壊したのか』『愚直に実行せよ!人と組織を動かすリーダー論』など。

中谷巌の名言 一覧

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。いくら経営スキルに秀でていても、深い洞察力のある議論ができないと相手にされない。


人は自分には識らないことが沢山ある、ということを知ることが非常に大事。


「金融市場が大きく揺れても影響を受けない企業体質」をどうすれば創り上げることができるのか、経営者は必死に模索すべき。


昔から言われる「三方よし」、つまり「自分よし、相手よし、社会よし」という考え方が企業経営においても見直されるべきでしょう。


「教養」を高めるというのは、ただ物知りになることではありません。それぞれの地域に根ざした文化・歴史を理解し、人間に対する洞察力を高めるために不可欠ですらあると思うのです。


日本企業の強さの源はどこにあったのか。私は、やっぱり中間層の強さにあったと考えています。欧米では、それこそ1%くらいのすごいエリートがいて、彼らが社会なり会社をリードしていく。日本はかなりレベルの高い中間層がたくさんいて、この人たちが結束してすごいことをやってきた。それが、強い競争力を生んだわけです。日本企業を復活させるには、彼らの本当の力を発揮させることが一番です。


企業にはもうちょっと踏みとどまってほしいと思います。簡単にリストラをしたり、派遣社員やパートに依存するようなことでは、長期的には社員のモチベーションは下がってしまいますから。


資本主義の本質をいろいろ分析していくうちに、気が付いたことがあります。西洋が引っ張ってきた資本主義社会というのは、市場によって価値を「交換」させることによって成り立っています。逆に言えば、市場で交換できないものは価値がない、とするわけです。しかし、家族同士の愛情とか、地域社会の助け合いとか、人と人との絆とか、市場で交換できないものはたくさんあります。そうしたものがないがしろにされてきた結果、コミュニティが崩壊し、社会が荒れてきました。このあたりで一度立ち止まって、このままでいいのだろうか、と議論を始めないといけないと思います。


ミクロの企業は、経営者がしっかりして、世の中が求める商品やサービスをきちんと作り、社会のニーズに応えている限りはうまくいきます。もちろんマクロの状況にも影響を受けますが、金融市場が大きく揺れているからどうしようと慌てふためくのではなく、為替や株式の動向に一喜一憂しなくても済むような堅牢な経営体制をつくることこそが経営者の仕事です。


自分の国のことを理解し、自分の言葉で話すことのできる人物でなければ、海外ではどんなに英会話が上手くても、どんなに経済学に精通していても相手にされません。だから、まずは日本の国の歴史や文化に精通することが必要。


初めに歴史や宗教を勉強するというと「なんでそんなものを勉強しなければならないのか?」という顔をしています。ところが、2~3カ月も勉強していくと、「なるほど、こういう見方が分かっていないと外国で商売なんて出来ないんだ」ということが身に沁みて分かってきます。


ひたすら成長している時には何も考えなくても良かったのかもしれませんが、ようやく自分たちの生きざまを考える時間が出来た。だからこそ、自分たちの生きざまを反映した経営をやろうじゃないか。私はそれがこれからの経営者に必要なことだと思います。


今まではとにかくお金儲けをしたらいいんだ、という企業論理の中で、業界でのシェアをどうやって高めていくか、ということばかり言われてきました。しかし、企業のシェアを高めるために、自分が身を粉にして家族も犠牲にし、何も考えずに突っ走ることにどういう意味があるのか。リーダーはこうしたことまで考えた上で自分たちの経営スタンスを考えなければならない。


中谷巌の経歴・略歴

中谷巌、なかたに・いわお。日本の経済学者(マクロ経済学)。大阪出身。一橋大学経済学部卒業後、日産自動車を経て、ハーバード大学大学院に留学。同大学院経済学部助手に就任。ハーバード大学で博士号を取得。ハーバード大学で講師を務めたのち帰国し、大阪大学経済学部助手を経て、一橋大学商学部教授に就任。そのほか、複数の企業での社外取締役、多摩大学教授・学長、三和総合研究所(のちの三菱UFJリサーチ&コンサルティング)理事長などを務めた。著書に『入門マクロ経済学』『転換する日本企』『資本主義はなぜ自壊したのか』『愚直に実行せよ!人と組織を動かすリーダー論』など。

他の記事も読んでみる

久保華図八

「利より信」を続けていると、幸せにする範囲も広がっていきます。毎朝の清掃活動では、お隣の店前や道路も併せて掃除をする。地域の行事やボランティアにも、積極的に参加する。そうした地道な取り組みから、好循環が生まれ始めました。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

社内の勢力地図の中だけで自分の未来像を描き、上司の顔色ばかりうかがっているヤツは必ず潰れていく。


橋本治

ものごとを自分でトータルに知るのではなくて、情報はいちいち細分化されて専門化されて、各分野において個人が自立していればいいんだみたいに思い込まれているけど、そういう先入観でものごとをとらえていても、たとえば「この廃墟からどう立ち上がったらいいんだ」みたいなゼロから出発するためのノウハウはないままになってしまうんですよ。でも、本当はいまの時代はそういうものこそが求められているのではないでしょうか。


浅野忠信

わがままであることがどれだけ重要かということに、改めて気づかされました。監督(木村大作監督)がわがままであったからこそ、自分の足を使って歩いて、撮影することがどんなに意味のあることかも教えてもらうことができたし、雨だろうが嵐が来ようが撮影する。その「画」がどれだけ力を持っているのかということも教わりました。
【覚書き|映画『劔岳 点の記』の主役を演じたことを振り返っての発言】


岩野達志

上場はあくまで通過点であり、これからが本当のスタートだ。


澤田秀雄

他社を巻き込めば利益は山分けになるので、実入りは少なくなりますが、リスクやコストも少なくて済みます。


晝馬輝夫

単純作業を繰り返す中で、高い問題意識を持ち、それをとことん究明する。それができるかどうかが仕事をするうえで大切なのだと思います。


福井威夫

生きることは言ってみれば「仕事をすること」なんです。20歳そこそこで就職して、40年近く会社で一日十時間くらい働くわけでしょう?人生のほとんどが仕事です。もちろん趣味は持ってもいいですが、まず仕事が楽しくなくちゃいけない。「ホンダの三つの喜び」のなかに、つくる喜びが入っているのは、ホンダは滅私奉公じゃないんですよということなんです。仕事から喜びを感じよう。また、喜びを感じるためにいろいろなことをやりましょう。そうすれば、成果である商品も他社とは違ったものになる。


清水克彦(報道キャスター)

管理職には、説明能力が不可欠です。仕事を任せ、それをやり遂げてもらうには、部下に「なぜこの仕事を自分がやるのか」を納得してもらわなくてはいけません。


三宅占二

会社としての目標を達成するため、個々の現場はどう動かなくてはらなないのか。現場が常にそういった問題意識を共有し、話し合いを持つような体質になっていれば、問題が発生してもすぐ解決することができます。逆にそういう土台ができていないと、個々の現場で問題が起きても自分たちで抱え込むとか、不都合を不都合のまま放置してしまいます。


粟津恭一郎

コーチングとは、問いかけによって相手の能力を引き出し、その目標達成を促すこと。私たちコーチは、コンサルタントのようなアドバイスは一切しません。また何かを教えるわけでもありません。その代わりに質問をします。


堀之内九一郎

腰の低さを身につける秘訣は、相手を見ないこと。誰に対しても同じ態度で接することを心がけてみてください。